「炊き込みご飯」にまつわる記事

【衝撃グルメ】『たけのこの里ごはん』が「たけのこごはん」を超える奇跡のウマさ

先入観とは何と下らないことだろう? 先入観は自分の視界を狭くし、結果的にその人の世界を小さくしてしまう。極端にいえば先入観に捉われた人に明るい未来はなく、織田信長もナポレオンもビル・ゲイツも、固定観念を打ち破ったからこそ時代に名を残したのだ。

わざとらしい前フリはさておき、今回の記事は先入観に捉われることなく、まっさらな気持ちでご覧いただきたい。タイトルからお分かりの通り「たけのこごはん」ならぬ『たけのこの里ごはん』を作ってみたわけだが、これが予想に反して爆ウマだったのだ。

続きを全部読む

【最強レシピ】1人前100円ちょっと!「お吸い物の素」を使った『ニセ松茸ご飯』が信じられないくらいウマい

2016年も11月に突入し、「食欲の秋」そして「味覚の秋」のど真ん中だ。秋を代表する味覚といえば、キングオブ高級食材 “松茸” が真っ先に思い浮かぶが、とても記者のようなド庶民の口に入るお値段ではない……ええい、人口松茸の開発はまだ進まぬのか!

それはさておき今回は、松茸を一切使わないのに信じられないほど美味しい『ニセ松茸ご飯』のレシピをご紹介したい。材料費は1人前100円ほどと超リーズナブル、しかも炊飯器にブチ込めばOKの超簡単レシピとなっているぞ。

続きを全部読む

【天才レシピ】『蒲焼さん太郎』で「炊き込みご飯」を作ったらこうなった

以前の記事で、「土用の丑の日」にお金がない筆者は、駄菓子の『蒲焼さん太郎』でうな丼を作るという天才的なレシピにチャレンジした。結果としては、味は悪くないもののティラノサウルスばりの顎力(あごぢから)がないと硬すぎてツラい、というものになった。

美味しく出来れば大量に作るつもりであったが、残されたのは蒲焼さん太郎のマウンテン……こいつはもったいねえ! というわけで、知恵を振り絞り考え付いたのが『蒲焼さん太郎の炊き込みご飯』である!! これはどう考えても失敗する要素が見当たらない!

続きを全部読む

やしきたかじんオススメ『ポン酢炊き込みご飯』がシンプル美味 / 味の素を入れるとさらにウマい

“ナニワの視聴率男”とも呼ばれ、歌手や司会者など、マルチな才能を発揮した大阪を代表する芸能人といえば「やしきたかじん」さんである。たかじんさんは2014年1月3日に残念ながらこの世を去ったが、いまでも彼が出演していた番組は名前を取ることなく放送を続けているものが多い。

そんなたかじんさんは番組中で自分の料理を披露することも多かったのだが、2003年に放送を終了した「たかじんの夢いっぱい」で紹介された『ポン酢炊き込みご飯』は、作り方も簡単でヘルシーなことから、非常に人気の高い一品だ。

続きを全部読む

【コスパ良い贅沢】セブンイレブンのおでんを使った『おでん炊き込みご飯』が最強にウマくて安すぎる件

最近は庶民の味方である牛丼の価格も高騰。外食だけでなく、スーパーで販売されている商品すべてが値上がりの傾向にある。

お腹いっぱい美味しいゴハンを食べるにはそれなりの金額を出さなければいけない時代が来てしまったか……と軽く絶望していると、コストパフォーマンスを追求する我らがコストパフォーマー佐藤が声をかけてきた。 続きを全部読む

【メチャ簡単レシピ】材料ぶち込むだけの「ケンタッキーチキン炊き込みご飯」 がヤバウマ! 冷えたチキンの再利用に最適

ジューシーで美味しい「ケンタッキーフライドチキン」のオリジナルチキン。極辛味や和風味もたまにはいいけど、やっぱりオリジナルチキンが最高!と思う人も多いのでは?

ところがついつい注文しすぎて、あまってしまうことも多々あります。冷めたチキンを温めなおして食べるのも良いですが、ここはひとつ、炊飯器の中にぶち込んでみてください。簡単な材料を加えてスイッチポンで、メチャクチャ美味しい「ケンタッキーチキン炊き込みご飯」が出来上がるのです!

作り方や材料は以下の通りです。
 
続きを全部読む