「子供」にまつわる記事

己の筋肉だけでスイスイ壁をよじ登る3歳児がスゴすぎ

今回お伝えするのは、とぼけた顔、ではなく「かわいい顔してババンバン」な3歳の男の子の動画だ。この少年、パッと見は普通のかわいい3歳児なのだが、実は「あいつにゃとってもかなわない」的なスゴい実力の持ち主。

なんと己の筋肉だけで壁をスイスイ登ってしまうのである! なんだなんだ、そのスパイダーマンっぽい能力は!!

続きを全部読む

【子育てあるある】「トイレにいても子供が入ってくる!」と悩んだ母親の作った『ルール』に共感するママが海外で続出中! シェア1万7000件近くに!!

四六時中、小さな子供の面倒に追われる親は本当に大変である。いつでもどこでも自分を必要とされ、タップリと1人の時間を取るなど不可能に等しいだろう。

そんななかでも、1人になれるトイレタイムは子育てに追われる親にとって、唯一ひと息つける憩いの時間とも言える。だが、トイレにいても子供が入って来てしまう事態に困り果てた母親が、あるルールを作ってSNSに投稿して話題になっている。SNSでのシェア数が1万7000件近くに達して、数多くの親御さんから共感を得ているようだぞ!

続きを全部読む

寝なさすぎ! 消灯後に大騒ぎする2歳の双子の傍若無人っぷりがものすごくカワイイ / 監視カメラ動画が再生6000万回越えで人気

子育ては楽しいが、大変なことも山ほどある。子供が両手でウンチをつかんだり、赤ちゃんが鼻の穴に指を突っ込んできたり、寝かしつけても双子が交互に起きてきたり……ああん、もう……。

今回ご紹介するのも、全く寝ようとしない2歳の双子の動画。いや、“寝ようとしない” どころか、まっ暗な寝室で大人顔負けにナイトライフを楽しみまくっているのである!

続きを全部読む

【世界が爆笑】再生1570万回! BBCのシリアスなインタビュー中に “可愛い刺客” が乱入する動画が話題

どんなことが起きても後戻りできない、生放送。今、生放送中のあるハプニングを収めた動画がネットで公開されて大きな話題を読んでいる。

英国「BBC NEWS」の公式YouTubeチャンネルにアップされたその動画は、英国のスタジオと韓国にいる教授の部屋を繋いだライブインタビュー中の様子を収めたものだ。そこで起こる爆笑のハプニングとはいかに!

続きを全部読む

「失踪した子供の情報をSNSでシェアしないで!」と警察が呼びかけ / その理由の裏には現代の家庭が抱える深刻な問題が

友達の近況をチェックしたり、想い出を残すために写真を投稿するだけでなく、SNSは生き別れになった家族を見つけ出したり人探しにも役立つことがある。

しかし、ある警察署が「行方不明の子供の情報をSNSでシェアしないで!」と呼びかけているのだが、その理由の裏には現代の家庭が抱える深刻な問題が隠されているのである。

続きを全部読む

【カワイすぎる最強コンビ!】生まれたて赤ちゃん&守護神ニャンコの仲良しっぷりにネット民メロメロ

ドラえもん&のび太、テルマ&ルイーズ、タカ&ユージ、マーティー&ドク……この世には様々な “名コンビ” が存在する。交換不可能。彼らが揃えば誰も適わない「最強の2人組」だ。

今回ご紹介する2人、いや、1人と1匹も名コンビ。「人間の赤ちゃん&ニャンコ」という素晴らしい組み合わせで、ネット上でも人気を集めているのだ!

