【神対応】出発時間が1時間遅れピリつく機内 → そこに奇跡の歌声が……マイクを握った男の名は松山千春

お笑い芸人・サンドイッチマンのネタ風に言うならば「世の中ね、興奮することいっぱいありますけど、一番興奮するのは飛行機がなかなか飛ばないときだな」である。そう……世の中にはイラつくことも多いが、なかなか離陸しない飛行機に乗ってしまったときは、正直かなりイライラする。

15分ならまだしも30分、そして1時間経ってしまった日には、仕方ないこととはいえカリカリしてしまうもの。そんな状況の中、ある大物歌手がたまたま機内に居合わせ、機内用のマイクで歌を口ずさみ拍手喝采を浴びている。男の名は松山千春。昭和を代表する超大物歌手だ。

続きを全部読む