「手術」にまつわる記事

【さすが南米】サッカー中継を見ながら手術した医者に批難殺到

南米において、サッカーは国民的スポーツと言っても過言ではない。ブラジルはもちろん、アルゼンチン、さらにはチリなど、ほとんどの国でスポーツの一番手に来るのは間違いなくサッカーだ。しかし、いくら人気だとしても、やっていいことと悪いことはある。

なぜなら……なんと医者がサッカー中継を見ながら手術していたというのだ。人の命を預かる医者とは思えないその行動に批難が殺到し、大きな騒ぎとなっているから驚かされる。

続きを全部読む

友達に肝臓を提供するために女性が20キロも減量! 走れメロスのような友情が感動的だとネットで話題に

誰にでも友達はいると思うが、読者の皆さんは仲良しの友達のために、どこまで自分を犠牲にできるだろうか?

こんな質問を投げかけたのは、友達に肝臓を提供するために20キロも減量した女性が、ネットで感動を呼んでいるからだ。なかなか真似できないような立派な行為を、一瞬の迷いもなく実行した女性を紹介したいと思う。

続きを全部読む

【閲覧注意】十二指腸でキノコが育っていた中国人女性が緊急手術を受けるハメに! 最大で7センチの大きさに成長していた!!

鍋料理やパスタ、炒め物に重宝するキノコは食卓に欠かせない食材である。安くてカロリーも低く、食物繊維が豊富なため日常的にキノコを食べているという人は多いだろう。

しかし、そんなキノコが内臓で育ち始めたらどうだろうか!? なんでも、ある中国人女性の十二指腸内でキノコが育ち、最大で7センチの大きさに成長していたというのだ!

続きを全部読む

モデル志望の青年がヤミ美容整形で「700円の整形」をしたら2年後に顔が変形して無残な姿に

最近では、プチ整形でまぶたを二重にしたり、メイク感覚で気軽に整形が出来てしまうご時世になり、韓国や台湾など、格安で整形手術が受けられる旅行ツアーなども登場している。

そんななか、モデル志望の青年が、たった700円という激安価格で鼻とアゴの整形手術を受けたところ、 施術部位がパンパンに腫れ上がり、トンでもない状態になってしまったというのだ! どうにも、ヤミ美容整形の危険性を感じずにはいられない件を、紹介したいと思う。

続きを全部読む

【マジかよ】胃の中から「40本のナイフ」が見つかった男性が九死に一生! しかもナイフを食べた理由が衝撃的だった!!

時にトンデモナイ事件をしでかすのが人間だ。生きている限り、どんな “まさか!” の事態が起きてもおかしくはない。

インドに住むある男性にも、その “まさか” が起きてしまったのだが、彼の胃の中からはなんと「40本のナイフ」が見つかったというのだ。なんでも彼は、自ら大量のナイフを飲み込んだらしいが……マジでwhy? ナゼ? どうしてなんだーー!?

続きを全部読む

【ガチ体験談】喉ちんこをとると「いびき」は本当に消えるのか?

毎日いびきがうるさい」妻にそう言われたのは約2年程前。確かに筆者は鼻炎アレルギー持ちで、鼻がつまりやすい体質ではあった。しかし、自分が毎日いびきをしているとは思っていなかったのだ。

さらに妻に話を聞くと「たまに呼吸も止まっている」というではないか。ま、マジかよ!? 筆者はネットで調べに調べ上げ、手術で『喉ちんこを取る』ことが、いびきを解消する方法であることを知り、そして手術を受けた。今回はその手術の体験談をお伝えしたい。

