「洗濯」にまつわる記事

【マサイ通信】第67回:これがマサイの洗濯&食器洗いだ! マサイ族がスマホで撮影したマサイ族の超日常写真集その15

スパ! 今の日本はとても良い季節らしいな。なんでも晴れの日が多いとか。いいじゃん。それ太陽の季節じゃん。太陽は元気の源だからな。なるべく太陽を浴びたほうが良いぞ。それと同時に、布団とかも干した方が良いかもな。洗濯日和っていうの?

てな感じでな、今回紹介する「マサイ族がスマホで撮影したマサイ族の超日常写真集シリーズ」の新作写真の中には、大変貴重なマサイ族の洗濯写真も入ってるぞ。

続きを全部読む

【ドキドキ検証】レザージャケットは洗濯機で洗っても大丈夫なのか? 1着ダメにする覚悟で試してみたらこうなった

寒くなったと思ったら突然暖かくなったりと、妙な気候が続く今日この頃。とはいえ、もう11月だ。みなさん衣替えは終わっただろうか。私(あひるねこ)も10月に入ってから徐々に秋物を出していたのだが、先日、あるとんでもない事件が起きてしまったのでちょっと聞いてくれ。

クローゼットにしまっていたレザージャケット。こいつにカビが生えてしまい、めっちゃ臭くなってしまったのだ! これはもう着られるってレベルじゃねーぞ。でも、クリーニングとかバカ高いんですけど……。そこで気になった。レザーって自分で洗ってもいいの? 洗濯機を使ってもいいの? 気になったので、やってみた。

続きを全部読む

6歳の少年が立派に家事をこなす姿が「素晴らしい!」とネットで注目の的に! →  母親「息子に家事を教えるのは当たり前」だと説く

最近は、社会的に男女の役割の差が縮みつつあり、「男だから」とか「女だから」という言葉も、あまり耳にしなくなったように思う。とはいえ、やはり家事が得意なのは女性で、‟積極的に料理や掃除をこなす男性が少ない” という現実を変えるには、まだまだ時間がかかりそうだ。

そんななか、6歳の少年が立派に家事をこなす姿が「素晴らしい!」と、ネットで大きな注目を集めているので紹介したい。少年の母親は、「息子に家事を教えるのは当たり前」だと説いているのである!!

続きを全部読む

【マジかよ速報】ブラジャーの洗濯は “10日に一回” くらいでイイらしい! 2日連続で同じブラをつけても問題ないらしい!!

突然だが、皆さん! 服は何回着たら洗濯するだろうか? きっと、ジャケットなどの服の上から羽織る上着は洗濯の頻度が低く、パンツやアンダーシャツなど直接肌に触れるものは1回着たら洗うという人がほとんどだろう。

しかし……だがしかし!! 同じ肌につけるものでもブラジャーだけはその法則にとらわれない存在らしいのだ。専門家によると、ブラは毎日洗うのはむしろNG。ブラの洗濯は10日に1回くらいで良いというのである。 

続きを全部読む

いくらなんでもセルフすぎるコインランドリーが激写される

ひとり暮らしや出張中の人にとって欠かせないコインランドリー。操作も簡単なため、初心者でも大丈夫! 基本的にセルフサービスで、硬貨を入れたらあとは機械が自動で全部やってくれるというシステムは、誰でも知っているだろう。

そんなありがたい存在のコインランドリーだが、いくらなんでもセルフすぎる様子が激写されたのでご紹介したい。はたしてどんなコインランドリーだったのか、海外サイトに掲載された写真を見てみると……。

続きを全部読む

【英国女子パンティー事情】「一度はいたパンティーを裏返してもう一日はく女子大生は61%」との調査結果 / 結果についてどう思うか外国人に聞いてみた

男性にとって衝撃的な調査結果が飛び込んできた。本当にショッキングな内容なので、特に女性に対して幻想を抱いている男性は覚悟してほしい。なんと、イギリスで行われた調査の結果……女子大生の約61%が、一度はいたパンティーを裏返してもう一日はくというのだ。

……マジで? イギリスってそうなの? 紅茶を優雅に飲みながら、実は使用済みパンティーを裏返してはく女子大生が結構いるの? 気になって夜も眠れない……ということで、問題のアンケート結果について、実際に外国人のみなさんにどう思うのか聞いてみたぞ。

続きを全部読む

忙しい日々を鼻々しく! 王子様とお姫様気分を体験できるボールドの特設サイトがおもしろすぎる件

いつの日にか王子様が私を迎えにきてくれる……ハズだったのにこねえええええ! いつまで待っても王子様が迎えにきてくれない上、家事や育児、仕事が忙しすぎてなんだか心がくさくさするぅ~!!! そんなアナタにぜひチェックしてもらいたいのがP&Gの洗濯用洗剤『ボールド』の特設サイトである。

「シンデレラ 鼻の舞踏会」と銘打ったこの特設サイト、な、な、なんと憧れの王子様&お姫様気分を体験できちゃうのであるッ! 日々の生活に疲れ切ってしまっている人も、久しくトキメキを感じていない人も、うれしくなってしまうこと必至なのであるッ!

続きを全部読む

『洗わないジーンズ』を目指すリーバイス社が「水とエネルギーを節約できるエコなジーンズ」を発表!

