「稲葉翔子」にまつわる記事

【実話】変態仮面のコスプレで交番に行ったら、危うく逮捕されかけた話

今から半年以上前の2016年5月14日、映画『変態仮面 アブノーマル・クライシス』が公開された。主演の狂介役を鈴木亮平さん、ヒロインの愛子役を清水富美加さんが演じた話題作だったから、ご記憶の方も多いことだろう。

私(P.K.サンジュン)は映画公開を記念し開発されたラーメン「二丁目つけめんGACHI(ガチ)」の『変態仮麺』を食べようと、変態仮面のコスプレで同店を訪れたのだが……実はその後、危うく警察に逮捕されかけていたのである。

続きを全部読む

【ライフハック】飲むのが大好きな『007』ダニエル・クレイグ様の「二日酔いの治し方」はコレだ!

忘年会でしこたま飲み明かして年が明けたら、新年会の季節である。飲み出したら楽しくて、ついお酒が進んでしまい、翌日二日酔いに悩まされてしまった……なんている人もいるだろう。

二日酔いから復活する方法は人それぞれだと思うが、映画『007』シリーズのジェームズ・ボンド役、‟ミスター・ダンディ” ことダニエル・クレイグ様の二日酔いの治し方が、ちょっと変わっていると言うので紹介してみたいと思う。

続きを全部読む

SMAPが公式サイトで感謝のメッセージを発表「心から感謝。本当に、ありがとう」

2016年12月31日、日本中から惜しまれつつ「SMAP」が解散した。デビューから25年、国民的アイドルグループとなるまで成長した彼らが、活動に終止符を打った。あれから数日、胸にポッカリと穴が開いたままの人もいることだろう。そんななか……

なんと本日1月5日にSMAPが公式サイトでメッセージを公開。「みんなの応援、全部、届いてる。みんなの気持ち、すべて、受け止めて。心から感謝。本当に、ありがとう」の言葉、そして各メンバーのコメントを掲載している。

続きを全部読む

『SMAP × SMAP』の終了に著名人が続々コメント / TERU・小室哲哉・指原莉乃・三村マサカズなど

2016年12月26日の放送をもって、フジテレビの人気番組『SMAP × SMAP』は20年の歴史に幕を閉じた。まだ、SMAPが正式に解散するまでに数日残されているのだが、彼らの活動の象徴だった番組が終わり、ひとつの節目を迎えたと感じる人も多いようである。

同日の放送を見ていたファンはもちろん、ファンでない人たちの間でも、何か喪失感のようなものが広がっている。芸能人や著名人も同じように、SMAPとの別れを惜しんでいるようだ。ロックバンドGLAYのTERUさんは、Twitterでこう綴っている。

続きを全部読む

【SMAP解散】5人が揃うのは今夜の『スマスマ』が最後 / ネットの声「号泣する準備できた」「今日だけは早く帰る」「それでも奇跡を信じたい」

2016年いっぱいで解散する国民的アイドルグループ、SMAP。ファンの間では「もしかしたら紅白歌合戦で5人の姿が見られるのでは?」という期待もあったようだが、一部報道によると紅白出場は叶わぬ夢になってしまったという。

5人が揃うのは2016年12月26日……つまり今晩放送の『SMAP×SMAP』が最後とされており、今夜が実質的な解散日ということになる。これを受けネット上には早くも悲しみの声があふれているのでご紹介したい。

続きを全部読む

【大炎上】ASKAさんのブログ更新を受けて井上公造さんに批判が殺到! ネットの声「罰するべき」「クズやな」「さっさと謝罪」

本日2016年12月22日、ASKAさんがブログを更新し逮捕時の状況を伝えた。その衝撃的な内容にネットは騒然としているが、このブログ更新を受け、現在、芸能レポーターの井上公造さんに批判が殺到している。

・ある芸能レポーターの行動についてブログで言及

逮捕当時の状況や「尿とお茶をすり替えた理由」などについて記されている今回のエントリー「尿とお茶」。問題となっているのは、その中で芸能レポーターの行動について言及しているところだ。

続きを全部読む

キムタクに「SMAPの紅白出場辞退」についてどう思うか聞いてみた

国民的アイドルグループであるSMAPが「第67回NHK紅白歌合戦」に出場しないことがわかった。年内での解散が決まり、最後の晴れ舞台と期待されていたが5人の気持ちは一致しなかったと思われる。今年の年末は紅白と決めていた筆者としては、残念無念で仕方がない。

