「給料」にまつわる記事

【マサイ通信】第52回:ビジネスマン必見! 給料アップが期待できるマサイの言葉「トパナ オームシャハ シィァケ」

スパ! ルカだ。ライオンに1勝したこともあるマサイ族の戦士・ルカだ。ライオンに勝つってのは、皆が思ってる以上に難しい。オレ、いつぞやか動画でも「Not easy. Very hard(簡単じゃねえ。まじムズいから)」つったけど、まさにそれな。

つーことで、今回は新しいマー語(マサイ語)を教えたいと思う。「topana ormushaha siake(トパナ オームシャハ シィァケ)」だ。発音的に、かなり言いにくい言葉だけど、実は意味的にも “かなり言いにくい言葉” だったりする。

続きを全部読む

給料が10倍になったら君はどこまで耐えられる?

働きたくねえええぇぇぇええええ!!! そんなこといいつつも、一応働くけど、ホントは働きたくねえええぇぇぇええええ!!!

そんなお前らに朗報である。

ロッテの息をデザインするガム『ACUO(アクオ)』が、発売10周年記念して、耳を疑うほどサイコーなキャンペーンを実施する。なんと、月給の10倍の現金が当たるキャンペーンなんだぜえええええ!!!

うおおおおおぉぉぉ、マジかぁぁぁあああ!!! 『ACUO』が息だけじゃなくて、俺の人生もデザインしてくれるのか。

続きを全部読む

【マサイ通信】第35回:マサイ族の就職事情 / マサイ最強の戦士サイトゥートゥさん(vsライオン3勝)リゾート地ホテルへの就職に成功! 月収も大公開!!

スパ(Supa)! マサイの言葉で「こんにちは」の意味な。スパっつっても扶桑社の雑誌『週刊SPA!』じゃないぞ。でもよ、ゴー(羽鳥)から聞いたんだけど、電車で『SPA!』の中吊りを見てると、「ブラック化する[非正規公務員]」とか「[低所得 40代で年収300万円台時代]の実態」とか、仕事に関するネタが多いらしいんだ。

で、今回のマサイ通信は、『SPA!』ではなく『SUPA!』てな感じで、マサイ族の仕事事情……つってもオレたちの本業は戦士なので、転職&就職事情についてお伝えしたい。

続きを全部読む

【マジか!】誰も「6年間ほとんど出勤しなかった職員」に気づいていなかった! それなのに給料を貰っていてトラブっちゃった件

「ほとんど仕事をせずに給料を貰えたら、どんなにいいだろう……」なんて思いが、たまに心をよぎる人がいるかもしれない。仕事をしてお金を稼ぐことは本当に大変だが、頑張れば、それだけ達成感ややりがいも感じられるものである。

ところが、あるスペイン人の男性は、仕事が嫌で6年間ほとんど出勤していなかったにもかかわらず、誰にも気づかれなかったというのである! 「そんなことがあり得るのか!?」と首をかしげてしまうような、珍事の全貌をお伝えしたいと思う。

続きを全部読む

マイクロソフトCEOが「女性の昇給」について失言! 非難の集中砲火を浴びて釈明を迫られる事態に

女性の社会進出が目覚しい現代、日本でも育児休暇や昇給などが問題に取り上げられることがある。

そんな、男性と肩を並べるぐらい貴重な労働力となりつつある女性について、「女性は昇給を求めず、自分の仕事に見合った報酬がもたらされることを信じるべきだ」との発言をしたマイクロソフト最高経営責任者(CEO)が、非難の集中砲火を浴びているのだ。彼の発言について読者のみなさんは、どうお思いになるだろうか!?

続きを全部読む

【安月給】自分が平均年収より多くもらっているのかチェックしよう! アンタの安月給どうにかしろよ!

「アンタの安月給どうにかしろよ!」と毎日のように妻に罵られているサラリーマンを知っているが、いくら給料をもらっていれば「安月給」じゃなくなるのだろうか? そもそもどうすれば給料があがるのか? ちなみにライター業をしている記者(私)は絶望的である。

・平均年収をもらうことすら難しい

少なくとも、年齢にふさわしい年収は得ていたいもの。不景気な世の中、平均年収をもらうことすら難しいのかもしれないが、統計では、以下のような平均年収の数字が出ている。あなたの年収と比べてどうだろうか?

続きを全部読む

そうだ工学分野を専攻しよう! 給料が最も高い大学専攻TOP10が発表される

大学で工学分野を専攻しているみなさん、将来のお金のことはもう心配しなくていいかもしれない。なぜならこれから就く仕事で、たくさん給料がもらえる可能性が高いから!

