「歯科医」にまつわる記事

アフリカの有名なライオン “セシル” を殺害した歯科医が『ハロウィン衣装』になって登場!「悪趣味」「不謹慎だろう」と物議

2015年7月、1匹のライオンが殺されたことに、世界が激怒した。ジンバブエ、ワンゲ国立公園の人気者オスのライオン “セシル” が、アメリカ人歯科医によって殺害されたのである。

今でも人々の怒りは収まっておらず、歯科医師への激しい非難活動は続いている。そんな中、なんとこの歯科医をモデルにしたハロウィン衣装が販売されることに! 血まみれの白衣に、首だけのライオンのヌイグルミ……とぶっ飛んだこの衣装を巡って、議論が勃発しているのだ。

続きを全部読む

【衝撃事実】歯医者さん「口の中は肛門より汚い」

この世には、「知らなければよかった知識」というものがある。事実なのかもしれないが、知らないほうが幸せだったのかもしれない知識というものがあるのだ。そのひとつが口の中に隠された、大変ショッキングな事実である。

教えてくれたのは歯医者さん。どんな事実なのかというと……ズバリ「口の中は肛門より汚い」……だッ!! ゴシゴシと歯を磨いても無駄らしい。詳しくは以下のとおり!!

続きを全部読む

【注意喚起】メラミンスポンジで歯を磨いたら白くなった → 歯医者さんに怒られた

言うまでもなく、歯は白いほうがよい。白い歯ならば笑顔に自信が持てる。「白い歯っていいな〜♪」というCMもあるくらいなので、断じて白いほうがよいのである。

だがしかし、タバコを吸っていたりするとヤニが原因で黄色くなる。コーヒーなどでも色がつく。数年前、手っ取り早く歯を白くしたいと思った私(筆者)は、メラミンスポンジで前歯の表面をキュッキュと磨いてみたのである。すると……

続きを全部読む

ある小児歯科医が始めた画期的なサービスが子どもたちに大人気 / 大人でもこの歯医者に行きたくなるレベル

歯医者といえば「キュイィィーン」と頭に響くあの音。大人だって苦手な人はいるのだから子どもたちにとってみれば恐怖以外のなにものでもない。子どもの頃はあの音を聞くだけで恐怖と緊張でガチガチだったという方もいることだろう。

そんな子どもたちのために、アメリカのある小児歯科医が考え出した画期的なサービスが話題だ。サービス開始以降、この歯科医院は子どもたちから絶大な人気を得ているという。

続きを全部読む

麻酔がまったく効かない状態で歯を削られ、あまりにもひどい恐怖と痛みを体験したことがある。最近の歯科医は技術が発展しているのでそんなことはないと思うが、25年ほど前に経験した地獄の体験を語ろう。

当時中学生だった私は、前歯の裏側が虫歯になってしまい、生きているのがつらいほどの激痛に悩まされていた。歯医者が大嫌いだったので「ここまで悪化するまで歯医者に診てもらわなかった」。眠りたくても眠れないほど厳しい状態で、「これはさすがに歯医者の恐怖のほうがマシだ」と思って歯医者へと向かった。

続きを全部読む

新薬、先進医療など最先端の技術が治療に革命を起こすことは多々あるが、時には変わったアプローチが功を奏することもあるかも知れない。

ドイツのミュンヘンで歯科医院を経営するマリー・キャサリン・クラコウスキー医師(41)は、体のラインと胸の谷間を強調する制服を自ら着用。クリニック勤務の女性10名と共に「患者の恐怖心をそらすため」この制服で治療にあたる。

この服、実はれっきとした民族衣装。「ディアンドル」と呼ばれる、アルプス地方の伝統的な衣服だ。

続きを全部読む