ジーンズは、洗濯すると型崩れや色落ちする場合があるので、長持ちさせる洗い方のコツや注意点については様々な意見があるようだ。そんなジーズン会社の代表ともいえるリーバイス社が「水とエネルギーを節約できるエコなジーンズ」を発表し話題を呼んでいるのだ。

続きを全部読む

ケチャップやコーラも平気! 絶対にシミがつかないTシャツが開発され話題

シミがつきやすくて黄ばみやすい白い服は、きちんと手入れをしないといけないので何かと面倒だ。服を買う時に、白を買いたくても汚れた時のことを考えたら、つい暗い色を選んでしまうという人は多いだろう。そんな人に朗報だ。なんと ケチャップやコーラをこぼしても、絶対にシミがつかないTシャツが開発され、話題になっているのである。

続きを全部読む

物干しが楽しくなっちゃう! 遊び心たっぷりのロープウェイ型 洗濯ばさみ入れ

毎日の洗濯タイム。洗濯そのものは洗濯機がやってくれるから楽チンですが、それを干すのが面倒~という人、少なくないのではないでしょうか。特に物干し台が陽射しの強いベランダなんかにあると、暑い時期は大変だったりしますよね。

でも、そんな物干しタイムがグーンと楽しくなるアイテムが登場しました。それがこちら!  デザイン系の情報が満載の海外サイト「designboom」で紹介されている、ロープウェイ型の洗濯ばさみ入れ「cabina cable car peg holder」です。

続きを全部読む

あなたの衣類は大丈夫? 専門家が注意喚起「洗濯の仕方によっては洗濯物が雑菌まみれになる」

汚れた洋服を自動で洗い上げてくれる洗濯機。洋服がすぐに汗臭くなりがちな暑い時期は特に大活躍だ。とりあえず洗濯機で洗えば即キレイになると思っている人も多いはず。

しかし今回、ある驚きの調査結果が発表された。洗濯のやり方によっては衣類に雑菌がたくさん付着してしまうらしい。つまり洗っているのにキレイになるどころか逆に不衛生になってしまうのだ! 一体なぜ? 原因が思い付かないあなた、洗濯を見直すべきかもしれない。

続きを全部読む

無駄のないビジュアルはまさに未来! たった1台で洗濯から乾燥、アイロンまでこなす優れモノハイテクマシン『SOLO』

一人暮らしをしていると、どうしても洗濯物をためてしまいがち。だってちょこちょこ少量を洗うのって、手間ですものね。

海外サイト『Yanko Design』に掲載されていたコンセプトモデル商品『SOLO』は、そんな方のために作られたといっても過言ではないハイテクマシンです。

続きを全部読む

寒い時期は要注意!「洗濯物の部屋干しは健康に悪影響」との研究結果

天気が悪い日の洗濯物、みなさんはどうやって乾かしているだろうか。乾燥機派、部屋干し派、そもそも洗濯を諦める派……それぞれに自分なりのやり方があるだろうが、もしもあなたが部屋干し派ならば要注意だ。

ある研究によると、「部屋干しは健康に悪影響を及ぼす恐れがあり、特に喘息(ぜんそく)やアレルギーを持っている人にとっては良くない」とのことで、専門家らがその危険性を訴えているのだ。

続きを全部読む

超倹約家の女子が実践する驚異の節約術がスゴイ! 女子「排便後にトイレットペーパーは使いません」

世界的な不況が続く現在、日頃から節約生活に努めている方もいることだろう。やり始めてみると意外と楽しくて趣味感覚になった人や、自ら考え出したこだわりの節約術があるという人もいるかもしれない。節約自体を楽しむことができれば一石二鳥である。

そんななか、ニューヨークに住むある女子の驚異の節約方法がいま話題を呼んでいる。なんと彼女は、トイレに行ってもトイレットペーパーを使わないというのだ。では一体何で拭くのか。それとも拭かないのだろうか……?

続きを全部読む

デキるオトコはダウニーの香りがする / 女子からは「リア充の香り」との意見も

一般的な男性が漂わせるのは汗のニオイと男性ホルモン! 古くからそうと決まっている。それが男の道である。3日くらいお風呂に入ってなければツーンとした体臭も漂ってくるし、おじさんになると加齢臭も漂ってきてしまうが、できることなら清潔な香りを漂わせたい。

じゃあ何か、香水か。もしくはおじさん特有のニオイがする整髪剤か。どちらも違う、たぶん、ちがう。もっとさりげなく漂わせたいのだ。洗いたての衣類のような、清潔なイイ匂いを漂わせたいのだ。だとしたら、答えはひとつしかない。洗濯の時に柔軟剤を使うのである!

続きを全部読む

【闇の大人たち】第45回:上海電脳マル秘ルポ 洗濯屋陳さん

中国の電脳中心といったら、ピラミッドばりのばかでかい、大雑把なビルが林立し、同じような店が果てしなく、果てしなく続く……というパターンが非常に多い。熱気はムンムン伝わってくるが、いかんせん大味である。

そんなとき、古都(?)上海に、昔ながらの侘び寂び感漂う由緒正しき電脳街があると噂に聞き、早速行って参りました。

地下鉄「宝山路」駅を中心に広がるこじんまりした電脳街。煤けた低層の建物でごちゃごちゃした電子グッズが売買されるこのエリア。あら不思議。20年前のアキバと同じ、妙な場末感が漂っているではありませんか。

続きを全部読む

何かの作業に夢中になっている時、その行動がおかしいとは微塵にも思わず間違った行動をしてしまう事ってありますよね。記者の私も「どうしてそんな間違いをしちゃったんだろう?」と自分でも首を傾げてしまう事がよくあるのですが、今からご紹介する動画に出ているインド系アーリア人も、きっと夢中になってミスに気がつかなかったのでしょう。 続きを全部読む