「熊」にまつわる記事

【臨場感MAX】本物のクマと一緒に撮影する美人コスプレイヤーが話題に

今や日本のみならず、海外でも絶大なる人気を博すコスプレ。世の中には様々なコスプイヤーがいるが、「ここまでやるか!」とうなってしまうほど原作の世界に入り込んだコスプイヤーがネット上で紹介され、話題を集めている。

そのコスプイヤーの名前は、「Captain Irachka」。ロシアのコスプイヤーであるCaptain Irachkaさんは、トゥームレイダーシリーズの主人公「ララ・クロフト」のコスプレをして、ある森で写真撮影を行った。だが、その写真、ただのコスプレ写真ではないのである。

そう、そこにはなんと本物のクマが写っているのだ! 一体どういうこと!?

続きを全部読む

【奇跡の生還】クマに襲われるハンターの視点映像がマジで怖い

2017年も6月に入り、いよいよ夏らしさが出てきた。暖かくなってくると山登りが楽しみな時期となる訳だが、気をつけたいのが「クマ」との遭遇である。毎年のように事故が起き、すでに今年もクマ関連のニュースが報道されている。

日本国内だけにとどまらず海外でもクマによる事故は多いだけに、細心の注意を払って行動したいものだが、ある映像が見る人を震え上がらせまくっている。なんとクマに襲われる瞬間の視点映像が収録されているというのだ!

続きを全部読む

【衝撃映像】家に侵入したクマが突進してくる動画 / 見ているだけで “クマに襲われる恐怖” をリアルに実感!

プーさん、リラックマ、くまもん、ポストペットのモモ、アンジェリカ……世の中には、可愛らしいクマがたくさんいますね。そういえば、バイバイと手をふりかえしてくれるクマもいましたっけ。うん、カワイイ。

でも、みなさんご存じのはず。クマはたいへん恐ろしく、私たちを殺しかねない生き物であることを。ということで今回は、クマにまつわる衝撃映像をご紹介したい。家の中に入ってきたクマを捉えた映像だ!

続きを全部読む

【衝撃動画】恐怖! クマが車のドアを開ける事件が海外のサファリパークで発生!!

時として動物は、人の想像を凌駕する行動に出ることがある。人懐っこいように見えても、動物たちの奥底に眠っているのは野生。中には高い知能を兼ね備えた動物もいるため、サファリパークで事故が起きることも稀にある。

そしてつい先日、海外のサファリパークでクマが車のドアを開けたと話題になっている。とても信じられないが、動画「Kids scream as Bear opens van door」にはその様子がバッチリとらえられているぞ!

続きを全部読む

【冒険】クマのぬいぐるみでボートに乗ったらこうなったクマー

都内有数の桜の名所として知られる上野公園こと、上野恩賜公園。およそ1200本の桜を目当てに、期間中だけで約200万人もの人が訪れるというから驚きだ。そんな上野公園内でゆったりと花見ができるのが、不忍池のボートである。

制限時間はあるものの、人混みのない開けた風景から見る桜はまさに絶景。よし、ボートの上から桜を見に行こう! ……と思ったのだが、桜をより楽しむためクマになってボートに乗り込むことにした

続きを全部読む

【大手術】巨大な「クマのぬいぐるみ」の中に入ってみた / そして動き出した2.5メートルの生物

生まれ変わるなら何になりたい? ……なんて寂しい質問だろう。かつて長渕剛さんが「生まれ変わるなら生きてるうちに」と言っていたが、まさにその通り。体中を駆け巡る鼓動が聞こえるうちに、人間は生まれ変わるべきなのだ。

では生きているうちに何に生まれ変わろう? 簡単なのはクマである。今回ご紹介する方法であれば、今の自分でありながら「クマとしての人生」もエンジョイ出来てしまうのだ。用意するのはたったひとつ。2.5メートルのクマのぬいぐるみだけである。

続きを全部読む

新千歳空港で売ってた “○○熊” のストラップが節操ない! 完全に北海道というくくりを逸脱してて笑った

私(佐藤)は空港も駅も大好き。特にお土産物コーナーを見るのが好きで、「なぜ作った?」と思うようなお土産物を物色するのに、長時間割いてしまう。そのために、自分のお土産を買い忘れることさえあるほどだ。

最近北海道に行った時のこと。やはり時間を忘れて土産物の物色をしてしまい、保安検査場に走ることになってしまった。めちゃくちゃ気になるストラップに目を奪われて放心したのがその原因だ。その熊の顔をいろいろなモノにあしらったそのストラップ、節操がなさ過ぎて、マジでビビった!

