「歯医者」にまつわる記事

【歯を白くする方法まんが】メラミンスポンジで歯を磨くのは絶対ダメ



続きを全部読む

イケメンすぎてモデルに転身した歯医者がエキゾチックでセクシーすぎる~! インスタのフォロワーは37万人以上!!

ガリガリと歯を削られたり、キーンという歯の治療器具の音が苦手で、つい歯医者から足が遠のいてしまう……という人は少なくないだろう。しかし、もし歯医者が超の付くイケメンだったら、女性はせっせと足を運んでしまうのではないだろうか。

そんな、SNSでも絶大な人気を誇るエキゾチックでセクシーすぎる歯医者が、ついにモデルデビューを果たしたというのである!

続きを全部読む

【アメリカ怖い】カバンから携帯電話を取り出したつもりが拳銃だった → そのまま間違えて自分を撃っちゃった男

読者の皆さんのなかに、歯医者が大好きだという人は、あまりいないのではないだろうか。「そろそろ検診やクリーニングに行かなくては……」と思いつつも、なんだかんだと理由をつけて、先延ばしにしてしまうのである。

とにかく、ずっと口を開けているのも辛いし、歯をガーガー削られる音や感覚も好きになれない……という人は多いに違いない。なんだか、不快なことだらけな感じもするが、歯医者で、もっとヒドい目に遭った男性がいるので紹介したい。な、なんと、治療のための麻酔でラリって、自分を撃ってしまったというのである!! なんでも、携帯電話と拳銃を間違えてしまったらしいのだ!

続きを全部読む

【閲覧注意】サメに襲われた歯科医が生々しい傷口と体験談をFacebookで公開し多くの人を震え上がらす 「アメフト選手が突っ込んできたような衝撃」

世の中には「閲覧注意」と呼ばれる案件が多数存在する。もちろん当サイトでも多数紹介してきた。至近距離の「恐怖のサメ襲撃映像」からゲンゴロウを食べるレポ究極のトラウマ合唱曲「チコタン」など、ああ、何度もみなさんに閲覧を注意してきたなあ……。

ということで今回もまたまた、閲覧注意案件だ! 特に血や傷口なんかを直視出来ない人は、絶対に見ない方いい内容となっている。それは……サメに襲われた生々しい傷口だ。

続きを全部読む

【知っ得】歯医者に訊いた「虫歯にならないための方法」5選

毎日しっかり歯を磨いているつもりでも、いつの間にか虫歯になっている……そんな経験、皆さんもあるのではなかろうか? 最近では性能の良い電動歯ブラシなども数多く発売されているが、いくつか注意事項を守るだけで100円ショップの歯ブラシでも、ほぼ虫歯にならないという。

ズキッと眠れない痛みとは無縁、「口臭がキツい」とうしろ指をさされることもない。ということは、キスだってし放題だ! では、どうすれば虫歯を防げるのかお伝えしよう。

続きを全部読む

【注意喚起】メラミンスポンジで歯を磨いたら白くなった → 歯医者さんに怒られた

言うまでもなく、歯は白いほうがよい。白い歯ならば笑顔に自信が持てる。「白い歯っていいな〜♪」というCMもあるくらいなので、断じて白いほうがよいのである。

だがしかし、タバコを吸っていたりするとヤニが原因で黄色くなる。コーヒーなどでも色がつく。数年前、手っ取り早く歯を白くしたいと思った私(筆者)は、メラミンスポンジで前歯の表面をキュッキュと磨いてみたのである。すると……

続きを全部読む

ある小児歯科医が始めた画期的なサービスが子どもたちに大人気 / 大人でもこの歯医者に行きたくなるレベル

歯医者といえば「キュイィィーン」と頭に響くあの音。大人だって苦手な人はいるのだから子どもたちにとってみれば恐怖以外のなにものでもない。子どもの頃はあの音を聞くだけで恐怖と緊張でガチガチだったという方もいることだろう。

そんな子どもたちのために、アメリカのある小児歯科医が考え出した画期的なサービスが話題だ。サービス開始以降、この歯科医院は子どもたちから絶大な人気を得ているという。

続きを全部読む

麻酔がまったく効かない状態で歯を削られ、あまりにもひどい恐怖と痛みを体験したことがある。最近の歯科医は技術が発展しているのでそんなことはないと思うが、25年ほど前に経験した地獄の体験を語ろう。

当時中学生だった私は、前歯の裏側が虫歯になってしまい、生きているのがつらいほどの激痛に悩まされていた。歯医者が大嫌いだったので「ここまで悪化するまで歯医者に診てもらわなかった」。眠りたくても眠れないほど厳しい状態で、「これはさすがに歯医者の恐怖のほうがマシだ」と思って歯医者へと向かった。

続きを全部読む

衝撃「歯の上に歯」!! 乳歯が永久歯に入れ替わる前の子供の頭蓋骨は怪物のようである

子供から大人になるうえでの一大イベントのひとつ、歯の生え変わり。下の歯を屋根の上に、上の歯を縁の下に投げて、立派な歯が生えてくるように願う人も多いだろう。

それくらい大切な歯の生え変わりだが、みなさんは永久歯がいつ育つのか考えたことはあるだろうか。乳歯が抜け落ちたあとに、初めて育ち始めると思っている人もいるかもしれないが、実はそうではない!

続きを全部読む

【台湾】マジ白衣の天使、美少女スタッフだらけの歯医者さんが話題に

キュィィィンと頭に響く機械音に泣き叫ぶ子どもの声と言えば歯医者である。痛くて妙に緊張する空間、歯医者はあまり得意でない方が大多数なのではないだろうか。

だが、台湾にはそんな印象を覆す歯医者があるという。歯科助手はみんな美少女。美少女たちが親切丁寧に優しくしてくれる夢のような歯医者があるというのだ。美少女たちがマジ白衣の天使だと話題になっている。

続きを全部読む

もしもあなたが歯医者に行って、自分を担当医がマスク越しでもわかるほどの美人だったとしたら、男なら内心1.5倍くらいモチベーションが上がるはずだ。マスク越しでもわかる美人とは、整った輪郭と美しい瞳をしていることを意味する。これだけで美人と推測するに十分値するほどの材料がそろっているはずだ。

その女医が、自分の歯の治療を受け持ってくれる。当然ながら、男であれば期待に胸を膨らませるだろう。誤解なく言っておくが、これは個人の考える期待であり、共通の答えなどない。しかし、ある種の期待感が頭をよぎるはずである。だが、もしもその考えを裏切り、ソレがおなかだったときには、どんな気持ちを抱くだろうか? 想像して頂きたい。ソレはおなかだったのだ!

続きを全部読む

新薬、先進医療など最先端の技術が治療に革命を起こすことは多々あるが、時には変わったアプローチが功を奏することもあるかも知れない。

ドイツのミュンヘンで歯科医院を経営するマリー・キャサリン・クラコウスキー医師(41)は、体のラインと胸の谷間を強調する制服を自ら着用。クリニック勤務の女性10名と共に「患者の恐怖心をそらすため」この制服で治療にあたる。

この服、実はれっきとした民族衣装。「ディアンドル」と呼ばれる、アルプス地方の伝統的な衣服だ。

続きを全部読む

歯科衛生士の話によると、いくら歯を磨いているキレイな歯でも、治療で歯を削ると激しく臭いニオイがしてくるという。そのニオイの正体は歯垢や歯石で、歯医者に行く前に徹底的に歯を磨いたところで、ガッチリと歯にくっついている根が深い歯垢や歯石は落とす事ができないのだという。その歯科衛生士は、あまりの臭さに倒れそうになったこともあったという。

続きを全部読む