「旅」にまつわる記事

【海駅】全国9000駅から海の見える無人駅を厳選!『海駅図鑑』が旅本として優秀すぎて読むだけで自分が見つかるレベル

「自分探しの旅」という言葉があるが、私(中澤)の場合、自分を探そうと思ってるのは出発の瞬間だけだ。旅をしてるうちに、風景に目を奪われ、食べ物に舌を奪われ、寂しさに心を奪われて、自分探しは「他人探し」へと変わる。しかし、運命的な出会いなんてないから、暇つぶしで10分に1回SNSに投稿。

皆まで言うな。知ってるさ極めて旅下手なことくらい。というわけで、私は旅よりも「旅本」の方が好きだ。読んでるだけで、行ったような気持ちになれて一瞬現実から解放される。2017年2月15日、そんな私の胸を撃ち抜く旅本が発売された。その名も『海駅図鑑』。海の見える無人駅の図鑑である。

続きを全部読む

【目の保養】ピザを食べまくるために世界中を旅する男性(イケメン)が大人気!

ピザの発祥地はイタリアだが、すでにアメリカの国民食になった感があり、世界中でも愛されて多くの人に食されている。そんなピザに並々ならぬ愛と情熱を注ぎ、ピザを食べまくるためだけに世界中を旅して回る男性が、「イケメンすぎる~!」とネットで大きな話題を集めている。

しかも、カロリーたっぷりな炭水化物を食べまくっているのに、お腹が6つに割れた超ウルトラ・ナイスバディを誇っているのだ!

続きを全部読む

“旅の達人” たちが明かす「空港&飛行機で守りたいこと」9選

旅ってとっても良いものですね。見聞を広め、日常でたまった憂さを晴らすことが出来る。さて、そんな旅はどこから始まっているか? それは家を出た瞬間から。例えば空の旅なら、重い荷物を持ってえっちらおっちら空港へ。

チェックインして、広い空港を歩いて、搭乗口へ。ね? 旅慣れていない人にとっては、結構な非日常感だ。ということで今回は、海外サイト『Reddit』に “旅の達人” たちが寄せていた「空港&飛行機で守りたいこと」をご紹介したい。

続きを全部読む

自然な生き方を子供に体験させるため「自給自足で6000キロを旅した一家」が話題! サバイバルな旅が貴重な経験に!!

子供達が、学校や教室では学べないことは山ほどあるに違いないが、親としては、学校を長期間休ませてまで、家族旅行をしようとはナカナカ思えないだろう。だが、‟三つ子の魂百まで” とばかりに、なかには、多感な幼少期に子供達に世界を見せて、様々な経験を積ませようと考える親もいる。

そして、ある一家は1年2カ月もかけて自転車で6000キロを旅し、道中は、草花や釣った魚など自然に手に入る物しか食べなかったというのだ! このサバイバルとも呼べる貴重な旅で、子供達は多くのことを学んだようである。

続きを全部読む

ホテル従業員が告白した秘密20選 「シーツを交換しない」「自殺率が高い」など

旅って素敵だ。鞄1つを携えて、わずらわしい日常を離れて憧れの地へ。地元の人々との交流、美しい景色、おいしい料理などを楽しんだ後は、宿のお部屋で休むだけ。ああ、夢心地。いやぁ、旅って本当にいいもんですね。

が、しかし! これからご紹介する『ホテルの従業員たちが告白した秘密20選』を読むと、もうその夢心地へは戻れないかもしれない。なぜなら、「聞きたくなかった……」とブルブル震えたくなるような、ホテルの舞台裏が語られているからだ!!

続きを全部読む

【男のロマン】1泊2日で2万円! レンタルキャンピングカーに乗ってワイルドな旅に出かけよう

「キャンピングカーに乗って、自由気ままに旅をしたい」という憧れを持っている人は多いだろう。目的地はその日の気分で、地図を広げて車中泊できそうな場所を探す。ひと眠りする前に満点の星空を眺めながら、ワイルドすぎる旅を自画自賛するなんて……最高だ。

実際、人気はかなり高まっているようで、2014年にはキャンピングカー業界全体の総売り上げが過去最高を記録したらしいのだ。というわけで今回は、キャンピングカーをレンタルしてその魅力に迫りたいと思う。

続きを全部読む

世界にはこんな秘境が沢山! 旅の達人の体験談に思わず旅がしたくなる / DeNAトラベル主催のイベント『この旅、変じゃーにー?vol.1』に行ってきたヨ!

