「東京五輪」にまつわる記事

丸川五輪相の「感情的にしこってきた」発言に一部ネット民がざわつく / 意味をGoogle先生に聞いたら余計ややこしくなった

政治家の「感情的にしこってきた」発言が、一部のネット民から注目を浴びているようだ。……それだけ聞くと、「意味がわかりません!」となる人が多いかと思うので、発言の真意などについて以下で説明しよう。

続きを全部読む

スケボーに乗って山道を爆走! 信じられないスピードから見える景色は映像なのに超ガクブル!!

2020年の東京オリンピックで追加種目として実施される「スケートボード」。近年では、公共のスケートパークも数多く開設され、幅広い世代から親しまれるようになった。

これからさらなる普及が見込まれており、その人気は上昇中。興味を持っている人も多いだろうが、一風変わった映像が海外で制作されていたのでご報告しておこう。なんとスケボーで山道を爆走した男がいたというのだ!

続きを全部読む

【東京五輪】エンブレム問題に終止符! 最終候補4作品から「A案(組市松紋)」に決定!!

2020年開催の東京オリンピックのエンブレム問題が、ついに収束を迎えた。2015年に佐野研二郎氏が考案したエンブレムが白紙撤回され、2016年4月上旬に改めて選出された最終4作品が公表した。そして4月25日、大会組織委員会は4つのうちのひとつ、市松模様のA案(組市松紋)が決定したことを発表した。

ネット上では、この決定を歓迎する意見が挙がる一方で、他の候補が良かったとの声も挙がっている。

続きを全部読む

【教養】ペヤング(peyoung)の語形変化について / ペヤング・ペヤンガー・ぺヤンゲストの違いと表現方法

皆さん、こんにちは。最近即席やきそば「ペヤング」について、いろいろとお伝えしています。ペヤングを使った「ペヤング鍋」や、節分の時には恵方巻き「ぺ方巻き」など。即席やきそばの域を超えて、さまざまな用途を生かすことができる万能食品です。

ところで、外国人と話していて、困ったことはありませんか? より良くペヤングの魅力を伝えたいのに、それにふさわしい言葉がない。そこで今回は英語表現におけるペヤング(peyoung)についてお伝えしたいと思います。これで海外の人にも、適切にその魅力を伝えることができるはずです。

続きを全部読む

「新国立競技場を建設しないという選択もある」との提言が明らかに / ネットの声「なんで壊した」「それでいい」

建設計画が白紙撤回されてから、いまだにデザインさえ決まっていない新国立競技場。2020年開幕の東京五輪に間に合うのかとの意見も叫ばれるなかで、自民党の行政改革推進本部がある提言をしていることが明らかになった。

その内容とは、新たな国立競技場を建設しないというものである。この案に、ネットユーザーからは多くの声が寄せられている。

続きを全部読む

やっぱり出た! 幻となってしまった「佐野研二郎のエンブレム」ポスターがヤフオク出品中! 即決価格10万円

東京五輪2020のエンブレムが白紙撤回となった。新国立競技場に続いて、大会を象徴するエンブレムまで白紙となり、大会そのものを不安に思う声が上がっている。東京都はすでに刷り上って掲出されていたポスターや、配布用のビラを使用しない決定を下した。それだけでかなりの損害額に上るようなのだが……。

そんななかネットオークションサイト「ヤフオク!」に驚くべき商品が出品されていることが判明。その商品とは、幻となってしまったエンブレムのポスターである。「新品未使用」となっているのだが、一体どこで入手したものなのだろうか……。

続きを全部読む

東京五輪組織委員会によりストップがかかった「おでんのPOP」はどうなるの? あのセブンイレブンが新POPを公開!!

かねてから繰り返し話題になっていた東京五輪エンブレム問題。佐野研二郎氏のデザインしたエンブレムに関して、東京五輪組織委員会は2015年9月1日に使用を中止する方針を固めた。これによりエンブレム問題は振り出しに戻ったことになる。新エンブレムの決定プロセスに注目が集まりそうだ。

あのエンブレムの使用が中止されたとなると、気になることがひとつある。それは、東京のセブンイレブン武蔵小金井本町2丁目店だ。同店はあのエンブレムに似たおでんのPOPを制作し、東京五輪組織委員会に問い合わせたところ、使用を控えるように伝えられたのだ。では、あのおでんのPOPは使えるようになるのか?

