「宮城県」にまつわる記事

こんなの絶対起きるッ! 漁師さんがモーニングコールしてくれるサービス「FISHERMAN CALL」登場! 午前5時にはもう出港してるぞ~

最近暖かくなってきて、朝思うように起きられないって人、多いと思う。特に気を付けたいのは、新入社員の皆さんだ。まさか、遅刻とかしていないだろうか?

そんな朝起きられない人に朗報だ! きっと確実に起きることのできるサービスが登場した。それはなんと! 漁師がモーニングコールをしてくれるというもの!! そりゃ絶対起きるだろう~、だって漁師さんは普通の会社員が起きるよりもずっと早くから仕事をしているんだものーーッ!

続きを全部読む

【ポケモンGO】宮城県がラプラス出現イベントによる経済効果を発表 / わずか11日間で驚きの金額に到達!

2016年11月11日から21日にかけて行われた『ポケモンGO』の復興支援イベント。東北沿岸部でレアモンスターのラプラスが出現しやすくなるというビッグな内容だっただけに、全国からトレーナーが殺到したのは記憶にも新しい。

結果として大盛況のイベントとなったのだが、気になるのはその経済効果。一体、どれほど復興に貢献できたのかだ。あれから約1カ月、ついに宮城県から発表があった。いくらだったのかというと……

続きを全部読む

【どっちなの?】宮城県の新名物『さんまのたい焼き』が話題 / ネットの声「たい焼きの概念がわからなくなる」

「およげ!たいやきくん」でもお馴染みの和菓子といえば、そう『たい焼き』だ。その名の通り、小麦粉で作られた鯛型の皮にアンコが入ったスイーツで、寒い日に食べる出来たてホヤホヤは格別の美味しさである。

だが、もしもその形が「さんま」だったら!? それはたい焼きではなく、「さんま焼き」と呼ぶべきなのだろうか……。というのも、いまネット上で「サンマのたい焼き」が話題になっており、そのネーミングでちょっとした論争が起きているのだ。

続きを全部読む

【超朗報】宮城県の漁師さんがやってる居酒屋が東京にあった! 直送される旬の海鮮がひたすら新鮮でウマすぎる!! 中野「魚谷屋」

海鮮といったら、やはり北国の方が美味しいイメージがあるよな。北海道とか東北とか。いいな~、海沿いの港町とかで魚食べたいな~。さぞかしウマいんだろうな~。とブツブツ言いながら、私(あひるねこ)はこの記事を東京で書いている。そんなすぐに行ければ苦労はしないのだ。

ところが、なんと東京にいながら超新鮮な海鮮を食べられるお店があるらしい。しかもそこ、宮城県の漁師さん直営の居酒屋だという。漁師をイメージしました的な店ではなく、ガチ漁師さんのお店なのだ。何それ行きたい、というわけで行ってきたぞ。東京ならすぐ行けるぜ!

続きを全部読む

【宮城グルメ】真っ白なモンブラン! 食べると蔵王の大自然へ一瞬でワープしてしまうレベルの美味しさ / 森の芽ぶき たまご舎「白雪チーズのモンブラン」

突然だが、モンブランと聞いて連想するものはなんだろう? 「栗」「黄色や茶色」「山のような形」などが主だと思うが、では、「真っ白なモンブラン」と聞いたら……?

「なんで白?」「栗は入っているの?」と疑問に思うかもしれない。確かに、栗を使えば茶色くなるはずだし、栗を使っていないのだとしたら、それはモンブランじゃない! と。しかし、実際に「真っ白」なモンブランが宮城県のとあるお店で食べられるので ご紹介したい。

続きを全部読む

岐阜県関市のPR動画がヤバい! シュールを通り越して狂気を感じるレベル

以前の記事で、宮崎県小林市のPR動画についてお伝えした。ひとりのフランス人男性が小林市の様子を伝えるという内容のものだった。最後まで見ると「ウソだろ!」と思うような仕掛けが用意されており、ネット上で話題となったのだ。