というわけで今回は、SMAPの紅白出場辞退ついてキムタクがどう思っているのか聞いてみた。やや答えづらい質問であったと思うが……さすがはキムタクである。年末に向けての想いを、優しく熱く丁寧に答えてくれたのでさっそく紹介したい。

続きを全部読む

SMAPが「紅白歌合戦」の出演を辞退するもネット上では意外な反応 / ファンの声「KinKi! SMAP兄さんたちの分も頑張って!!」

2016年12月31日をもって解散する国民的アイドルグループ、SMAP。その最後の舞台として注目されていたNHK紅白歌合戦の出場者リストが11月24日に発表され、SMAPは出演辞退したことが判明した。

今回の報道を受けて、さぞ熱狂的なSMAPファンは悲しみにくれている……かと思いきや、ネット上では彼らの後輩に当たる「KinKi Kids」の初出場に注目するなど、意外なコメントが続出しているのでお伝えしたい。

続きを全部読む

ゲス川谷絵音が「危機管理能力を持て」とラジオで自戒発言 / ネットの声「危機管理の前に自己管理だろ」

未成年との飲酒発覚を受けて、活動自粛することになった人気バンド「ゲスの極み乙女。」と「indigo la End」のボーカル、川谷絵音。2016年初頭のベッキーさんとの不倫報道以来、数多くの話題を振りまき、今やその名は老若男女が知るまでとなった。

そんな川谷さんが、2016年11月9日放送のMBSラジオ『アッパレやってまーす』内で、「自分にもっとしっかりしろって言いたいですかね」と騒動を反省する発言をしたとして、ネットを中心に大きな波紋を呼んでいる。

続きを全部読む

全問解けたら地味にスゴイ! 校閲問題8連発

2016年10月5日から放送が始まったドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』。石原さとみさん演じる主人公・河野悦子(略してコーエツ)が校閲部で奮闘するストーリーは、放送ごとに人気を集めている。このドラマがきっかけで「校閲」という仕事を知った人もいるのではないだろうか。

誤字や脱字、さらに事実確認のチェックをする「校閲部」。今回は、実際に校閲ガールがやっている仕事に挑戦してみよう。ルールはシンプル。8ある問題のうち、正しい文章がいくつあるか見抜けばいいだけだ。まずはサラッと問題を読んで欲しい。

続きを全部読む

【ユーミン】松任谷由実さんが「SMAP1人1人に手紙を届けた」ことを明かす → ファンを中心に感動が広がる

2016年をもって解散が決定している、国民的アイドルグループ・SMAP。彼ら5人揃った姿を見られるのもあと2カ月足らずかと思うと寂しい限りだが、11月1日、歌手の松任谷由実さんが「SMAP1人1人に手紙を届けた」ことを明かし、感動を呼んでいる。

続きを全部読む

【コラム】芸能人が不祥事 →「相手との約束があるので話せません」→ これ便利すぎじゃないか?

何かしらの不祥事が発覚した際、一般人とは違い芸能人は、事件の経緯や経過などを根掘り葉掘り探られる。それ自体は不憫に思わなくもないが、それも含めて人気商売の芸能界なのだろう。「謝罪会見」はもちろん、過去には「離婚会見」を開いた芸能人も少なくない。

そんな「芸能人の不祥事」において、最近トレンド化しているあるワードにお気付きだろうか? それが「相手との約束があるのでお話できません」である。数年前までは聞いたこともなかったこの言葉。一言でいえば超便利。超便利すぎて、今後は大定番になりそうな無敵ワードだ。

続きを全部読む

【コラム】ゲス「川谷絵音」の周囲の大人は不倫騒動の際、彼をちゃんと叱ったのか?

2016年も約3カ月を残しているが、今年はある意味で彼の年であった。そう、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(かわたに えのん)である。おそらく1年前はそれなりだった知名度も、今や老若男女が知ることになったことであろう。

そんな川谷絵音の所属する「ゲスの極み乙女。」と「indigo la End」が活動の自粛を発表した。理由は未成年のタレント・ほのかりんとの飲酒報道にあったようだが、ベッキーとの不倫騒動を考えれば2発目の不祥事といえる。極めて短いサイクルでの不祥事連発に、こう思った人はいないだろうか? 「川谷絵音の周囲の大人は彼を叱らなかったのか?」と。

続きを全部読む

【SMAP】ベストアルバム発売決定にファンの喜びが爆発 / ネットの声「30周年も40周年も50周年もみんなで迎えたいです!」

2016年12月31日をもって解散する国民的アイドルグループ、SMAP。長年にわたり活躍しただけに、ファンのみならず多くの人が解散を惜しんでいることだろう。

そんな中、所属レコード会社ビクターエンタテインメントがファン投票によるベストアルバム「SMAP 25 YEARS」のリリースを発表。これを受けて、ネット上ではファンたちが喜びを爆発させているのでお伝えしよう。

