「牛丼」にまつわる記事

アノ “牛丼太郎” が復活か!? 東京・銀座に突如としてあらわれた新店舗に行ってみた / 意外な真相判明

牛丼といえば、私(佐藤)はすでに閉店してしまった「牛丼太郎」というチェーンを忘れることができない。人生でもっとも貧しかった時、当時最寄りだったお店で、500円の「とくとくセット」を食べることが何よりのぜい沢だった。貧しい私を支えてくれたのは、間違いなく牛丼太郎だったから……。

運営会社が倒産してから数年が経つ。お店の仕組みを引き継ぐ形で、「丼(どんぶり)太郎」も誕生したのだが、最近になって、「牛丼太郎」が東銀座に出店したとの情報を読者から得た。さっそく行ってみると……。マジで看板に「牛丼太郎」と書いてある! 復活したのか!?

続きを全部読む

【正直レビュー】1080円もするすき家の「和牛弁当」を食べてみた / ぶっちゃけ2回目はない

群馬県の1店舗でしか販売していない「すき家」の高級牛丼について、以前の記事で紹介した。その商品『すき家謹製 和牛弁当』はなんと1080円もする、すき家なのに……。

その和牛弁当が、2016年11月16日より期間・数量限定で全国販売している。国産黒毛和牛を使用しているとのことだが、はたしてウマいのか? 実際に食べてみた。

続きを全部読む

【吉牛ハンバーグ】吉野家の牛丼でハンバーグを作ったら激ウマ! ほとばしる肉の香りに釣られてグルメライターが食べに来るレベル!!

ホカホカご飯に肉を乗せるだけで激ウマな奇跡の料理・牛丼。「早い」「安い」「ウマい」の3拍子でいつだって心を温めてくれる。そんな牛丼界でトップを走るのが吉野家の牛丼、略して「吉牛」だ。

ファーストフードと言えば「薄利多売」のイメージが強いが、なかなかどうして侮れないのが吉牛の肉。柔らかくジューシーな食べごたえは、他の追随を許さない。あの肉で肉料理を作ったら、めちゃくちゃウマくなるのでは? というわけで、吉牛の肉でハンバーグを作ってみたぞ!

続きを全部読む

【検証】吉野家で牛丼に「牛皿を1万円分」トッピングしたらこうなった

大手回転寿司チェーン店・くら寿司から2016年11月に発売となった新商品「牛丼を超えた牛丼」。以前の記事で「本当に牛丼を超えているのか?」という検証をお届けしたが、各社の牛丼を食べ比べて感じたのは「やっぱり吉野家が一番ウマい」ということであった。

俺たちの吉野家の実力を改めて思い知ったところで、今回の「1万円トッピング」のコーナーは、ズバリそのまま吉野家で牛丼に『牛皿を1万円トッピング』してきたのでご覧いただきたい。ハッキリ言って、そこにはロマンしかなかった……!

続きを全部読む

【大激怒】くら寿司の牛丼は本当に牛丼を超えているのか? 吉野家・松屋・すき家と食べ比べてみた → 吉野家に謝れッ!!

大手回転寿司チェーンのくら寿司は、2016年11月4日から牛丼(370円)の販売を開始した。おそれ多くも、「牛丼を超えた、『牛丼』」と銘打って販売開始したのだ。これは大手牛丼チェーンへの宣戦布告といっても過言ではないだろう。

実際に食べてみたところ、完全に言い過ぎであると思ったのだが、そこまで言うなら確かめるしかない。ということで、吉野家・松屋・すき家の大手3社の牛丼と食べ比べてみた。

続きを全部読む

くら寿司が販売を開始した「牛丼を超えた、『牛丼』」を食べてみた率直な感想 / 思い上がるな! 全然超えてねえッ!!

回転寿司業界の常識を次々と打ち破るくら寿司が、2016年11月4日からまた新たな商品の販売を開始した。その商品は牛丼である。それもただの牛丼ではないらしい。なにしろ、「牛丼を超えた、『牛丼』」と名付けたそうだ。

いやいや、牛丼を超えてたら、牛丼じゃないだろ。そこまで言うなら食ってみよう、ということで食ってみたら……。おい! 全然牛丼超えてねえじゃねえか! ウマいけど、これ牛丼だろ。思い上がるなよ! ウマいけど。

続きを全部読む

【爆辛】すき家史上最も辛い「アラビアータ牛丼」が期間限定で発売! 頭が爆発してアフロになるレベルの辛さ!!

大手牛丼チェーンの『すき家』は、2016年8月22日より期間限定で「アラビアータ牛丼」の販売を開始した。どうやらこの新メニュー、すき家史上最も辛い牛丼らしい……とは言っても、「史上最も」ってどれくらいなの? と思う方も多いことだろう。

というわけで今回は、普段「とろ~り3種のチーズ牛丼」でぬくぬく育ってきた筆者が、夏の終わりに少し冒険したい気分だったので、すき家の本気に挑んでみたぞ。さっそく、どんな感じだったのかご覧いただこう!

