「水」にまつわる記事

【知らなかった】実はこんなに違う!「水」と「お湯」を注ぐ時の “音の差” がわかる動画

動物やヒトが持つ多くの感覚のうち、主な5つの要素を「五感」という。これは、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚を示しているのはご存知の通りだ。

今回はその五感の中から「聴覚」にスポットを当てた実験動画をご紹介したい。“水” と “お湯” をそれぞれコップへ注ぐと……実は全然違う音がしていたのだ!

続きを全部読む

アフリカで野生動物のために毎日2時間かけて1万リットル以上もの水を届ける男性に感動!「私が助けないと動物が死んでしまう」

地球温暖化に拍車がかかり、世界中で異常気象や環境異変が起きて問題となっているが、アフリカでは干ばつと砂漠化が進み、多くの野生動物が息絶え犠牲になっている。

そんな厳しい状況をなんとかしようと、一人の男性が立ち上がった! その男性は毎日2時間もかけて、1万リットル以上の水を動物達に届けているというのだ!!

続きを全部読む

【第10回】グルメライター格付けチェック『水』編 !「イタリア産・超高級ミネラルウォーター」vs「新宿の水道水」

グルメ記事を執筆する “グルメライター” たちの味覚は本当に信用できるのか? そんな疑問を解決すべく実施されているこの企画『グルメライター格付けチェック』も第10回を迎えた。ぶっちゃけ、我々としてはやらなくてもイイ……むしろやらない方が安全な企画ではある。

だがしかし「読者に誠実でありたい」と願う心を強く持ち合わせているロケットニュース24。勝ってあたり前、負ければフル地獄、ハイリスクローリターンでもやるしかないねん! というわけで記念すべき第10回は水……つまり “ウォーター” でライターたちの味覚をテストしたのでご覧いただきたい。

続きを全部読む

【実体化ペン】机に描いた絵が水をかけると踊り出す! 魔法のようなマーカーに驚愕!!

どんなモノにもキュッキュと書けるマーカーペン。仕事で使用する機会もあるが、子供の頃に落書きをして遊んだ人も多いだろう。そんなマーカーペンに関する驚愕の映像を発見したのでご紹介したい。

それは、マーカーで描いた絵を水に浸けると浮き出てくるというもの。動画『Magic water marker』には、その一部始終が収められているが……これは魔法? 一体どうなってるんだぁーーーッ!?

続きを全部読む

いろはすなどの『ニアウォーター』は水なのか?「水だと思う派」の意見が衝撃的だった話

ここ数年、いろはすやヨーグリーナなどの『ニアウォーター』が売れまくっている。新フレーバーが登場すれば必ず話題になるし、コンビニなどでも大きくスペースを取って陳列されていることは、みなさんご存じのことだろう。

それはさておき、私(P.K.サンジュン)は、ニアウォーターを水だと思ったことは一度もない……というか、普通にジュースだと思っている。ところがどっこい、つい先日ニアウォーターの話題になった際、「水だと思う派」から衝撃的な意見が連発したのだ……。

続きを全部読む

【マジか!!】1カ月間 ‟飲み物を水だけ” にした男性 → 良いこと尽くめな結果に!! 「新陳代謝がアップする」など

人間の体は、60パーセントが水で構成されているとも言われるだけに、我々が生きていくうえで、欠かせない物質であることは断言できるだろう。だが、普段はコーヒーや炭酸飲料、アルコール飲料などに手を伸ばしがち……。そこで、ある男性が、1カ月間「飲み物を水だけ」にしてみたところ、良いこと尽くめな結果になったというのだ!!

続きを全部読む

【徹底比較】どこのファストフードチェーンの「お水」が一番ウマいのか? マクド・ロッテリア・バーキン・ファッキンで飲み比べ

皆さんは、普段ファストフード店に行くことが多いだろうか? 私(佐藤)はかねてから気になっていることがある。新商品や期間限定商品などばかりが話題になるけど、飲食店としてもっと重要なことがあるはずだ。それは「水」だ。

大手ファストフード店は、奇抜な商品を提供する前に、水の味をたしかめているのだろうか? 気になって気になって仕方がなかったので、大手4社の水を飲み比べてみた。その結果、4社のなかで一番お水が美味しかったのは、このチェーンだ!!

続きを全部読む

水を使ったトリックが絶妙! 実はベネディクト・カンバーバッチは手品も得意だったっていう動画

英出身のベネディクト・カンバーバッチは、名探偵シャーロック・ホームズを現代によみがえらせた、海外ドラマシリーズ『SHERLOCK / シャーロック』で大ブレイク! 

世界中の女子のハートをわしづかみにした彼が、「水を大切にしよう」と訴えるキャンペーン動画で、水を使った絶妙なトリックを見せているので紹介したい。イケメンで手品も得意なベネディクトに、はたまたメロメロになってしまう女子が続出しそうだぞ!!

続きを全部読む

【知ってる?】ミネラルウォーター『いろはす』は水だけで7種類ある

2009年より日本コカ・コーラから発売されたミネラルウォーター「いろはす」。今となってはどこに行っても置いてあり、もはや水界のトップブランドといっても過言ではない存在だ。手頃な値段であるため、愛飲している人も多いことだろう。

さて、そんな「いろはす」だが、実は7種類あることをご存知だろうか。あぁ、ミカンやリンゴのアレねと思う人もいるかもしれないが、違う違うそうじゃない。フレーバーではなく、純粋なミネラルウォーターが7種類あるのだ!

