「煙草」にまつわる記事

【検証】タバコをポイ捨てする人の前で吸殻を拾いまくったらどうなるのか? 渋谷駅の喫煙所でゴミ拾いをしてみた!

喫煙所が次々と閉鎖に追い込まれている今日この頃。喫煙者の肩身は狭くなる一方だ。私(中澤)自身も喫煙者のため、ここ最近の喫煙事情を重く受け止めずにはいられない。喫煙者は1歩外に出ると7人の敵がいると思え……。

そんな中、閉鎖されたJR渋谷駅ハチ公口前の喫煙所がポイ捨てスポットになっていることをお伝えした。ちょっとちょっと! さらに風当りがキツくなるようなことしちゃダメーーーーーー!! ポイ捨ては拾ってる人が必ずいるのだ。そのことに気づいてもらうため、目の前で吸殻を拾ってみることにした!

続きを全部読む

【煙草コラム】結論「iQOS(アイコス)」を吸ってるヤツはやっぱりクズだった

まず、炎上覚悟で結論から申し上げるが、やはり私(P.K.サンジュン)の周りのiQOSユーザーはクズであった。人をクズ呼ばわりするのは本望ではないが、そう言わざるを得ないほどのクズなのである。

先日、「なぜ “iQOS” を吸ってるヤツらはあんなに偉そうなのか?」というコラムを執筆した。編集部内でiQOSに切り替えた3名の鼻につく振る舞いについて取り上げたものだが、うち1名は以前にも増してクズ化が進行しているのだ。

続きを全部読む

【煙草コラム】なぜ「iQOS(アイコス)」を吸ってるヤツらはあんなに偉そうなのか?

わたくし、P.K.サンジュンは喫煙者である。喫煙歴19年、平均すると1日1箱は吸うから、これまでに約14万本のタバコを吸ってきたことになる。……14万本と聞くと自分でも恐ろしい気持ちになるが、今後もタバコをやめる気はサラサラない。

それはさておき、以前「電子タバコiQOS(アイコス)を吸ってるヤツにロクなヤツがいない」というコラムを執筆した。その気持ちに変わりはなく、何なら確信へと変わっている。というのも、普通のタバコからiQOSに替えたヤツらの振る舞いがあまりにも横暴だからだ。なぜ彼らはあんなにも偉そうなのだろうか?

続きを全部読む

【喫煙者の恥】JR渋谷駅ハチ公口前の閉鎖された喫煙所に集まる「謎の集団」……3カ月経っても続くひどい状況

2016年11月1日、JR渋谷駅ハチ公口前にあった喫煙所が閉鎖になったことは記憶に新しい。あそこで多くの時間を過ごした者としては、「まさか閉鎖されるなんて……」と、喫煙者に対する世間の風当たりの強さにヘコんだものだ。

閉鎖から約3カ月が経ち、そろそろ跡地も綺麗になった頃かと思いきや、そこには想像を絶するひどい状況が広がっていた。

続きを全部読む

若い人は知らない「昔はあたり前にタバコが吸えた場所」9連発!

喫煙者にとっては、何かと肩身が狭いこのご時世。これも世の流れだから仕方がない気もするが、もう少し適度な間隔で喫煙所があってもいいと思う。あまりに喫煙所が少ないと「歩きタバコ」の原因になりかねないし、特に駅周辺には1つくらい喫煙所があってもいいと、イチ喫煙者として思うのだ。

それはさておき、今回は『昔はあたり前にタバコが吸えた場所9連発』をお届けする。きっと若い人はビックリすると思うが、大げさに言えば一昔前までは “至るところで” タバコが吸えたのである。

続きを全部読む

【突撃】歩きタバコしている人28名に「なんでここで吸ってるんですか?」と聞いたらこうだった

歩きタバコ。駅や飛行機の中でもタバコを吸えた一昔前の日本ならいざ知らず、現代日本において歩きタバコはマナー違反である。良くない……実に良くない。私(P.K.サンジュン)はキャリア18年の喫煙者だが、歩きタバコはマジで許せない。

なぜ許せないかというと……必死でマナーを守っている喫煙者まで「これだからタバコ吸うヤツは(怒)」と思われてしまうからだ! ムッキーーー!! 許せん! 断じて許せん!! というか、この期に及んでまでなぜ彼らは歩きタバコをしてしまうのだろうか? サッパリわからねぇ……。

続きを全部読む

【コラム】歩きタバコしてる人の8割以上は明らかなおっさん

渋谷ハチ公前から喫煙所が撤去されるなど、ますます肩身が狭くなる愛煙者たち。これも世の流れかとある程度は受け入れざるを得ないが、あからさまに喫煙所が減少すると、懸念されるのが「歩きタバコ」である。

ところでどうだろう? 喫煙者の方にも非喫煙者の方にもお伺いしたいのだが、街で見かける歩きタバコをしている人の8割以上は「50代以上のおじさん」ではないだろうか? 少なくとも「若者より年配の人の方が歩きタバコをしている」と感じないだろうか?

