「正直」にまつわる記事

「ここに鼻水を垂らしたので触らないほうがいいですよ」とテスト用紙に書いた生徒が正直者すぎる! 将来大物の予感タップリ!!

我々は子供の頃から、「嘘をついてはダメ」だとか「正直は最良の策である」と言い育てられるものだ。しかし、多くの人にとってその教えを守ることは簡単ではないが、ある生徒にとってはそれほど難しくはないようである。

というのも、テスト用紙に鼻水を垂らしてしまった生徒が、用紙に「ここに鼻水を垂らしたので触らないほうがいいですよ」と書き記し、教師に警告を促したというのだ! あまりにもバカ正直なその行動は、将来大物の予感タップリではないだろうか!?

続きを全部読む

【正直レビュー】「カールス・ジュニア」のモーニングを食べてみた結果

2016年3月4日。アメリカ発の大手ハンバーガーチェーン店『カールス・ジュニア』が、東京は秋葉原にオープンした。肉々しさ満点でウマいことはウマいが、価格設定はかなり強気……ということは以前の記事でお伝えした通りである。

正直、コスパは良くないどころか悪い方に入るというのが筆者の率直な感想だが、果たしてモーニングメニューはどうなっているのだろう? というわけで今回は、カールス・ジュニアが毎朝提供している「ブレックファスト」の内容をレポートしたい。

続きを全部読む

返却期限41年遅れの本が図書館に返されて話題に / 延滞者「読むのが遅くてごめんなさい!」

何年も前に友人や知人から借りて以来、返しそびれているものはないだろうか。もしかしたら貸した本人すら忘れているかもしれない。だが、どんなに遅くなってしまっても、借りたものを返すことに遅すぎるということはないようだ。

現在アメリカでは、とある図書館に、返却期限から41年遅れの本が返されて話題を呼んでいる。しかも、そこには謝罪の手紙と延滞金として約3万円が添えられていたという。

続きを全部読む

【ほっこりイイ話】車をぶつけた側とぶつけられた側のメッセージやりとりが素敵だと話題に

想像してみてほしい。運転しているとき、駐車中の他人の車に接触し傷をつけてしまったあなた。だが、その車の持ち主はその場にはいない。みなさんならどうする?

こんな状況に陥ったある人物の行動と、それに対する被害者側とのやりとりが素晴らしいと話題だ。zefrankと名乗るTwitterユーザーが公開したこの出来事は、彼のもとで働くある研修生の身に実際に起きたもの。彼はその内容に感激しツイートしたようだ。

続きを全部読む