続きを全部読む

【衝撃サッカー動画】前代未聞の珍プレー! 中国のゴールキーパーが水を飲んでいる間に失点を許す!!

ホイッスルが鳴るまでプレーを止めるな! おそらくそのように指導されてきたスポーツ経験者は多いことだろう。それもそのはず、自分の判断でプレーを止めると、ピンチを招くこともめずらしくないからである。

油断大敵という言葉を象徴するような教えだが、中国のサッカーでまさにそれを体現する事件が発生! セルフジャッジをしたゴールキーパーがアッサリ失点……なんとその時、彼は守護神であるにもかかわらず水を飲んでいたというのだ!!

続きを全部読む

【まんが】どうでもいいこと山の如し「第36話:水の如し」 by 桃吐マキル

続きを全部読む

人間のウンコから飲み水を作る! 「みんなに安全な水を届けたい」とビル・ゲイツも力強いバックアップ / ゲイツ氏「ボトルの水と同じくらい美味しい」

人は水なしでは生きていけない。けれども、世界には安全な飲み水が確保できない人々が7億6800万人以上も存在すると国連は発表している……。

そんな人々の渇きを救うために、様々な対策が取られている。しかし今回紹介するのは、想像の斜め一歩上を行く方法だ。なんと、人の排せつ物、つまりウンコを飲み水に変える技術! しかも、あのビル・ゲイツさんが後押ししているというではないか。なんだか、気になる点が満載だ!

続きを全部読む

水中で自由自在に気泡を操る男性を発見! 次々繰り出される妙技に感心のため息が止まらないのです

フランス人フリーダイバーのデイビッド・ヘルダーさん(40)は、ある特殊な特技がご自慢。それは、水中でありとあらゆるタイプの気泡を作りだすこと!

「輪っか」に「三日月」、「紐」状などなど、その形態は多種多様。気泡の動きもこれまた独特で、平行移動したり下へ沈んだりと、次々繰り出される技はまるで、魔法のよう。本日は動画サイト「Vimeo」に投稿されていたその全貌を、みなさんにご覧いただきたいと思います。

続きを全部読む

【マネ厳禁】スズメバチの巣に放水で対抗する動画がスゴい!! 火炎放射器で撃退する方法もかなりワイルド!

自宅の軒下や庭の木に出来た大きなハチの巣は、自分で勝手に対処せずに専門業者に頼むのが無難である。ハチの大群に襲われでもしたら、それこそ命を落としかねないからだ。

だが、なかには独自の撃退法でハチの巣を駆除しようとするチャレンジャーもいるようである。そんな動画「How to terminate hornets and wasps」は、なんとホースで放水して巣に対抗しようというのだ!! 他にも火炎放射器で撃退する、かなりワイルドな方法もあるぞ!

続きを全部読む

【悲報】火星移住計画『マーズワン』は実現不可能!? 「10週間も生きられない」と悲しき説が発表される

2025年は、火星ファンにとって重要な年である。火星移住計画「マーズワン」のもと、人類初の “火星生活” がスタートする予定だからだ。片道切符で火星へ行き、そこでの生活をテレビ番組として放映する。そんなインパクトの強いこの計画に、世界中から注目が集まっている。

確かに実現したらスゴイだろう、と思いつつも、「無謀なのでは?」と感じる人も多いようだ。今回も、米マサチューセッツ工科大学(以下、MIT)の研究者が「マーズワンは実現不可能だ」と発表したのである。さて、その根拠とは?

続きを全部読む

2億3000万人に1人発症する『重度の水アレルギー』と診断された女性が語る「汗をかいたり涙を流しても命に危険」

アレルギーといっても花粉アレルギーからグルテン過敏症など多岐にわたるが、もし生活に欠かせない水にアレルギーがあったら大変である。そんな2億3000万人に1人の割合で発症すると言われる「重度の水アレルギー」にかかった女性が、自分の汗や涙でさえ命に危険がおよぶと語っているのだ。

続きを全部読む

『洗わないジーンズ』を目指すリーバイス社が「水とエネルギーを節約できるエコなジーンズ」を発表!

ジーンズは、洗濯すると型崩れや色落ちする場合があるので、長持ちさせる洗い方のコツや注意点については様々な意見があるようだ。そんなジーズン会社の代表ともいえるリーバイス社が「水とエネルギーを節約できるエコなジーンズ」を発表し話題を呼んでいるのだ。

続きを全部読む

ペットボトルに取って代わるかもしれない「食べられて環境にやさしい容器」が大きな話題

エコが叫ばれる現代、リサイクルが積極的に行われているものの、240万トンもの廃棄プラスチックの半分近くがペットボトルなのだという。そんな問題を解決しようとあるプロジェクトで、「生分解性成分を利用した食べられる容器」が発表され大きな話題になっているのだ。

続きを全部読む

自然界の驚きの13の真実 「ペットボトル飲料水は4割が水道水」「ビーバーのまぶたは透明」など

近年は温暖化に伴う環境問題が取り沙汰され、これから地球がどうなるのか気にかけている人は多いのではないだろうか。人間を根本から支えているのは、お金でも物でもなく自然界である。そこで、自然や環境の偉大さを再認識するためにも、「自然界の驚きの13の真実」を紹介したい。

1. 地球上の水量は一定

地球上にある水の量は常に一定だ。大気と陸、海の間で水蒸気が絶妙のバランスでリサイクルされ続けているからである。そのことを考えると、現在人類が飲んでいるのは、恐竜時代の水ということもあり得るのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2