「缶詰」にまつわる記事

【キャンプで試そう】最近の非常食「缶詰パン」がウマすぎてヤバい! マジで毎日食べたくなるレベル

「非常食」といえば、いざという時のためのものであって、味は二の次。食事を摂れるだけで十分。何よりも腹の足しになるのが重要だ。それは間違いないのだが、最近の非常食は製法や技術の進化によって、以前よりも断然おいしくなっている。

レトルト食品はもちろんのこと、缶詰食品もめちゃくちゃウマい! 特に缶詰パンのうまさにはかなり驚かされる。ためしに食ってみろ! 保存するのをやめて、毎日食べたくなるレベルだぞ、マジで!!

続きを全部読む

【缶詰の日】検証「2年前に賞味期限切れしたカニの缶詰」を食べてみた

本日10月10日は「缶詰の日」である! これは日本缶詰協会が1987年に制定したもので、1877年のこの日、北海道開拓使が北海道石狩町に鮭の缶詰の工場を設置し、日本初の本格的な缶詰の製造が始まったことに由来するという。

それはさておき、なぜか記者の手元に2014年5月に賞味期限切れとなったカニの缶詰がある……なぜだ。もしかしたら缶詰の日を記念し、缶詰の神様から送られてきたのかもしれない。うーむ、2年……そしてカニ……。イケるのか? イケないのか? し、白黒つけようではないか……!

続きを全部読む

【ウマすぎ注意】100万個売れている「めんツナかんかん」は中毒者続出も納得できるほどの神商品だった

「知らぬが仏」という言葉が存在するように、世の中には知らない方がいいこともある。しかし、一方で知らないと損してしまうことも少なくない。例えば今回ご紹介する「めんツナかんかん」という缶詰がそれに当たる。

この缶詰は日本初の明太子メーカー「ふくや」が発売している商品で、発売開始から1年で100万個も売れ、中毒になる人が続出している。そう、知らぬは一生の損と言っても過言ではないほど激ウマなのだ!

続きを全部読む

【検証】世界一臭い缶詰『シュールストレミング』が余裕で食べられる「魔法の音楽チャンネル」が存在するらしい / 本当なのか試してみた

くさや・ドリアン・マロワールチーズ……と、世の中には数々の臭い食べ物が存在するが、中でもブッチギリの世界ランク1位 “キングオブ激クサ料理” といえば、スウェーデンが誇るニシンの塩漬け『シュールストレミング』だろう。

一説ではくさやの6倍以上のにおいを発しているというから、普通の神経じゃ口にすら出来ないハズ。だがなんと、「どんな臭いものでも食べれる(かもしれない)音楽集」が存在するらしい。音楽で激クサ料理が食べられるだと……? そりゃ一体どういうことなんだ!?

続きを全部読む

【問題】危険な刀「マチェテ」で安全に缶詰を開ける方法とは?

ライフハックを知っておくと、イザというときにとっても便利! 乳首にピップエレキバンを貼って心をポカポカに出来たり、お胸をAカップからGカップに出来たりと、いやぁ、ライフハックって本当に素晴らしいもんですね〜。

そして今回ご紹介するのも、あなたの身を助けてくれること間違いなしのライフハック、いやサバイバルハックだ! それは……中南米の山刀「マチェテ」を使って缶詰を開ける方法!! さ〜て、どうすれば超危険なマチェテで缶詰を開けられるでしょうか?

続きを全部読む

大阪では「賞味期限が3年のたこ焼き」が売ってるんやで

大阪名物と言えば「たこ焼き」! あのアツアツのところをハフッと食べるのが最高なんだよなぁ……。でも出来立てが美味しいからこそ、保存がきかない。お土産として持って帰りづらい。

だがしかし! 先日、大阪で賞味期限が3年間もあるたこ焼きに出会ってしまった。マジかよ!? 3年もつたこ焼きなんて尋常じゃない! どんな味がするんだよ!? さっそく入手して食べてみた

続きを全部読む

缶詰「スパム」が国・地域限定でスナック菓子として販売されることに!! 3種類の味で登場するぞ!

スパムと言えば、沖縄名物のスパムむすびがすぐに思い浮かぶ。原材料は主に豚肉で、ソーセージの材料であるランチョンミートを腸ではなく、缶に詰めたものがスパムである。

本国アメリカでは、ガーリック味にチーズ、テリヤキやチリのハラペーニョ味といった16種類のフレーバーが発売されているが、この度スパムのスナック菓子が販売されることに!!  地域限定で、ベーコンとテリヤキにクラシック味の3種類で登場するぞ!

続きを全部読む

世界一クサい缶詰『シュールストレミング』日本で再販キター!オマケに公式Tシャツのデザインも募集開始

臭い食品といえば「くさや」や「納豆」などを思い浮かべる人が多いと思うが、それをはるかに超える臭さの缶詰『シュールストレミング』をご存知だろうか?

シュールストレミングとはスウェーデンの魚(ニシン)の缶詰で、アラバスター(臭いを数値化できる機械)の計測によれば、納豆の17.8倍、焼きたてのくさやの6.3倍もの臭いを放つ激クサ食品なのだ!

このシュールストレミング、気圧の変化による缶の破裂の危険性を考慮し、空輸が出来ない。船で運搬するにも冷蔵コンテナが必須で日本では輸入が自由化されていないことから、年に1回のみ川口貿易が正規輸入を行っている非常にレアな缶詰でもある。

続きを全部読む

犬猫にとって、缶詰のエサはご馳走。乾燥エサに比べて食べ易く、風味も豊か。缶詰をねだって、鳴きやまないということもあるだろう。ご主人がいなれば、缶詰を開けることもできないはずなのだが、Youtubeで話題になっている犬は、なんと自力で開けてしまうのだ。その開けっぷりが見事というより他ない。

続きを全部読む

日本でも売れるか!? 牛のオナラ入り缶詰がドイツで大ヒット!

古びた木造の牛舎、敷き詰められた麦わら、そんな田舎の懐かしい情景を思い起こさせる「牛の出す匂い」が入った缶詰がドイツで発売され大ヒット商品となっている。

プロジェクト「Countryside air to go(田舎の空気お持ち帰り)」のマネージャーの話によると、その商品を購入する主な顧客層は、田舎から都会に出て暮らしている人達で、折に触れ故郷を思い出しては寂しさを募らせている人たちだという。

続きを全部読む