「砂漠」にまつわる記事

ドリフト神「ケン・ブロック」が砂漠を爆走! 少しのミスも許されないコースを走る新作が完全に狂気!!

またしても……という表現が正しいのだろうか。2017年8月22日、ドリフト界のレジェンド「ケン・ブロック」の新作が YouTube に公開され、あまりの狂気っぷりに見る人が衝撃を受けている。

今回の舞台は、なんと砂漠。これには「ジムカーナ」シリーズなどでヤバいドリフトをしまくってきたケン・ブロックといえども自由が利かず、さすがに難しいのでは……と思いきや! やっぱりそこはドリフト神。少しのミスも許されないコースでがっつりとドリドリするから圧巻である。

続きを全部読む

【実体験】ベルベル人から教えてもらった「サハラ砂漠で迷わない方法」を実践して歩いてみたら30分で迷ったでござる

海外に行くと、自らの「生きる知恵」や「野性的な勘」を試さなければならない時がやって来る。日本とはかけ離れた環境の「当たり前」がヤバすぎた場合、頭で理解しようと思っても無理なので、最終的には勘に頼らざるを得なくなるのだ。

たとえばモロッコのサハラ砂漠で暮らしているベルベル人にとって、砂漠は庭みたいなものである。そんな彼らから教えてもらった「砂漠で迷わない方法」を実践して目的地を目指してみたら、やはり野性の勘をフルで活用するハメになってしまったのでお伝えしたい。

続きを全部読む

【九死に一生】砂漠に放置されたバッグにワンコが閉じ込められていた! 今では保護され幸せに

世界中で動物が遺棄されている。子ネコがゴミ箱に捨てられていたり、虐待され川に捨てられた犬など。これらの動物たちは助かっているが、なかには人知れず命を落としていく動物もたくさん存在するのだろう。

今回捨てられていた1匹の犬は、幸運なことに一命をとりとめた側だ。砂漠に放置されたバッグの中に、閉じ込められた状態で捨てられていたところを保護されたのだ。

続きを全部読む

【灼熱】サハラ砂漠あるある40

自分が生まれ育った故郷の「当たり前」が、新天地では全く通用しなかったりする。その世界にはその世界の常識があるものだ。サハラ砂漠でも同様である。驚かされることばかりだが、その驚きが学びとなり、成長へとつながるのだろう。

いきなりだが今回は、サハラ砂漠でラクダ使いになるための修行をしてきた筆者が、現場で感じた「サハラ砂漠あるある」を40連発で紹介したい。

続きを全部読む

【激怒】サハラ砂漠専用のナビアプリ「Pilot ~サハラ砂漠編~」を使ってオアシスを目指してみた → マジでここどこだよ!

「サハラ砂漠で迷子になる」という絶望的な状況に陥った人間を救うために開発された地図アプリ『Pilot ~サハラ砂漠編~』。約一カ月前にリリースされて話題になり、当サイトでも「このアプリを使えば、きっと死ぬまでにオアシスにたどり着くことができるだろう」と紹介した。

偶然にも同じ頃、私はサハラ砂漠のど真ん中にいたので、このアプリを使って本当にオアシスにたどり着くことができるのか試してみたのだが……。とりあえず先に言おう、このアプリを作成したやつ出てこいやぁぁぁ!!

続きを全部読む

【これヤヴァイ速報】サハラ砂漠専用のナビアプリ「Pilot~サハラ砂漠編」が2月26日登場! これで方向音痴でもサハラ砂漠なんて怖くないぜ!!

方向音痴には欠かせない存在である地図アプリ。知らない街で一度店に入ると、元来た方向がわからなくなる筋金入りの方向音痴である私(中澤)。どこかに取材に行く時も、地図アプリを使っているのに迷う。北とか東とか良いから、今自分が向いている方向を上にして……。

目的地の方向と距離だけを表示する機能が搭載されているナビアプリ「Waaaaay!(うぇーい)」は、そんな迷える子羊たちを救ったアプリと言っても過言ではないだろう。2016年2月26日、この神アプリを作った「チーム方痴民」が新アプリをリリースした。その名も「Pilot~サハラ砂漠編~」DA! これでサハラ砂漠に行っても迷わないで済むぞォォォオオオ!!!!

