「激写」にまつわる記事

【悲報】今年のストロベリームーン、ぜんぜんピンクじゃない

なんということだ! 数時間前、「本日6月9日は年に1度の「ストロベリームーン」だぞーーッ!」という記事をお伝えしたので、東京の空を1時間半ほど見上げていたのだが、雲に隠れていたのか、なかなか主役のお月様は姿を見せてくれなかった。

しかしようやく19:40ごろ、やっと東京からも満月が見えた! ……と思ったら、なんと驚くべきことに、ぜんぜんストロベリー色じゃなかったのだ! どちらかと言えば黄色なのだ。ぶっちゃけ、いつもの月なのだ!! ともかく激写したので見てほしい。

続きを全部読む

気味が悪いほど「人間にしか見えない雲」が激写される

家と職場の往復で忙しく、慌ただしい毎日を送っていると空を見上げることなどなくなってしまうものだ。だが、ふと青空を仰げば、ちょっと面白い発見があるかもしれない。

というのも、7歳の少年が「人間にしか見えない雲」を激写し、ネット民が「気味が悪いほど人間にしか見えない!」と盛り上がっているのだ!! 

続きを全部読む

【かわいすぎ】ついに「パンダヤギちゃん」を見つけ出したぞ〜! マサイ通信:第72回

スパ! スパなのら! かわいいのら! パンダはとってもカワイイのら〜!! てな感じで、みんなは覚えているだろうか? あのカワイイカワイイ「パンダヤギ」のことを。もちろんそんな動物がいるわけではなく、パンダみたいなヤギのことだ。

あまりにもカワイイので、ゴー(羽鳥)から激写指令が出ていたのだけれど、ヤギって移動し続けるものだから、うまく見つけることはできなかった。でも……つい先日、またもパンダヤギちゃんを発見したんだ!! つーことで近寄って激写してみたぞ。

続きを全部読む

【思わず三度見】どう見てもワンピースのルフィな女性が激写される

漫画『ONE PIECE』の主人公といえば、モチのロンでモンキー・D・ルフィだ。トレードマークは麦わら帽子。食べた「ゴムゴムの実」の影響で、腕や足が自由自在にビヨーンと伸びまくるのは、原作を読んでなくとも知っている人は多いだろう。

海賊王に俺はなる! その名言といい、今では平成の少年たちが必ず憧れると言っても過言ではない存在のルフィだが、海外で思わず三度見するくらい驚きの一枚が激写されていた。なんとどう見てもルフィな女性がいるというのだ。

続きを全部読む

思わず三度見してしまう「奇跡のペアルック」が激写される

今となってはそこはかとなく恥ずかしい対象となっているが、一昔前には同じ服を着る「ペアルック」が流行った時期もあった。主にカップルが着用し、当時はその愛を確かめ合うひとつの手段でもあったものだ。

あのフィーバーから数年……海外で驚くべきペアルックが撮影されていたのでご報告したい。写真を見たところ飲食店の日常を写した1枚であり、なんの変哲もないごく普通の光景のようだが……よーく見てみると……うおっ、これは!

続きを全部読む

キレてガンを飛ばしまくるアルパカが激写される

普段怒らない人がキレるとマジで怖いというのは、よく聞く話である。もしキレようものなら驚くと同時に周囲の空気は凍りつく。それだけに、そんな場面は絶対に避けたいところだが、海外でまさかのブチギレ事件が起きたという。

完全にキレてしまったのは、なんとアルパカ! あんなに温厚そうなのに、キレることなんてあるの? なんて思う人もいるだろうが、実際にキレてしまったのが今回の写真。撮影者を見るアルパカの目は鋭すぎて、直視できないような表情だから恐ろしい。

続きを全部読む

【マサイ通信】第38回:思わず三度見するマサイ族のお昼寝すがた

ジャンボ! ケニアの公用語・スワヒリ語での「こんにちは」だ。ご無沙汰だな。vsライオン1勝のマサイ族、それがこのオレ、戦士ルカ・サンテ(LUKA SUNTE)だ!! みんなにフルネームを名乗るのは初めてだけど、俺の名前にはSUN(太陽)がある。