2015年11月25日、都内にて奇想天外なイベントが開催された。そのイベントとは、DeNAトラベル主催の、「この旅、変じゃーにー?vol.1」。出演者は、奇界遺産で有名な佐藤健寿さん、世界94カ国で恋をした(!?)歩りえこさん。そして、ケニアへの弾丸取材もなんなくこなしてしまう、当サイトの編集長GO羽鳥。そう、旅の達人たちである。

そして参加者は、「今すぐ旅に出たい人」「そのための旅支度をして来れる人」「変な食べ物が好きな人」という応募条件のもと、抽選で選ばれた生粋の旅マニアたち! はたしてこの、旅マニアの旅マニアによる旅マニアのためのイベント、一体何が起こるのだろうか……?

続きを全部読む

【カジノで稼いで世界6周】「勝ち」にこだわるのではなく「勝つ準備」にこだわれ! サイゼリヤでプロギャンブラーから教わったこと

人生とは、様々な人との出会いによって導かれていくものだろう。学生の頃は先生や両親から教育を受けるが、社会に出てからは、出会った人の言葉の中に「人生のヒント」や「新しい発見」があったりする。

今回は、学校では絶対に出会わないであろう、プロのギャンブラーから頂いた人生のヒントを紹介していこうと思う。舞台となったのはラスベガスのカジノではなく、東京 高田馬場のサイゼリヤ。『若鶏のグリル』を食べながらのレポートだッ!!

続きを全部読む

【知っ得】120円で11時間 2府4県! ルールを守り「大回り」で行くJR線の旅

突然だが、「大回り」という言葉をご存知だろうか? 「大回り」とは、JRに設けられた『大都市近郊区間の乗車特例』のこと。鉄道好きの方々のなかで使われている言葉である。

簡単に言うと、大都市近郊区間内でルールを守れば、乗車した駅から目的駅まで「大回り」しても最短距離の運賃で乗車できる、つまり「初乗り切符で長距離の旅ができる」ということなのだ!

続きを全部読む

「うちの国でこんなコトしちゃダメ!」世界の NG 行為20選 / インド「路上での “立ちション” は OK でも “キス” はダメ!」など

国が変われば、風習も変わるもの。初めて訪れた国・地域では、思わぬ行為が白い目で見られてしまったりするようだ。ということで今回は、海外サイト Reddit に寄せられた「ウチの国では、こんなことをやったらダメだよ!」という NG 行為20選をお伝えしたい。

もちろん世界は広く、国の中でも地域によって違うことがたくさんある。今回ご紹介するアドバイスが、必ずしもその国で通じる訳ではないのかもしれないが……なかなか興味深い内容が出そろったぞ! 郷に入れば郷に従おう!!

続きを全部読む

【ネコチャリ】特製チャリでネコと一緒に自転車旅行! その距離490キロなり!!

ペットとの旅行では、迷子や事故など、様々な危険が起こりうる。それでもこの素晴らしい世界を、相棒であるペットと一緒に旅をすることができれば、どんなに素敵だろう! そういえば、飼い主さんと一緒に山に登るニャンコもいたっけ。 

というわけで今回は、1人の男性と共に、自転車で旅したニャンコたちをご紹介したい。しかもその距離490キロ! 一体彼らはどんなふうに旅したのだろうか?

続きを全部読む

【まんが】どうでもいいこと山の如し「第60話:旅のはじまりの如し」 by 桃吐マキル

続きを全部読む

【気分爽快】東南アジア4800キロをバイクで駆け回る旅動画 「俺も・私も旅に出たい!」と今すぐバックパックを背負ってしまいそう

世界は広く、美しい。この世界のどこかには、自分だけの桃源郷が眠っているはずだ。しかし、実際に自分の足を運んでみないと、その「約束の場所」を見つけることはできないだろう……。

ということで今回は、東南アジア4800キロをバイクで旅する動画『Asia and a Motorbike』をご紹介しよう。「今すぐバックパック背負って旅に出たい!」「このリア充が!」と色々思ってしまう動画だが、東南アジアの風景は美しいの一言だ。

続きを全部読む

「早く飛行機から降りたいがために」乗客がとった驚きの行動にア然!! “ヤっちゃいけないとは知らなかった!” と本人は主張

先月、ワガママな中国人の乗客に、エアアジア航空のCAが熱湯をぶっかけられたニュースをお伝えしたが、はたまた中国人の航空旅客が問題を起こしたというのだ。

なんと早く飛行機から降りたいがために、常識では考えられないような行動を取ってしまったのである! しかも、“ヤっちゃいけないとは知らなかった” と主張するこの乗客は、一体何をやらかしてしまったのだろうか!? 