続きを全部読む

現代キッズに『ガンズ・アンド・ローゼズ』を聴かせたらこうなったって動画 / アクセル&スラッシュを見て「ヘアスタイルが女の子みたい」

2016年4月に再結成を発表し、世界中のロックファンを騒然とさせた米人気ロックバンド、ガンズ・アンド・ローゼズ(以下ガンズ)。2017年1月には24年振りの来日を果たし、会場には彼らの音楽をリアルタイムで聴いて育ったファンが押しかけて、最高の盛り上がりを見せた。

しかし、現代の子供達にしたら「ガンズって誰!?」といった感じであろう。そこで、2000年代生まれの ‟ミレニアム・キッズ” にガンズを聴かせて、どんな反応が返って来るのか試した実験動画を紹介したいと思う。

続きを全部読む

【検証】保育園が見つからないから「在宅勤務」したらこうなった → リモートワークのメリットと限界について

みなさんは「保活(ほかつ)」という言葉をご存じだろうか? そのままズバリ、保育園を探す活動のことである。待機児童が社会問題化して久しいが、保活が楽になる気配はいまだにない。TBSによると首都圏の入園希望者3人のうち1人が、2017年も保育園に落ちているという。

私(P.K.サンジュン)自身も6カ月になる娘の保活に失敗し “子連れ出社” を試みたが、「とてもじゃないが毎日は無理」という結論に至ったことは以前の記事でご紹介した。それならば……! というわけで、今回は『在宅勤務』にチャレンジしてみたのでご報告したい。

続きを全部読む

イタリアで「子供が良い子にしていたら」割引してくれるレストランが登場! 子供をしつけない親に手を焼いたオーナーの苦肉の策

小さなお子さんがいる家庭は、外食する時に子供が大きな声で泣き出したり、走り回ったりするのではないかと心配になることもあるだろう。そんななか、イタリアで子供が良い子にしていたら割引してくれるレストランが登場して、ネットで大きな話題となっているので紹介したい。

続きを全部読む

【検証】保育園が見つからないから「子連れ出社」したらこうなった / 待機児童問題の現実はこうなってるって話

「待機児童」という言葉が世に知られて久しい。おそらく年頃のお子さんがいない方は「あー、保育園が足りないヤツね。大変だね」くらいの感想しかお持ちでないだろう。かくいう私(P.K.サンジュン)も、半年前まではそうだった。だが今では……スーパー切実な問題である

というのも、5カ月になる娘を保育園に預けようとしたところ……ない、マジでない。認可・認証・認可外、いずれの保育園も定員オーバーで、預けようにも保育園が見つからないのだ。こ、これが待機児童問題か……! 預けられないならば残る選択肢はただ一つ、子連れ出社しかあるまい……。

続きを全部読む

ネット民が明かした『子供に聞かれた変な質問』色々 「アジアって中国の町なの!?」など

子供は好奇心旺盛で、知らないことがあったら親や先生を質問攻めにすることがある。社会に出ていない子供に関しては、‟バカ” な質問は存在しないと言いたいところだが、思わず大人が吹き出してしまうようなものもあるようだ。

そこで、ネット民が海外掲示板サイトRedditにて、「子供に聞かれた変な質問」について語っているので、いくつか紹介したいと思う。

続きを全部読む

【衝撃映像】「寝た子を起こしてたまるか!」母親の執念の動きがスゴい!! 再生回数1800万回越えでネット上で共感集まる

「寝た子を起こすな」という言葉があるが、子供の寝かしつけに苦労している人は多いようだ。今回ご紹介するのも、やっと赤ちゃんを寝かしつけたと見られる母親。

そんな彼女が子供部屋から出ていく姿が監視カメラに映っているのだが……おおう。これぞ執念。「絶対に寝た子を起こしてたまるか!」という母の強い気持ちが伝わってくる衝撃映像となっているのだ!!

続きを全部読む

みんなの「自分も大人になったもんだ」と感じる瞬間 40連発

1年365日を異常に早く感じてしまい、過去を笑え、1人きりで泣き、自分の誕生日が楽しみじゃなくなる人って、だ〜れだ? 答えは……「大人」

上記はオンライン辞書『コトバンク』が実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。」キャンペーンで、「大人」に対して投稿された優秀作品の一部。こんなふうに人によって「大人の姿」って違うもの。そこで今回は、海外サイト『Reddit』に寄せられていた「自分も大人になったなあ」とシミジミ感じる瞬間を40連発でお届けしたい。

続きを全部読む

『自分が子供に付けた名前』を後悔している親の気持ち色々 「子供が名前負けしてしまった……」など

最近、日本ではキラキラネームが当たり前になっている感があるが、漢字の当て字も多く、「学校の先生は、生徒の名前の呼び方を覚えるのが大変だろうな~……」なんて思ってしまう。

そんな現象は日本だけではないようで、海外でも、変わった名前を子供に付ける親が増えている。そこで、海外掲示板サイトRedditのユーザーが、「自分が子供に付けた名前」を後悔している親の気持ちについて語っているので、いくつか紹介することにしよう。

続きを全部読む

サンタクロースが「世界中の子供達にプレゼントを届けたら」そのコストは!? プレゼント代だけで2兆8640億円に!!

