「省エネ」にまつわる記事

自然な生き方を子供に体験させるため「自給自足で6000キロを旅した一家」が話題! サバイバルな旅が貴重な経験に!!

子供達が、学校や教室では学べないことは山ほどあるに違いないが、親としては、学校を長期間休ませてまで、家族旅行をしようとはナカナカ思えないだろう。だが、‟三つ子の魂百まで” とばかりに、なかには、多感な幼少期に子供達に世界を見せて、様々な経験を積ませようと考える親もいる。

そして、ある一家は1年2カ月もかけて自転車で6000キロを旅し、道中は、草花や釣った魚など自然に手に入る物しか食べなかったというのだ! このサバイバルとも呼べる貴重な旅で、子供達は多くのことを学んだようである。

続きを全部読む

エアロバイクと洗濯機が合体!! 運動しながら洗濯して “同時に省エネと減量” しちゃおう!

面倒くさいけど、する必要がある家事のひとつに洗濯がある。そして、絶対にしなければならないわけではないけれど、した方がいいことのひとつがエクササイズである。

それなら、「その2つを無理やり合体させたら一石二鳥ではないか!」との発想から生まれたのが、バイク洗濯機なるエアロバイクだ。過去にバイク洗濯機のコンセプトが話題となったことがあったが、現在、あるデザインチームが実用化に向けて試作品を製作中なのだという。

コンセプトの段階から、実用化へ向けて進化を遂げているバイク洗濯機が注目を浴びているので、運動しながら洗濯して、同時に省エネと減量が実現できてしまうマシーンについて、再び取り上げてみたいと思う。

続きを全部読む

「海に浮かぶ家を作って自給自足生活を送る」カップルの究極のエコライフがワイルド!! 水は雨と滝を利用

エコにロハス、自給自足や地産地生といった環境問題や自然保護を意識した言葉がよく聞かれるようになって久しくなる。自分ができる範囲でリサイクルや省エネなど心がけることは大切だが、上下水道や市販食品に頼らない生活を実現させることは簡単ではない。

だが、なかには筋金入りのロハスを実行している人もいて、そんな自分達で海に浮かぶ家を建て、自給自足生活を送るカップルについて紹介したい。水は水道を使わず、雨と滝しか利用しない徹底したエコライフを追求しちゃう彼らの生活が、かなりワイルドだぞ!!

続きを全部読む

これは画期的! 世界で初めて「家庭用燃料電池」で生放送を実現!!

大阪のラジオ放送局がいままでにない、まったく新しい放送の形にチャレンジしたようだ。同局は2012年2月25日午後1時30から1時間半の放送を、家庭用燃料電池だけでまかなったのである。一般電源を使わずに家庭用燃料電池だけでの放送は、いままでに例がなく世界初となる。

これはエコロジーな取り組みの大きな一歩であり、省エネへの関心がさらに高まるきっかけになるかもしれない。

続きを全部読む

来年発売予定! 折りたたみ式電気自動車の価格が決定したらしいぞ!

昨年から話題になっている、折りたたみ式小型電気自動車『Hiriko Citycar』。とっても魅力的なプランだけに具体的な発表が永らく待ち望まれておりましたが、このたび、とうとう発売時期や価格が公表され、話題になっているようです。

『Hiriko Citycar』はそもそも、マサチューセッツ工科大学が開発した折りたたみ式の電気自動車で、開発プランが発表されるや否や、その優れたデザイン性と狭いスペースでも問題なく駐車ができる省エネぶりに大きな注目が集まりました。

続きを全部読む

これぞ究極のエコ! お馬で通勤する市民たち

省エネが叫ばれて久しい今日この頃だが、エネルギー問題は日本だけでなく、世界のもっとも憂慮すべき問題のひとつである。そんななか、夢のような交通手段で通勤する市民が中国各地で出没している。

トップスピードは時速60キロ、税金不要、ガソリン不要、お財布にも環境にも優しいうえに渋滞知らず。その交通手段とは馬だ。「お馬通勤」を始める人たちが増えているという。

続きを全部読む

もう充電は必要ない! iPodが鼓動で動くことを実験で実証

米ジョージア工科大学の研究者が、ナノテクノロジーを使って新たな充電技術についての発表を行った。それによると、とても小さな力を使って、電力を得るというものだ。すでに実験段階に進んでおり、iPodを人間の心臓の鼓動だけで動かすことに成功している。携帯電子機器だけでなく、大きな電源を確保するのにも有効に働くとしている。
続きを全部読む