続きを全部読む

【論争】これは犬? それとも熊? 意見が割れた一枚の写真

みなさん、犬と熊を完璧に見分けられるだろうか? 「馬鹿にしてんのか」という声が聞こえてきそうだが、落ち着いて欲しい。犬種や個体にもよるが、犬の赤ちゃんと熊の赤ちゃんの中には、「どっち?」と思ってしまうほど、区別がつかないものもいるぞ。

例えば、これから紹介する1枚の写真に写っている動物がそうだろう。何とも可愛らしいのだが、これは……熊? それとも……犬? ──と、海外ではちょっとした論争にまでなってしまったようなのだ。

続きを全部読む

【本人降臨】「クマに襲われ → 戦い → 命からがら逃げた女性」がネット上で質問を受付! Q&A 50選がこれだ!! 女性「顔が半分引き裂かれました」

世の中には危険がいっぱい。まさに一寸先は闇だ。ということで今回は、海外サイト Reddit に寄せられた「私はクマに襲われ、戦い、死にかけながら、7キロを車で逃げました。質問に答えます」という投稿で行われた質疑応答50選をご紹介したい。

女性の名はアレーナ・ハンセンさん。2008年、山奥で働いていたところ1頭のアメリカクロクマに襲われ、顔半分が引きちぎられる大怪我をおった。しかし一緒にいた2頭の犬に助けられ、命からがら逃げ出し、消防署に助けを求めたそうだ。質疑応答が行われた2013年には、容態はかなり回復していたようである。

続きを全部読む

【動画あり】完璧な二足歩行をするクマが激撮される

秋から冬にかけて寒くなる今の時期、気をつけなければいけないのが「クマ」の存在だ。冬眠前に栄養を補充しようとしているクマは非常に凶暴。山だけではなく、時として人里にまで降りてくることだってある。

そんななか、海外の住宅街でもクマが出没。そしてその様子を撮影した動画「Oak Ridge NJ bipedal bear back again!」に、驚きの光景が収録されていたのでお伝えしたい。なんとそのクマは、完璧な二足歩行で現れたのだ!

続きを全部読む

【衝撃動画】ムツゴロウさんもびっくり!? 超巨大熊「グリズリー」と暮らす男が勇敢を通り越してもはや理解不能!!

動物園やキャラクター商品の中でも安定した人気の熊(くま)さん。見ているだけならとっても可愛いが、実際に触れ合うとなると話は別である。特に巨大な熊は、たいへん力が強く、パンチを一撃くらっただけでも大ケガに至ってしまう。

以前の記事でもご紹介したが、そんな危険な熊の代表と言えば「グリズリー」である。身長は大きいもので3m程もあり、生物中最強といわれるほど獰猛(どうもう)なのだ。今回は、そんなグリズリーと異常に仲の良い ”おじいさん” を、動画と共にご紹介したい。

続きを全部読む

クマ牧場の『歴代ボスの紹介文』が面白いとツイッターで話題 / 4代目「小柄ながら陰険さによって政権をものにした」など

北海道は登別市の観光名所として有名なのが、「登別温泉」と『のぼりべつクマ牧場』だ。その名の通り、クマだらけの牧場であるが、実はクマ牧場で飼育されているクマの中にも “社会” が存在するらしい。

調べてみると、大人のオスを群れで飼育すると「第一位」のクマが現れ、それを「ボス」と呼ぶ習性があるという。1958年開園の『のぼりべつクマ牧場』にも、これまで多くのボスが存在したのだが、その「歴代ボス紹介文」が面白いと、ツイッター上で話題になっているのでお知らせしたい。

続きを全部読む

【くつろぎすぎだろ!】9キロのドッグフードを盗み食いして爆睡する熊が激写される

以前、大学のキャンパスの木に登って立ち往生した熊が、すごいポーズで降ってきたというニュースをお伝えした。やはり、森林伐採や地球温暖化による環境の変化で食糧にありつきにくくなってきたのか、野生の熊が住宅街でウロつくことが多くなったようだ。

そんななか、民家に現れた熊が、大量のドッグフードを平らげて爆睡する姿が激写され、密かに笑いを誘っていることが明らかとなった。

続きを全部読む

【ホントにあったスゴイ話】サーカス団最強は誰だ!? ライオン使い VS 象使い VS 熊使い

歳をとると妙に昔のことを思い出す。オッサンになった私(佐藤)は最近、ふと若き日の思い出がよみがえることがある。自分にとってもかなりマレな経験についてお伝えするのが、このホントにあったスゴイ話である。

第1回は地元島根のバーで勤めていたときの話をしよう。まあ、バーというのが的確な言い方かどうかわからないのだが、そのお店はライブをやったりクラブイベントをやったりと、いろいろと催しの絶えないお店であった。そこで起きた、かなり激しいケンカの話だ。

続きを全部読む

【三度見レベル】その “人間っぽさ” 予想以上!  ナイスな二足ウォークを見せつけるクマが激撮される!!