これは大学および雇用主の全米協会「National Association of Colleges and Employers」の調べにより分かったことで、同団体は40万人の雇用主データをもとに「給料が最も高い大学専攻TOP10」を作成した。以下が、その驚くべきランキングである。

続きを全部読む

NHK平均年収が約1780万円(サラリーマンの4倍)と報じられ問題視! ネットの声「よくまあ格差社会だ増税だと題した番組ができるよね」

NHK職員の平均年収が約1780万円(平均的なサラリーマンの4倍)と報じられ、国民たちが驚きを隠せずにいる。インターネット上に書き込まれている意見には釈然としない怒りの声が多くあり、「国民が拒否できないのをいいことにやりたい放題」や「うわぁこれほんとなら、東電よりヤバイ。何の仕事してるの?」などの声があがっている。

続きを全部読む

「人は見た目が9割」。どうやらこの言葉は、あながち間違いではなさそうだ。というのも今回ある研究により、外見がいい人ほどより多くの役得(やくとく)、そして給料を得ている可能性が浮上してきたからだ。

これを発表したのはダニエル・S・ハーメルメッシュ教授で、彼は約20年間、美に関する経済学を研究してきた。彼は自身の著書「Beauty Pays」のなかで、外見が恵まれた人は高い給料の他に、パーティーへの招待、ビジネス旅行、オフィスにおける特権など多くの役得を享受(きょうじゅ)してきたと主張している。しかしその一方で、それより見た目が劣る人は見過ごされ、しばしば差別の対象になってきたらしい。

続きを全部読む

最近の学生が考える仕事を選ぶ際の優先順位は「Facebook > 給料」という調査結果

ギリシャの財政危機、ウォール街発の全米格差是正デモなど、世界的に経済危機が叫ばれる昨今。イギリスでも昨年、学費値上げに抗議する学生らが大規模なデモを行ったことは記憶に新しい。

そんな中、英紙Daily Mailが、学生を対象に行われた驚くべき調査結果を明らかにした。なんと、最近の学生たちは就職活動の際、給料の多さよりも仕事中にFacebookを見ることができるかどうかを重視しているというのだ。

続きを全部読む

そのまま一定の給料を得て定年退職していくつもりかね? もっとお金がほしくないのかね?

カァーーーッ! 発泡酒うめーッ! 焼き鳥と柿ピーもあるし幸せだ―ッ! さーて、借りてきたDVDで映画でも見るか~。……でも、生ハムとチーズも欲しいな。コンビニ行くか……。今いくら持ってたっけ? えーと、えーと、あと300円かよ……。ハム買ったら明日バスに乗れねーっ! しかももう朝の4時だ! 今から寝たって2時間後に起きなきゃなんねー! DVDなんか見てる場合じゃねー! うわあぁぁぁぁぁぁぁ!

苛酷な労働、低い給料、出ないボーナス、欲しいものも買えず、そして恋人もできない。そんな負のスパイラルに陥っている者たちが、この日本にどれだけいることか。たとえ安定した仕事と給料がある者でも、生涯稼げる金額を計算すると人並み以上のものは得られない。それでも良いという者はいいだろう。しかし、「人並み以上のお金を得たい」という人は、今のままで達成できるのだろうか?

年収アップを目指すには「副業」が手っ取り早い。効率よく副業するためには、時間と労力を極限にまで減らす必要がある。そう、副業が本業を圧迫すると年収アップどころではないのだ。とある者は「副業の利益を時給で得ようとしても爆発的な利益は見込めない。つまり一獲千金なんぞないのだ」と語っていた。さほど資金がなくても簡単にはじめられる副業の代表といえば、FX(外国為替)だ。

続きを全部読む

自称・東京電力社員が問題発言「給料カットで福島も柏崎もメルトダウンする」「ブレーカー落としてから文句を言え」

自称・東京電力社員がインターネット上で「給料カットしたら福島も柏崎もメルトダウンする」という内容の発言し、大きな問題となっている。この人物に対して国民は「国民をコケにしたあげく、会社の同僚を卑下してる。最低の糞野郎だ」と怒り心頭のようだ。

この人物はインターネットコミュニケーションサービスTwitterに多数の東京電力を擁護する書き込みをしている。個人意見として擁護する書き込みがあるのは問題ないし、考え方は人それぞれ自由だが、問題なのはこの人物が「自称・東京電力社員」という点だ。以下は、Twitterに書かれたこの人物の書き込みである。
 
続きを全部読む

東京電力の夏ボーナスが約40万円と判明 / 国民の声「福島壊滅させてボーナス支給ありえない」

東京電力の一般社員に支払われる夏のボーナス支給額が、平均して約40万円であることが判明した。昨年夏のボーナスが約84万だったことから、ほぼ半額になったことになる。産経デジタルは「平均支給額(組合員平均38.2歳)は交渉ベースの40万1000円とみられる。同社の昨夏の平均支給額は83万6000円のため、半額以下となる見込み」と報じている。

しかし以前から「ボーナスが支給されること自体が異常」「ボーナスが出るなら国民の税金で賠償金を肩代わりしなくていいですね」などの国民の声があがっており、たとえボーナスが半分になったとしても東京電力に対するバッシングの嵐は止みそうにない。以下は、インターネット上に書かれた国民の声である。
 
続きを全部読む

2011年4月25日に発表された東京電力の情報によると、今後の社員たちの年収を役員50%、管理職30%、一般社員20%削減するとのこと。すでにボーナスが支給されることは決定しており、この年収削減にはボーナスの減額も含まれている。

年収の削減に関しては、以前から東京電力に非難の声が出ていた。それは、東京電力が払うべき賠償金に国民の税金を投入することになるからで、「なんでボーナス出る余裕あるんだよ」「ボーナスは0だろ。これで税金投入なんて言ったら絶対払わないからな」という声が多数出ていたのである。

続きを全部読む