続きを全部読む

【貴重映像】日本サッカー界の重鎮「釜本邦茂」がどうスゴかったか一発でわかるスーパープレイ集

2016年8月5日の「リオ五輪」開幕まで、残すところあとわずか。開会式に先駆けて始まるのがサッカー競技で、女子は同3日、男子は同4日に開幕戦が行われる。アジア王者として臨む日本は、メキシコ五輪以来のメダルを目指す。

そして五輪サッカーといえば、必ずと言っていいほど名前が挙がるのが、銅メダル獲得の立役者となった釜本邦茂氏。代表の歴代最多得点の記録保持者(男子)としても知られているが、一方で彼がどうスゴかったのか知らない人も多いことだろう。そこで今回は、貴重映像と合わせてご紹介したい。

続きを全部読む

【オカルト記念日】「ブラックホールを自在に操る女」が怖すぎる! 自己破産を招きかねない “現代の怪物” か!?

映画『エクソシスト』と聞くと、ブリッジしながら階段を降りるシーンを同時に思い浮かべる人は多いだろう。実際に真似した人もいるかもしれない。とにかく、名前は誰でも知っている超有名なオカルト映画『エクソシスト』だが、実は日本で初めて映画が公開されたのは42年前の本日7月13日なのだという。

そのために7月13日は「オカルト記念日」とされているらしい。そう、今日はオカルトデーなのだ。しかも今年は、ゴロ的に完璧な42周年! というわけで今回は、そんなオカルト記念日にふさわしい “背筋が凍る話” を紹介したい。

続きを全部読む

【悲報】2016年の約半分が終了

今から約半年前……あなたはどんな誓いを胸に2016年を迎えただろうか? そしてその目標は叶えられただろうか? 達成できた人、まだの人、もう少しで叶いそうな人。大丈夫だ、あと半年もある。……そしてあと半年しかない

7月1日を迎えた本日、無慈悲にも2016年の約半分が終了した。日数にすると181日、秒数にすると約1564万秒が過ぎたことになる。まさに光陰矢の如し……いや、光陰マッハの如しといえるだろう。

続きを全部読む

【突撃】フランスにも「ラブホ」がある! 一人で “お休憩” しようとしたら地下に連れて行かれて散々な目にあった / 自称マッサージ嬢とのパンツ際攻防戦

お金を盗まれた、下痢になった、うんこを漏らした……などなど。海外旅行にトラブルはつきものだ。きっと誰もが海外に行くと大なり小なり何らかのトラブルに遭遇しているだろうが、ここで公開する私のような体験をした人は少数なのではないだろうか。

手っ取り早く何があったのかを言おう。先日、私(筆者)がフランス・パリのラブホに1人で入り “お休憩” しようとしたら……地下に連れて行かれ、パンツを脱がされそうになったのだ! あまりにショッキングだったため、注意喚起の意味を込めて恐怖体験をレポートしたい。

続きを全部読む

【年収】ここ1年で最も稼いだスポーツ選手ランキングベスト20

子供たちに夢を与える一方で、自身も夢のような大金を稼ぐことができるプロスポーツ選手。そのトップ選手ともなれば、桁違いの年収となるのはご存知だろう。そんななか……

アメリカ『フォーブス』が、ここ1年を対象としたスポーツ選手の収入をランキング形式で発表していたのでお伝えしたい。はたしてトップに立ったのは、どのスポーツの誰なのか。その詳細は、次の通りだ!

続きを全部読む

【コラム】同じ不倫報道なのに「ファンキー加藤」はすぐに静まり『ゲス川谷』は尾を引きまくっているのは何故なのか?

2016年6月7日に『週刊女性』がすっぱ抜いた、ファンキー加藤とアンタッチャブル柴田の元妻との不倫報道。このコラムを執筆しているのは翌日の6月8日だが、メディアの報道を見るに、早くもこの件は鎮静化の様相を呈していると言っていいだろう。

一方、2016年の年明け早々、日本中を駆け巡ったベッキーと “ゲスの極み乙女。” のボーカル、川谷絵音の不倫騒動。こちらはつい先日、ベッキーがテレビ復帰を果たしたばかりだが、今後のテレビ出演は未定と、いまだに事態が完全に収まったとは言い難い。この差は一体なんなのか?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3