「担々麺」にまつわる記事

【人気のカップ麺】再現度がマジで高い! ミシュラン星獲得店監修の日清『鳴龍 担々麺』が激ウマ!!

2007年に初の日本版が発売されてから約10年が経ち、すっかりグルメガイドとしての地位が確立された「ミシュランガイド」。そんなミシュランガイドで数々の超高級店と並び、2016年に見事 “星” を獲得したラーメン店が東京「鳴龍(なきりゅう)」だ。

なんと、その『鳴龍』のカップ麺が、2017年5月29日に全国発売された。実はこのカップ麺、ミシュランの星獲得前に1度発売されており、今回は星獲得後の再販ということで、以前にも増して人気が高まっているもようだ。さて、どれほど本物の味に近いのか? 確かめてみることにした。

続きを全部読む

ミシュランが認めた『麺や金時』の汁なし担々麺が本格的な味で超絶品! 東京・江古田なのに中国へ来たのかと錯覚するレベルで美味!!

ここ数年で大ブームとなっている担々麺。今では、街を歩けば「冷やし中華やってます」的な感じで見かけることもしばしば。専門店の存在はもちろん、日本オリジナルの「汁あり担々麺」も当たり前のメニューとなった。

ただ、おいしい店は数あれど、やはり行ってみたくなるのがミシュランの認めたところだろう。噂によると、西武池袋線の江古田に「汁なし担々麺」がメチャウマなお店があるらしいので、実際に行って確かめてみることにした!

続きを全部読む

くら寿司マスターに聞いた「くら寿司の担々麺」を100倍楽しむ方法 / 汁に旨だれ牛カルビをぶち込むと激ウマ!

高コスパ回転寿司チェーンの大手くら寿司。寿司はもちろん、邪道メニューの多さから「もはや寿司屋を放棄している」という声まで聞こえてくる。そんなくら寿司の邪道メニュー筆頭とも言えるのが「担々麺」である。

「寿司食べに来てるのに、担々麺はさすがに食べない」という人もおそらく多いかと思う。私(中澤)もその1人だ。だがしかし! くら寿司マスターに言わせれば「くら寿司に来て担々麺を食べないのは人生損してる」という。マ、マジっすか!?

続きを全部読む

【ブチキレ】34年間「担々麺」を食べたことがない男がミシュランで星を獲得した『鳴龍』に行ったらこうなった

すっかり浸透した感のある「担々麺」。噂によると、担々麺専門店や「つゆなし担々麺」まで存在するらしい。だが、私(中澤)は、生まれて34年間担々麺を食べたことがない。したがって、どんなものを担々麺と呼ぶのかさえ知らない。一体、担々麺は何を根拠に「担々麺」とか名乗っているんだ?

味噌ラーメンや塩ラーメンのように「○○ラーメン」じゃダメなのか。お前だけちょっとわがままちゃうか。そんなに目立ちたいのか。小学校の体育教師ならそう言うだろう。そこで、担々麺が体育教師に怒られないレベルでオリジナリティーがあるのかどうか確かめに行くことにした。

続きを全部読む

【快挙】「ミシュランガイド東京」2番目の一つ星ラーメン店『鳴龍(なきりゅう)』に行ってきた!!

2016年11月29日、「ミシュランガイド東京2017」の掲載店が発表された。掲載店の中でも特に注目を集めているのが、日本で2番目に一つ星が付いたラーメン店「鳴龍(なきりゅう)」だ。

以前からかなりの有名店であるためすでにご存知の方も多いと思うが、この店の人気メニューは「担々麺」である。さて、ミシュラン一つ星店の担々麺とはどんなものなのだろうか? その味を確かめに行って来たので、さっそくレポートしていこう。

続きを全部読む

【絶品麺】毛沢東の巨大看板にビビっちゃダメ! 都内最高峰の担々麺を食べたいなら東京・千駄木「毛家麺店」に行くべし!!