続きを全部読む

6歳の時に交通事故でアソコを失ってしまった少年 / 37年後に男を取り戻す

もし自分のアソコをなんらかの事故で失ってしまったら……。男性ならば一度は、そんな考えが頭をよぎったことがあるのではないだろうか。

そんな悲劇に見舞われた少年が、幾度にもわたる手術の末に、機能するモノを手にいれることに成功した。インタビューで淡々と語る彼の言葉に、重みを感じずにはいられない。

続きを全部読む

脳に見つかった腫瘍を手術してみたら「実は双子の兄弟の体だった」!!   歯や骨まで摘出される

実生活ではなかなか遭遇することのない話はままあるが、まるで海外医療ドラマのエピソードで登場しそうな症例が、大きな話題となっている。

脳腫瘍と診断された女性が手術を受けたところ、なんと脳に “胎児内胎児” と呼ばれる双子が見つかったというのだ!! 胎児からは歯や骨まで摘出され、医師も「「医学的にも稀なケースだ」と驚きを隠せなかったようなのだ。

続きを全部読む

165センチのモデル志望の女性が「110万円かけて身長を伸ばす手術  」を決行! 3年後に183センチまで伸ばすのが目標!!

顔と体重は変えられても、身長と声を変えることは簡単ではない。身長154センチの筆者は背が高い女性が羨ましくて、「せめて160センチあったらな」といつも思っている。そんな訳で、たくさん歩く時以外は10センチ以上のヒールをいつも履いているので、今回お伝えする女性のニュースには共感してしまった。

ステージモデルになるには背が少し足りない165センチの女性が、身長を伸ばす手術を受けて、3年後に183センチを目指しているというのだ!

続きを全部読む

帝王切開手術中に“自分のお腹から双子を取り出した母親” がスゴすぎる!! 「出産を実感したかったから」との理由

出産時に伴う猛烈な痛みは、「鼻からスイカを出すような感覚」とも例えられる。近頃は、麻酔で痛みを抑える無痛分娩や帝王切開のおかげで、昔ほど出産時の痛みを感じずに済むケースもある。

しかし、なかには「痛みを感じるからこそ、“子供を産んだ” という実感を味わえる」と、自然分娩にこだわる産婦もいる。そんな、“出産を実感したかったから” との理由で、帝王切開で双子を産んだ母親が、赤ちゃん二人を自分のお腹から取り出したニュースがと話題を呼んでいるのだ。

続きを全部読む

【世界のニャンコ】“2つの性” をもつ両性具有ネコ / 飼い主「どちらの性でも構いません」ということで “オス” になるニャン

ジャンプしたり走り回ったり、色々とアクティブなネコ。人間から見て “無謀な行為” を取りがちなことから、命が9つくらいないと生きていけない……ということで、「ネコは9つの命を持つ」と言われてきた。しかし性別となると、大抵は1つ。オスかメスだ。

そうは言っても世の中は広く、2つの性を持つネコも存在しているのだ。ということで今回は、オス・メス両方の性器を有する「両性具有」のネコをご紹介したい。

続きを全部読む

「濡れたスポンジの匂いが大好き」で食べてしまう女性がスゴい! 胃に詰まったスポンジの摘出手術まで受けてしまうほどの依存症

誰でも食べたい物を我慢するのはツライものだが、なんと我慢できずにスポンジを食べてしまう人がいるという。 言っておくがスポンジケーキではなく、物を洗う時に使うスポンジである!

濡れたスポンジの匂いが大好きで食べてしまうというこの女性は、胃に詰まったスポンジを摘出する手術まで受けているのだ。止めたくても止められないという、重度のスポンジ依存症である彼女について紹介したい。

続きを全部読む

「切断した右脚をランプに加工」してネットオークションに出品した男性が注目の的に / しかし “規約に反する” と販売を中止するハメに

皆さんの中にもネットオークションで、ハンドメイドの作品を売って副収入を得ている人がいるかもしれない。買い手にとっても他にはないオリジナルな物を見つけられるため、ビジネスとして急速に発展してきた分野である。しかし、いくらオリジナルとはいえ、本物の人間の体を加工した作品を買いたいという人はいるだろうか!?

というのも「切断した右脚をランプに加工」してネットオークションに出品しようとした男性が存在するというのだ! さらに規約に反すると販売を中止するハメになったらしく、彼のニュースが話題を呼んでいるのである。

続きを全部読む

【画像あり】“受け口” を手術した女性がビフォーアフターの写真を公開! 質問や悩みにも丁寧に答えて多くの人を励ます!!