続きを全部読む

【悲報】タバコがついに「1箱1000円時代」へ突入か? 自民党議連が申し入れ

喫煙者の諸君に大悲報だ。時事通信によると、自民党の受動喫煙防止議員連盟会長の「山東昭子」元参院副議長が2016年10月25日、菅義偉官房長官に2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた受動喫煙防止対策として、タバコ税の増税により「1箱の価格を1000円以上」に引き上げるよう申し入れたという。

これまで小刻みに小刻みに値上がりしてきたタバコの価格だが、一気に2倍以上となる値上げとは穏やかではない。ネット上では喫煙者の悲哀の声があふれる一方で、嫌煙家たちは小躍りしながら歓喜のおたけびを上げているようだ。

続きを全部読む

【激安タバコ】今どき1箱250円「フォルテ(FORTE)」を吸ってみた

やあ、喫煙者の諸君! 何かと肩身が狭い思いをしていないかな? 久々に会う友達がタバコをやめてるとショックだよな。そして「お前まだ吸ってんの?(笑)」とか言われるとキレそうになるよな。うるせー! 俺のことは俺が決めるんじゃい!!

それはさておき、諸君は1カ月に何円くらいタバコ代に費やしているだろう? 記者の場合、ざっと420円×30日だから1万2600円! 改めて見るとゾッとする数字だが、マジでいくらかでも節約できないものだろうか……?

続きを全部読む

【コラム】タバコのマナーの話をしているのに「キィィイイ! 喫煙者は全員滅せよ!!」ってなる聖者はカルシウム足りなさすぎ

日本国憲法を隅々まで探してみよう。「喫煙者ハ全員、地上カラ抹殺スベシ」なんてことは一言も書いてない。二十歳未満の喫煙を禁止する “未成年者喫煙禁止法” は制定されているが、成人者の喫煙自体を禁止する法律はどこにも存在しない。つまり、日本において喫煙は合法なのである。

以前の記事で、「電子タバコiQOS(アイコス)を吸ってるヤツにロクなヤツがいない」というコラムを書いた。私(P.K.サンジュン)の主とするところは「電子タバコでも普通のタバコでもマナーを守って楽しもうね☆」というものだったのだが……。予想通り、聖者のみなさんが登場し「またかよ(笑)」という展開になったので、少しその話をしたい。

続きを全部読む

【コラム】電子タバコ「iQOS(アイコス)」を吸ってるヤツにロクなヤツがいない

喫煙者には何かと肩身が狭いこの世の中。タバコを吸えない飲食店は本当に増えたし、道を行けども行けども喫煙所が見つからないこともしょっちゅうだ。だがこれも喫煙者の運命(さだめ)……。現代社会のルールの中でタバコを楽しむしかあるまい。

それはさておき、そんな世相を反映してか2015年に発売され最近よく見かけるのが『電子タバコ・iQOS(アイコス)』だ。普通のタバコと比べて、ニオイや煙が少ないことが最大の特徴だが、個人的には「iQOS吸ってるヤツにロクなヤツはいない!」と思っている。というか、怒っている。

続きを全部読む

「喫煙者に厳しい」と言われるヨーロッパでタバコを吸いまくった理由 / タバコに関するありがちな誤解

ケツから煙が出るほどヨーロッパでタバコを吸いまくった──なんて言うと、それだけで、「マナー違反をしやがって!」とか「ルールを守れ!」「日本人の恥」「クズ野郎」と、ヒステリックに叫ぶ人がいるかもしれない。

けど……ちょ待てぃよ! 俺、クズ野郎じゃねえし。ぶっちゃけ、俺は隠れてこっそり吸ったわけでもねーし。マナー違反をしたわけでもねーし。正々堂々と、その場のルールに従って吸っただけだし。ぶっちゃけ、何か誤解してね? You 誤解してません? つーか、俺も誤解してたことはしてました。はい、すいません。

続きを全部読む

【素朴な疑問】同じ銘柄のタバコなのに「ショート」と「ロング」に味の差があるのは何故なのか? JTの人に聞いてみた

とかく喫煙者は肩身が狭いこのご時世。居酒屋はもちろん、最近では “禁煙のパチンコ屋”も登場するなど、タバコに対する風当たりはますます強くなっていくことだろう。……それでもタバコはやめられねぇ! タバコうめぇぇええ!! モクモク最高ォォォオオオッ!!

