「景観」にまつわる記事

【ヒドい】“景観をブチ壊す” との理由でおじいちゃんの黄色い車がブチ壊される / おじいちゃん「次はライムグリーンの車を買ってやる!」

京都などの観光地では、周囲の景観を崩さないよう、コンビニの看板を地味な色に変更するなどの配慮がなされている。観光客にしてみたら、写真を撮影する時に統一感がある方が仕上がりに満足できるので、嬉しい心配りであることは間違いない。

そんななか、「イギリスの田園風景をブチ壊す」との理由で、あるおじいちゃんの黄色い愛車が破壊される事件が発生! 憤ったおじいちゃんは、「次はライムグリーンの車を買ってやる!」と息巻いているらしいのである。

続きを全部読む

【伊勢志摩サミット】日本一渋いコンビニ?『ファミリーマート伊勢神宮内宮前店』 → 郵便局や銀行「宝くじ売り場」までハンパない神々しさ

2016年5月26日から開催される伊勢志摩サミット。伊勢志摩エリアでは「スペイン村」や「夫婦岩(めおといわ)」などの観光名所も有名だが、やはり最大級の知名度を誇るのが「伊勢神宮」だろう。

記者はつい先日38年間の人生で初めて伊勢市を訪れ、お伊勢参りを体験した。その後、内宮付近の「おはらい町」や「おかげ横丁」を散策したのだが、そこで発見したのが、おそらく日本一シブいコンビニ『ファミリーマート 伊勢神宮内宮前店』である。

続きを全部読む

見た目も環境面も理想的なフランスの太陽光発電

フランスのレ・メ(Les Mées)という町が今注目を浴びている。だだっ広い農地にきれいに列をなして並べられているのは農作物ではなく太陽電池パネルである。

設置したのは太陽光発電に力を入れるエネルギー会社のEnfinity社。パネルを設置した総面積は89エーカー(36万183平方メートル)におよぶ。東京ドーム7個分以上。神戸市にある日本最大の垂水JCT(ジャンクション)の総面積とほぼ同じ、と表現したほうがわかりやすい方もいるだろう。この広大な土地から9000世帯分の電気が生みだされている。

続きを全部読む