「恋」にまつわる記事

【男っておバカ】女子の気を引きたくてワニがいる川に飛び込んだ男子 → 腕をちぎられそうになる大怪我を負うハメに!

男性は、気になる女性の気を引くためなら多少の無理をしてしまうこともあると思うが、そこにお酒が入るとトンでもないおバカなことをしてしまうようだ。

というのも、ある酔っぱらった男子が女子の気を引きたくてワニがいる川に飛び込んだところ、腕をちぎられそうになる大怪我を負ってしまったというのである!

続きを全部読む

【逃げ恥】藤井隆らによる『恋ダンス特別バージョン』が公開!「全員集合verが来るかも?」とネット上がザワつく

2016年秋のシーズン最も注目を集めているドラマといえば、TBS系列で絶賛放映中の「逃げるは恥だが役に立つ」だろう。ストーリーはもとよりエンディングテーマ「恋」にのせた『恋ダンス』は、再生回数3800万回を超えるなど記録的な数字を叩き出している。

そんな『恋ダンス』の特別バージョンを公式サイトがリリースしたのでお知らせしたい。今回『恋ダンス』を披露するのは、同ドラマに出演中の藤井隆さん、真野恵里菜さん、成田凌さん、山賀琴子さんの4名。本家にも劣らぬインパクト十分の仕上がりになっているぞ。

続きを全部読む

なぜ世の中には「家族と恋に落ちてしまう人」がいるの?

親子や兄弟姉妹の間に芽生える恋愛感情。「禁断の恋」や「いけない関係」と呼ばれては、多くの映画や小説、漫画などの題材となり、世界中の人々をドキドキハラハラさせてきた。

けれども実際に自分が家族と恋するか……というと、「想像すらできない」と感じる人も多いはず。しかし、どうしようもなく家族に魅かれてしまう人々が世の中には存在するようだ。例えば2016年4月に話題となった、母と息子のケースなんかそうだ。

続きを全部読む

【エア取材】迷惑メール評論家・GO羽鳥氏にロングインタビュー「若さの秘密は恋かなァ☆」

いま『エア取材』が話題になっている。著書「真説・長州力」などで知られるノンフィクション作家・田崎健太氏が「サッカー専門誌でエア取材が横行しているのではないか?」と寄稿したもので、特にメディアに携わる人たちには興味深い内容であろう。

エア取材とはざっくり「実際には取材をしていないのに、取材をしたように見せかける記事」のこと。特に問題となっているのは有名サッカー選手や監督に対するインタビュー記事である。果たして本当に、エア取材で記事を執筆することは可能なのだろうか……?

続きを全部読む

【auの三太郎】本日9/21公開の新CMで「金太郎お気に入りの女性」が登場!? 果たして恋の行方はいかに!!

個性あふれるキャラクターや、予想のつかない意外な展開、さらには感動のストーリーなどで、いつもお茶の間を楽しませてくれるTVCMといえば、ご存知、auの三太郎シリーズである。

そんな三太郎シリーズの新CMが本日2016年9月21日公開となった。今度は三太郎が金太郎の家にいる最中、金太郎お気に入りの女性が突然登場するといった内容だ。さて、その女性とはいったいどんな人物なのだろうか。

続きを全部読む

【シワの日】どう見ても47歳には見えない美魔男「セリー」に美容の奥義を聞いてみた!!

今日4月8日は「シワの日」である! 歳を重ねるごとに刻み込まれる顔のシワ。男性にとって「シブい」と思われるシワなら大歓迎かもしれないが、女性だったら許せないはず。私(GO羽鳥)も男だが、許せない。シブくなんて、なりたくないっ!!

できることならいつまでも、いとうまい子さん(51歳)のように、美しく、かわいらしくありたいものだ。ということで今回は、どう見ても47歳の男性には見えない美魔男MC「セリー」さんに、シワ対策にも応用できそうな美容の奥義を聞いてみた! 

続きを全部読む

【まんが】どうでもいいこと山の如し「第168話:恋したいの如し」 by 桃吐マキル

続きを全部読む

【第2弾】30代後半男性が「カラオケで歌われたら一発で恋しちゃう曲」10選

以前の記事で「30代後半男性が “カラオケで歌われたら一発で恋しちゃう曲” 10選」をお届けした。さまざまな反響をいただいたが「わかる」という意見がある一方、「○○が入ってねーぞ!」との熱いメッセージが多いのが印象的であった。だが待ってほしい……。

数々の名曲の中から、筆者も泣く泣く10曲に絞り込んだのだ……! というわけで今回は、前回お伝えしきれなかった曲だけで、第2弾をお届けしたい。「30代後半男性を何とかしたい!」と思ってる女性は要チェックやで!

続きを全部読む

30代後半男性が「カラオケで歌われたら一発で恋しちゃう曲」10選

噂によれば、どうやら男は30代後半くらいが一番モテるらしい。調べてみると「精神的に大人で知識も豊富、経済的にも比較的余裕がある」というではないか。30代後半のど真ん中、現在37歳の筆者はというと……全く実感がニャー。ニャアニャア……。

が! 「30代後半男性のハートを一発で射抜くテクニック」ならば知っている。それはズバリ、歌である。具体的にいえば「カラオケで歌われたら恋しちゃう曲」を知っているのだ。そこで今回は「30代後半男性を何とかしたい!」と思っている女性のために、選りすぐりの10曲をご紹介するぞ!

