「海外旅行」にまつわる記事

海外に思いを馳せるほどヒマな日は、海外在住の日本人ワーキングプアに迫る実録映像『現地採用残酷物語』を見ると元気が出るぞ(選者:GO羽鳥)

世間はお盆休みで連休で、長い人だと6連休らしいが、自分はヒマで家にいる。もしくは普段通りに仕事している。一方のみんなは帰郷したり、国内旅行を楽しんだり、ここぞとばかりに海外旅行に行ったりもしているのに、なんで自分は……チクショウめ!!

そんな嫉妬を抱いたとき。もしくは、どこでも良いから海外に行きたくなったとき。はたまた仕事の場を海外に移そうと思っている人がいたら、ぜひとも今回紹介する実録映画『現地採用残酷物語』を見て欲しい。きっと心に変化が訪れるはずだから。

続きを全部読む

【ドバイ】世界一高いビル『ブルジュ・ハリファ』に行ってみた / 展望台から眺めた砂漠の中の近未来都市

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイといえば中東屈指の観光都市である。21世紀に入ってから多くの超高層ビルや巨大モール、人工島群などが建設されて注目を浴びているが、中でもやはり最強なのが世界一高い超高層ビル『ブルジュ・ハリファ』と言えるだろう。

埼玉県からでも余裕で見える「東京スカイツリー」が634mで、ブルジュ・ハリファは828m。とにかく明らかにデカいわけなのだが、実際に現地へ行ってみると……ダイナミック過ぎる外観も展望台からのパノラマビューもまさに最強としか言いようがなかった!

続きを全部読む

まるで絵本の世界! 絶景すぎるモロッコの青い街「シャウエン」に行ってみた

アフリカ大陸北西端にあるモロッコは、ヨーロッパ、アフリカ、アラブの交差点として様々な文化を築いてきた国である。エキゾチックで神秘的なイメージが強いが、今回はあまりにもドリーミーなオーラを放っている小さな町「シャウエン」を紹介したい。

なんでも迷路のように入り組んだ旧市街(メディナ)全体が、まるで魔法をかけられたかのように美しく「」に染まり、世界中から訪れる旅人を魅了しているそうだ。さっそく筆者も、おとぎの国のような世界に足を運び、ファンタジー気分に浸ってきたぞ。

続きを全部読む

【旅行者必見】Amazonネックピロー部門1位の『Purefly ネックピロー』をつけて10時間飛行機に乗ってみた

長時間のフライトは非常にしんどい。あの狭いエコノミー席で、何時間も過ごさなければならないかと思うと憂鬱にもなるよな。その際もっとも重要なのは、いかに快適に睡眠をとれるかだと思うのだがどうだろう。体を楽にして寝ることは、飛行機内において最優先事項なのだ。

個人的な話で恐縮だが、先日アメリカに行く機会があった。羽田空港からロサンゼルス国際空港まで約10時間の空の旅。10時間か……う~、きついな。途中で首が辛くなってきそうだ。そこで、私(あひるねこ)はAmazonネックピロー部門1位の商品を購入し、実際につけてフライトに臨むことにした!

続きを全部読む

【旅行好き必見】行ったことある国をマッピングできるスマホアプリ『been』がオモロイ

あーっ、海外行きたい。もちろん日本は最高の国だけど、たまには海外に行きたいんだ。昔はよく海外に行ってたのに、ここ何年かは一度も海外に行ってない!! 5月のGWに海外旅行する人たちが羨ましい……なんて思う人も多いだろう。本当、羨ましい。

ということで今回は、そんな海外旅行好きの人たちにオススメしたいスマホアプリ『been』をご紹介したい。内容的には「行ったことある国をマッピングできる」だけのアプリなのだが、これがなかなか……様々な発見があって面白いのである。

続きを全部読む

【謝謝】初めて中国に行って感じたこと8連発「食への情熱がヤバい」「とにかく人が多い」など

39歳にして初めて、中国は上海に行って来ました。正直、これまで「中国に行ってみたいなぁ」と感じたことが無く、一生中国大陸に足を踏み入れる機会はないかと思っていましたが、友人が上海に赴任することになり「じゃあ行ってみっか」という具合に上海へ。

インフルエンザ明けのわずか3泊4日の滞在でしたが、今では「やっぱりどこの国も1度は行ってみるべきだな」と感じている次第です。そこで今回は私(P.K.サンジュン)が『初めて中国に行って感じたこと8連発』をお届けしたいと思います。

