「死者」にまつわる記事

世界の興味深い『死者の葬り方』10選 「鳥葬」「獣葬」「ジャズ葬」「ヴァイキング葬」など

毎日たくさんの命が消えていく。最近では高倉健さん、菅原文太さん、納谷悟朗さんなどが、多くの人々に惜しまれながらあの世へと旅立った。

古今東西のあらゆる文化で「死」は大きな意味を持っており、その時代・土地固有の方法で死者を送ってきた。価値観も違えば、最後の「さよなら」の伝え方も違う……ということで、世界の人々がどんな方法で死者を見送ってきたのか見てみよう。

続きを全部読む

これを見てあなたは何を感じる? 昔ヨーロッパで撮影されていた「死人写真」がいま再び注目を集める

時代によって、その時それぞれの慣習というものがある。なかには、「なぜこんなことを行っていたの?」と疑問に思うものも多々ある。そんな時代性の違いを痛感させる過去のある慣習が、いま再び注目を集めている。

そのある慣習とは、死人写真である。これは19世紀後半のヨーロッパで行われていた写真スタイルで、息絶えた人を生きているように見せるため、死者の目をパッチリ開いたままにしたり、出来上がった写真に色をつけたりしていたらしい。

続きを全部読む

【閲覧注意】インドネシアで撮影された「歩く死者」に海外ネットユーザーも恐怖!!

インドネシアで撮影されたとされる画像が、海外ネットユーザーの間で話題を呼んでいます。その画像とは、歩く死者の姿。その真偽は定かではありません。しかしながら、その様子はまるで映画に出てくるようなゾンビそのもの怖いものが苦手という方は、閲覧を控えた方がよいでしょう……。

続きを全部読む