「意識高い」にまつわる記事

【二度見必至】意識が高すぎるスプーンが激写される

みなさんは「スプーン」と聞いてどんな形を思い浮かべるだろうか? おそらく多くの人は、“柄の先っちょが丸くなった形状” をイメージするハズだが、世の中には我々の想像を絶する形をしたスプーンがあるらしい。

2017年8月22日、そんな「想像を絶する形をしたスプーン」がTwitter上で話題になっている。なんでも「意識が高いスプーン」とのことだが、果たしてどんな形をしたスプーンなのだろうか?

続きを全部読む

【ムカッ】ガストが究極の「意識高い系動画」を公開 / 開始10秒でイライラして震える

例えば、お洒落なカフェでMacbookを開いてしまうような人。例えば、好きな本を聞かれたときに誰一人知らないようなタイトルを答えてしまう人。世の中ではそういう人たちを「意識高い系」と呼ぶ。

そんな意識高い系の人の最大の特徴が、コンセンサス・アグリー・マター・バジェット……などなど、横文字のビジネス用語を会話にぶっ込んで来るところである。意識高い系の人と会話をし、「複雑すぎて逆に何言ってるかわかんねえよ」と心の中で思った経験はないだろうか?

続きを全部読む

ネット上に公開された『意識高い桃太郎』がむちゃくちゃ面白い! 「おじいさんはブレストしに、おばあさんはMTGしにいきました」

以前の記事で、株式会社LIGの社長あいさつについて紹介した。意識が高すぎて読み解くことができないとネットで話題になっていたので、中学生でもわかるレベルに翻訳してお伝えした。これに乗じて、私(佐藤)は意識の高い食レポに挑んでみたが、あまり賢くないので途中でルー語みたいになってしまった。

そんないわゆる意識高い感じを、ユニークに生かした投稿がネット上で話題を呼んでいる。誰もが知っている日本の昔話「桃太郎」を題材に、現在風に意識高くアレンジした『意識高い桃太郎』である。本来おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行くはずなのだが、アレンジでどうなった?

続きを全部読む

【超意識の高い食レポ】日清カップヌードルはアジャイルでイノベーティブなフリーダムだ

2000年初頭に起こったパラダイムシフトにより、多くのワーカーがハングリーなエブリデイを余儀なくされている。これはいわばポリバレントプレーヤーがより一層ポリバレントであることを強要する、激しい時代の流れのあらわれではないだろうか?

ハングリーなエブリデイをいかにリスクヘッジするか? イノベーティブなホモサピエンスには、カップヌードルがマスト。ブルーオーシャンをレッドオーシャンに変えかねない険しい時代の流れを、カップヌードルでナウなヤングにめっちゃリスペクトされる流れに変えてロコモーティブ!

続きを全部読む

超難解な「株式会社LIG」の社長あいさつを中学生でもわかるレベルに翻訳したらこうなった

言葉って難しい! 会話でも文章でも、思った通りに伝わるとは限らないから、難しいよね。特にビジネス用語とかになると、まったく意味わからん! と言う人もいるかもしれない。最近ネット上で、ある企業のHPに公開されている社長さんのあいさつが難しいと注目を集めている。

その企業とは、株式会社LIGだ。代表取締役の岩本貴洋氏のあいさつを見てみると……。う~ん、たしかに難しい。そこでわかり易く翻訳に挑戦。以下は同社社長あいさつのカタカナと英字部分を平たく訳したものである。原文はLIGのサイトをご覧頂きたい。

続きを全部読む

“意識高い写真” の投稿者はブチ切れ!? インスタ画像を元にしたカメラマンのコラ作品が「いい感じに台無し」で笑った

様々な画像が投稿されるInstagram(インスタグラム)。なかには意識が高い画像を投稿する人たちもいる。そんな意識高い Instagram 画像を元に作られたコラ画像が、妙に笑える不思議な仕上がりなので、ぜひご紹介したい。

「#slowlife」とタグが付けられた自撮りや風景などの画像たちは、私のような意識の低い人間からすると眩しすぎるくらいだ。そんな輝かしい画像をちょい台無しにした感のあるコラの数々は、元画像の撮影者から「余計な事すんな!」とキレられそうな作品ばかり。それらは作者のFacebookで公開されているので早速チェックしてみよう。

続きを全部読む

騙されたと思ってやってみろ! 意識高そうなもっともらしい写真を撮るコツ伝授 / 「もっこれ」とつぶやいて撮影すると無茶苦茶意識高い感じになるぞ~!

皆さん、こんな経験はないだろうか? Facebook やTwitter のアイコンを設定するときに、自分の写真を使いたいと思っても、ちょうど良いものが見つからない。証明写真のような正面の構図は変だし、できれば少しでも意識が高い感じにしたい。そこで使えるのがインタビューを受けているような写真である。

とはいえ、インタビューを受けたことがないので、そもそもそんな写真を持っていない……。そんな方に、意識高そうなもっともらしい写真の撮り方をお伝えしたいと思う。撮影するときに魔法の言葉「もっこれ」を唱えれば完ぺきだ! 今すぐ実践してみようッ!!

続きを全部読む