「放屁」にまつわる記事

【速報】凹型イスを使って「屁の匂い」をほぼ無効化することに成功! 世界も注目か!?

「匂い」とは「音」と同じように、色も形もなく、その実態を肉眼で捉えることができない。たとえば、職場で放屁してしまった場合、その匂いを捕まえて引き出しに隠したりすることはできないのだ。うかつに屁をこいてしまうことは誰にでもある。心のなかで「やっちまった!」と思っても、もう遅い。誰も口には出さないけど、「くせえ」と思っているのである。

音のない、いわゆる “すかしっ屁” の場合、さらにこの匂い問題は深刻だ。この問題を解決するために、私(佐藤)は『屁の匂いの無効化』を真剣に考えた。その結果、ひとつの解決法を導き出したのである! 通称「SKBイス」と言われる凹型イスを有効利用した方法だ。これは世界的に注目を浴びることになるかも!?

続きを全部読む

ベンチプレス中に「完璧なタイミングで屁」をした男性の動画が何度見ても飽きない / 表情も音も完璧!!

「あぁ、この人いい表情してるなぁ」——そう感じずにはいられない人が、あなたも回りにもいないだろうか? 顔がどうこうではなく、表情と雰囲気が他とは違う人。そしてそんな人ほど、何か大きなことを成し遂げる傾向にあるような気がする。

これから紹介する男性もそうだ。見た目からして、“いい表情” をしている。直感的に「こいつは絶対にやりおる!」と思ったところで、期待を裏切らずにやってのけてくれるのだから脱帽もの。ただし、「周囲を脱帽させて、彼自身は脱糞したのでは?」と心配にもなるのだが……。

続きを全部読む

【あるあるコラム】ドライブデート中に限って湧き出てくる「屁みたいなニオイ」について / 神様は何のつもりなのか?

みなさん、デートはしていますか? 緊張しつつも素敵なあのコ(あの人)と一緒に過ごせる特別な時間。「自分のことをどう思ってるんだろう?」……なんて甘酸っぱくていいですねぇ。胸がキュルルンですねぇ。あー! デートしてえなぁぁぁあああ!!

……なんてことはさておき、こんな経験はないだろうか? 「ドライブデート中に屁みたいなニオイがただよって来て死ぬほど気まずくなった経験」だ。おそらく、多くの人に訪れたであろうこの試練。神様……もうおやめになって下さい……!

続きを全部読む

【コラム】長時間オナラを我慢した末にトイレに行ったのに「パッスゥー」だったときの裏切りは何なのか

なかなか人生は思い通りにはいかない。肛門もだ。青天の霹靂(せいてんのへきれき)という諺(ことわざ)もあるが、肛門の霹靂にも注意したい。寝耳に水という諺もあるが、「寝耳に屁」でも同じ意味合いになると思う。私は言いたい。肛門に。

一体なぜ、思い通りに動いてくれないのかと。天邪鬼か。問題児か。長時間オナラを我慢した末にトイレに行ったのに、音消しの意味で「大」レバーを流したのに、なぜお前ときたら「パッスゥー」とスカした態度を見せるのか! あれは一体なんなのか。

続きを全部読む

【コラム】騒音の中で放たれたオナラは大概よく聞こえる

肛門から放たれる気体と言えば、「オナラ」だ。「屁」とも言う。お洒落に「ガス」と言う人もいる。オナラというのは、人には聞かれたくないものであり、また他人のを聞くのも嗅ぐのも嫌なものである。かと言って、我慢すると身体に良くないし、全く放屁せずに生きるのは不可能という、なんとも厄介な存在なのだ。

そんな厄介者のオナラが、騒音の中でもよく聞こえると感じたことはないだろうか。周囲がうるさく、会話もままならないような状況で放たれたオナラほど、やたらと耳に入ってくるのだ。

続きを全部読む

【マジ怖い】アメリカで人に屁をひっかけたらこうなるっていう検証動画

「自由の国」と呼ばれる国といえばアメリカ。しかし何でもかんでも自由にすると痛い目に合うのもアメリカだ。今回ご紹介する動画「Farting In The Hood! [GONE WRONG]」のようにマジで怖い展開になってしまうことだってある。

見ず知らずの人に屁をひっかけたらどうなるのか……。一見アホらしい企画だが、屁は自然の摂理であり、どうしても出てしまうもの。音を出さない上級テク「すかしっ屁」をできない人は必見の内容となっているぞ!

続きを全部読む

【コラム】なぜマッサージや整体を受けている最中に限ってオナラが出そうになるのか

疲れた身体をときほぐす、至福の時間がマッサージだ。そして身体の歪みを矯正してくれるのが「整体」であるが、どちらもヨダレが出るほど気持ちよい。うっかりしていると白目になり、油断していると寝てしまう。それくらい気持ち良い!

だが、心身ともにリラックスをして、この幸せな時間を心の底から楽しみたい……と思っている最中に限って、なぜかオナラが出そうになるのだ。あれは一体なんなのか。

続きを全部読む

【衝撃動物動画】イグアナの屁の威力がスゴイ

ひとくちにオナラといっても、その音、ニオイ、そして威力は様々である。細かく分類すれば、太陽系に浮かぶ星の数ほどの種類に及ぶことだろう。人間の屁の種類ですら太陽系。それが動物の屁も合わさったら、銀河系のレベルであろう。

ということで今回ご紹介したいのが、大変珍しい屁の記録。爬虫類「イグアナ」のオナラ映像である。YouTubeにアップされている動画のタイトルは、その名もズバリ「Iguana Fart」だ!