続きを全部読む

【カレー探求】高円寺駅高架下にある隠れた老舗食堂「タブチ」のカレー・牛丼は親しみを感じる味

牛丼といえば、どこのチェーン店を思い浮かべるだろうか? 吉野家かすき家か、それとも松屋という人もいるだろう。しかし私(佐藤)には、忘れられない味がある。それは、すでになくなってしまったチェーン店「牛丼太郎」だ。2012年に母体となる会社が倒産し、代々木と茗荷谷の店は「丼太郎」という名前で再出発。ちなみにこの名前は「どんぶりたろう」と読む。代々木はすでに閉店してしまったのだが。

現在その丼太郎は、茗荷谷のお店だけになってしまった。このチェーンの荒々しい味付けが好きだった。荒々しいというか、野性味のある味というか。そんな味を思い出させてくれる味を発見した。それが、東京・高円寺の「タブチ」だ。カレーと牛丼のダブル盛り合わせが650円。しかもボリュームもなかなかである。

続きを全部読む

【伊勢志摩サミット】伊勢市で食べるべき激ウマグルメ5連発!「伊勢うどん」「豚捨の牛丼」「赤福氷」など

2016年5月26日……つまり本日から2日間、三重県で「伊勢志摩サミット」が開催される。日本では実に2008年の「洞爺湖サミット」以来の開催だから、伊勢志摩エリアには日本中はもとより、世界中から大きな注目が集まることだろう。

伊勢志摩サミットを機に「お伊勢参りに伊勢に出かけてみようかな?」という人もいるかと思うが、旅の楽しみといえばやはりグルメは外せない。そこで今回は、伊勢神宮のある伊勢市に出かけたら「絶対に食べておけ!」という激ウマグルメを5件まとめてご紹介するぞ。

続きを全部読む

【伊勢志摩サミット】伊勢の名肉店「豚捨」の牛丼は世界一ィィイイ! 各国首脳の晩餐会に出したら世界平和待ったなし!!

2016年5月26日から各国首脳が集結し “伊勢志摩サミット” が開催される。2日間の予定だから、当然各国首脳たちによる晩餐会も執り行われるものと思われるが、ぜひその場に出すべき激ウマグルメを今回は紹介したい。

それは牛丼。早くて安くてウマいの三拍子が揃った、日本人のソウルフード・牛丼である。「世界中のトップが集まる場で牛丼なんて馬鹿な!」と思った方は、ぜひ伊勢の名肉店「豚捨(ぶたすて)」の牛丼を一度ご賞味いただきたい。きっと記者の言っている意味がわかるハズだ。

続きを全部読む

【朗報】吉野家の豚丼が4年ぶりに大・復・活キターーー!! ナント今だけ300円で味の同窓会開催中ゥゥゥッ(4月12日まで)

女子ならともかく、男子で吉野家に行ったことないヤツなんていないよな。え? 行ったことないの? なに? おまえは御曹司か何かなの? 『花より男子』的なアレなの? F4なの?

つい熱くなってしまった。そんなことはさておき、朗報である。吉野家の豚丼が大復活キターーー!! なんと4年ぶりの復活だぞ。めでたい、めでたすぎる。通は豚丼を頼む、なんてよく言われたものだが(たぶん)、これは普段牛丼しか食べない人たちも必食以外ありえない。しかも1週間限定で300円ときた。神か……。

続きを全部読む

【今日のお料理】お肉たっぷり! 「吉野家の牛丼恵方巻き」の作り方

皆さん、こんにちは! 今日のお料理です。季節は節分、この節分を境にしてだんだん寒さもやわらいで、春めいていくことでしょう。節分といえば、恵方巻きですね。そこで今回は、誰でも簡単にできる、「吉牛恵方巻き」をお伝えしたいと思います。

恵方巻きというと、材料の準備が面倒と思われる方も多いでしょう。でも、大丈夫♪ 準備するものは、吉野屋の牛丼と海苔だけです。コンビニ恵方巻きをもしのぐコスパに、度肝を抜かれちゃってくださいね♪ メモのご用意を。まず材料です。

続きを全部読む

【マジかよ】ドラクエでお馴染みの “あの” アイテムが商品化! 『すばやさのたね』を服用したら本当に「すばやさ」が上がるのか早食いで検証してみた

日本が誇る国民的ゲームソフト、「ドラゴンクエスト」。作中に登場する数々の魅力的なアイテムは、誰もが一度は使ってみたいと思ったことだろう。そんなドラクエのアイテムが、なんと実際に商品化されたのである。マジかよ!

その商品は『でんせつのたねシリーズ』と銘打たれているのだが、私(あひるねこ)が狂おしいほど気になったのは『すばやさのたねGOLD』だ。『すばやさのたね』とは、使用者の「すばやさ」のステータスが上がる重要なアイテムである。そこで、『すばやさのたねGOLD』を服用したら本当に「すばやさ」が上がるのか、体を張って検証してみたのでご報告したい。

続きを全部読む

吉牛の牛皿をとことん堪能できる「牛皿一丁」オープン! 満足したいなら肉は『別選』を頼むべし!!