続きを全部読む

【モロッコ】ボブ・マーリーにも愛された世界遺産の街「エッサウィラ」がマジで楽園だった

アフリカ大陸の北西端に位置する、エキゾチックで神秘的な雰囲気が漂う国「モロッコ」。様々な人種が行き交うエネルギッシュな市場や迷路のような旧市街、世界最大のサハラ砂漠はもちろん有名だが、多くの芸術家が愛する小さな港町エッサウィラはあまり知られていない。

なんでも大西洋に面した芸術の街は、モロッコの人々が新婚旅行先に選ぶほど美しく洗練されているという。旅人だけでなく、国民にとっても憧れの街というなら行ってみたい……ということで、筆者もモロッコ滞在中に訪れてみたところ、もう完全に魅了されてしまったわけなのだ。

続きを全部読む

HISで聞いた「メチャメチャ残業しても疲れが吹き飛ぶ」オススメ旅行先TOP3!

やあ、社会人のみんな! 今日もメチャメチャ働いているかな? 労働は楽しいだけじゃなくツラいことも多いよな? 人間関係・給与問題・育児との両立……中でもやっぱりキツいのが時間外労働……つまり残業だ。

適度な残業は致し方ない気もするが、残業のしすぎでストレスを溜めたり、体を壊したりしたら元も子もない。そんなときは旅行に出かけるのが一番! 疲れ切った心も体もリフレッシュしようぜ!! というわけで今回は大手旅行代理店『H.I.S.』で「メチャメチャ残業しても疲れが吹き飛ぶオススメ旅行先」を3つ教えてもらってきたぞ!

続きを全部読む

冬休みは海外旅行に行かずに ‟寝正月が一番!” だと思える画像や体験談色々 「家族全員でシングルの部屋に宿泊」など

年末年始は、飛行機代も高いし空港は大混雑するしで、海外旅行をするにも一苦労である。それでも、「冬休みに予定がないのは寂しい……」と言う人のために、「やっぱり寝正月が一番!」だと思える画像や、海外掲示板サイトRedditのユーザーの体験談をいくつか紹介したいと思う。

これを読んだら、「こたつでぬくぬくと正月番組を見ながら、お雑煮に舌鼓を打つ年末年始が最高だ!」と思えるのではないだろうか。

続きを全部読む

【カメラで超訳】なんとなく読めた! 初めてのソウル旅行がGoogle翻訳でほぼ無敵状態に! Byクーロン黒沢

海外旅行中、グーグル翻訳のお世話になる人は多いと思うけど、文字や音声だけでなく、写真も翻訳できるのはご存知だろうか?

文字が読めない国で非常に重宝する画像翻訳機能。知ってる人も使う機会はあまりないと思うが、実はこれ、便利はともかく、後からじわじわくる面白さが実にヤバイ。

この不思議な感覚をまだ実感したことのない方に、是非とも感動をおすそ分けしたく、わざわざソウルまで行って張り切ってみたよ!

続きを全部読む

最強パスポートはどれだ!?『ノービザ渡航が認められている国ランキング』2016年版!! 日本は第5位 / 第1位はドイツ&スウェーデン、最下位アフガニスタン

毎年、様々な団体が発表している「世界最強パスポートランキング」。パスポートの強さをどうやって決めるのか? たいていの場合は、ビザなしで渡航できる国の多さで順位がつけられているようだ。

そう、あなたがどの国のパスポートを持っているかで、渡航先で求められるビザの有無・種類が違ってくるのである。今回は、2016年9月に発表された「世界最強パスポートランキング」をご紹介したい!

続きを全部読む

【世界観光の日】ロケットニュース24記者が「マジでオススメする海外旅行先」15連発

本日9月27日は「世界観光の日」である! これは世界観光機構が制定したもので、国際社会における観光への意識を高めることを目的としているようだ。というか「世界観光機構」って普段何をしているのだろう……? うむ、謎である。

それはさておき、海外旅行って最高だよな! 海外に行くと「このために生きてたんだな」なんて思うこともしばしばだ。そこで今回は、ロケットニュース24記者がこれまで訪れた海外旅行先の中で「ここは本当にオススメ!!」という『行ってよかった海外旅行先15連発』をお届けするぞ!

続きを全部読む

【快挙】世界の人気観光スポットランクトップ25が発表! 一位はマチュピチュで……日本の “あの場所” が初の世界ランキング入り!!

GW(ゴールデンウィーク)が明けて今日で10日間ほど。先日の記事でもお伝えしたのだが、これから7月18日の海の日まで、祝日は一切ない! 信じられないかもしれないが、あのジメジメした6月に祝日がナッシング!