続きを全部読む

祖母から120万円を盗んだ11歳の孫娘の目的は!? 「16歳男子と会いたくて」タクシーで1340キロを旅するためだった!

思春期の少年少女達は、時に反抗的になったり突飛なことをしてしまうこともある。親は、大人への過渡期にある子供達の成長を心配しながら見守るものだが、そんな心配をよそに、ある少女がトンでもない事をやらかしてしまったのだ!

なんと、おばあちゃんのタンス貯金から約120万円を盗んだ11歳の孫娘が、16歳男子と会いたいがために、1340キロ離れた目的地までタクシーで行こうとしたというのである!!

続きを全部読む

「100歳になって初めて海を見たおばあちゃん」のリアクションが素敵! 感慨深げに海を眺める姿が感動を呼ぶ

海に囲まれた島国の日本では、海を見たことがない人などほとんどいないだろう。子供時代、夏休みに家族で海水浴へ出かけるのは恒例行事みたいなものだからだ。

だが、日本と違って広いアメリカでは、内陸部に住んでいるために実際に海を見たことがない人が結構いるのである。そんな「100歳になって初めて海を見たおばあちゃん」のニュースが感動を呼んでいるので紹介したい。感慨深げに海を眺めるおばあちゃんの姿に、多くの人が何かを感じるのではないだろうか。

続きを全部読む

再会には “ある物” が助けに! 8年前に迷子になった犬と飼い主が感動の対面 / ワンちゃんは1600キロもの距離を旅していたもよう

町なかで時々、ペットの迷子の張り紙やポスターを見かけることがある。ペットは一緒に生活する家族なだけに、突然いなくなったら飼い主は心配でいてもたってもいられなくなるだろう。

そんな思いを経験したおじいちゃんが、8年の時と1600キロもの距離を経て、行方不明になっていた飼い犬と再会できたと話題になっているのだ。再会には、“ある物” が助けになってくれたのだという。

続きを全部読む

【左手でオシリを洗う】インドやバングラデシュの「紙なしトイレ」は慣れてくるとクセになる

海外旅行に行った時、そして安い宿に泊まった時、思わず「ウッ」と唸ってしまうのが『紙のないトイレ』である。トイレットペーパーを切らしているわけではなく、そもそも “紙を流すという文化がないトイレ” のことだ。

よく中国でも「紙を流してはいけないトイレ」には遭遇する。排便後にフキフキした便所紙はゴミ箱へ捨てるのが基本ルール。だが、インドやバングラデシュでよく出会う「紙なしトイレ」にゴミ箱は置かれていない。そのかわりに置いてあるのがバケツと手桶(ておけ)なのである。

続きを全部読む

「待てコラ~~~!!!」南米を舞台に壮大に繰り広げられる自分自身との追いかけっこ動画が楽しすぎる!

南アメリカの広大な大地に佇む、1人の男性。

手の中にあるスマホに夢中になっていると突然、体に鋭い衝撃が! どうやら何者かが「大事な部分」を殴りつけてきた模様。「なにしやがる!」と視線を向けるとそれは……なんと自分自身だった!?

続きを全部読む

こりゃ便利だわ!! 1泊分の着替えを片手サイズに収納しちゃうライフハック

夏だー! 海だー!! 山だーーー!! 旅行だぁぁぁぁぁぁ!!!!! と、夏休みに旅行や帰省を控えている人も多いだろう。旅行前に頭を悩ませるのが荷物だ。洗濯するのも微妙な1~3泊の旅こそ、荷造りが最も面倒である。

……ということで、今回は1泊分の着替えを片手に収まるサイズにまとめてしまうライフハックを紹介したい。マジかよ! 四の五の言わずにまずは動画「How to Pack for 1 Night」で確認だ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3