「盲目」にまつわる記事

盲目のスケートボーダーが「杖を使ってトリック」を披露! 技がキマるまで諦めない姿が超カッチョいい!!

五体満足で生まれてきた人は、それを当たり前だと思いがちだ。そして時には、簡単に弱音を吐いてしまうこともある。

そんな弱っちい根性に喝を入れるためにも、盲目のスケートボーダーが「杖を使ってトリック」を披露する動画を紹介したい。技がキマるまで何度コケても諦めない姿は、そこら辺のスケーターなんかと比べ物にならないぐらいカッコいいのである!!

続きを全部読む

もはや都市伝説! 実は「スティービー・ワンダーは盲目ではない」説を裏付ける証拠色々 「腕時計をはめているのを見た」など

世間では、「今でもエルヴィス・プレスリーは生きている」だとか、「ビートルズは存在しなかった」といった都市伝説が囁かれている。

そして、かねてから巷(ちまた)で言われてきたことだが、ここへ来て、 「実はスティービー・ワンダーは盲目ではない」という説が再び有力になっているというのだ! そこで、その説の根拠とされるエピソードをいくつか紹介したいと思う。

続きを全部読む

【最強の2匹】盲目のワンコ&お助けワンコの美しき友情に思わず笑顔! 2匹で色々な場所を旅しているんだぞー!!

今、とある Instagram アカウントが多くの人を笑顔にしている。2匹のワンコの写真が次々とアップされるのだが、彼らの友情が大変美しいからだ。

目の見えないアメリカン・エスキモー・ドッグと、その傍らでソッとお助けするポメラニアン。体の大きさや性質の違いなんか関係なく、2匹は大の仲良し。山に登ったり、川を下ったり、飼い主さんに連れられて2匹はどこでも一緒なのだ。

続きを全部読む

「目が不自由な子猫を支える」動物シェルター生まれのオス猫との友情が美しすぎる!! 補助犬ならぬ補助猫に!

ペットと固い絆で結ばれる飼い主は大勢いるが、時として、動物同士でも美しい友情を築くことがある。

ある動物保護施設生まれのニャンコが、道で保護されてシェルターにやって来た盲目の子猫から片時も離れず、補助犬ならぬ補助猫のような役割を果たしているというのだ。そんな、美しく感動的な2匹のニャンコの友情について紹介したい。

続きを全部読む

【動画あり】これぞ愛! 目の不自由なチワワが家具にぶつからないように……こんな道具を作ったよ!!

目が見える人の方が、多数派であるこの世界。きっと目が見えない人・不自由な人にとっては、色々と不便で危険なこともあるだろう。だからこそ多数派は、少数派の立場に立って、「どうすれば安全になるか」よく考える必要があるはずだ。

今回ご紹介するのも、目が不自由な1匹のチワワ。家の中を歩いても、家具に体をぶつけてばかりのチワワだったが、飼い主さんがある解決策、いや解決道具を作ってくれた! その「愛の道具」に今、話題が集まっているのだ。一体どんな愛なのだろう?

続きを全部読む

【これぞ友情!】捨てられても共に生きてきた2匹「盲目のワンコ」と「お助けワンコ」はいつだって一緒だ!

「困っているときに助けてくれるのが、真の友人だ」という言葉があるが、日常で実感することあまりない。「親友だよね!」と言い合っていたのに、いざとなったら違った……なんてこともありそうだ。

しかし今回紹介する2匹のワンコの仲は、そんなにモロイものではない。野良犬として助け合って生きてきたのだが、実は目の見えないワンコと、それを助けるガイドワンコという感涙不可避の関係なのだった!

続きを全部読む

盲目の飼い主を守るため「バスの前に飛び出した盲導犬」のストーリーに感動!! 重傷を負ったワンコの運命は……!?

読者のなかで、今まで命がけで誰かを助けたことがある人はいるだろうか? なかなか日常生活でそんな状況に陥ることは滅多にないが、考える間もなく相手を守るために体が動いたら、それが愛の深さを物語っているのではないかと思う。

まさに、そんな愛の深さを行動をもって証明したワンちゃんがいる。ある盲導犬が、盲目の飼い主を守るために自らバスの前に飛び出したというのだが、果たしてワンコは無事に飼い主を守ることができたのだろうか!?

続きを全部読む

“無償の愛” とは何かが分かる感動のショートフィルムが再生回1100万回超え!! 改めてパートナーとの関係を考えさせられてしまうぞ!

