「最後の晩餐」にまつわる記事

ロシア人の死刑囚が刑務所でレストランをオープンした理由

誰にでも大好物な食べ物があって、「死ぬ前に絶対食べたい料理」があるのではないかと思う。

海外の刑務所では死刑が実行される直前に、死刑囚が最後の食事を自分で選べる場合がある。そこで、ある死刑囚が「最後の晩餐を自分で作りたいから」との理由で刑務所でレストランをオープンし、毎日料理に励んでいるというのである!!

続きを全部読む

死刑囚の ‟最後の晩餐” を再現する写真家が話題に / 写真家「9人に1人の囚人が無実の罪で死刑になっている事実を伝えたい!」

「最後の晩餐には何が食べたい!?」という質問はよく会話に登場するが、いざ、自分が死ぬ前に何を一番食べたいか聞かれたら、即答できる人は少ないのではないだろうか。

アメリカの死刑囚は死刑執行前に、自分が食べたい食事をリクエストすることができるのだが、そんな、死刑囚の ‟最後の晩餐” を再現する写真家が、ネットで話題になっているので紹介したい。

続きを全部読む

ピザに囲まれすぎだろ! 服もインテリアも「ぜ~んぶピザ柄」なペパロニ青年がネットで大人気に!!

「死ぬ前に絶対食べたい物って何!?」と、最後の晩餐について話したことがある人は結構いるだろう。誰にでも、‟メチャクチャ大好物!” という食べ物があるはずだが、服もインテリアもぜ~んぶピザ柄な青年が、ネットで大きな人気を集めている。

それだけに、彼の最後の晩餐がピザであろうことは簡単に予想がつくが、彼が選びそうなトッピングも写真を見れば一目瞭然なのである!

続きを全部読む

【消し屋アート】そして誰もいなくなった…… 『最後の晩餐』『受胎告知』など名画の登場人物が “家に帰ってしまったら” こんな風に!

あなたの好きな絵画はなんだろう? 世界は広く、人類の歴史も長い。古今東西を見渡せば、「これぞ!」というお気に入りの絵画があるはずだ。そして今回紹介するのも、そんな絵画関係である。

新しい作品? 答えはイエスとも、ノーとも言える。これは、世界的名画の登場人物が、一人残らずおウチに帰ってしまったら……」なる想像アート作品。あの有名な『最後の晩餐』、『受胎告知』なんかに登場するみなさんが、誰も、文字通り、だーれもいないのだ。

続きを全部読む