「火災」にまつわる記事

アスクル火災発生時に従業員を名乗る人物が『ヤフー知恵袋』に投稿していた 「着の身着のまま避難誘導され……」

2017年2月16日に、埼玉県にある「アスクル」の物流センターで火災が発生した。この影響で、アスクルと同社が運営する「ロハコ」は一時注文を中止する事態となった(現在は注文を受け付けている)。入間地区の消防は、火災発生から6日を経て、ようやく火災を鎮圧したことを発表している。

その当時、働いていた人たちはどうしていたのだろうか? 最近になって、ヤフー知恵袋に投稿されていたある質問が注目を集めている。その投稿をした人物は「アスクルで働いていた」と書き込んでおり、荷物の懸念をしているのだが……。

続きを全部読む

【アスクル火災】東日本エリアで注文受付を中止していた『LOHACO』が「18時をめどに一部商品のご注文受付を再開します」と発表

2017年2月16日午前、埼玉県三芳町にある物流センターで大規模な火災が発生した「アスクル」。同社は、埼玉を中心とした関東の5県で、一時注文の中止を決定。それと同時に、個人向け通販サービス「LOHACO」でも、東日本エリアで注文の中止を発表していた。

それから約3時間を経て、LOHACOは同日18時をめどに、注文受付の再開をTwitterでアナウンスしたのである。

続きを全部読む

「アスクル」埼玉の物流センターの火災で一部エリアの注文受付停止を発表 / 対象エリアは埼玉・山梨・長野・群馬・栃木

2017年2月16日、文具などの通販サービス「アスクル」の埼玉物流センターで大規模な火災が発生したと報じられた。午前9時頃に火災が発生し、4時間経った13時の段階で鎮火していないという。

この影響でアスクルは一部エリアの注文を一時停止すると発表している。

続きを全部読む

新潟県糸魚川市で大規模な火災発生 / 30棟に延焼し270世帯に避難勧告

年の瀬の迫った12月22日、新潟県糸魚川市で大規模な火災が発生した。住宅の立ち並ぶ飲食店から出火し、強風にあおられて火が燃え広がり付近の約30棟に延焼。14時45分の段階で鎮火していない状況だ。周辺の世帯に避難勧告が出されているようである。

続きを全部読む

【消防士さんスゴイ】新宿歌舞伎町で火災発生 → 約30分後には消火活動完了

2016年10月13日の16時頃、新宿歌舞伎町で火災が発生した。現場は西武新宿駅からほど近い雑居ビルで、数十台に及ぶ消防車・救急車・パトカーが集結。火災発生当時、辺りは物々しい雰囲気に包み込まれていたようだ。

続きを全部読む

【マジか】尻ポケットの iPhone が突然燃え始める事故発生! 幸いポケットに穴が空いただけで大きな被害はナシ / Appleは「調査を行う」とコメント

以前、リコール対象となっていたサムスンのスマホ「Galaxy Note7」が爆発し、車が大炎上する事故が起こったことをお伝えした。同機種から煙が出たことで、飛行機がキャンセルとなる事態も発生している。

しかしスマホが爆発するのは、サムスン製だけではないのかもしれない。なぜならこの度、ある男性の iPhone が突然燃え始めたというからだ!

続きを全部読む

リコールになっていたサムスンのスマホ「Galaxy Note7」が爆発! → 車が大炎上する事故が発生!!

すっかり人々の生活に浸透したスマホは、地図で場所を調べてナビとして使ったり、アプリを様々な事に活用できるし、我々の生活に欠かせない存在となっている。

しかし、時には充電中のスマホに感電したりといった事故が起きているので、油断は禁物である。そんななか、サムスンのスマホ「Galaxy Note7」が爆発し、車が大炎上する事故が発生していたというのだ!!

続きを全部読む

【地獄コンボ】JRの川崎変電所で早朝に火災が発生し全線ストップ → 線路に人が立ち入った影響で山の手線も死亡 → 品川駅がコミケ状態に

本日5月12日8時11分頃、JRの川崎変電所で火災が発生した。それにより起きた停電の影響で、京浜東北線、東海道線、横須賀線、南武線、鶴見線をはじめ、多くの線区で運休や大幅な遅れが出た。

続きを全部読む

新宿ゴールデン街が被災店鋪のために「雑巾&古いタオル」を募集中! 「桜まつり」も予定通り開催だ!!

2016年4月12日に東京の新宿ゴールデン街で起こった火災。火元の建物に侵入した疑いで1人の男が逮捕されたが、火事との関連はまだ明らかになっていないという。

火事から2日経ったものの、被害を受けて未だに開店できないお店もあるようだ。しかしゴールデン街は立ち止まらず、復旧に向けて動き始めている。現在は、被害にあった店の大掃除に必要な「雑巾&古いタオル」を募集しているらしいぞ!

続きを全部読む

【画像あり】新宿歌舞伎町ゴールデン街で大規模な火災発生! あたり一面が黒煙で覆われる

本日2016年4月12日、東京・新宿歌舞伎町で大規模な火災が発生した。現在15時の時点でも周囲には黒煙が立ちこめており、東京消防庁が消火活動にあたっているもよう。

続きを全部読む

抜け毛を燃やしてワンルームマンション1室が火事に

中年の男性にとって、髪の毛の問題は深刻。いや、中年でなくても、また男性でなくても髪の毛が抜けることを気にする人もいるだろう。英国男性約2000人を対象に、身体に対してどんな恐怖を抱えているかを調査したところ、「髪が薄くなること」を気にしているという意見が多かったようだ。

最近日本でも、毛髪が元で驚くべき事件が起きたという。それは何と火災だ。一体なぜ火災が起きたのだろうか?