そんな小林市のような奇想天外なPR動画が新たに公開されている。岐阜県関市は2015年9月末に、「関市PRムービー「もしものハナシ」 」を公開。実際に映像を見ると……。シュールすぎる、いやシュールを通りすぎて不気味とさえ感じてしまうのだ……。ちょっとエッジが効きすぎ……。

続きを全部読む

【感動動画】宮城県の生協が作ったアニメ『トマトになった男の子』がちょっと泣ける / 生産者の優しさも分かるストーリー

最近は品種改良も進み、美味しい野菜が増えてきたので以前と比べ“野菜嫌い”の子供は減ったイメージがある。だが、やはり「トマトの青っぽさがダメ」だったり「ピーマンの苦味がダメ」という子供を持っているお父さんやお母さんはいるだろう。

筆者自身も子供のころは、給食を残さず食べるまでクラスのみんなを待たせたり、友達の皿に移動させたりしたものだ。ちょっと成長したかと思ったら、ホントは苦手なのに強がって、鼻をつまんで口に入れたり、噛まずに一気に飲み込んだりしてきた。

どうしても食べられない時はこぼしたフリをしたりして…野菜を回避してきた。今、考えると申し訳ない!ごめんなさい! そんな思い出がある人など、ぜひ多くの人へ観て欲しいアニメを、『トマトになった男の子』を宮城県の生協『みやぎ生活協同組合』が公開した。

続きを全部読む

【新提案】流行りの「埼玉ポーズ」に続く『都道府県ポーズ』を考えてみた 北海道・東北地方編

ここ最近、ちまたでは「埼玉ポーズ」なるポージングが流行しているらしい。OKサインにした手を胸の前でクロスさせ、左足を少し前に出すポーズのことで、さいたま市長や埼玉とは関係ない芸能人まで「埼玉ポーズ」で写真を撮影しているという……それならば!

日本全国47都道府県、それぞれのポーズがあってもいいんじゃね? 千葉県出身で東京都在住の筆者は、正直「埼玉ポーズ」が……うらやましい。筆者のように「ウチもポーズ欲しい!」という人も多いことだろう。というわけでロケットニュース24では『各都道府県ポーズ』を新提案! 初回は “北海道・東北編” をお届するぞ!!

続きを全部読む

日本を代表する俳優渡辺謙さんの心意気に感動を禁じえない / 気仙沼のお店「K-PORT」には毎日Faxレターが届く

渡辺謙さんといえば、日本だけでなくハリウッドでも活躍する大俳優である。2003年公開の映画『ラストサムライ』に出演して以来、世界的に注目を集める映画スターだ。私(佐藤)は、iPhone5siPhone6の行列で2年連続お会いすることができた。

たった2度とはいえ、あの謙さんにお会いできたことは、この先一生の思い出になるだろう。その圧倒的な存在感とオーラは、横にいるだけで何とも言えない心地よさを感じるからだ。その謙さんのお店が、宮城県気仙沼市にある。お店の名前はK-PORT(ケーポート)。多忙を極める謙さんは、毎日Faxでメッセージを送り続けているのである。

続きを全部読む

【追跡調査】「秋田のアップルストア」とされた場所は岩手だったらしい! 実在する場所なのか確かめに行ってみた

皆さんは覚えているだろうか? 2014年暮れに、私(佐藤)が秋田県のアップルストアを発見するために、同県横手市に赴いたことを。取材の結果については、過去の報告をご覧いただきたいと思う。思いもよらない事実が待ち構えていたのである。

実はその記事を公開した後に、読者から有力な情報を得ることができ、今度は岩手県へと飛んだ。いや厳密には陸路で行ったので飛んでいないのだが、そんなことはどうでもいい。岩手県一関市へ向かったところ、秋田アップルストアの真相を突き止めることができたのである!