続きを全部読む

【カルピス】長澤まさみのCM「身体 教えて編」が異常なほどドキドキする / 手の動きが色っぽすぎてヤバい

胸のドキドキが止まらず、「これは……恋?」とあなたが最後にそう思ったのはいつのことだろうか? 何年前? 下手したら何十年前? 胸が締めつけられて息苦しくて……。まるで金縛りにあったかのようなあの感覚。

そんな胸のドキドキを、一発で思い出させてくれるCMを発見したのでご紹介したい。ドキドキさせてくれるのは長澤まさみ! 可愛いよ長澤まさみ、長澤まさみ可愛いよ。おっさんをこんなにドキドキさせて、どうするつもりですかーーーッ!!

続きを全部読む

【まんが】どうでもいいこと山の如し「第56話:恋の奥義の如し3」 by 桃吐マキル

続きを全部読む

【まんが】どうでもいいこと山の如し「第55話:恋の奥義の如し2」 by 桃吐マキル

続きを全部読む

【まんが】どうでもいいこと山の如し「第54話:恋の奥義の如し1」 by 桃吐マキル

続きを全部読む

【コラム】なぜ「ここ一番の大勝負」の時に限って鼻毛が出ているのか

どう人間があがいても、自分の目からダイレクトに「鼻毛」は見えない。奴らときたら、ご主人様から見えないことをいいことに、やりたい放題の大盤振る舞い。抜いても切っても整えても、「ここぞ!」という場面でピロリンチョと出ているのだ。

かなり神経質に鼻毛カッターなどを用いて処理をしても、なんのつもりだか1本だけ「ど〜も〜」と勝手に挨拶している始末である。まさに「ここ一番の大勝負」の時に限って、いくら注意してもグイグイと出しゃばってくるのだ。あれは一体なんなのか。

続きを全部読む

ヤケドに注意!! “恋は盲目” にもほどがある熱々濃厚なカップル画像集

愛し合うふたりというのは往々にして、周りがみえない状態にある。今回みなさまにご紹介するのは、そのことを証明するかのような、珍妙すぎるカップル写真の数々です。

海外サイト『Ned Hardy』に掲載されていたのはどれも、どこからツッコんでいいのかわからないほどにツッコみどころ満載なカップルたちの姿。

続きを全部読む

どうしてもニコラス・ケイジとひとつになりたかった少女が激写される

大好きな人に近づきたい、大好きな人に触れていたい、何なら一緒に……いや、いっそひとつになりたい!! 恋をしたとき、一度くらいそう思ったことはないだろうか?

その思いが募って募って、予想外の方法で「大好きな人とひとつになった少女が話題となっている。彼女の好きな人はあのハリウッド俳優ニコラス・ケイジ。そんな有名人とひとつになりたいって一体どうするの?

続きを全部読む

あ~ん恋がした~い!! 見ているだけでキュンキュンしちゃう、動物たちのラブラブGIF画像10連発

突然ですがみなさん、今、恋してますか?

恋に落ちたら最後、胸がキュンとして、彼のことしか考えられなくなる。彼の一挙手一投足にいちいち舞い上がったり、落ち込んだり……。苦しくて切ないときもあるけれど、それもまた、恋愛における醍醐味というものですよね。

続きを全部読む

【コラム】なぜ電車のとなりの席に女性が座ってきただけで「俺のこと好きなのかな」と思ってしまうのか

電車の中は社会の縮図である。秩序もあれば無秩序もあり、人それぞれ、様々な “想い” がそこにはある。たとえば男の私(筆者)が電車に乗る。空いているので端っこの席に座るが、徐々に席は埋まってきた。見渡すところ、空いている席はのこり3人分。

ひとつは7列シートに座る私の隣であり、もう一つは対面7列シートに空いている2席だ。

――と、そこに新たな乗客が乗り込んだ。OL風の女性である。さぁて、どこに座るんだ……と思いきや、選んだのは私の隣。そして私はこう思う。「もしかして、この女性(ひと)、俺のこと好きなのかな……」と。あれは一体なんなのか。

続きを全部読む

【ある愛の形】会ってわずか一日の男性の名前を顔にドデカく刻んだロシア人女性に海外ユーザーも驚愕

一度入れてしまうとそう簡単には消せないタトゥー。もちろん、レーザーや切除方法などで除去することはできるが、まったく傷跡を残さずまるで何もなかったかのように完全にもと通りにすることは、最先端技術をもってしてもなかなか難しいようだ。

そんななか、いま海外では、顔のほとんどを覆ってしまうほどデカデカと、愛する人の名前を刻んだロシア人女性が話題だ。国内外の大手メディアでも取り上げられるほどの注目度なのだが、彼女がここまで話題になっているのは単に顔のタトゥーだけが原因でない。実は、顔に彫ったその名前は、出会って一日しか経っていない男性のものだったのだ。

続きを全部読む

「恋は盲目」「恋は麻薬」は本当だった! 最新研究で恋がおよぼす影響が明らかに

その昔から、恋にまつわる名言は無数に存在します。そのなかでも「恋は盲目」や「恋は麻薬」はよく聞く言葉ではないでしょうか。はたして、恋は本当に周りを見えなくさせ、心を麻痺させるのでしょうか。最新の科学研究で、どうやらこれらが本当であることが明らかになったようです。胸を焦がすような恋に落ちると、人は冷静ではいられなくなるようですね。

続きを全部読む