続きを全部読む

【動画】山火事からの決死の脱出! 炎の中を走る車載カメラ映像が話題に

2015年9月、米国カルフォルニア州で、干ばつによる大規模な山火事が発生。9月13日には同州のレーク郡とナパ郡で「非常事態宣言」が出される事態となっている。

今回紹介する動画は、山火事が発生後、避難するため、炎に包まれたエリアを車で走り抜ける……というものだ。「もし道が塞がれてしまったら?」と考えるとゾッとする状況。果たして、決死の脱出は成功したのだろうか? その様子は、動画「Escaping Anderson Springs during Valley Fire」に収められている。

続きを全部読む

【鉄道情報】山手線・恵比寿〜目黒間でケーブル火災発生!  山の手線と埼京線など運転見合わせ / 14時15分頃に運転再開の情報

2015年8月27日、13時1分頃、JR山手線の線路沿いでケーブル火災が発生。その影響を受け、JR山手線、埼京線、湘南新宿ラインで運転見合わせが発生した。

NHKによると、火はほぼ消し止められたとのことだが、確認作業のため14時をすぎても運転再開には至っていなかった。しかし、JR東日本の運転情報によると、14時15~18分にかけて逐次、運転が再開されたようだ。

続きを全部読む

消防士が消火後に自撮りをした理由とは? 3万6000以上の「いいね!」を獲得している写真が話題

現在1枚の自撮り写真が、世界中で多くの人を感動させている。人気の出る自撮りと言えば、大抵は有名人が撮ったものや、キレイな女性が写っているものなど、見た目に分かりやすい特徴があるものばかりだ。

しかし! 今話題になっている写真は、全くもって華やかでない上に、特に目立つポイントもない。写っているのは男性ばかりで、むしろ男臭い写真である。ところが……この1枚は、3万6000以上の「いいね!」を獲得。大人気なのだ。その理由は、写真に隠されたエピソードにあるッ!

続きを全部読む

【衝撃動画】あまりにも危機一髪すぎる! 大火事のマンションから『ダイ・ハード』ばりに脱出する男の動画が話題

2014年3月25日、アメリカのテキサス州ヒューストンにて、建設中のマンションで火災が発生した。火事はマンションの大部分を燃やし尽くしたが、発生から2時間半後に鎮火され、幸い死傷者をだすことなく終わった。

なんと、その燃えているマンションから脱出する男性の様子を撮影した動画、『Fire Near AIG Campus』が YouTubeに投稿されている。そして、その内容がアクション映画のワンシーンと言っても過言ではないくらい、あまりにも危機一髪すぎることから大きな注目を集めている。

続きを全部読む

【動画あり】東京・渋谷首都高三号線で火災発生! 一部の区間で通行止めとの情報

東京・渋谷、道玄坂上の首都高速三号線で、現在(2014年3月20日15時)火災が発生しているようだ。YouTubeに公開されている映像や、Twitterに投稿されている画像を見ると、かなり激しく火の手が上がっているようで、高樹町インターチェンジと大橋ジャンクションの間の下り線が通行止めになっているという。

続きを全部読む

私たちの安全はこうして守られている! 一人の消防士の “炎との戦い” を収めた映像がマジでスゴイ!!

私たち一般市民を守るため、燃え盛る炎と日々戦い続ける “消防士”。その過酷な炎との戦いを一人の消防士が映像に収め、現在注目を集めている。

自分の消火活動を映像に収めたその消防士は、アメリカ・ミシガン州で働くScott Zieglerさん。彼は自分のヘルメットにカメラを装着し、2012年の一年間、自分の消火活動をビデオに収め続けた。

続きを全部読む

【速報】渋谷の東急プラザ付近で火災発生 / 白煙が出るなか見物人とマスコミ殺到

本日2012年12月13日の午後6時頃より、東京・渋谷駅西口の東急プラザ付近で火災が発生している。渋谷駅付近にいる人たちは十分に注意していただきたい。

Twitterにも続々と渋谷の火災ツイートがつぶやかれており、現場の写真も多数アップされている。そんななか、偶然現場に居合わせた当サイト関係者からも写真が送られてきたので掲載したい。

続きを全部読む

こんなのアリ!? 予期せぬ火災の現場でさらにたて続けに起きた予期せぬ事態

火災現場での市民の頼りは消防隊だ。突然の事態に人々が混乱していても、消防隊員が命をかけて人命救助と消火活動にあたってくれる。しかし、そんな予期せぬ火災現場では、時としてさらに予期せぬ事態が起こり得るようだ。

続きを全部読む

過去に自殺や他殺などがあったマンションや家のことを事故物件という。事故物件には「人が死んだ」というイメージがつきまとうため、なかなか借り手が見つからない物件といわれている。つまり、大家にとっても不動産屋にとっても非常に困った存在なのである。

基本的に事故物件は借り手が見つかりにくいため、家賃を極端に安くしている場合が多い。たとえば通常は8万円の家賃で借り手を探す物件だとしても、3~4万円の破格値で借り手を募集していることがあるのだ。

「えっ!? うちの家賃かなり安いんだけど、もしかして事故物件かも!?」と思った人は、事故物件を検索できるサイトがあるので、そこでチェックしてみるといいかもしれない。

続きを全部読む