日が昇ったら生活スタート、日が沈んだら床へGO。なぜなら電気がないからな! でも……たまには昼に寝たりもする。なぜなら仕事もないからな!! ……ま、いずれにしても昼寝は大事だ。そんなマサイ族の昼寝写真の中でも、珍しい1枚を紹介したい。

続きを全部読む

空港の手荷物検査を全力で通過する男が激写される

飛行機を利用する際、絶対に通過しないといけない手荷物検査。どんなにフライト時間が迫っていようとも、たとえ長蛇の行列ができていようが避けては通れないポイントだ。近年はテロの影響もあり、厳重な警戒がされるようになったのはご存知のことだろう。

それに伴い、より安心して利用できるようになったのは確かだが、パキスタンの空港でとんでもない強行突破を試みた男が激写されたのでお伝えしたい。白装束姿でリュックを背負った男が、手荷物検査をしようとしたその時! 目を疑うような事件は起きた。

続きを全部読む

どう見てもお前が犯人だろっていうワンコが激写される

自分が悪いことをやっていて追求された場合、シラを切り通せる人はどれほどいるだろう。中には無罪を演じることができる人もいるかもしれないが、正直者だとそうはいかず。どこかで必ずほころびが出てきてしまうものである。

ついつい顔に “私がやりました” 的なオーラが出る人も少なくないだろうが、海外で「どう見てもお前が犯人だろっていうワンコ」が激写されたのでお伝えしたい。もはや言い逃れできない表情は必見だ!

続きを全部読む

【変態速報】海外の地下鉄で「上級紳士」が激写される

趣味嗜好は人それぞれ。人間は誰一人として同じではないため、それは当たり前である。ただ、何でもやっていいかといえばそうではなく、世の中にはルールが存在する。そう、他人に迷惑をかける行為は絶対にダメだ。

しかし、ついつい変態行為に走ってしまう人がおり、お縄になる事件が発生するのもこの世の中。例えばこの度、海外の地下鉄で激写された紳士もそうだろう。なにせ誰がどう見ても上級者なのである。

続きを全部読む

【証拠動画あり】こんなAmazonの配達方法はイヤだ

ネットが主流となった今の時代、消費者の大きな味方といえば「通販」だ。Amazonや楽天、ヤフーなど、ボタンひとつで荷物を自宅まで届けてくれるから、本当に便利な世の中になった。もはやネット通販のない生活なんて、考えられないという人も多いことだろう。

だが、ある動画が YouTube に投稿され、ネット通販愛好者に衝撃を与えている。そのタイトルは「Amazon Hires USPS Ultimate Frisbee Team to Speed Deliveries」。ザックリと内容をお伝えするなら「こんなAmazonの配達方法はイヤだ」といったところである。

続きを全部読む

【今すぐ空を見ろ】ストロベリームーンの激写に成功!

突然だが、今すぐ空を見ろ! 今すぐだ! さきほど、今日6月20日は年に1度の「ストロベリームーン」が見られる日という記事をお伝えしたが、あいにく本日は曇り空……と思ったら! 出ている!! マジで赤みがかった満月が……空に浮かんでいる!!

色は黄色でなければオレンジでもなく、淡い朱色に近い。まさに……これは……ストロベリームーン! 蜜たっぷりの熟した桃のようにも見えるので、私は勝手にピーチムーンと名付けたい。それはどうでもいいとして、ともかく今すぐ空を見てみよう!

続きを全部読む

イチロー選手のソックリさんにアメリカ騒然! ニッチローさんが嫉妬するレベルで激似だと話題

2016年6月13日、マイアミ・マーリンズのイチロー選手はパドレス戦に「1番ライト」で出場。3安打の固め打ちで日米通算安打を4255本とし、ピート・ローズ氏のメジャー通算最多安打記録までついにあと1本に迫った。

そんな中、現地に足を運んだファンがイチロー選手にソックリすぎると話題になっているのでお伝えしたい。その様子は、MLBの公式サイトにも取り上げられており、動画「Lookalike views Ichiro’s hit」で確認できるぞ!