突然だけど、みなさんご存知? クマは二足歩行が得意だってこ・と・を。クマってサーカスなんかでも活躍してるし、「も~う、そんなの常識!」って声も聞こえてきそうだけど……予想以上にアンヨが上手なのよ!

だってクマの基本って、四足歩行じゃない? 後ろ足だけで歩くと、ヨタヨタしちゃいそう……。でも、そうじゃないの! クマの二足歩行は、スタスタなの!! もう、激しく、3度見しちゃうくらい、すっごくスタスタなのよ!!!

続きを全部読む

【衝撃動画】まるで映画の世界! 何度振り返ってもクマに追いかけられている映像が恐ろしすぎる!!

みなさんは、以前ご紹介した「ハンパないスピードで走るクマ」を覚えているだろうか。もし遭遇して背中を向けて逃げたら、イチコロだということがよくわかる動画であった。

とはいえ、そんな機会は滅多にあるはずもなく、サラリと流していた人も多いはず。ところが! 本気でクマに追いかけられている動画「Bear Attack, Man is trying to run away from attacking Bear: GoPro」が、YouTubeにアップされていたのでご報告したい。

続きを全部読む

【衝撃動画】背中を見せて逃げたら絶対ダメ! クマの走るスピードがハンパなく速いことがわかる動画がコレだ!!

近年、クマの出没ニュースは急増しており、人間の居住範囲で遭遇することもめずらしくなくなってきた。私たち人間が実際にクマと遭遇した時はどのように対処すればいいのだろうか。

中には走って逃げれば大丈夫なんて考えを持っている人もいるかもしれないが、そんなことをしたらイチコロということがわかる動画があるのでご紹介しよう。YouTubeにアップされたタイトルは「Grizzly Bear Tries To Outrun Car」である!

続きを全部読む

【まさかの顔文字】青森県警の熊に関するツイートが “かわいすぎる” と話題 / ネットの声「緊迫感皆無」「うっかり癒された」

近年多発しているクマによる被害。「畑を荒らされた」「家畜が襲われた」というだけではなく、時には人身被害をもたらす深刻な問題だ。そのため、熊への注意喚起や出会ってしまった時の対策など、熊にまつわる情報は、今まで何度も自治体やメディアなどから発信されている。

そんななか、青森県警がツイートしている熊情報が、かなり独特であると注目を集めているので紹介したい。何がどう独特なのかと言うと……とにかくポップでかわいいのだ。気になる内容は以下の通りだ。

続きを全部読む

【マジかよ】隠し小型カメラで熊の超接近映像撮影に成功 → 熊が小型カメラを発見 → そのままガブリ!

バラエティ番組でよく使われている小型アクションカメラ「GoPro」。名前を聞いたことがなくても、「テレビ番組出演者のヘルメットなどに装着されているカメラ」と言えば、イメージがつく人は多いだろう。

「GoPro」は、小型であることに加えて極めて頑丈。そのため、バラエティだけに関わらず様々なシーンで活用され、数々の決定的映像を残しているのだ。例えば、熊に食べられる様子を一人称視点でとらえたこの映像などは、とびっきり決定的だと言えるだろう。

続きを全部読む

【シャケの逆襲】これウソでしょ? 「シャケをくわえた熊の置物」はもう古い! これからは「シャケに食われた熊の置物」だ!

自分で買っても、プレゼントされても、どうしたらいいかわからないお土産の代表といえば「シャケをくわえた熊の置物」です。そんなことをいうと職人に失礼かもしれませんが、事実、そう思っている人がいるのは確かです。

そんな熊の置物ですが、熊に食われてばかりのシャケが逆襲して熊を食っている置物があるのをご存じでしょうか? そう、ついにシャケの逆襲が始まったのです! マジですかっ!? シャケが熊に勝てるの!? でもマジなんです!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2