「発泡酒」にまつわる記事

【第33回】グルメライター格付けチェック『ビール』編 !「プレミアムモルツ」vs「発泡酒」

いつ飲んでもビールは美味しいが、ギラギラと暑いこの時期に飲むビールは格別だ。できれば労働を終えた後、しかも喉をカラカラにして飲むとさらにイイ。今回の『グルメライター格付けチェック』はそのビールでライター達の味覚をチェックした。

最近では「近頃の発泡酒はビールと変わらないよ」なんて声も耳にするが、果たしてライター達はビールと発泡酒を見分けることが出来たのだろうか? 普段から酒を飲まないメンバーも多いが、詳細は以下をご覧いただきたい。

続きを全部読む

【価格破壊】キリンビールの “謎の自信作” がスペシャルすぎて笑った / 常識破りの新商品がキタコレ!

「自信を持つ」というのはなかなか難しいもので、自信を持って誰かに何かをおすすめするとなるとさらに難しい。自分的にはいいと思うんっすけどぉ~……みたいになり、そんな弱腰でいいのか俺。しかしまあ、そういう人は多いだろう。

4月18日、キリンビールが新商品を発売する。“キリンの自信作” と自ら名乗るほどの自信作らしいのだが……その自信の理由とは!? あまりにも気になったので、謎すぎる試飲イベントに潜入してみることにした。

続きを全部読む

【コスパ良すぎ】イオングループ限定で販売している「ラガーズハイ」が侮れない味! 118円はさすがに安すぎだろ!?

夏の気配が近づいている。天気の良い日中は、すでに汗ばむほどの陽気さえ感じる。こう暑くなってくると、ビールがムショーに飲みたくなる。ビールメーカー各社はこぞって新商品の販売を開始しており、いよいよお酒がおいしくなってくる季節だ。

・缶コーヒーより安い!

そんななかで、大手ビールメーカー「サッポロ」はイオングループ限定で新商品の販売を開始した。それが「サッポロ・ラガーズハイ」である。この商品はアルコール度数7パーセント。しかも! 価格が安い、350ミリリットル1本で118円である!! マジかよ、自販機で缶コーヒー買うより安いじゃねえか!!

続きを全部読む

「練馬大根の発泡酒」を飲んでみた / 完全に期待を裏切られた件

練馬区の特産物といえば、「練馬大根」だが、その練馬大根で作られた発泡酒があるのをご存知だろうか。その名も「練馬大根」。練馬区にある酒屋「窪田屋商店」の主人が考案したもので、地元農家から仕入れた練馬大根を生のまますりおろし、それを原材として使っているのだそうだ。

続きを全部読む

網走ビール株式会社の『流氷ドラフト』がマジで青くて笑った / これマジで酒です

ビールとか発泡酒っつたら色はクリアな茶色なのが常識! 茶褐色! ブラウン! こげ茶色! 栗色! だいたいそんなものだが、なんとブルーのものも存在するのをご存知だろうか? マジでブルーなのである。ブルーすなわち青! 実際に飲んでみた。

続きを全部読む

あのカラオケ盛り上がり曲『ボラーレ』をケツメイシが初カバーしたぞーボ~ラ~レーッ♪

いきなり曲名『ボラーレ』と聞いてもピンとこないかもしれないが、曲を聞いたら絶対に……絶対に思い出すはず! キリン「麒麟淡麗<生>」のCMで使用されてきた、ボ~ラ~レーッ♪ ウォーォー! ボ~ラ~レーッ♪ ウォォォォ~っ♪ ……という曲である。イタリアのカンツォーネが原曲だが、外国語がわかっていなくてもカラオケで“それっぽく” 歌えば盛り上がることマチガイナシ。鉄板の盛り上がり曲だ。

そんなボラーレを、あのケツメイシが初カバー! もちろんキリン「麒麟淡麗<生>」CMでの起用であり、それにあわせて同社は無料プレゼントありまくりな超太っ腹キャンペーンを実施するぞ。ざっとその数、先着15万人ぶんだ!

続きを全部読む

いつでも極上の泡を楽しめる「ジョッキアワー」が素敵すぎッ! 外で飲む気がなくなるレベル

ビールのおいしい季節がやって参りましたッ! とくに気温25度以上の夏日になると、記者(私)は昼間からソワソワしてしまうことさえあります。「家に帰って飲むビール、うめぇんだろうな~ッ」と、ひとりでニヤニヤとしてしまいます。

そんな家飲み派のあなたに超朗報ッ!! 快適な家飲みを、さらにエキサイティングなものにしてくれる最高のジョッキがありましたよ~ッ! その名も「ジョッキアワー」。これにビール・発泡酒そのほか炭酸飲料を入れると、極上の泡立ちを体感できるのです。ビールがうめえッ! 発泡酒もうめえッ!! ゴキュゴキュと喉を鳴らして飲むともう最高だ~ッ!

続きを全部読む

キリンの『秋味』とサントリーの『秋楽』の缶デザインが酷似していると話題に

キリンの『秋味』とサントリーの『秋楽』の缶デザインが、酷似していると話題になっている。『秋味』はビールで、『秋楽』はビールに似たテイストが楽しめる美味しいアルコール飲料。両社、どちらも秋をイメージしたためか、紅葉をモチーフにしたデザインと色になっている。

確かに、両方が並んでいたら『秋味』を買おうと思って『秋楽』を買ってしまうかもしれないし、その逆だってありえる。事実、当編集部の記者が『秋味』を買ったと思ったら『秋楽』だったと驚いていた。もしかして、酷似しているのは両社がコラボしているからなのかも? ということで、『秋楽』のサントリーに聞いてみた。

続きを全部読む