「子供」にまつわる記事

みんなの「自分も大人になったもんだ」と感じる瞬間 40連発

1年365日を異常に早く感じてしまい、過去を笑え、1人きりで泣き、自分の誕生日が楽しみじゃなくなる人って、だ〜れだ? 答えは……「大人」

上記はオンライン辞書『コトバンク』が実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。」キャンペーンで、「大人」に対して投稿された優秀作品の一部。こんなふうに人によって「大人の姿」って違うもの。そこで今回は、海外サイト『Reddit』に寄せられていた「自分も大人になったなあ」とシミジミ感じる瞬間を40連発でお届けしたい。

続きを全部読む

『自分が子供に付けた名前』を後悔している親の気持ち色々 「子供が名前負けしてしまった……」など

最近、日本ではキラキラネームが当たり前になっている感があるが、漢字の当て字も多く、「学校の先生は、生徒の名前の呼び方を覚えるのが大変だろうな~……」なんて思ってしまう。

そんな現象は日本だけではないようで、海外でも、変わった名前を子供に付ける親が増えている。そこで、海外掲示板サイトRedditのユーザーが、「自分が子供に付けた名前」を後悔している親の気持ちについて語っているので、いくつか紹介することにしよう。

続きを全部読む

サンタクロースが「世界中の子供達にプレゼントを届けたら」そのコストは!? プレゼント代だけで2兆8640億円に!!

クリスマスは、プレゼント抜きには語れない。子供達はもちろんのこと、大人でも、カップルや友達同士でプレゼント交換を楽しむ人が多い。

さて、そんなクリスマスプレゼントだが、サンタクロースが世界中の子供達にプレゼントを届けようと思ったら、プレゼント代から配送まで、一体どれぐらいのコストがかかるのだろうか!? なんと、プレゼント代だけで2兆8640億円にもなるらしいぞ!!

続きを全部読む

【画像あり】ルンバが子供を産みました

テクノロジーの発達とともに、電化製品の性能も向上し、生活が便利になってきている。中でも、ボタン一つで自動的に床掃除をしてくれるロボット掃除機『ルンバ』は、忙しい家庭の救世主と言っても過言ではないだろう。

そんなルンバがどうやら子供を産んだらしい……。「何をバカなことを」と思うかもしれないが、ツイッター上で話題になっている画像には「子ルンバ」がバッチリ写っており、本物のルンバと並ぶ様子はまるで親子のようである……こ、これは一体どういうこと!?

続きを全部読む

「私たちも平和に生きたい」シリア・アレッポの孤児たちが世界に向けてメッセージ動画を投稿

5年以上内戦が続くシリア。2016年12月13日に最大拠点アレッポから反武装勢力が撤退し、そのほぼ全域がアサド政権軍によって制圧されることになったと報じられた。しかし戦闘が再燃し、取り残された市民が巻き添えになることも懸念されている。

今そんなアレッポから、市民が続々とネット上でメッセージを発している。内戦で両親を亡くした子供たちも集まって、「私たちも平和に生きたい」と動画を投稿した。

続きを全部読む

【やっぱり】海外のモンペもヤバかった!「課題の点数に納得できずオバマ大統領に連絡」「子供がいない人は良い先生になれないと暴言」など

今「モンペ」と言われて、女性用の労働ズボンを思い浮かべる人は少数派かもしれない。そう、2016年の “モンペ” と言えば、すなわちモンスターペアレントの略だ。

オンライン辞書『コトバンク』では、「学校に対して、言い掛かりといえるような理不尽な要求、苦情、文句、非難などを繰り返す保護者を意味する和製英語」と説明されているが、海外にだって “モンペ” は存在するようだ。

続きを全部読む

『実家住まいの息子に生活費を入れさせたい』と母親がネット掲示板に相談 → 意見は真っ二つ! 「少し位は払ってもらっても良いのでは!?」など

社会人になっても実家暮らしを続けているという読者の皆さんは、生活費として、いくらかお金を収めているだろうか!? こんな質問を投げかけたのは、「実家住まいの息子に生活費を入れさせたい」という母親が、海外掲示板「mumsnet:マムズ・ネット」に相談したところ、ネットユーザーの意見が真っ二つに分かれたからである。

「成人して働いているのなら、親と同じ立場なのだし子供も負担するべきだと思う」といった声が挙がっているのだが、皆さんの意見はどうだろうか?

