「寿司」にまつわる記事

【世界ヤバイ】今まで食べてきた「海外の寿司」をまとめてみたらカオスが生まれた / 中国、ケニア、キューバなど

あー寿司食いたい! 寿司が食いたいでござる!! 365日、毎日寿司でもいいよ~。日本人が愛してやまない、文化の極みたる寿司。寿司は今や海を越え、世界中で食べられるようになった。そりゃそうだ、だってウマいもん。

ところで、本日6月18日は「国際寿司の日」らしいぞ。さすが偉大なお寿司さまはスケールが違いますな~。実は我々ロケットニュース24の記者たちも、海外で寿司を食べた経験が意外とあるのだ。そこで今回は、世界の寿司事情をまとめてドドンとお送りしちゃおう! と張り切った結果、想像以上のカオスが生まれることに。

続きを全部読む

【結果発表】みんなが選んだ「一番好きな寿司ネタ」がついに決定! 栄光の第1位は大本命の……!!

日本が世界に誇る最強グルメ、寿司。寿司の魅力を一言で表すのは難しいが「ネタの豊富さ」も我々を惹きつけてやまない理由のひとつだろう。マイナーなネタまで含めたら、果たして何種類の寿司ネタが存在するのか想像もつかない……。

そんな中、一番好きな寿司ネタを決定すべく開催されたアンケート企画が『好きな寿司ネタ決定戦』だ。今回はその結果発表! 総得票数8273票の頂点に輝いたのはどのネタなのか? 以下でご覧いただきたい。

続きを全部読む

【アンケート開始】「好きな寿司ネタ決定戦」開催! みんなが選ぶ一番好きな寿司ネタは何なんだ!?

日本が世界に誇る究極のジャパニーズフード、それが寿司だ。財布を気にしなくていいならば、ひたすら寿司だけ食って生きていたい……誰しも一度は考えたことがあるだろう。寿司の魅力を一言で語るのは難しいが、バラエティ豊かなネタの豊富さも、我々を惹きつける理由であることは間違いない。

というわけで、アンケート企画『好きな寿司ネタ決定戦』をここに開催します! 数え切れないほど多い寿司ネタの中で、みんなが一番好きな寿司ネタは何なのか? 永遠のテーマがいよいよ決着する……!

続きを全部読む

【悲報】「かっぱ寿司」のカッパ、完全にポアされる

かつては国民的お菓子だった「ポポロン」の販売終了に続き、またひとつ一時代を築いた “あのコたち” が姿を消した。そう、大手回転寿司チェーン店『かっぱ寿司』のカッパたちである。

かっぱ寿司からカッパのロゴが無くなることは2016年9月の時点で判明していたが、かっぱ寿司によると2017年6月をもって、全国330店舗の看板が新しいロゴデザインに刷新されたという。悲しいことに、もうかっぱ寿司でカッパには会えないのだ……。

続きを全部読む

【コラム】回転寿司で板さんに直接注文したらダメなのか? 自称「プロ」にブチ切れられた話

回転寿司とは、日本のファストフードではないだろうか。フラリと入って、テキトーに寿司をツマミ、ほどほどにお腹が満たされたら、「ごちそうさん」と言って席を立つ。そのくらいの感覚で利用するものだと、私(佐藤)は思っている。

そんな私に、『回転寿司のプロ』を自負する男は、「わかってない」というのだ。彼が言うには、寿司に対する敬意が大事なのだとか。言っている意味がわからないので、一緒にお店に行って、さっそく板さんに注文しようとしたら「まだ早い!」とブチ切れられたのだ。ナニを怒っているのか?

続きを全部読む

【圧倒的感謝】カウンターの寿司屋ランチがたった500円! 知る人ぞ知る行列上等の人気店「う月」のコスパが凄い!! 東京・目白

私(あひるねこ)は常に寿司が食べたいと思いながら、日々生きている。毎日肉はノーサンキューだが、エブリデイが寿司ならベリーにハッピーなのだ。でも寿司はマネーがトゥーマッチだから、ランチにゴーするのがベターなのよ。

寿司ランチが500円! というお店は意外とあって、新宿のど真ん中でやっていたりするのだから驚きだ。しかし、そういう場所はチェーン店であることが多い。あ~、カウンターの寿司屋でも500円ランチやってくれないかな~。なんて思ってたら、マジであんのかよ! あったから入ってみたぞ!!

続きを全部読む

【必見】ある村に伝わる奇祭「神輿レース」がファンキーすぎる件 / 必殺技・まくり差しがめちゃめちゃカッコイイ!!!

