「水かけ祭り」にまつわる記事

タイの「ソンクラーン」に着想を得た “日本版水かけ祭り” の参加費が高すぎる!! 鼻からみそ汁噴くレベル!

水かけ祭りといえば、タイのソンクラーンが世界的に有名である。これはタイの旧正月を祝うお祭りで、何も知らずに現地に行くと、かなりひどい目に遭う。実際私(佐藤)は2013年に祭りの最中のバンコクを訪れ、朝から晩までひたすらずぶ濡れになる経験をした。

そのソンクラーンに着想を得たイベントが、日本でも開催されるぞ~! それが「WATERWARS BEACH FESTIVAL 2017 ENOSHIMA」だ。サイトを見てみると……何コレ参加費が高い! マジで鼻からみそ汁を噴出するレベルだぞッ!! シャンパン付きってなんだよ!?

続きを全部読む

【激しい祭り】タイのソンクラーン「水かけ祭り」に参加する際のマナーとアドバイス15個

タイの水かけ祭り(ソンクラーン)といえば、タイっ子が盛り上がる年に3日間だけの恒例行事。タイ人だけでなく、世界各国から観光客が訪れて水かけ祭りに夢中となる。特にバックパッカ―の聖地といわれているバンコクのカオサン通りは、水、水、水の水だらけ! 他に類を見ない熱狂的な祭りと化す。

・水かけ祭りのマナーとアドバイス15つ

「水に濡れるのが嫌だな~」なんて思っている人も、一度は経験しておくべきだ。そこで今回、水かけ祭りに参加する際のマナーとアドバイスをまとめて15個お伝えしたいと思う。毎年4月に開催されるので、行く機会があれば参考にしてほしい。

続きを全部読む

タイの水かけ祭りに行ってみた! 濡れないで帰るなんて無理だから諦めよう

タイのバンコクで水かけ祭り(ソンクラーン)が2014年4月13日からはじまったぞ! この催しは旧正月を祝うもので、水をかけることにより幸せを与えるという意味をもつ。

・歩くだけでビチョビチョ

「待ってました!!」といわんばかりに世界中から水野郎や水女子が集まり、豪快に水をぶちまける。歩くだけでビチョビチョ! 座るだけでビチョビチョ! 走っても、競歩でも、バイクでも、バスでも、とにかくビチョビチョ!!

続きを全部読む

【タイ】ソンクラーン水かけ祭りの前日から水かけ祭りがはじまっていた件(笑)

2014年4月13日から開催されるタイの水かけ祭り(ソンクラーン)。その期間中はタイの旧正月なので、バンコクに住んでいる人たちが地方都市に帰省する。そのため休業する店は多いが、外国人観光客だけはバンコクに大勢集まる。

水かけ祭りは13日からだが、すでに我慢できない人たちが水をブッ放しており、路上を歩いているだけでびしょ濡れになってしまう地域もある。たとえばバンコクのカオサン通りは前日から水かけ祭り状態

続きを全部読む

【現地取材】タイの水かけ祭りソンクラーンに参加してみた / お坊さんと警察官にだけはかけちゃダメ!

タイ最大のお祭り騒ぎといえば、ソンクラーンだ。その言葉はタイの旧正月を意味し、この期間は水をかけあう「水かけ祭り」が行われる。水をかける行為は相手に対する「敬意」であり、どんな状況でかけられたとしても怒ってはいけない。

・タイの水かけ祭りに参加してみたゾ
ということで、実際にタイの水かけ祭りに参加してみたゾ! 2013年4月13~15日の3日間がその期間なので、ガッツリと水をかけられてきた! はたして、どんな状況だったのか? 無事に終わったのか? 

続きを全部読む

世界最大のぶっかけ祭りソンクラーンに参加してみた / 何も知らずに参加するとヒドイめに遭うぞ!

タイの旧正月を祝うお祭り「ソンクラーン」が、2013年4月13~15日の日程で行われます。この三日間は祝日、実はその前日から街は大賑わいになります。

このお祭り、ただ旧正月を祝うだけではありません。何も知らずに参加すると、ヒドイ目に遭いますよ。だって、これは水かけ祭りなのだから。そうとは知らずに現地に赴いた記者(私)は、大変なことになりました!

続きを全部読む