「核実験」にまつわる記事

北朝鮮の核実験で広島の地球平和監視時計がリセットされてこうなった

2017年8月29日、北朝鮮が発射したミサイルが日本上空を通過し、9月3日には同国が核実験を実施。

そのニュースで、日本だけでなく世界中が大きく揺れるなか、最後の核実験からの日数をカウントする「広島の地球平和監視時計」が、海外で話題になっているというので紹介したい。

続きを全部読む

【核実験?】北朝鮮で「自然地震ではない可能性の地震波」が観測される / 揺れの正体を気象庁に聞いてみた

日本海を挟んだ隣国である朝鮮民主主義人民共和国、通称・北朝鮮。本日9月9日9時30分頃、気象庁が北朝鮮北部を震源とする地震波を観測したという。気象庁のHPを見てみると、「自然地震ではない可能性があります」との文言が目についた。

見慣れない一文である。自然地震ではないというのは具体的にはどういうことなのか? 気象庁に聞いてみたぞ。

続きを全部読む

核実験で有名な新疆ウイグル地区の放射線量を測ってみた

去る2014年4月30日、5月22日に相次いで爆発事件が起きた中国の新疆ウイグル自治区。民族間の衝突がたびたび報じられる同地区だが、ウイグル地域はロプノールで地下核実験が行われたことでも知られている。

中国政府の公式発表によると、核実験は水爆実験を含め1964年から96年までに46回行われたとのこと。そんな新疆ウイグル地区の放射線量を、現地で実際に測定してきたのでご報告しておきたい。

続きを全部読む

スウェーデン人男性が台所で原子炉を作ろうとして逮捕

スウェーデンのとある男性が、台所でとんでもない実験を試みて逮捕された。この事実は現地新聞「Helsingsborgs Dagblad」が報じたものだ。それによると31歳の男が、他国企業から放射性廃棄物を購入し、自宅の台所で原子炉を作ろうとしたというのだ。男は逮捕されたものの、すでに釈放されているという。

続きを全部読む

先月15日、福島第一原発の爆発により現地から61キロ離れた福島市では通常の約500倍(20マイクロシーベルト)が、東京でも通常の20倍(0.809マイクロシーベルト)の放射線量が検出されました。今もなお上がり下がりする放射線量の数値を前に、不安を抱きながら過ごす方も多いのではないでしょうか。

ところが、今から50年以上も前の日本は、今よりもっと高い放射性物質に見舞われ、東京や大阪でも1000倍のプルトニウムが大気中から放出されていたそうです。東京では、なんと1万倍の放射線量が検出されたという情報も。 続きを全部読む