「治療」にまつわる記事

【アメリカ怖い】カバンから携帯電話を取り出したつもりが拳銃だった → そのまま間違えて自分を撃っちゃった男

読者の皆さんのなかに、歯医者が大好きだという人は、あまりいないのではないだろうか。「そろそろ検診やクリーニングに行かなくては……」と思いつつも、なんだかんだと理由をつけて、先延ばしにしてしまうのである。

とにかく、ずっと口を開けているのも辛いし、歯をガーガー削られる音や感覚も好きになれない……という人は多いに違いない。なんだか、不快なことだらけな感じもするが、歯医者で、もっとヒドい目に遭った男性がいるので紹介したい。な、なんと、治療のための麻酔でラリって、自分を撃ってしまったというのである!! なんでも、携帯電話と拳銃を間違えてしまったらしいのだ!

続きを全部読む

【高すぎる代償】毒ヘビと一緒に自撮りしようとした男! 噛まれて治療費に2000万円近く請求される

最近は、SNSで ‟いいね!” を多くゲットして話題になりたいばかりに、危険な場所などで自撮り写真を撮影して、事故につながるケースも増えている。そんな、典型的とも言えるような事故が起きて、大きな話題となっているので紹介したい。

なんと、毒蛇と一緒に自撮りしようとした男が噛まれてしまい、2000万円近くもの治療費を請求されたというのだ!! 日本とは異なる医療保険システムを持つ、アメリカならではのコワ~い話も飛び出すぞ!

続きを全部読む

60年間「毎週欠かさず献血する黄金の腕を持つ男性」が話題に! 今までに200万人以上の赤ちゃんを救う!!

先日、「ガン患者に寄付するために2年も髪を伸ばし続けた少年」のニュースをお伝えして、我々が人のため社会のために寄付できるのは、お金だけではないと紹介した。

そして髪の毛だけでなく、毎日体内で作られる血液も、寄付することができるもののひとつだ。献血したことがある人は大勢いると思うが、なんと60年間も「毎週欠かさず献血する」黄金の腕を持つ男性が話題になっている。そんな彼のおかげで、今までに200万人以上の赤ちゃんが救われたというのだ!

続きを全部読む

【世界初】人間から人間への頭皮と頭蓋骨の移植手術が成功!!   患者の男性「21歳の時より髪の毛が増えた!」とコメント

近年の医療技術の進歩には目覚ましいものがあり、昨年は、3Dプリンターで作られた頭蓋骨を人間に移植する手術が行われ、大きな話題を呼んだ。

そして、今回は人間の頭皮と頭蓋骨を人間へ移植する手術が行われ、見事に成功したというのである! 患者の男性の経過も良好で、「21歳の時より髪の毛が増えた!」と喜びのコメントを発しているのだ。

続きを全部読む

【明日から使えない豆知識】オクラの葉は5枚で大麻は7枚

“オクラと大麻” と聞くと何を連想するだろうか!? とっさに “ウナギと梅干” といったように「何かマズい組み合わせなのか?」と思った人は、ナカナカ鋭いところを突いている。

なぜなら、オクラの葉は5枚で大麻は7枚という微妙な違いを見抜けなかったばかりに、過去に国家権力が一般市民を巻き込む大騒動に発展してしまったからである。そんな事件に万が一、読者の皆さんが巻き込まれでもしたら……と夜も眠れない思いだったのもあり、“明日から使えない豆知識” と称して、再びこの件に触れさせてもらうことにした。

続きを全部読む

17時間にわたる壮絶な戦い! 朝起きた時から「股間のテントが張りっぱなし」だった男性が病院へ → テントの “柱” に24回も注射

英語で「テントを張る」(PITCH A TENT)と言えば、男性のアレがスタンドアップしている状態を指すスラングだ。ズボンの前部分が、まるでテントを張っているに見えることからそう呼ばれる。言うまでもなく、男性の生理現象の1つである。

今回は、そんな生理現象があまりにも長く続き過ぎた男性の悲劇を取り上げたい。彼は、朝起きてからずーーーーとテントが張られっぱなし! 全く収まる様子がなかったのだ。そしてその結果……男性ならば誰もが思わず目を背けたくなるような展開が待っていたのである。

続きを全部読む

HIVウィルスに感染した新生児3人が「新薬投与により HIV検査で陰性反応」を示す / エイズ治療に希望の光が!

以前エジプト軍が “エイズ完治装置なるものを開発した” とのニュースをお伝えしたが、その信憑性が問われている装置に代わる、期待が持てそうなニュースが飛び込んできた。HIVウィルスに感染した新生児3人が「新薬投与により HIV検査で陰性反応」を示し、エイズ治療に希望の光が見えてきたと話題になっているのだ。

続きを全部読む

予定日より15週間早く生まれた息子を1年に渡って撮影し続けた父 / 感動的映像に「涙が止まらない」と話題に

自分が生まれたときのことを覚えているという人はほぼいないだろう。どのような環境にいて、どんな赤ちゃんだったのかを、生後間もない時に記憶することはできない。だからこそ、親が残しておいてくれた写真や映像は有難いものだ。自分の人生の始まりを知ることができる。

そこで今回は、いま海外で話題のある赤ちゃんの動画「Ward Miles – First Year – OFFICIAL」をご紹介したい。プロカメラマンである父親が、予定日より15週間も早く生まれた我が子の最初の1年間を記録した動画だ。そこには小さな赤ちゃんと、我が子の身を案じる母親の姿が捉えられており、涙なしには見られないと大きな反響を呼んでいるのである。

続きを全部読む

【女性必見】乳がんになった小林アナが完全復活をブログで報告 / カンニング竹山「まさに女芸人らしい生き方!」

女芸人の小林アナが、自身が乳がんであったことを公式ブログで告白し、大きな話題となっている。小林アナは「私、乳ガンになりました」というタイトルでブログ記事を執筆。ここ2カ間、療養のために仕事を休んでいたという。2013年2月8日に子宮頸がんと乳がんの検診を受けた際、乳がんであることがわかったようである。

・ノーブラでEぐらいはあります
彼女は完全に復活し、胸にシリコンを入れたことでDカップだった胸がEカップになったらしく、「ノーブラでEぐらいはあります。そう周りに自慢しています。私は自他ともに認めるボインになりました」とコメントしている。また、芸人のカンニング竹山さんは、彼女に対して以下のようにコメントしている。

続きを全部読む

白血病の娘を救うため医療用マリファナを投与し続ける母と薬物の悪影響を危惧する父 / 両者の意見に賛否

白血病を患う7歳の少女をめぐって発生した両親の意見の対立が、いま全米を巻き込む議論へと発展している。娘の苦痛を少しでも和らげるために医療用のマリファナを投与する母と、薬物の悪影響を危惧しマリファナの使用に反対する父。もしも彼らの立場だったら、あなたならどうするだろうか。

続きを全部読む

「ブログへの書き込みは10代の若者にとって精神的治療効果がある」という研究結果

過剰なまでのインターネット利用は、しばしばその危険性が危惧されてきた。特に10代の子どもたちにとっては、運動不足や、生身の人間とのコミュニケーション不足に陥ることが懸念される。そのため、ネットは便利な一方で、悪影響も及ぼすという考えがこれまでの主流だった。

しかし、最新の研究によると、そうとも言い切れないらしい。なんと、「ブログに書き込みをすることが、10代の若者にとっては、精神的な治療につながる」というのだ。

続きを全部読む