……そんな過酷な現実を受け入れられず、やる気が減退気味の人は多いと思うので、今回は先日発表された『世界の人気観光スポット2016 トップ25 ランドマーク編』をお届けしたい。以下を見て「次の休みはここに行く!」なんて考えていると、少しは気持ちが前向きになるぞ。

続きを全部読む

【タイ】古都チェンマイで年に1度開催される『傘祭り』がカラフルすぎる / 傘をさしてママチャリに乗る美女軍団もまばゆい

タイ北部最大の都市チェンマイは「北方のバラ」と称されるほどの美しい古都である。自然に囲まれ物価が安く、治安も良いために、観光地としてだけでなく定年後の移住先としても人気のエリアだ。

そんなチェンマイで毎年1月に開催されている「傘祭り」がカラフルで美しいと話題になっている。今回、筆者もタイの露店でゲットしたカラフルな衣装を身にまとい、祭りを存分に楽しんできたぞ。さあ、それでは詳しく紹介していこう!

続きを全部読む

【楽園】パラオのプライベートビーチで天国気分を味わおう / 定番も穴場も楽しみたい人は「レンタカー」がオススメ!

絵に描いたような青い空と白い砂浜、そしてサンゴ礁が広がる『パラオ』。日本から約5時間で行ける南の楽園は、世界屈指の親日国で安心して旅行ができるため、海外旅行先として人気急上昇中だ。

なかでも「ダイビング体験」や「天然泥パック」を楽しむツアーが1番人気のようだが、日程に余裕があればレンタカーを借りてみてはいかがだろうか。日本の免許証で運転が可能な上、パラオで1番大きな島『バベルダオブ島』の周囲は約78キロ。1日あれば、島を存分に味わうことができるぞ!

続きを全部読む

【期間限定】都内にいながら海外旅行! 「ポーランド料理」をほぼノーアレンジで食べられる東京・野方の『旅の食堂 ととら亭』

ポーランドと聞いて、あなたは何を想像するだろうか? 恥ずかしながら、私(あひるねこ)はというと歴史の授業でチラッと出てきたな、とか、クラシックの作曲家が多そうだな、くらいの認識である。

そんな、あまり馴染みのない国であるポーランドの料理を食べられる、珍しいお店を発見した。日本人向けにアレンジせず、現地の味をそのまま再現しようとしているのが特徴のお店だ。見知らぬ国の見知らぬ料理。なんだかワクワクしてくるではないか。

続きを全部読む

【100円均一】「携帯用シャワートイレ」のコスパの良さは異常! 海外旅行がマジで快適になるぞ!!

今や日本のトイレの多くに備え付けられている、ウォシュレットなどのシャワートイレ。慣れてしまうとその快適さからは離れがたく、「シャワートイレじゃないと無理」という人も多いに違いない。

かくいう筆者もその一人なのだが、国内ならばともかく海外だと高級ホテルくらいにしかシャワートイレは設置されておらず、トイレのたびに憂鬱な気分だったのだが……。今回ご紹介する百均の『携帯用シャワートイレ』を使ってみたらマジ最高! もうこれ無しで海外へは行けないほど、有能すぎるアイテムだったのだ。

続きを全部読む

【語学力不要】外国人との “心の距離” を一瞬で縮める方法(キューバ編)

「人の心を一発で掴む」──口で言うのは簡単だが、実際に行うのはなかなか難しい。ましてや、海外に行って言葉がよく通じない場合は、なおさら難易度が高いだろう。

だが、たとえ言葉の壁があっても、心と心が一発でバシッと通じ合えるようなアイテム、フレーズ、一発ギャグなどが、きっとあるはず……。

それを探り、検証するのが この企画「外国人との “心の距離” を一瞬で縮める方法」だ。記念すべき第一回目は、私(筆者)が実践したキューバでの試みを紹介したい。

続きを全部読む

キューバに行って「これはヤバイ」と思ったことベスト7

「ヤバイ」という言葉は、元々「危ない」といった意味ですが、現在、特に若い人の間では「最高」と、ポジティブな意味でも使われることもあります。そして後者の意味での「ヤバい」は、例えば旅行に行ったりすると感じる人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、私事で大変恐縮なのですが、記者がキューバを旅行して「最高」だと感じたことをランキング形式でお伝えしたいと思います。題して、「キューバに行って『これはヤバイ』と思ったことベスト7」です!

続きを全部読む

【下痢あるある】旅先でうんこを漏らした人だけが分かること40連発

大人がうんこを漏らす—あってはならないことである。しかし、排便は生理現象であるだけに、時にはコントロール出来ず……ということだってある。特に旅先では、食べ物や飲み物が合わずに体調を崩しやすいもの。

そこで今回は、海外旅行中に下痢になった個人的な体験を “あるある” という形でお届けしたい。題して、「【下痢あるある】旅先でうんこを漏らした人だけが分かること40連発」だ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2