続きを全部読む

おならで敵を蹴散らす! 日本の昔の絵巻物『屁合戦絵巻』が世界で拡散中!!  海外の声「さすが日本」「日本人よ、どこへ行く?」

今、ある日本の昔の絵巻物がイギリスのタブロイド紙で紹介されたのを皮切りに世界中でジワジワ広がりを見せている。

その絵巻物の名は『屁合戦絵巻』。「屁」による「戦(いくさ)」と書かれているが、この絵のテーマは敵におならをブっかけてのバトルだ! この衝撃の絵巻物に海外では「さすが日本」など驚愕の声が上がっている。

続きを全部読む

誰だってオナラをする。美女でもイケメンでもオナラをする。だが、するときの状況には気を付けなければならない。周囲の人があまりにも不快に感じるような一発は、思わぬ事態へと発展する可能性もあるのだ。

アメリカには、不用意なオナラで警察沙汰へ発展させてしまったカップルがいる。彼氏の強烈な放屁が同じ部屋にいた彼女だけでなく、隣人をも巻き込んだ大騒動を引き起こしてしまったのだ。

続きを全部読む

周囲に人がいるときはたいていの人が我慢するが、時として我慢したつもりがしきれなかったなんてこともある生理現象といえばオナラだ。不覚にも出てしまったときの周囲の不穏な空気といったらない。わざとでなくても不快感を示す人が大半なのだから、それが意図して行われたものなら臭いを嗅がされたほうの苛立ちはハンパないのだ。

そんななか、米フロリダ州ではオナラを巡って男女が争い、警察沙汰にまで発展するという事件が起こった。これは、誰にとっても決して他人ごとではないので、みなさんも同じ過ちを起こさないよう必読である。

続きを全部読む

【放送事故疑惑】テレビ朝日『朝まで生テレビ』で生放送中に放屁か / 午前3時16分ごろ「ブボボッ!」

2013年4月26日深夜に放送されたテレビ朝日の生放送番組『朝まで生テレビ』で、生放送中に何者かが放屁をしたのではないかと、インターネット上で話題となっている。

続きを全部読む

【コラム】なぜ排便時の音をごまかそうとして「ジャーッ……」と水を流すと水洗音が終わった直後にオナラが出るのか

あまり人に聞かれたくない音といえば、放屁を含む排便時の音である。自宅なら問題ない。見知らぬ同性しかいない公衆トイレなどでも問題ない。困るのは、他人の家やレストラン、職場などの「壁の薄いトイレ」で排便する時である。

そんなトイレでよくやってしまうのが、先に水を流して「ジャーッ」という水洗音で排便音をごまかそうという技である。もちろん「節水しなくては」とは思っている。だが、恥ずかしさに負けて流してしまうのだ。

続きを全部読む

【通勤通学まんが】電車内のオナラ感動物語『ドンマイ急行』

通勤通学に電車を使う人なら誰しもが感じたことのあることといえば、誰かしらが放ったと思われるオナラの香りである。一体誰が放屁したのか。満員電車ならば、爆心地周辺は地獄と化す。たとえ生理現象とは言えど、密集地帯で無音な放屁をするのはご法度である。

だが、音のあるオナラをするのも当然ながら推奨はできない。目立ってしまうし、とても恥ずかしい。さらにニオイ付きなら最悪である。しかしながら生理現象。もしも爆音的なオナラをしてしまった人が同じ車両にいたら、どのような反応をするのが正しいのだろうか。

その答えとなる漫画が存在する。漫画家マミヤ狂四郎氏が10年以上も前に執筆した電車内のオナラ感動物語『ドンマイ急行』をご覧いただければ一目瞭然だ。

続きを全部読む

【衝撃動画】ハリネズミにオナラを聞かせると防御姿勢をとることが判明

できることなら聞きたくないのが、他人が放ったオナラの音である。特に、下品な音のオナラは聞きたくない。例えば「ぷっ」っではなく「バビ~ッ!」といった音である。たとえ自分のオナラの音でも、下品な音を奏でてしまうと自己嫌悪に陥ったりするものだ。

そう思っているのは、どうやら人間だけではないようだ。なんと、ハリネズミも人間のオナラの音が嫌いなようなのである。その様子は、動画「hedgehog reacts to farts」にて確認できる。

続きを全部読む

【衝撃動物映像】カバのオナラが我々の想像を遥かに超えていると話題に

人間、あまりにもダイナミックかつ豪快なオナラを目の当たりにすると、もはや笑いを通り越して何もできなくなる。それはまるで、「自分の悩みなど宇宙の大きさに比べたらちっぽけなものだ」といった感情である。同時にニオイも感じるだろう。

そんなダイナミックなオナラであるが、人間ではなく「カバのオナラがあまりにもすごい」と話題になっている。YouTubeにアップされた動画「World’s Biggest Fart – The Hippo」は、オナラのすごさを理解するうえでも必見の映像である。

続きを全部読む

2006年9月11日に放送された生放送テレビ番組で、出演した美人女優の米倉涼子さんに対し「オナラをしたのではないか?」という疑惑が浮上しているのをご存知だろうか? 生放送中に米倉さんが堂々と「ブボボッ!」とオナラを放出したという疑惑である。

米倉さんご本人は何事もなかったかのように番組を進行していたが、視聴者たちはオナラのような音を聞き逃さなかった。またたく間に米倉さんのオナラ疑惑が広まり、インターネット上で大盛りあがり。「確実にオナラだろ恥ずかしい(笑)」という意見と「単なる雑音だろ騒ぎすぎ」という意見に二分されるかたちとなった。

そんなオナラ疑惑から数年が経ち、当時の視聴者やインターネットユーザーたちは米倉さんのオナラ疑惑に対し、どのような判断をしているのだろうか? インターネット上のあらゆる書き込みをチェックし、いくつか抜粋してご紹介したいと思う。

続きを全部読む