続きを全部読む

宮城県『塩釜水産物仲卸市場』が楽しい! 新鮮な魚を買ってその場でデカ盛り海鮮丼にして食べられるぞ

2011年に起きた東日本大震災により、東北の魚市場は長期間営業を停止するなど、深刻な被害を受けた。

だが、3年が経った2014年現在は、宮城県の塩釜水産物仲卸市場などで観光客向けの営業が再度スタートされており、多くの観光客で賑わっている。

続きを全部読む

防衛省・自衛隊宮城地方協力本部サイトの「艦艇広報見学を楽しむための注意事項」の絵がブット飛んでいると話題 / 公式ツイッターもヤバイ

日本を守る自衛隊を管理・運営しているのが防衛省だ。防衛省・自衛隊の公式サイトには、陸上、海上、航空自衛隊の情報から、日本の地方に配置されている「地方協力本部」へのリンク、イベント情報まで盛りだくさんの内容が掲載されている。

そのなかでも、いま注目を集めているのが、通称 “宮城地本” こと「自衛隊宮城地方協力本部」のサイトである。同サイトに掲載されている「艦艇広報見学を楽しむために」というページのイラストが、なにやらスゴいと話題になっているのだ。

続きを全部読む

【iPhoneアプリ】東日本大震災で被害を受けた宮城県寒風沢(さぶさわ)島をバーチャル散歩できるアプリが登場 / 健康促進&地域支援にもなる!

未曾有の被害をもたらした東日本大震災。様々な地域が震災に見舞われたが、宮城県にある島「寒風沢(さぶさわ)島」もそのひとつだ。そんな寒風沢島を日常生活の中で支援できる iPhoneアプリが登場したぞ!

その名もズバリ「Sabusawa Walk」。GPS機能を搭載したウォーキングアプリであるが、特徴はなんといっても、“普通にその辺を歩くだけで、島をバーチャル散歩しているような気分が味わえる” ということである。

続きを全部読む

2013年8月5日現在、ツイッター上で不気味な情報が拡散している。話題となっているのはワイドショー番組で放送された画面のキャプチャー画像なのだが、そこには以下のようなことが書いてあるのだ。

続きを全部読む

【驚愕事実】排便中に「うんこなう」とつぶやく人は「宮城県」「秋田県」に多いことが判明!

皆さんはトイレを利用しているときに、ケータイやスマホを持ち込むだろうか? 衛生上はあまり良いことではないのだが、暇をもてあましてつい持ち込むという人もいるだろう。それだけに留まらず、Twitterで思わず「うんこなう」とつぶやいてしまう人もいるようだ。一体どれだけの人が、そのようにつぶやいてしまうのだろうか? Twitter解析を利用して確認してみたところ、宮城県のユーザーがもっとも多く「うんこなう」とつぶやいていることが判明したッ! 排便中はつぶやかなくても良いんじゃないの!?

続きを全部読む

宮城県知事が「復興庁」の呼称を「真骨庁」に格上げ / パロディサイト『虚構新聞』の報道と勘違いする人続出!!

宮城県の村井嘉浩知事は先ごろ定例会見を開き、復興庁の第2次配分で県の申請分の倍近い金額の1418億円の交付が決まったことを発表した。これを受けて、これまで「復興庁は査定庁だ」と批判していたのだが、同庁の呼び方を次のように改めた。その名も「真骨庁(しんこっちょう)」。このことにネットユーザーは、パロディニュースサイト『虚構新聞』の報道と勘違いする人が続出している。

続きを全部読む

「海が襲ってくる」津波のイメージが変わる、気仙沼の津波映像

M9.0の東北地方太平洋沖地震により発生した津波によって、未曾有の被害をもたらした東日本大震災。津波が街を飲み込むようすを上空から映したものや、気仙沼市の住宅街で家が流されていく映像など、これまで数多くの津波映像がテレビやインターネットで報じられてきた。しかし、いまだあまり有名でない映像も数多く存在する。

今回紹介するのは、津波が宮城県気仙沼の街をあっという間に飲み込んでいくという貴重な映像。5分45秒間のなかに、津波の恐ろしさが濃縮されている。ちなみに撮影場所は気仙沼土木事務所の屋上とのことだ。

続きを全部読む