長い結婚生活は良いことばかりではない。結婚の誓いの言葉 “病める時も健やかなる時も” ではないが、どんな困難な時でも心から相手を支えられる覚悟があるかどうかは、結婚における大事な要素である。

“恋は盲目” 的なアツアツ時代は、一生は続かないものだ。そんな時に、本当にパートナーが盲目になって普通の生活を送れなくなったら、あなたならどうするだろうか!?

そんな、突然の病で視力を失った妻を支える夫の愛の形を描いたショートフィルム「Blind Devotion」が、ネットユーザーの間で感動を巻き起こしているので紹介したい。この再生回数1100万回を超えるフィルムを見たら、改めてパートナーとの関係を考えさせられてしまうに違いない。

続きを全部読む

【子ネコ助け】目が見えなくてボロボロのノラ子ネコを救いたい! 回復過程をウェブカメラで全世界に発信 / みなさんの応援で医療費が集まる

誰にだって、なんにだって、出会いはある。それが大切な存在との出会いなら、なおさら思い出深いものだろう。きっと、あなたの元にやってきたニャンコとも、神様に感謝したくなるような素敵な出会いだったはずだ。

しかし、今回ご紹介する「子ネコとの出会い」は、神様に感謝するだけでは足りない。ある女性が、目も見えないボロボロの子ネコと出会い、お世話をしていくのだが、その背景にはたくさんの人々の助けがあったのだ。

続きを全部読む

目が不自由な女性が特殊な視覚補助眼鏡をかけて「生まれたばかりの我が子を初めて見たシーン」が感動的!!

9カ月も自分のお腹にいた赤ちゃんをこの世に送り出し、初めて対面する時の母親の喜びは何ものにも代え難いに違いない。しかし、目が不自由なばかりに我が子の顔が見ることができなければ、どんな母親でも何とかしたいと思うのではないだろうか?

そんな、“どうしても生まれてくる我が子を見たい!” という目が不自由な女性が、特殊な視覚補助眼鏡をかけて赤ちゃんと対面する動画が感動を呼んでいる。その感動シーンは、動画「Blind Woman Sees Her Son for the Very First Time」で御覧頂けるので、ぜひチェックしてみてほしい。

続きを全部読む

限りなく怪しい「盲目」の男性の姿が激写される

佐村河内守氏と言えば、かつて「聴覚を失った現代のべートーベン」というキャッチコピーで売り出されたものの、今や「本当に耳が聞こえないのか?」「どの程度聴覚があるのか?」など様々な疑惑が取りざたされている人物である。

今そんな佐村河内守氏と同じように、いやそれ以上に、「本当かよ?」と思ってしまう男性が激写されたと話題になっている。彼は、耳ではなく目。「盲目」と書かれたボール紙らしきものを首から下げているのだが……写真を見ると、どうしても疑ってしまうのだ。

続きを全部読む

考え方次第で人生はこんなにも楽しくなる! 視覚障害者が語る “目が見えないことの素晴らしさ” が話題に

目の見えない視覚障害者の方を見て、自分の目が見えることのありがたさを感じたことはないだろうか? そして心のどこかで、「目が見えないとは、可哀想だな」と思ったことはないだろうか?

しかし目の見えないことが、本当に可哀想なのだろうか? そう思わせられる動画が現在ネット上で話題になっている。

続きを全部読む

感動のラストに涙がとまらない! ごみのなかで生きる盲目の犬に光を取り戻す動画が世界で話題に

現在ある動画から、世界中の人が笑顔と感動をもらっている。

「Blind Dog Living in a Trash Pile Gets the Most Beautiful Rescue – The End」というタイトルのこの動画には、ある一匹の盲目の犬を救助する様子が映し出されており、多くの人がその心温まるストーリーに涙しているのだ。

盲目の犬を助けている動画撮影者は、「Hope For Paws」という動物救助団体で働いている人物らしく、動画は救助の一部始終を伝える次のような文章と共に進められていく。

続きを全部読む

すべての表現者に贈る盲目の写真家エヴガン・バヴカーの言葉

文芸や絵画、音楽、ダンスなど人が自らを表現する方法は、限りなくある。もしもその表現に限度があるとするならば、それはおそらく、本人が表現をやめる以外には考えられないかもしれない。盲目の写真家、エヴガン・バヴカーの言葉には、そう感じさせられるものがある。

12歳で光を失った彼は、16歳でカメラと出会い、現在に至るまで活動し続けている。「目が見えないのに写真が撮れるのか?」とお思いになる方も多いに違いないのだが、彼の考え方を知ると、その考えがとてもちっぽけなものに思えて仕方がない。いや、むしろ「限度を決めているのは自分」と悟らざるを得ないほど、表現に対して自由な考えを持っているのだ。

続きを全部読む