「気球」にまつわる記事

【衝撃動画】上空1800メートルで空中ブランコ! これまでにない大人の遊びがオーストリアで行われる

「ブランコ」と聞いて、皆さんはどんなイメージが湧くだろうか。おそらく、公園にある遊具……子供が乗って遊ぶアレという人がほとんど。野球ファンだったらトニ・ブランコかもしれないが、それはレア中のレアケースだろう。

さて、そんな公園にあるブランコだが、目を疑うような映像がレッドブルから公開されているのでお伝えしたい。なんと上空1800メートルに浮かぶ熱気球から125メートルのロープで宙ぶらりん。ブランコをやり、そのままダイブしてしまったのである!

続きを全部読む

【閲覧注意】命の保証ゼロ! パラシュートなしでスカイダイビングした男がクレイジーすぎて見てられない!!

SNSやネットの発達により、危ない場所に行ったり危険な行為をして、その様子を写真や動画に収めて投稿する人達が増えている。人に見られることで、さらなる興奮を覚えるスリル・ジャンキーの行為は、エスカレートする一方のようだ。

そんななか、なんとパラシュートなしで、男が気球からジャンプしてしまったというのだ! 果たして彼は、無事に地上へ戻れたのだろうか……!? その様子は、動画「Skydiving Without A Parachute」で確認できるぞ!

続きを全部読む

「地上22キロの大気層でダイナミックな散骨サービス」を提供する会社が注目の的! お値段は30万円から

人生の終わりに向けて葬儀やお墓の準備をすることを “終活” と言うが、実際に自分の死後について考えたことがある人はいるだろうか。

人生の最後ぐらい大胆にキメてみたいという人のために、大気中で散骨をしてくれるサービスが話題になっているので紹介したい。聖書にある「土は土に、灰は灰に、塵は塵に」のごとく、地上22キロの大気層で豪快に散って地球の一部になってみても良いかもしれない。

続きを全部読む

【ヤバすぎ閲覧注意】狂気しか感じられない!! 空に浮かぶ2つ気球にロープを張って綱渡りをする男達が話題 / ネットの声「もう何も言えねえ……」

先日、ロケットニュース24では命綱なしに中国上海の超高層ビルに登るロシア人男性の動画についてお伝えした。この見ているだけで変な汗が出る動画は、「命知らずすぎる」と世界中で話題になっている。

だが、ある意味もっとスゴイ高所チャレンジが行われていたようだ。今回の場所は、完全に空中! 空に浮かぶ2つの気球に綱を渡し、その上を渡るというものである。動画のタイトルは「The Balloon Highline」。高所恐怖症の人は今度こそ、本当に見ない方がいいかもしれない。

続きを全部読む

風船を使って上空3万メートルから撮影した「初日の出」の映像がスゴイ! なんと費用は約2万5000円!!

地平線や水平線からのぼる朝日は感動的だ。ましてや、初日の出ともなれば、おめでたさも相まって、さらに美しく見えるだろう。

そんな初日の出を、なんと成層圏から撮影した人がいる。2014年1月1日、北海道在住の岩谷圭介さんは、風船を使って上空3万メートルからの撮影に成功したのだ。気になるその映像は、動画「【世界初】初日の出を風船を使って成層圏から撮影してみた【ひので1号】」で確認できるぞ。

続きを全部読む

10度目のチャレンジでようやく成功! 格安機材で撮影した地球の写真が素晴らしすぎるッ!!

ねえ、みんな。上を見てごらん。上には何が見える? 天井? 高層ビル? 雲? もっと上だよ、そのもっともっと上には何がある?

そう、宇宙(そら)が広がってるんだよ。君の上にも、僕の上にも宇宙は広がっている。僕たちはどんなに遠く離れていても、宇宙から見ればひとつなんだ。

もしも宇宙から地球を見ることができたら……。その夢を実現した一人の若者についてご紹介したいと思います。彼は何度も何度も、気球撮影に挑みましたが、失敗続き。それでもあきらめずに10回目にようやく成功したそうですよ。その画像が美しいッ! 素晴らしいッ!! 地球はひとつ! 宇宙もひとつだーーッ!!

続きを全部読む

ドイツで飛行船から乗客を脱出させたパイロットが墜落死 / 中国でも似たケースの事故

ドイツのヘッセン州オーデンヴァルトで、異常事態が発生した飛行船から乗客を脱出させたパイロットが、自分ひとりだけ墜落死するという痛ましい事故が発生した。異常を察知したパイロットは低空飛行で乗客全員を脱出させたものの、自分だけが残りそのまま墜落してしまったのだ。

どうしてパイロット自身は脱出できなかったのか? パイロットは異変を感じて飛行船を地上2メートルの高さまで降下させて乗客全員を降ろした。しかし乗客が降りたために飛行船が軽くなり、そのまま上空に上昇してしまったのである。

続きを全部読む