「炎上」にまつわる記事

【なぜ】ざわちんが「鼻の整形願望がある」と発言しただけで盛大に炎上

ものまねメイクタレントとして、すっかりその地位を確立した「ざわちん」さん。彼女のメイク技術はまさに神の領域で、男女問わず狙った顔に限りなく近づけてしまうのだから大したものである。

そんな ざわちんさんのツイッターが炎上している。2017年1月14日、ざわちんさん自身のツイッターに「鼻の整形願望がある」と投稿したところ、なぜか批判が殺到しているのだ。正直、意味がわからない……。

続きを全部読む

【バイトテロ】店員が「パン生地で縄跳びする動画」をSNSに投稿 → もちろん炎上 → 解雇

バイト店員がアイスクリームケースに入って商品の上に寝転ぶ。冷蔵庫の中に入る。そんな写真を SNS に投稿すれば、炎上は免れない。店にも苦情が殺到する。そう、俗に言う「バイトテロ」だ。

このようなバイトテロは、日本以外でも起こっているもよう。この度、アメリカのファーストフード店の店員がバイトテロを起こしたというのだ。一体どんなことをしたんだ……?

続きを全部読む

【大炎上】ASKAさんのブログ更新を受けて井上公造さんに批判が殺到! ネットの声「罰するべき」「クズやな」「さっさと謝罪」

本日2016年12月22日、ASKAさんがブログを更新し逮捕時の状況を伝えた。その衝撃的な内容にネットは騒然としているが、このブログ更新を受け、現在、芸能レポーターの井上公造さんに批判が殺到している。

・ある芸能レポーターの行動についてブログで言及

逮捕当時の状況や「尿とお茶をすり替えた理由」などについて記されている今回のエントリー「尿とお茶」。問題となっているのは、その中で芸能レポーターの行動について言及しているところだ。

続きを全部読む

【炎上】TBSが『マツコの知らない世界』のねつ造疑惑に対して謝罪文と「正しい画像」を掲載 / ネットの声「通販で同じ事をしたら詐欺だよね」

2016年11月29日に放送された『マツコの知らない世界』でのねつ造疑惑。目下、ネットで話題となっているこの問題について、TBSがホームページに謝罪文を掲載した。そこには謝罪すると共に正しい画像があるが、その一連の対応にまたもネットでは厳しい意見が挙がっている。

続きを全部読む

【炎上】『マツコの知らない世界』で悪質な “ねつ造” が発覚 / TBSに事の真相を聞いてみた

毎週かゆいところに手が届くような面白い情報やトリビアがあることで、ネット民の信頼も厚いTBSの番組『マツコの知らない世界』。

現在、2016年11月29日に放送された同番組内で明らかなねつ造があったと話題になっている。そこで「実際にねつ造があったのかどうか」についてTBSに問い合わせてみたら、驚くべき答えが返ってきたぞ

続きを全部読む

【炎上】トランプ次期大統領の美人すぎる娘が致命的なミスを犯して集中砲火

ドナルド・トランプ次期大統領の娘で、実業家としても活躍しているイヴァンカ・トランプさん。自身のブランドを手がける「やり手」なこと、そしてメリハリボディーとその美貌が日本でも話題になったことは記憶に新しい。

まさに才色兼備。しかもお金持ちでパーフェクト! ……と思いきや、自らの発言で致命的なミスが発覚し、ネットを炎上させることになっている。2016年11月27日、彼女が Twitter でとある「つぶやき」をしたことが、事の発端だった。

続きを全部読む

【批難殺到】元総理大臣・菅直人さん、福島沖の地震に対するツイートでやらかす

本日2016年11月22日、福島県沖でマグニチュード7.4の地震が発生した。気象庁の発表によると、この地震は東日本大震災の余震であるという。あれから5年の歳月を経た大きな余震……大震災はまだ終わっておらず、人の常識では通用しない地球の大きな脈動を見たような気がした。

