「少年」にまつわる記事

額に「私は泥棒で負け犬です」とタトゥーを彫られた少年に同情……自転車を盗もうとした疑いで極悪非道な傷を負うハメに

自分の意志でタトゥーを入れるにしても、どこにどんなデザインを彫るのか悩むものだろう。では、罰として無理やり目立つ場所に、トンでもないフレーズを彫られたらどうだろうか。

というのも、自転車を盗もうとした疑いで捕まった少年が、罰として額に「私は泥棒で負け犬です」とタトゥーを彫られ、ネットで大きな物議を醸しているのである!

続きを全部読む

【動画あり】ミッキー&ミニーに手話で話しかけられた耳の不自由な少年 / その喜びの反応が可愛らしすぎると話題に

ティンカーベルが結婚指輪を受け取ってくれたり、22年前の入場券をすんなり使わせてくれたりと、ディズニーにまつわるニュースはなにかと素敵な内容が多い。さすがは夢の国!

今回お伝えするのも、ディズニーの素晴らしさが感じられる動画だ。ミッキー&ミニーが、耳の不自由な少年に手話で話しかけるのだが、少年の反応がプライスレスでカワイすぎ! ネット上でも感動の声が巻き起こっている。

続きを全部読む

【感動の再会動画】迷子の犬が8カ月ぶりに帰ってきた! 飼い主少年の喜ぶ様子が見る者の涙を誘う「痛いほど気持ちが分かる」

動物好きな人も、そうでない人も。これからご紹介する動画を再生するときは、ハンカチの用意をお忘れなく。

迷子になっていた犬と飼い主の少年の再会シーンが収められているのだが、少年の喜ぶ様子を見れば、鬼の目にも涙。誰だって涙が止まらなくなってしまうからだ!

続きを全部読む

【全女性が嫉妬】10歳少年の「化粧テク」がヤバすぎ! イギリスに天才メイクアップアーティストの卵が現る

化粧とは女性をきれいにする魔法である。どんな時でも美しくありたいと思っている女性が、化粧の力を借りればアラ不思議! 美人とおブスの分かれ道は、化粧次第と言っても過言ではないくらい劇的に変化するものだ。

今の時代では、中学生の頃から化粧をする女性もいるというが、なんとイギリスでは10歳の少年が化粧をしているらしい。しかも、その「化粧テク」がヤバいと話題になっているから驚くしかない。

続きを全部読む

「ムフフな広告」に目がくぎ付けになった少年 → そのまま目が離せず壁に激突

「君の気持ち、よーく分かるよ」。これからご紹介する動画を目にすれば、誰だってこう呟いてしまうはず。

街中を自転車で走っていたところ、「ムフフな広告」を見かけた少年。刺激の強い広告に彼の目はくぎ付け。ああ、ああ、目が離せない……!!

続きを全部読む

【今月のほっこり動画】飛んできたボールから “着ぐるみ” が少年を守る! その後の少年のリアクションも最高

あと少しで2017年4月も終わり。はやい、時が流れるのがはやすぎる。誰か止めて……!! と叫んでも、そんなのムダムダ。なら、ほっこり動画でも見て気分を落ち着かせるしかないじゃない。

ということで “今月のほっこり動画” は、飛んできた野球ボールから少年をかばった着ぐるみです。少年のリアクションも可愛いのだ!

続きを全部読む

己の筋肉だけでスイスイ壁をよじ登る3歳児がスゴすぎ

今回お伝えするのは、とぼけた顔、ではなく「かわいい顔してババンバン」な3歳の男の子の動画だ。この少年、パッと見は普通のかわいい3歳児なのだが、実は「あいつにゃとってもかなわない」的なスゴい実力の持ち主。

なんと己の筋肉だけで壁をスイスイ登ってしまうのである! なんだなんだ、そのスパイダーマンっぽい能力は!!

続きを全部読む

【文春砲】香取慎吾さんの『20年来の恋人』を文春がスクープ!「2人とハワイに訪れた謎の少年」とは……?

毎週のようにメガトン級のスクープを連発する週刊文春。“文春砲” なるワードもすっかりお馴染みになったが、2017年4月6日発売号のスクープは……マジでスゴイ。

なんと、元SMAP香取慎吾さんの「20年来の恋人」をスクープしたというのだ! しかも、彼女とは同棲中だというから驚きを隠せない。さらには2人とハワイを訪れた「謎の少年」の存在まで……今回の文春は売れるゾォォォオオオオ!!

続きを全部読む

【神童】2歳で化学について語ってた!「未来のアインシュタイン」と呼ばれる天才少年がハンパない / 銅の電子配置をスラスラと……!!

努力して身に着けられる知識や技はあるが、生まれ持った才能にはかなわないものだ。まさに、そんな生まれつきの天才とも呼べる7歳の少年が、「未来のアインシュタイン」だと呼ばれて話題を呼んでいる。2歳で酸素の電子数を当てていた少年の天才ぶりが、超ハンパないのである!

続きを全部読む

英ウィンザー城の無表情な近衛兵が「兵隊コスチュームでキメた少年」に意外な特別サービス! その動画が超ほのぼの~な件

イギリスのお城に行くと、君主直属の軍人で特別な訓練を受けている近衛兵(このえへい)が、銃を構えて直立不動で門の前に立ち尽くしている姿を目にする。以前、観光客が近衛兵にちょっかいを出したがために、イタ~い目に遭ってしまった動画を紹介したが、今回は近衛兵の意外な一面をお見せしたいと思う。

いつも決まった動きで任務に就いている近衛兵が、兵隊のコスチュームに身を包んだ少年に対して意外な行動を取り、超ほのぼの~な特別サービスをしたというのだ!!