続きを全部読む

【リアル東京砂漠】人ごみが嫌になったので東京で一番静かな場所を探していたら『砂漠』にたどり着いた → 2秒で人恋しくなった

世界屈指の大都会であり、日本の政治、経済、文化の中心地である東京都。満員電車や行列は当たり前の街だが、疲れている時は人ごみが最強のストレスになってしまう。東京に来たけど「人の多さ」に息が詰まり、何もしてないのに体調が悪くなるという人も多いようだ。

今回は、そんな人ごみに嫌気がさした筆者が、金曜の午後から行ける「東京で最強に静かな場所」を探してきたので報告したい。12時に品川を出発した筆者が、夕方には誰もいない砂漠に立っていたのだ。そこは、とても東京都は思えない「地の果て」のような場所であった。

続きを全部読む

辿りつけた者だけが味わえる至福の時……砂漠のど真ん中に出現した「ソーシャルプール」がスパルタすぎる!

米・南カリフォルニア、モハーヴェ砂漠。こちらのど真ん中にぽつんと置かれているのは……なんとプール!

L.Aから車で数時間、さらに歩いて20分以上も移動した場所に突如出現した、大きさ3.3m×1.5m、無機質な様相のこじんまりとしたプール。周囲に広がる広大な風景に溶け込むわけもなく、ただただ異質、とにかくシュール。さて一体このプール、なんのために作られたんでしょ!?

海外サイト「Los Angeles Times」が報じるところによれば、このプールの名は、「ソーシャルプール」。オーストリアのアーティストAlfredo Barsugliaさんによるインスタレーション作品で、使用料は無料。でもその代わり、この場に辿りつくこと自体が、そりゃあもう困難なんですって!

続きを全部読む

【中国】ずさん工事で砂漠が発生 → 住民から苦情 → 行政「緑化構想あり」 → まずは緑のネットがかぶせられる

砂漠といえば、アフリカの「サハラ砂漠」を思い出す人も多いだろう。しかし、お隣・中国にも広ーい砂漠がある。しかも国土の20%近くが砂漠化しており、深刻な問題となっている。

その中国で、ずさんな工事により住宅地付近に砂漠が発生してしまったそうだ。風で砂が飛び交うなど、付近の住民は困惑。そこで行政がとった対策が話題となっている。

続きを全部読む

まるで映画や絵本の世界! 美しすぎる砂漠のオアシス、ペルーのリゾート地「ワカチナ」の風景写真

壮大な砂漠の中に突如としてあらわれる湖……これは映画のセット? それとも絵本の中の一場面? そんなふうに思ってしまいそうな神秘的で美しい景色が広がる小さな村。それがペルー南西部イカ県にあるワカチナです。

海外サイト「Twisted Shift」で紹介されているのは、そんなワカチナの風景写真。……うーん、砂漠のオアシスってホントに実在したのねーーーっ!!

続きを全部読む

【衝撃動画】完全に予想外の鳴き方をするカエル

カエルの鳴き声といえば「ゲロゲロ」だ。グエッグエッと鳴くカエルもいれば、ゴロゴロゴロ……と鳴くカエルもいるし、ボーッボーッと鳴くカエルもいる。いずれにしても、カエルの鳴き声は「濁音(だくおん)」のイメージがある。

だがしかし、だがしかしっ! そんなイメージを一変させる、完全に予想外の鳴き方をするカエルを今回はご紹介したい。YouTubeには「Worlds Cutest Frog – Desert Rain Frog」というタイトルで動画もアップされている。どんな鳴き声なのかというと……

続きを全部読む

インドの砂漠で食べるカレーは絶品&エコライフ / ラクダに乗って旅をしてみた

インド・ラージャスターン州とパキスタン国境を取材した際、ラクダ隊のコーディネーターが作ってくれたチャパティとカレーが絶品だったので、ここでご紹介したいと思う。

ラクダに乗った筆者(私)は、インドの城塞都市・ジャイサルメールからパキスタン国境へと向けて2泊3日の旅に出た。砂漠を歩き、砂漠で食事をし、砂漠で寝る。それゆえ、ちゃんとした食事はできないと考えていたのだが、まったくそんなことはなかった。

続きを全部読む

ドバイと並び、奇抜な建築物が数多く存在するアラブ首長国連邦のアブダビ。今年6月には、世界で最も傾いている人工タワーとして、高さ160メートル35階建てビル「キャピタル・ゲート(Capital Gate)」がギネスに認定されたことは記憶に新しい。

そんなアブダビで開催された総合住宅コンペティションで優勝したのは、スペイン・バルセロナを拠点とする建築家nabito氏の作品「砂漠の緑」だ。

続きを全部読む