吉野家に行って、牛皿を頼むという人に素晴らしいお店がオープンした! そのお店「牛皿一丁」は、牛皿を心ゆくまで堪能するための牛皿専門店だ。

東京・西新宿に2015年12月1日にオープンしたにもかかわらず、全然話題になってない。実際に行ってみたところ、まさしく牛皿ヘブン!! もしも本当に満足したいなら、1枚につきプラス100円の「別選」を頼むべきだ。肉質が全然違うぞ!

続きを全部読む

【ロマン】すき家で「牛丼トッピング全部のせ」を注文したらこうなった

数ある牛丼チェーン店の中でも、安さと圧倒的な味のバリエーションを兼ね備えるのがすき家だ。「ねぎ玉牛丼」も「高菜明太マヨ牛丼」も「3種のチーズ牛丼」もウマい! ……が、実はすき家の牛丼の具は、100円~140円で個別にトッピングできることをご存じだろうか?

どの牛丼もウマいから、全部トッピングしたら至極のウマさが待っているハズ……! というわけで、すき家で『牛丼トッピング全部のせ』にチャレンジしてみたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【検証】「シェフのオススメ下さい」と注文したら何が出てくるのかやってみた『すき家編』

シェフ。それは料理店の中心部キッチンを戦場に腕をふるう、気高き戦士たちのこと。お店の格式や規模、個人経営店かチェーン店かなどは関係なく、現場にいるシェフたちの想いは「お客様に美味しい料理を届けたい」だけである。

そんなシェフたちのオススメならば、間違いなく美味しいに違いない……! というわけで、「“シェフのオススメ下さい” と注文したら何が出てくるのか?」 を様々なお店で検証するのがこの企画。しばらく間は空いてしまったが、復活の第15回目は大手牛丼チェーン店『すき家』だ。

続きを全部読む

【グルメ】東京・白金高輪「ひき肉少年」のひき肉ライスがクセになる! 牛丼・ラーメンに並ぶニュースタンダードになり得る中毒性

世界には無数に料理が存在し、改良を繰り返して今に至っている。もはやこれ以上進化のしようがないはず。しかし料理人たちのたゆまぬ努力によって、少しずつ新しい形を創造し続けているのである。そんな料理の進化を感じさせる一品を発見したので紹介したいと思う。

東京・白金高輪にある「ひき肉少年」は、ここでしか食べることのできない、ひき肉ライスというメニューを提供している。カレーライスでも麻婆丼でもない、今までにない新しい料理。いずれ流行りそうな予感がしている。

続きを全部読む

【検証】復活したすき家の「豚丼」の肉が少ないというのでメニューと実物を比較してみた

大手牛丼チェーンの「すき家」は、2015年4月15日から牛丼並盛の価格を291円から350円に値上げした。低価格路線を貫いてきた同社が、主力商品を一気に約60円も値上げしたことに、消費者から悲しみの声が広がっていた。肉の量を20パーセント増量したとはいえ、60円もの値上げはかなり大きい。

・豚丼の肉が少ない?

そんななか、同社はある人気商品を復活させていた。その商品とは豚丼である。豚丼復活を心待ちにしているファンから、喜びの声が聞こえる一方で、肉が少ないのでは? との意見も相次いでいる。早速確認をしに行ってみると……。たしかにメニューの画像とかけ離れている印象は否めない……。

続きを全部読む

庶民派牛丼「丼太郎」代々木店が3月31日17時に閉店 / 今更「どんたろう」ではなく「どんぶりたろう」と知ってさらにショック……

「牛丼太郎」という牛丼チェーンがあったことを記憶している人も多いと思う。2012年に経営母体の会社が倒産し、東京・代々木と茗荷谷(みょうがだに)の2店舗を残して全店が閉店した。この残った2つのお店は経営者が変わり、名前を変更して営業を続けていたのである。店名から「牛」の文字だけを取り、「丼太郎」として営業していた。

そのうちの1店舗、代々木店が2015年3月31日17時をもって閉店することが判明した。さらにもうひとつ、驚くべき事実が明らかになった。私(佐藤)は「丼太郎(どんたろう)」という名前とばかり思っていたのだが、実は「どんぶりたろう」だったのである! いまさら本当の名前を知ることになるとは……。

続きを全部読む

【検証】「シェフのオススメ下さい」と注文したら何が出てくるのかやってみた『吉野家編』

料理店の中心部・キッチンで、磨き抜かれた腕をふるうシェフたち。調理場の戦士たちには、それぞれ強いこだわりがあるに違いない。格式や規模を問わず、「美味しい料理を届けたい」という思いは、全シェフが持つ共通精神であろう。

そんな気高きシェフたちがオススメしてくれる料理なら、絶対に美味しいハズ……! というわけで、「“シェフのオススメ下さい” と注文したら何が出てくるのか?」を様々なお店で検証するのがこの企画! 第3回目は、大手牛丼チェーン店『吉野家』だ!!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6