クリスマスは、プレゼント抜きには語れない。子供達はもちろんのこと、大人でも、カップルや友達同士でプレゼント交換を楽しむ人が多い。

さて、そんなクリスマスプレゼントだが、サンタクロースが世界中の子供達にプレゼントを届けようと思ったら、プレゼント代から配送まで、一体どれぐらいのコストがかかるのだろうか!? なんと、プレゼント代だけで2兆8640億円にもなるらしいぞ!!

続きを全部読む

【画像あり】ルンバが子供を産みました

テクノロジーの発達とともに、電化製品の性能も向上し、生活が便利になってきている。中でも、ボタン一つで自動的に床掃除をしてくれるロボット掃除機『ルンバ』は、忙しい家庭の救世主と言っても過言ではないだろう。

そんなルンバがどうやら子供を産んだらしい……。「何をバカなことを」と思うかもしれないが、ツイッター上で話題になっている画像には「子ルンバ」がバッチリ写っており、本物のルンバと並ぶ様子はまるで親子のようである……こ、これは一体どういうこと!?

続きを全部読む

「私たちも平和に生きたい」シリア・アレッポの孤児たちが世界に向けてメッセージ動画を投稿

5年以上内戦が続くシリア。2016年12月13日に最大拠点アレッポから反武装勢力が撤退し、そのほぼ全域がアサド政権軍によって制圧されることになったと報じられた。しかし戦闘が再燃し、取り残された市民が巻き添えになることも懸念されている。

今そんなアレッポから、市民が続々とネット上でメッセージを発している。内戦で両親を亡くした子供たちも集まって、「私たちも平和に生きたい」と動画を投稿した。

続きを全部読む

【やっぱり】海外のモンペもヤバかった!「課題の点数に納得できずオバマ大統領に連絡」「子供がいない人は良い先生になれないと暴言」など

今「モンペ」と言われて、女性用の労働ズボンを思い浮かべる人は少数派かもしれない。そう、2016年の “モンペ” と言えば、すなわちモンスターペアレントの略だ。

オンライン辞書『コトバンク』では、「学校に対して、言い掛かりといえるような理不尽な要求、苦情、文句、非難などを繰り返す保護者を意味する和製英語」と説明されているが、海外にだって “モンペ” は存在するようだ。

続きを全部読む

『実家住まいの息子に生活費を入れさせたい』と母親がネット掲示板に相談 → 意見は真っ二つ! 「少し位は払ってもらっても良いのでは!?」など

社会人になっても実家暮らしを続けているという読者の皆さんは、生活費として、いくらかお金を収めているだろうか!? こんな質問を投げかけたのは、「実家住まいの息子に生活費を入れさせたい」という母親が、海外掲示板「mumsnet:マムズ・ネット」に相談したところ、ネットユーザーの意見が真っ二つに分かれたからである。

「成人して働いているのなら、親と同じ立場なのだし子供も負担するべきだと思う」といった声が挙がっているのだが、皆さんの意見はどうだろうか?

続きを全部読む

5歳児の警察官がカワイすぎ! パトロールしたり、ミニバイクで老人ホームに花束を届けたりと活躍中

子供だと侮る(あなどる)なかれ。世界には、病気の子供達のために毎日テディベアを作り続ける少年やオモチャの車で脅威のドリフト・テクニックを見せる少女などスゴい子供がたくさんいる。まあ、子供は可能性の塊。みんなスゴいのだ。

今回ご紹介する少年も、5歳という若さで警察官として活躍中。自前の制服に身を包んでご近所をパトロールしたりと、なかなか本格的にお仕事に励んでいるのだ!

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7