続きを全部読む

【おでんPOP問題】エンブレムに似たPOPを制作したセブンイレブンが一連の投稿を削除! 一体ナニが起きた!?

以前の記事で、セブンイレブンのある店舗が東京五輪のエンブレムのような雰囲気のおでん販売用POPを制作したことについてお伝えした。同店は店内に掲示する前に、念のため東京五輪組織委員会に問い合わせをしたところ、残念なことにNGを食らったそうだ。

そこで、どこかで見たことあるようなトートバック風のPOPを作り、掲示したのだが……。なぜか同店のTwitterは一連の投稿を削除してしまったのだ! 一体何があった!?

続きを全部読む

東京五輪組織委員会にNGを食らったセブンイレブンが新しい「おでんのPOP」を制作! これってあのトートバックでは……

以前の記事で、東京・武蔵小金井本町2丁目店のセブンイレブンが制作したおでんのPOPについてお伝えした。このお店はおでんの具材をコラージュして、東京五輪のエンブレムのような雰囲気のPOPを作っていたのである。掲示前に東京五輪組織委員会に確認を取ったところNGになってしまったそうだ。

・見たことあるような

POPが掲示できないとなると、売上にも影響があるのでは? そんな心配をしていたら、同店は第2弾のPOPをすでに制作していた。Twitterで公開しているPOPを見てみると……どこかで見たことあるようなトートバックのデザインなのだ。

続きを全部読む

セブンイレブンの「おでんのPOP」に東京五輪組織委員会が待った! 「商業利用にあたってくるので、お控えいだたくことになります」

依然収束する気配のない、東京五輪エンブレム問題。エンブレムに関して説明する公式ページの評価も賛否両論あるようだ。そんななか、あるコンビニエンスストアが興味深いおでんのPOPを作っていた。

・エンブレムのようなPOP?

おでんの具材をコラージュして、五輪エンブレムのような雰囲気のPOPを作ったそうだ。念のため、東京五輪の組織委員会にこのPOPの使用は可能かどうかを尋ねたところ、驚くべき回答が返ってきたそうだ。その内容は以下の通りである。

続きを全部読む

東京五輪エンブレムの説明ページに物議! 「気持ち悪い」「狂ってる」などの声続々

東京五輪のエンブレム問題は収まる気配がない。デザインをした佐野研二郎氏は、これまで手掛けた作品について、次々とパクリではないか? との指摘が相次いでおり、最近では群馬県太田市の「おおたBITO 太田市美術館・図書館」のロゴが取りざたされている。

その一方で米デザイナーのベン・ザリコー氏は五輪エンブレムを考案して、佐野氏に挑戦状を送った格好だ。さらには俳優の田辺誠一氏もエンブレムを考案し、エンブレムへの関心は高まりを見せている。そんななか五輪公式サイトに注目が集まっている。ネット上では「気持ち悪い」「不気味」との声が相次いでいるのだが、一体なぜ?

続きを全部読む

「画伯」の愛称で親しまれる田辺誠一さんが五輪エンブレムを考案 / 絶賛の声相次ぐ

2020年に開催が予定されている東京オリンピック。そのエンブレムの問題はいまだに収束する気配がない。以前の記事でお伝えしたように、サントリーのキャンペーン賞品にデザインの一部が模倣されていたアメリカのデザイナー、ベン・ザリコー氏は五輪エンブレムを考案し、佐野研二郎氏に挑戦状を叩き付けたような状況になっている。

その一方で意外な人が、ひそかに五輪エンブレムをTwitterで公開した。その人物とは俳優の田辺誠一さんである。田辺さんといえば、かっこいい犬のイラストですっかり画伯として定着している。そんな彼は一体どんなエンブレムを描いたのだろうか

続きを全部読む

【警察に宣戦布告】東京オリンピックで大規模殺戮を計画か / Twitterに複数の犯行予告「東京五輪開催日にサリン撒きます」

とんでもない情報が入ってきた。日本人と思われる複数の Twitterユーザーが、2020年に開催される東京オリンピックにおいて、サリンをまくと犯行予告をしているのだ。サリンといえば神経ガス系の毒物であり、1995年にはオウム真理教が使用して多くの死者を出した。

・多くの人たちが命を落とす可能性

東京オリンピックは、世界中から多くの人たちが日本にやってくる「今世紀最大のイベント」といっても過言ではない。そこでテロ行為としてサリンが使われれば、多くの人たちが命を落とす可能性がある。以下は Twitter に書き込みされた犯行予告の引用である。 続きを全部読む