続きを全部読む

5歳児の警察官がカワイすぎ! パトロールしたり、ミニバイクで老人ホームに花束を届けたりと活躍中

子供だと侮る(あなどる)なかれ。世界には、病気の子供達のために毎日テディベアを作り続ける少年やオモチャの車で脅威のドリフト・テクニックを見せる少女などスゴい子供がたくさんいる。まあ、子供は可能性の塊。みんなスゴいのだ。

今回ご紹介する少年も、5歳という若さで警察官として活躍中。自前の制服に身を包んでご近所をパトロールしたりと、なかなか本格的にお仕事に励んでいるのだ!

続きを全部読む

7歳の息子に ‟夫婦の営み” を目撃されて言いふらされた母親 → ネットで相談 / 回答「もっとヒドい話を聞いたことがある!」など

小さなお子さんがいる家庭では、いつ子供が部屋に入って来るのか分からないので、何かと注意が必要だ。だが、気を付けているつもりでも、見られてはいけない事を目撃されてしまうハプニングが起こることもある。

まさに、そんな事態に陥った母親が、「7歳の息子に ‟夫婦の営み” を目撃されて、周囲に言いふらしているのですが、どうしたらいいですか!?」と海外掲示板に相談。その質問に参考になる答えが集まっているので、いくつか紹介したいと思う。

続きを全部読む

病気の子供達のために「毎日テディベアを作り続ける少年」の才能がハンパない!

女の子は、小さい頃にフェルトでマスコットを作ったり、編み物に挑戦したりするものだが、対する男の子は、手芸とは縁遠いと言っても良いだろう。だが、「女の子だから、男の子だから」と、その適正を決めつけてしまってはいけないように思う。

というのも、病気の子供達のために、「毎日テディベアを作り続ける少年の才能がハンパない」と、ネットで大きな話題となっているのだ! 手作りとは思えない、そのパーフェクトな仕上がりを見たら、‟手芸は女の子のもの” という先入観を撤回したくなってしまうに違いない。

続きを全部読む

ちょっと母親が目を離した隙に子供が連れ去られそうに! その決定的瞬間を捉えた動画が超コワい!!

ニュースなどで誘拐事件が報じられたら、「怖いなあ~」と感じつつも、自分の身には起こらない出来事のようにも感じてしまう。しかし、ちょっと目を離した隙に子供がさらわれてしまうこともあり、十分に注意が必要だ。

というのも、スーパーマーケットで、ほんの数秒母親がよそ見をしている間に、見知らぬ男が、赤ちゃんを連れ去ろうとしている決定的瞬間が監視カメラに捉えられ、ネットで注意が促されているのだ。

続きを全部読む

ウギャー! 遊園地で空からゲロの雨が降ってきた!! その決定的瞬間を収めたゲロリスト動画が再生回数38万回超え

遊園地やアミューズメントパークに行くと、せっかく長時間並んでいても、整備不良などでアトラクションが動かなくなってしまうことがある。来場者としては、そんな事態は避けたいところだが、それよりも、もっとひどい経験をしてしまった人達がいるので紹介したい。

なんと、アトラクションに乗っていた子供が嘔吐してしまい、空からゲロの雨が降ってきたというのだ! その決定的瞬間を収めた動画が、かなりの惨劇なのである!!

続きを全部読む

【感動】アルゼンチンの少年サッカーで心温まるフェアプレーがあったと話題

スポーツを見る上で美しいシーンといえば、なんと言っても「フェアプレー」だろう。試合は勝敗を争う戦いとはいえ、選手に感情移入できるのは相手を敬う気持ちがあってこそ。どんな手を使っても勝てばいい “ジャギ様” のような戦い方だと、どれほど優れていたとしてもヒールとなり、見ている方はいい気がしない。

勝つまでのプロセスが大事なのは、プロだろうがアマだろうが関係ないが、アルゼンチンのサッカーで心温まる光景があったと話題になっている。はたして何が起きたのか。さっそく、動画「Nene le ata los Cordones a su Rival de Futbol」でチェックだ!