最近では、インターネット上でさまざまな動画を視聴できる。ちょっと検索すればおもしろい動画が見つかって、うっかり夢中になってしまうとアッという間に時間が経つのだ。

私のようなオッサンからすると、本当に便利な時代になったなぁ~と思わずにはいられない。

さて、いつものように、おもしろ動画サーチにいそしんでいると、スゴイのを見つけたのでご紹介したい。いやあ、これはハイレベルで、ビックリだわ。

続きを全部読む

【ドン引き】回転寿司デート『NG行動ランキング』発表 → 3位「待ち時間に不機嫌になる」2位「強い香水をつける」第1位は……

みんな大好き回転寿司。最近では普通の寿司屋にも劣らぬクオリティの激ウマ店も多く、「毎日でも通いたい!」という人も多いことだろう。プチ贅沢の極み、それが回転寿司だ。

近頃ではカップルでの来店も多いらしく、マルハニチロによれば54%の男女が「回転寿司デートの経験がある」と答えたとか。それに伴い注目したいのが回転寿司デートでの『NG行動ランキング』だ。果たして、回転寿司で相手をドン引きさせる行動とは何なのだろう?

続きを全部読む

五反田で愛された立ち食い寿司の店「都々井」が3月18日で閉店 / 掲示された感謝の言葉に胸が熱くなる……

どんな業種であれ、お店を続けていくのは大変なことだ。世の中のお店の大半が10年以内に潰れるというから、お店が10年以上存続していくには、並々ならぬ努力が必要である。最近もJR五反田駅の顔とも呼べるお店の閉店が決まったそうだ。

そのお店、「立喰ずし 都々井」は駅の高架下にあり、利用したことがあるという人も多いはず。突然店舗契約終了を通告されてしまい、移転先も決まらないままに、お店を閉じることになったという。その店先に掲げられた感謝の言葉に、思わずこみ上げてくるものがある……。

続きを全部読む

築地に行ってる場合じゃねえ! 都内唯一の「水産物専門卸売市場」足立市場で特盛豪華海鮮丼を食うべしッ!! 徳田屋食堂

豊洲市場問題は、いつまで経っても決着の糸口さえつかめない。石原慎太郎元東京都知事の会見では、何ひとつ明らかにならないどころか、ますます混迷を深めるばかり。落ち着いて魚を食えねえ! という人は、足立市場に行こう~ッ! 安くて美味しい魚を落ち着いて食べられるぞ。

続きを全部読む

【潜入取材】中国にある日本の回転寿司に入ってみた → 想像の1000倍ウマくて逆にガッカリな件 / そこはあの中国ではなかった

世界に自慢したい日本の伝統食、寿司。今は海外でもよく食べられるようになり、寿司が好きだという外国人も増えてきた。しかし、彼らが食べている寿司。あれは日本人的には、それ寿司か? と思う代物も多い。やはり寿司といえば日本だ。日本の寿司は世界一ィィィィイイ!

さて、これは私(あひるねこ)が中国を旅していた時の話だ。なんと回転寿司屋を発見してしまったのである。中国の回転寿司……これはカオスなことが起きているに違いない! しかし、ウキウキで中に入った私が見たものは、ある意味期待を大きく裏切る光景であった。

続きを全部読む

【ガクブル】安いマグロを鮮明な色に染めて「新鮮」だと売る業者が海外で出現しているらしい

かつて、海外で「生魚を食べるなんて気持ち悪い!」と言われた時代もあったが、現代では世界中で寿司が大人気!! しかし、世界中でマグロの消費量が増加したことを受け、マグロの捕獲量も上昇し、天然マグロの数が大幅に減少する事態が発生している。

そんななか、安いマグロを少しでも高く売ろうと、鮮明な色に染めて「新鮮」だと売る業者が出現しているというのだ!

続きを全部読む

スシローが「鯖バーガー(シャリ入り)」を販売中! 寿司にソーセージを突っ込んだだけの「すしドッグ」もあるぞ!!

大手回転寿司チェーンの「スシロー」はポテトがウマい。プリンもウマい。かぼちゃの天ぷらもウマいし、おはぎもウマい。たまに食べる寿司も意外と美味しかったりする。

そのスシローが鯖バーガーを販売していたことをご存じだろうか? 単純に鯖をサンドしただけのものではない。だって、スシローだもの! シャリも忘れずにサンドしてるに決まってるだろ! スシロー舐めんなよ!! ソーセージを突っ込んだだけの「すしドッグ」だって販売してるんだぞ!!

続きを全部読む

板前が握った激ウマ寿司が890円で食べ放題!『大和屋 音次郎』のランチが神コスパすぎて商売する気が感じられない / 東京・神田

高コスパ寿司と言えば回転寿司チェーンだが、最近徐々に増えてきているのが、回らない寿司の食べ放題である。ランチタイムなどの時間限定、もしくは期間限定で行われていることが多いこのサービス。相場は2000円から3000円くらい。

そんな中、断トツで安い「寿司食べ放題」を発見したのでお伝えしよう。気になる値段は890円! 繰り返す! 回らない寿司を好きなだけ食べられて、なんと890円だッ!! その店の名は『大和屋 音次郎』。おいおい音次郎さんよ、商売する気あるのか?