こう言っちゃなんだが、「うわ、大丈夫かなここ」ってなる店が時たま存在する。外観がボロボロだったり、店頭サンプルが色あせてたり、壁に超巨大な毛沢東の看板が飾ってあったり……。最後のはマジだぞ。たぶん、あなたが思ってるよりもだいぶデカい。大丈夫かここ。

そう、東京・千駄木にある「毛家麺店(マオラーメン / マオケメンテン)」の壁には、ある巨大な看板が飾ってある。そこに描かれているのは、中華人民共和国初代国家主席・毛沢東。これは……なんか入りづらい。しかし、ここで入らないのは一生の損。なぜなら、このお店では超絶品の担々麺が食べられるからだ!

続きを全部読む

【オススメ】孤独のグルメでも紹介された「中国家庭料理 楊」が新店舗をオープン! 汁なし担々麺と焼き餃子は絶対に食っておけ!!

昨年あたりからブームとなり、至るところで目にするようになった麺料理、汁なし担々麺。まぜソバブームと相まって、アッと言う間に広まったこの料理、意外と食べないという人も多いはず。私(佐藤)もそのひとりだ。理由は特にないのだが、そもそもつけ麺が得意ではなく、好んで食べようと思っていなかった。

そんな汁なし担々麺を食わず嫌いしている人に、オススメしたいお店がある。そのお店とは、東京・池袋の「中国家庭料理 楊(やん)」だ。最近になって新しく別館を構えたこのお店は、人気グルメドラマ『孤独のグルメ』でも取り上げられている。ここに行って汁なし坦々麺を食ってみろ! ついでに餃子もオススメだぞ~ッ!!

続きを全部読む

【ダイエッター必見】糖質がおにぎり約1個分の『担々麺』がローソンから発売キター!カロリーも406kcalとかなり低いぞ!

冬になると外で運動する機会も少なくなり、体がブクブク太ってきてしまった……。とお悩みの人、けっこういるのではないだろうか。

記者(私)もそんな悩める人たちの一人なのだが、たまには太るとわかっていてもアツアツのラーメンをズズッとすすって温まりたいものだ。

続きを全部読む

【マジかよ】普通の喜多方ラーメン店の『はしを使わず食べる担々麺』が激辛ウマすぎる件 / この発想は無かった

あ……ありのまま 今 起こった事を話すぜ!「おれは 喜多方ラーメンを食べに来たのに、なぜか担々麺をはしを使わず食べていた。な……何を言っているのか わからねーと思うがおれも何を食べようとしたのかわからなかった……」

と、衝撃を受けるスゴい担々麺を出す喜多方ラーメン店が、東京・浅草と千葉・佐倉市に存在する。喜多方ラーメン店が担々麺を出すだけで意外なのに、はしを使わず食べるとは……。あまりのビックリメニューに、注文せざるを得なかったのだ。

続きを全部読む

ひたすら「担々麺」の「担」と「坦」の間違いを指摘し続けるTwitterユーザー

中国発祥の麺料理といえば、担々麺(たんたんめん)だ。基本的に汁がない料理で、麺とタレ、少々の具だけで構成された辛い麺料理である。担々麺は日本でも人気があるが、日本人向けにアレンジされた、汁がある担々麺が人気である。

そんな担々麺だが、皆さんは間違って「坦々麺」と書いてしまったことはないだろうか? その担々麺の「担」と「坦」の間違いをひたすら指摘し続けるTwitterユーザーがいるのである。

続きを全部読む

グルメサイトに低評価を書かれてブチギレした飲食店に行ってみた / 実は本格派で激ウマだった!

グルメ情報サイト『食べログ』は、飲食店を訪れた客が味や接客などの評価を書き込んで情報を共有していくサイトだ。客が率直な感想を書き込むため、お世辞ぬきのホンネを知ることができる。

そんな『食べログ』に低評価なレビューを書かれ、お店の公式ブログでブチギレ反論を書き込みした飲食店がある。担々麺本舗 辣椒漢(らしょうはん)だ。以下は『食べログ』に書かれた低評価レビューを要約したものである。
 
続きを全部読む