続きを全部読む

戦闘力53万のカエルが激写される

「私の戦闘力は53万です」。これは漫画『ドラゴンボール』に出てくるフリーザ様の有名なセリフだ。ストーリーの終盤ではビックリするくらい弱くなってしまったが、ナメック星の頃は最強キャラ。誰もがフリーザ様の53万という戦闘力に恐怖したものだ。

そしてフリーザ様の恐ろしさを思い出したところでご紹介したいのが、海外で激写された戦闘力53万のカエルである。一体、どんなカエルなのか。計測不能でスカウターが爆発しかねない姿は必見だ!

続きを全部読む

この世のものとは思えない「絶景すぎるオフィス」が激写される

仕事をする上で重要なのは、なんと言っても「環境」だ。人間関係や職場の間取りは、モチベーションに影響を及ぼす。中でも大きなウエイトを占めるのは、窓から見える景色。ひと息つきたい時に超絶景が見えるならば、最高としか言いようがない。

ということで今回は、海外で激写された「この世のものとは思えない絶景すぎるオフィス」をご紹介しよう。もしこんな環境で仕事ができるなら、モチベーションはビンビン上昇間違いなしだ!

続きを全部読む

【ラグビー】タックルを受けてムスコがもがれそうになる選手が激写される

ラグビーはどんなに激しいコンタクトプレーをしてもOKなスポーツだ。タックルでしがみつこうが、自らの体ごと相手に突進しようが問題なし。汚いプレーや首、急所への攻撃以外であれば、基本的に何でもありである。

しかしながら、起きてはいけない事故が起きてしまうのが世の常。海外の試合では、なんとムスコをもがれそうになった選手が激写され、これはヤバいと世界で話題になっている。

続きを全部読む

忍者のようなイチローが激写される

野球シーズンの開幕まで残すところあとわずか。現在、日米ともにオープン戦が行われており、最後の調整が進んでいる。中でも注目なのは、なんといってもイチロー選手(マイアミ・マーリンズ)だろう。

42歳ながら現役バリバリのメジャーリーガー。さらに今季は日米通算4256安打、メジャー通算3000本安打など、さまざまな記録更新が期待されているからだ。今からワクワクドキドキしているファンも多いだろうが、シーズン開幕前に MLB からカッコイイ写真が公開されているのでご覧いただこう。その名も「忍者イチロー」である!

続きを全部読む

ニャンコ用の扉から侵入しようとした泥棒クマが決定的な写真を激写される!! おマヌケなんだけど超カワいい!

お腹が空いてどうにかなりそうな状態だと、命ある生き物は、後先考えない行動に出てしまうのかもしれない。

まさに、そんな図を描いたかのような、マヌケすぎるんだけど超カワいい泥棒クマの写真が激写され、大きな話題を集めている。この写真を見たら、思わず『くまのプーさん』のワンシーンを思い出してしまう人が多いのではないだろうか。

続きを全部読む

どう見てもハリーポッターな肖像画が激写される

特定の人物に似せ、その顔や姿を描いた「肖像画」。その歴史は古く、1500年代初期にレオナルド・ダ・ヴィンチが描いた『モナ・リザ』をはじめ、日本でも多くの歴史上の人物のものが残されている。

ただ、有名人だけのものしかないかといえばそうでもない。記念として誰でも残せるため、実は身近な存在であったりする。しかし、中には思わぬ肖像画もあるもので、今回激写されたのもそんな一枚だ。貴婦人が描かれているその肖像画は、どう見ても違和感を感じずにはいられなかった。というのも……

続きを全部読む

ハラハラドキドキが止まらないヤギが激写される

ヤギは草食動物なだけに、おとなしいイメージがある。以前お伝えしたように、よからぬことを企んでいるヤギさんはいるものの、それはごくごく一部。基本的に無茶はしなさそうで、大丈夫かと心配してしまうことはまずないだろう。

……ところが、海外で「ハラハラドキドキが止まらないヤギ」が激写されたのでご報告だ。世の中、どうしてこうなった……と思うことは多々あるが、なんとも理解しがたい光景となっている。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9