続きを全部読む

【激怒】「寿司屋でシャリを残して何が悪い!」と豪語する男の言い分がスゴすぎる / 逆に天才の可能性アリ

寿司。それは日本が誇る究極のソウルフード。シンプルに考えれば米に刺身をのせただけの料理なのに、その味わいはどこまでも深く、その技は時に美しささえも感じさせる。

最近、悲しいことに「寿司屋でシャリを残す若者」が増えているという。「だったら刺身だけ食べろよ!」と愚痴っていたところ、編集部の佐藤が「シャリ残して何が悪いんだコラ!」と激ギレしてきたではないか。まさかこんな身近にシャリを残す人間がいただなんて……。

続きを全部読む

回転寿司チェーン「スシロー」の『てんこ盛り祭り!』が爆盛りすぎて顎が外れるレベル / そびえ立つほたて山脈、軍艦から爆発するネギトロ!

ひと口でペロッといけて後味も爽やかな日本人のソウルフード・お~寿司ーーーーーー! 私(中澤)は3食寿司でも余裕だし、どんな時でも寿司だけは食べられる。つまるところ……寿司が好きだ!! ねえ、寿司! 聞いてるの? ああもう辛抱たまらんばい。今すぐ寿司食わせろォォォオオオ!!

そんなタイミングで、回転寿司チェーンのスシローが『てんこ盛り祭り!』を期間限定で開催しているという情報をキャッチした。爆盛り寿司なんて食べない手はねーーーー! さっそく仕事を全部投げうって、池袋のスシローにダッシュしたぞ!!

続きを全部読む

『くら寿司』『スシロー』『かっぱ寿司』で1番ウマい100円ネタはコレだ! 絶対食べたほうがいい激ウマ寿司メニューまとめ!!

さっぱりした刺身の味と爽やかなシャリ……寿司はいつでも食べたくなる存在だ。あー! 寿司超食いてェェェエエエ!! そんな時は、100円ネタがある回転寿司チェーンが活躍する。

中でも、有名なのが『くら寿司』『スシロー』『かっぱ寿司』の3店。100円の基本ネタからちょっと豪華な300円以上のネタまで、豊富なメニューもうれしい庶民の味方である。今回は、そんな3店の100円ネタの中で最強の3つを厳選してみた。これだけは絶対に食べたほうがいいぞ!

続きを全部読む

かっぱ寿司がこっそり「はだか祭」を寿司にしていた! 中国語表記がマジでヤバい

大手回転寿司チェーンの「かっぱ寿司」は、2016年10月1日に、ブランドロゴの変更を行った。それまでお馴染みだった「カッパ」が消えたのである。実はこの日から1カ月間、期間限定メニューの提供を開始していた。

それは「全国お祭り寿司」だ。仙台の七夕まつりや札幌の雪まつりなど、祭りをイメージした創作寿司なのだが、そのなかに愛知のはだか祭も含まれている。はだか祭を寿司!? 全国にいろいろ祭りがあるなかで、ナゼはだか祭を寿司にした?

続きを全部読む

【探索】東京・原宿で “もっとも着づらいTシャツ” を探しに行ってみた

東京・原宿は若者のカルチャーの発信地である。外国人観光客も多く、世界的にも知られた日本を代表するスポットのひとつだ。多くのアパレルや雑貨店がひしめき合っており、オジサンの私(佐藤)にはちょっと近づきづらい場所。

そんな原宿で、数えきれないほどTシャツが販売されている。そのなかで、「ちょっと着づらいかなあ……」というTシャツを探してみた。いろいろと見て回ったところ、これは! と思う2つのTシャツを発見したのである。

続きを全部読む

【すげえ】寿司ランチを頼んだら無限に「いなり寿司」が食べ放題になる寿司屋があった! これで1000円とか安すぎだろ!! 東京『すしまみれ』

あなたは朝も昼も夜も食べたいものってあるだろうか? けっこう難しい質問かもしれないが、私(あひるねこ)の場合は完全に一択だ。寿司である。寿司なら何でもいい。焼肉は夜以外にあまり食べる気がしないが、寿司系ならおそらく毎日3食いける。

ある日、ちょいと贅沢に寿司ランチと洒落込んだ時のことだった。1000円の握りを頼んだら、なんといなり寿司が何貫でも食べ放題だったのだ。な~にぃ~マジかよ! 何貫でもだぞ。そんなことが現実にあるっていうのか? 信じられないという人、これがマジのマジだったのよ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9