日本が未曾有の災害に直面した5年前、総理大臣として対応したのが菅直人さんだが、今回の地震に対するツイートに批判が殺到している。問題となっている内容は以下の通りだ。

続きを全部読む

【マジかよ】損保ジャパンが「ネット炎上補償」のサービスを開始! ネットの声「意地でも炎上させたくなる」

近年、多くの企業がTwitterやFacebookなどのSNSを利用しビジネスに役立てている。だが、影響力が大きいため、ちょっとした不用意な発言が大きな騒動に発展することもある。

そんなインターネットの炎上に対し、損保ジャパン日本興亜が驚きの新サービスを発表した。なんとネットを24時間監視する予防策から、炎上後の対応策、費用の補償までを支援する『ネット炎上対策パッケージ』を開始するという。

続きを全部読む

【炎上】店に「猫がいたから」と最低評価を下した女性にネット民が猛反発! 「店には猫が必要」「猫がいない店は信用できない」など

ネット上に数多存在するレビューサイト。そこでは、物からレストラン、ホテルなど様々なものに対して、誰もがレビューや評価を書き込むことができる。もちろん意見は人によって違うので、評価を巡ってネット上でモメることもしばしば。

今回も、1人の女性客がある店のレビューで「猫が飼われていたから最低評価」としたところ、ネット上が猛反発! 「店には猫が必要」との声がどっと寄せられたのだ!!

続きを全部読む

【衝撃動画】韓国で「Galaxy note7」からモクモクと煙があがる事件が発生

2016年10月11日、韓国のサムスン電子が最先端の技術を詰め込んだ新型スマートフォン「ギャラクシーノート7(Galaxy note7)」から発火する事故が相次いだ問題で、同社はこの機種の生産と販売を打ち切る方針を明らかにした。

日本では未発売のギャラクシーノート7だが、販売中だった国では発煙や発火の報告が複数件あがっているようだ。そんな中、今回は韓国のファーストフード店で撮影された発煙の決定的瞬間をご覧に入れたい。

続きを全部読む

【炎上】爆笑問題・太田光「日本人のノーベル賞は飽きた」「昔の方が価値があったな」「レコード大賞みたい」

歯に衣きせぬ発言で人気のお笑い芸人、爆笑問題・太田光さん。その太田さんが自身のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』の中で「日本人のノーベル賞は飽きた」「昔の方が価値があったな」「レコード大賞みたい」と発言し、物議を醸している。

続きを全部読む

【どう思う?】 “事故死したネコの遺体” でハンドバッグが作られて炎上 / ネットの声「あなたもバッグになればいい」vs 作者「革製品と同じ」

「国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物の扱い方で分かる」というのは、マハトマ・ガンジーの名言。私たちは、敬意を持って動物を扱うことができているか? 様々な考え方があるので、この問いに対する答えは人によって違うだろう。

最近、動物にまつわる出来事が、人々に同種の疑問を投げかけた。発端は、ある女性が「事故で死んだネコの遺体」を使って、ハンドバッグを作ったことだ。

続きを全部読む

【おそロシア動画】男が給油口付近でライターに火を付ける → 車が炎上して大慌て

車体価格が安く燃費性能も改善されていることから、いまだ多くシェアを占めているのがガソリン車だ。そんな給油頻度の多いガソリン車で特に気をつけたいのが、衣類の静電気などでも起こり得る給油中の引火である。

今回は「給油時に引火するとどれほど大惨事になるか?」がわかる、ロシアのガソリンスタンドで発生した事故映像をお届けしたい。火気厳禁であるその理由が、きっとおわかりいただけるハズだ。

続きを全部読む

【どう思う?】海外トヨタの “ある広告” に非難殺到! ネットの声「男女差別も甚だしい」「恥ずかしい広告だ」

ルミネのスペシャルムービーや、中国の洗剤CM、不倫を推奨するかのようなケータイゲームのCMなど、これまで数多くのコマーシャルが物議をかもしてきた。作り手側に悪気はなかったかもしれないが、表現の仕方が悪く、多くの視聴者の気分を害してしまったのだ。