──と、いまだ喫煙率9割を誇る我らがロケットニュース24編集部だが、今回は喫煙者であれば誰もが感じたことがあるハズの「素朴な疑問」に迫ってみたのでご覧いただきたい。それは同じ銘柄のタバコなのに「ショートとロングに味の差があるのは何故なのか?」という謎についてである。

続きを全部読む

【悲報】たばこが1本当たり3円増税の見通し / ネットの声「すぐにタバコに頼るな」「ついに1箱500円時代の到来か」

喫煙者のみなさんに悲しすぎるお知らせだ。これまでジワジワと増税され続けていた “たばこ税” だが、このたび消費税の軽減税率の財源確保策として「たばこ増税」が盛り込まれる見通しとなり、1本あたり3円の増税になるという情報が入った。

もし可決されれば、代表的な銘柄、ラークは480円、メビウス(マイルドセブン)は490円、マルボロに至っては520円ということになる……。喫煙者が恐れていた「タバコ1箱500円時代」がマジで到来しそうなのだ。

続きを全部読む

【喫煙者必見】タバコの煙をコーヒーフィルターに通すとこうなった / タバコを1本吸うとコレを体内に取り込んでるんだよってことが一発で分かる動画

言うまでもなく、タバコは体に悪い。よく言われるように、“百害あって一利なし” である。しかし、タバコを止めよう止めようと思ってはいるものの、止められない人が多いのもまた事実。

そこで今回は、そんな人にオススメの動画を紹介したい。その名も「STILL SMOKING!?」。タバコを1本吸うと、どれだけの物質を体内に取り込むことになるのかを、分かりやすく示した検証動画だ。これを見てもまだ吸うのか!?

続きを全部読む

【新・提案】吸うよりいっそ吹いてみては? 喫煙に代わる新たなリフレッシュ方法はコレだ!

喫煙がもたらす健康被害についての警笛があらゆる方法でなされた結果か、すっかり社会に分煙化が浸透しつつある。しかし、現代人のストレスは増すばかり……。

体に悪いとは知りつつも、ついついタバコに手が伸びてしまうという人も、相変わらずたくさんいるのが社会の現状。そこで私は提案したい。喫煙に代わる、画期的かつ健康的なリラックス方法を……!

続きを全部読む

【喫煙者必見】まるでうごめく大蛇! 喫煙者の肺の映像がエグい / 見るとタバコを即投げ捨てたくなる

子供の頃、保健室に貼ってあるポスターなどで『喫煙者の肺の写真』を見たことがある人は多いはず。そして「こんな真っ黒になるんだったら、大人になっても絶対にタバコなんて吸わない!」とあの時固く決意したのに……気づけば自分がバリバリの喫煙者になっている、という人もいることだろう。

そこで今回は、今海外で絵的にショッキングすぎて話題になっている『喫煙者の肺の動画』をご紹介したい。静止画ではなく、生きている人の肺の映像だ。それが、閲覧注意レベルのグロテスクさ。実際にその目で見れば、どんな喫煙者でも持っているタバコを即捨てたくなる! もうこれでタバコともおさらばだ! ……多分。

続きを全部読む

【喫煙者の葛藤】「禁煙宣言」をした人の知られざる戦いの記録 / 家族さえ知らなかった秘密が死後四半世紀の時を経て明らかに!

多くの喫煙者にとって、禁煙は簡単に成功できるものではない。「吸いてぇー!」「でも吸えない!」「1本くらい大丈夫だろ……!」「いや、ここで吸ったら全てが台無しだ!!」という壮絶な葛藤の連続であり、途中で挫折する人は数えきれない。

そんな1人の戦いの記録が、画像共有サイト「imgur」にアップされていたので、ご紹介したい。ここまで聞くと、禁断症状で悶え苦しんでいる姿などを想像する人は多いだろうが、そうではない。むしろ苦しさはなく、どことなく痛快。……しかし、紛れもなく戦いの痕跡である。

続きを全部読む

【検証】密かにブーム到来中? 謎多き水タバコ「シーシャ」を吸ってみた

水タバコ「シーシャ」が密かにブームになっているという。主にイスラム圏で愛されているタバコの一種で、都内ではシーシャを提供するカフェや飲食店、さらには専門店も増えている。女性や非喫煙者でもハマる人が多いらしい……。

「煙を水に通すから喉が痛くならない」とか「紙タバコのように煙くない」などと聞いたことはあるが、正直どんなもんなのだろう……? そこで今回は、知ってはいるけど吸ったことはない、謎多き「シーシャ」を実際に試してきたぞ!

続きを全部読む

【衝撃動画】ロシアで撮影されたという「父親が幼児とタバコを回し吸いしている動画」に非難殺到

いつも豪快なニュースを提供し世界を沸かせる 北の大国ロシア。そんなロシアで、なんともショッキングな親子の動画が撮影されたという。

動画「Father Offers a Lit Cigarette to His Toddler Who Then Smokes it」には、なんと驚くことに、父親がまだ言葉もままならない幼児とタバコを回し吸いしている様子が収められているのだ。その非倫理的とも言える行動に、いま、世界中から非難が殺到している。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2