どんな顔や体であれ、生まれたままの自然な姿は美しい。天から授けられたものなのだから、人工の手を加えてはならない……。確かにそうなのかもしれないが、人にはそれぞれ事情がある。考え、苦しみ抜いた末に、自身の容姿を手術によって変える人間もいるのだ。

例えば今回紹介する女性は、かみ合わせを治すためにアゴの形成手術に踏み切ったのである。そして、その体験談と経過写真をネット上にアップしたところ、多くの人々から質問や相談が寄せられたのだ。

続きを全部読む

【タイの本気】色黒ポッチャリおデブの少年がタイで手術したらこうなった

微笑みの国・タイ! そのまたの姿は男性から女性への性転換者、すなわち「レディボーイ」のメッカだ。性転換や整形手術の例も多く、他国より比較的寛容だと伝えられている。

そのタイで、ある色黒ポッチャリおデブだった少年が手術を受けたらしい。アフターとされる画像を見てみると……どこのどちら様ですか、この超絶スタイルよしのお嬢さんは!? 1パーセントの面影もないほど生まれ変わったというのだ。これがタイの底力なのか!?

続きを全部読む

“ひと皮むける決意” をした男性が病院で手術 → 目が覚めると皮だけでなく元から切断されていた / ネットの声「悪夢が現実になった」

医療にまつわるトラブルの中には、医療ミスなど「もし自分が被害者だったら……」と想像するだけで背筋が寒くなるものがある。そんなトラブルの中で、海外サイトが報じたあるニュースが、現在世界中の人、とりわけ男性をゾッとさせている。 

1人の男性が、「ひと皮むける決意」をして病院で手術を受けたところ……なんと元の部分から切り取られていたのだ。報道されている概要と、それに対するネットの声をご紹介しよう。

続きを全部読む

ある芸術家がアートプロジェクトの一環で自分の肉を食べる → 「羊肉みたいな味だった!」と語り大きな話題

人間が人間の肉を食べる行為をカニバリズムと言い、辺境の地では、文化人類学的に食人の習慣や風習が認められている場合もある。しかしカニバリズムがタブーとされている先進国で、なんとアートプロジェクトの一環として、自分の肉を食べた男性のニュースが大きな話題となっているのだ。もし食事中にこれを読んでいる人は、後にした方が良いかもしれない。

続きを全部読む

【感動】3つの仕事をかけもつ女性バーテンダーの愛犬が思わぬトラブル → 女性がその話をバーで客にする → 客が超高額なチップを女性に置いていく

日本ではあまり馴染みがないが、欧米ではレストランやバー、ホテルなどに行くとチップを渡す習慣がある。そんなチップにまつわる感動的な話が、海外サイトで話題になっているので紹介しよう。

ある女性バーテンダーが、自らの飼っている犬にまつわる話をお客さんにしたところ……なんと、そのお客は通常考えられない、10万円のチップを女性に置いていったのである。その犬と証拠のレシートは、画像でも確認可能だ。

続きを全部読む

【衝撃整形手術】エルフに憧れる女性が自分の耳を手術でトンガリ型にして話題

誰にだって憧れの顔や体型はあるだろう。そして、自分の憧れには近づきたいと思うもの。たとえ整形手術に対して強い抵抗感を持っている人でも、「あんな風になってみたいな」という気持ち自体は、多くの人が持っているに違いない。

しかし、中には人間以外のものに憧れてしまう人もいる。カナダ人のメリンダ・ヌーンさんもそのうちの1人。彼女の憧れは、なんと、妖精のエルフ。しかも、ただ憧れているだけでなく、実際に整形手術を受けてしまったのだ。

続きを全部読む

中国で2歳の男児が「双子の兄弟」を出産

世界では信じられないような出来事がたびたび起きているが、2歳の男の子が自身の片割れである「双子の兄弟」を出産したとのニュースが報道され話題となっている。このニュースは動画「Xiao Feng, 2-Year-Old, Gives ‘Birth’ To Own Twin In China」で確認可能だ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2