続きを全部読む

5歳児が弁当箱に大量のヘロインを入れて幼稚園に持ち込み! 「子供は親を選べない」という言葉をシミジミと感じちゃった件

世の中のママ達のなかには、子供に喜んでもらいたい一心で、朝早くからキャラ弁の制作に勤しんでいる人もいるだろう。そんな、ママの愛情がタップリこもったお弁当を持参できるキッズ達は、本当に幸せ者である。

だが、そんなラッキーな子供ばかりでもないのが、現実の厳しいところだ。というのも、ある5歳児が弁当箱に大量のヘロインを入れて幼稚園に持ち込んだニュースが話題となり、世間の保護者達を驚愕させているのである!!

続きを全部読む

日本は西暦3700年代に滅ぶらしい

西暦3766年。あなたは、この年に何が起こるかご存じだろうか? なんと “日本が滅亡する年” だというのだ。

そんなこと聞いてないよ! と思うかもしれないが、今、数々の海外メディアが「3766年に日本は滅ぶ」と報じている。一体なぜ?

続きを全部読む

「子供達がiPadに夢中すぎだろっ!」てのが良~く分かる実験動画がヤバい!! 親が入れ替わっているのに気づかないレベル

近頃の子供達は、ゲームをしたり動画を鑑賞できてしまうスマホや、タブレットに夢中で一時も手放せない感じである。

そこで、iPadに張り付いているキッズ達が、どれだけ周りに注意を払っていないかを実験する動画が、か~なりヤバいので紹介したいと思う。なんと、自分の親が入れ替わっても、全く気づかないほどのレベルなのである!!

続きを全部読む

天上まで飛んで行った風船を取るために「幼児」を使ったパパの動画がマジヤバ! ママがいたら夫婦ゲンカの勃発間違いナシ!!

パパとママが、子どもを愛する気持ちに差はないが、子育ての仕方には、少々どころか大きな違いがあるようだ。パパが赤ちゃんの顔に落書きをしたり、ベイビーの額に、何枚の小銭を積み重ねられるか挑戦する動画を見たことがある。

ちょっぴり、赤ちゃんをオモチャにしている感がなくもないが、もっとヤバ~いパパが登場したぞ! なんと、天上まで飛んで行った風船を取るために、ツールとして幼児を使ったパパの動画「Balloon Grab」が、「マジかよ!???」と驚愕してしまうレベルなのである!!

続きを全部読む

【神技動画】子供に注射を打ちながら笑わせる小児科医の神ワザがスゴイ!! 「1、2、3、ポンッ!」

みなさんは幼い頃、学校や病院などで注射を打たれた時のことを覚えているだろうか? 覚えているとしても、きっと「怖かった」「痛かった」「泣いた」などといった辛い記憶が多いのではないだろうか。

しかしこの世界には、なんと子供に注射を打ちながら笑わせられる奇跡のドクターがいた。今回は、そのドクターの神ワザを動画とあわせてご紹介したい。

続きを全部読む

【知ってた?】鼻をほじるのが「危険」な理由

子供特有の “あの” 行為といえば? そう、「鼻ほじり」だ! だれかに現場を目撃された日には「ヤメなさい!」と叱られてしまう禁断の行為。

でも大人になってからは、もう鼻ほじりなんてヤメたぞ! ……という人は、ごくごく少数だろう。気付かれないだけで、きっとみんな上手くやっているハズなのだ。しかしその鼻ほじり、見た目が汚いだけでなく、ニューヨーク大学のエリック・ボイット博士によると「危険だからやらない方が良い」らしい……!

続きを全部読む

「新学期前の子供は2種類存在する」ことが一発で分かる写真が激写される

気が付けば8月も後半に入り、子供達は夏休みの課題の仕上げに追われたり、新学期の準備で大忙しなのではないだろうか。そして、キッズ達のなかには、学校に行くのを楽しみにしている子もいれば、そうでない子もいるはず……。

そんな、新学期前の子供は2種類存在し、そのことが一発で分かる写真が激写され、ネットで話題を呼んでいるので紹介したい。読者の皆さんは子供の頃、一体どちらだっただろうか!?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6