そして今回も、海外トヨタの広告に非難が集まっている。スキー場に設置された広告なのだが、その内容が男女差別的なんだとか……。

続きを全部読む

【炎上】ファンキー加藤ダブル不倫発覚で新曲『ブラザー』のPVへのコメントが大喜利状態に! ネットの声「柴田とブラザーになった曲とかシャレ効きすぎ」

本日2016年6月7日、元ファンキー・モンキー・ベイビーズのヴォーカル・ファンキー加藤さんのダブル不倫を『週刊女性』が報じた。不倫相手はアンタッチャブルの柴田さんの元妻で、加藤さんの子供を妊娠しているという。

朝から世間を騒がせているこのニュース。熱く誠実でポジティブなイメージのあるファンキー加藤さんだけに、ショックを受けた人も多いだろう。そんな中、明日8日発売の新曲『ブラザー』のPVへのコメントが大喜利と化している

続きを全部読む

【衝撃動画】俺の股間が火を噴いた

猜疑心、嫉妬心、虚栄心……誰の心にも多かれ少なかれ潜んでいる感情ではないだろうか? そんなもの、ないほうが幸せなのはわかっているのに、完全に排除することは難しい。だから “精神の鍛錬” なんてものが存在するのだろう。

それはさておき──ちょっとした虚栄心から、男の股間が火を噴いた。

続きを全部読む

中国版AKB? 謎の社会主義アイドル『56輪の花』がいろいろスゴイ / 50名以上の “純潔少女” が毛沢東の絵の前で歌って踊ってときどき炎上

最近、中国の習近平体制は「文化大革命の再来ではないか」と囁かれるのを耳にする。あの多くの犠牲者を出し中国の近代化を50年遅らせたという文化大革命。誰がそう言い出したかはわからないが、とにかくいま「文革再来」、そういうことになっている。

そのなかで、「中国版AKB」と呼ばれるアイドルが注目を浴びているのをご存知だろうか? もしや “本家越えの美少女ぶり” と名高いSNH48? それとも一瞬、世を騒がせたパクリグループAK98? いや、全くの別物だ。56人の “純潔少女” による社会主義アイドルだというのだ!

続きを全部読む

出会い系サイトの広告に非難殺到!「女性の外見にレッテルを貼った」と炎上 → 謝罪する事態に

本人にそのつもりはなくても、ちょっとした一言が誰かを侮辱したり傷つけることがある。これらの言葉は “失言” や “不適切な発言” とされ、ときに大きな波紋を呼ぶことにもなる。

今回もある出会い系サイトが、女性の外見にレッテルを貼るような広告を掲載し、批判を集めているのだとか。一体どんな内容だったのだろうか?

続きを全部読む

【悲報】乙武洋匡さん著『五体不満足』のAmazonページが炎上! 「五人で大満足」「息子は大満足」「女体大満足」など大喜利状態に

文筆家・コメンテーターとして活躍する乙武洋匡(おとたけ ひろただ)さん。2016年3月24日発売の週刊新潮の不倫報道以来、ネットでもテレビでも彼の名前を見ない日はない。そんな中、彼の代表作である『五体不満足』のAmazonページが大炎上している。

続きを全部読む

【悲報】キングコング西野さん、ツイッターに「ショーンKネタ」投下も盛大にすべる

本職のお笑い芸人としてだけではなく、画家や絵本作家としても高い評価を受ける、キングコングの西野亮廣さん。そのマルチな才能は、芸能界でも指折りといっていいだろう。

また、西野さんといえば自身のツイッターがたびたび炎上することでも知られているが、つい最近「炎上すらしない悲しいネタ」が密かに披露されていたのでご報告したい。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5