続きを全部読む

ニューヨークの地下鉄構内で11歳の少年が「お悩み相談室」を開いたら大盛況に! カウンセリング料はたったの230円!!

大きな悩みを抱えている人は、家族や友達に相談するだけでは心の問題が解決されずに、専門カウンセラーやセラピストにかかる人もいる。

そうなると、カウンセリング料もそれなりの額になる訳だが、ニューヨークの地下鉄構内で、11歳の少年が「お悩み相談室」を開いたら大盛況に! それもそのはず。相談料が、たった230円だというのである!!

続きを全部読む

少年が風船に付けて飛ばした「天国のお父さんへの手紙」がSNSで話題に / 少年の願いを叶えるべく人々が奔走中!!

子供なら、誰でも一度ぐらいはサンタクロースに宛てて、‟欲しいプレゼント” のリストを書いて送るものだ。しかし、父親を亡くして母親が闘病中だという少年は、天国のお父さんに手紙を書き風船にくくり付けて、願いを叶えたいと空高くへと飛ばしたというのである。

そして、そんな手紙を見つけた男性が、少年の願いを叶えるべくメディアの力を借り、少年の身元を確認するため奔走しているというのだ!

続きを全部読む

「サンタさん、僕を助けてくれる?」サンタの腕の中で息を引き取った5歳の少年に世界が涙

米テネシー州に住むエリック・シュミット=マッツェンさん(60)は、私たちが夢見るサンタクロースそのもの。自前の立派なヒゲに大きなお腹、チャーミングな笑顔を持つ彼は、プロのサンタクロースとしてこれまで多くの子供たちに接してきた。

しかしこの度、彼は「もう二度とサンタクロースになれないかもしれない」と感じるほど悲しい体験をしたそうだ。自分の腕の中で、5歳の少年が息を引き取ったのだ。

続きを全部読む

5歳児の警察官がカワイすぎ! パトロールしたり、ミニバイクで老人ホームに花束を届けたりと活躍中

子供だと侮る(あなどる)なかれ。世界には、病気の子供達のために毎日テディベアを作り続ける少年やオモチャの車で脅威のドリフト・テクニックを見せる少女などスゴい子供がたくさんいる。まあ、子供は可能性の塊。みんなスゴいのだ。

今回ご紹介する少年も、5歳という若さで警察官として活躍中。自前の制服に身を包んでご近所をパトロールしたりと、なかなか本格的にお仕事に励んでいるのだ!

続きを全部読む

海外で「13歳の日本人スケボー少年」が超話題! アっと驚くボードのデザインとテクニックが圧巻!!

世の中には、幼い頃から天才的な才能を発揮して、将来を約束されたようなキッズ達がいる。限りなく平凡な子供だった筆者にしてみたら、羨ましいの一言に尽きるが、海外で超話題になっている「13歳の日本人スケボー少年」がいるというので、紹介したいと思う。

アっと驚くようなボードのデザインと、少年の神技テクニックが、とにかくブっちぎりでヤバいのである!!

続きを全部読む

6歳の少年が立派に家事をこなす姿が「素晴らしい!」とネットで注目の的に! →  母親「息子に家事を教えるのは当たり前」だと説く

最近は、社会的に男女の役割の差が縮みつつあり、「男だから」とか「女だから」という言葉も、あまり耳にしなくなったように思う。とはいえ、やはり家事が得意なのは女性で、‟積極的に料理や掃除をこなす男性が少ない” という現実を変えるには、まだまだ時間がかかりそうだ。

そんななか、6歳の少年が立派に家事をこなす姿が「素晴らしい!」と、ネットで大きな注目を集めているので紹介したい。少年の母親は、「息子に家事を教えるのは当たり前」だと説いているのである!!

続きを全部読む

1万人もの “反同性愛婚デモ” の前に12歳の少年がたった1人で立ちはだかり話題 / 少年「僕にはゲイのおじがいる。反対する人たちを許せない」

たった1人で何かに立ち向かうのは、誰にとっても勇気のいることだろう。けれども、自分が「見捨てておけない」と思ったことから逃げない人は、世界中に大勢いるようだ。例えばある12歳の少年がそう。

この度メキシコで反同性愛婚デモが起こったのだが、そこに12歳の少年が立ちはだかった。彼は1万人もの群衆の前に立ち、デモを止めようとしたのだ。

続きを全部読む

誘拐された子供が9年ぶりに発見される! 決め手は母親が “偶然目にしたアルバム”

子供の誘拐ほど、親にとって辛いことはないだろう。子供はどこに行ったのか、無事でいるのか、誰に連れ去られたのか……そう思っては、身の内で怒りや悲しみが燃えたぎるはずだ。

あるインド人夫婦も、9年前に1歳だった息子を誘拐された。だがこの度、その少年が発見されたというではないか! 母親が偶然目にしたアルバムが決め手になったのだとか。

続きを全部読む

【動画】テレポーテーション(瞬間移動)の練習をする少年たちの姿が可愛らしくて思わず微笑んでしまう

私(佐藤)は小学生の頃、超能力にものすごく強い憧れを抱いていた。当時テレビで、超能力者ユリ・ゲラーが頻繁に登場していたこともあって、「自分はいつか超能力を身につけられる」と信じていたのだ。今の子どもからすれば、バカバカしい話かもしれない……。

と思ったら、興味深い動画を発見した。「Teleport training」と題された動画には、2人の少年が登場している。10歳くらいの歳頃の2人は、なんとテレポーテーションの練習をしているのだ! やっぱり今の子どもも超能力に憧れを抱くんだ!! その映像が何とも微笑ましい~。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4