「子ども」にまつわる記事

海外ネットユーザーに質問「子どもに言う最も面白い嘘は?」 → 「ジュラシックパークはドキュメンタリー映画」など笑える回答続出!

まだ疑うことを知らない子どもたち。そんな純粋無垢な子どもに言う嘘について、ある質問が海外のネット上で投げかけられ、話題になっている。

海外掲示板サイトRedditに投稿されたその質問とは、「子どもに言う嘘で、最も面白いものは?」というもの。この質問が投げかけられると、自分が子どもに言った嘘や、子どものときに大人に言われた嘘など様々な笑える嘘がネットユーザーたちによって紹介され、大きな盛り上がりを見せた。

続きを全部読む

【大反響】子どものために欠席した女子大生ママに対して教授がかけた言葉が素敵すぎる!

子どもを持つ学生に対して、ある教授が送った言葉が素晴らしいと海外のネット上で絶賛されている。テネシー大学の学生であるモーガン・キングさんは、生後3カ月の娘のコービンちゃんを育てるシングルマザーで、働きながら大学に通っていた。

米国メディアUSA TODAYによると、彼女は2016年に母親を乳がんで亡くし、父親などの周りの人の助けを借りながら、なんとか大学に通っていたらしいのだが、ある日コービンちゃんの面倒を見てくれる人がどうしても見つからず、大学の授業を欠席しなければならなかった。

続きを全部読む

【事実】「うちの子マジで天使!」とか言ってる親御さんに伝えたい! どんなにカワイイ子でも天使のままじゃないからね

子どもは宝だ、子どもは天使だ。そのことは間違いないと思う。ただ、親バカと言われる人たちは、可愛く感じる気持ちがあまりに強くて、ある種の魔法にかかっていると言っていいのかもしれない。

なぜなら、時間の流れは人が思う以上に残酷な側面を持ち、どれだけカワイイ子でもいずれ歳を重ね、大人になり、あの汚れなき姿は過去のモノになってしまうからだ。考えてもみてほしい、あなたも私(佐藤)も、カワイイ子どもだったはずじゃないか……。

続きを全部読む

【ビッグダディ】ミック・ジャガーさん(73)に第8子が誕生! 母親は44コ下の29歳バレエダンサー!!

朝日新聞 DIGITALによると、2016年12月8日、イギリスの有名ロックバンド、ローリング・ストーンズのボーカルとして活躍する『ミック・ジャガーさん(73)』に8人目となる子どもが生まれた。母親は29歳のバレエダンサーで、母子ともに健康だという。

続きを全部読む

もっとやれ! 2歳と4歳がアカペラで「AC / DC」の名曲を熱唱!! 公式に取り上げられてロックファンの心を揺さぶる

音楽に国境はない! たとえ言葉でわかり合えなくても、音で心と心を通わせることはできるはず。そして、こうも言える。音楽に年齢差はない! と。そのことを感じさせてくれる、素晴らしい動画が海外ネットユーザーの間で注目を集めている。

その動画「Very young ACDC fans rocking ” It’s a long way to the top” Very Funny!!」には、車の後部座席に乗る4歳の男の子と、2歳の女の子の姿が。まだ幼い2人は、無伴奏で世界的ロックバンド「AC / DC」の名曲を口ずさんでいるのである。いいぞ、もっとやれ! 音楽に年齢制限はない、ロックに年齢制限なんかないんだ!!

続きを全部読む

【パパママ必見】プリンタで服や小物を作れる「ペーパーファッション」で子供用の服を作ってみた!

子供と一緒に楽しめる工作をお探しのパパママに朗報だ。自宅のパソコンとプリンターで、実際に着れちゃう可愛い服が無料で作れちゃうのだ!

使うサイトは文房具ブランドのスコッチがやっている『PAPER FASHION Kids』で、やり方も簡単っぽい。同サイトに用意されているアイテムを選んでデザイン → 型紙を印刷 → 切り貼りして完成……だ。つまりは工作! これは子供が喜びそう! ということで、3歳5カ月の娘と一緒にやってみた!!

続きを全部読む

【マジかよ】サイゼリヤの子ども向け間違い探しがヤバイ(笑)! 大人でも解けない難しさ / 解けた人にヒントを聞いてみた

ファミレス『サイゼリヤ』が公開している、子ども向けの間違い探しゲームがヤバイと話題になっている。あまりにも難しすぎて、大人でさえ「すべての間違い部分を見つける事ができない」というのだ!

・ちなみに間違いは10個

大人がわからないのに、子どもがどうやってすべての間違いを見つけるんだよ……。ちなみに間違いは10個あり、インターネット上でも「全部見つけられない!!」と嘆いている大人がけっこういるようだ。筆者(私)も実際に試してみたが……。

続きを全部読む

【動画】子どもの夢を形にするコニカミノルタの「deram printer」プロジェクトが素敵! 無垢な笑顔に癒される

親なら子どもに豊かな夢を育んでもらいたいと願うはずである。どんなささいなきっかけでも良いから、夢に進む励みを与えたいと思うのではないだろうか。まさにその思いを形にした複合機をコニカミノルタが開発した。これは子どもの夢を形にすることに特化した、架空のプリンターである。

その名も「dream printer」だ。米ニューヨークのガントリープラザ州立公園で、子どもたちを集めて体験イベントが行われた。参加した子たちの夢が次々に形になり、子どもたちは大喜び。もちろん彼らの親も一緒になって喜んでいたのである。ただし、このプリンターには子どもたちには内緒のある秘密があった……。

続きを全部読む

【グルメ】子どもに「食べちゃダメ」って言うと必ず食べる / 逆に何も言わないと食べない?

テーブルや冷蔵庫にあるおやつ。「ウチの子、食べちゃダメって言ってるのに食べちゃうの」と困っているママはいないでしょうか? 何度ダメといっても食べてしまうチビッ子をもつママさん、もしかすると「食べちゃダメ」って言わないほうがいいかもしれませんよ。

続きを全部読む

4割の幼児が言葉を喋り始める前にスマホなどのガジェットを使用 / 2歳以下の幼児はガジェットを使うべきではないとの調査結果

かつてパソコンや携帯電話がない生活を送っていたことが信じられないほど、現代人は電子通信機器に頼り切った生活を送っている。大人になってからスマホなどを使い始めた世代と違い、現代の子ども達は生まれた時から電子通信機器に囲まれた生活を送っているのだ。

ある調査により2歳以下の約4割もの幼児が、話せるようになる前にスマホやタブレットに慣れ親しんでいる事実が判明し、「様々な面で影響があるのでは?」と懸念の声が上がっている。

続きを全部読む

この発想はなかった! 子どものどうしようもないラクガキを素敵に生まれ変わらせたアートが話題に

子どものわんぱくぶりには国境なし! 海外で、チビっ子が玄関の壁に盛大にラクガキをしてしまったそうだ。玄関のドアの横にグシャグシャっと大きな絵を描いてしまったのである。

思わず怒ってしまいそうだが、ちょっと待った! このラクガキを見た大人は、怒ったり、黙って直したりせず、とても意外な対応をとったという。それは、斬新なアイディアで素敵アートとして生まれ変わらせるということ! うわぁ、この発想はなかった!!

続きを全部読む

きっとみんなもやったはず! 子どもの頃にやった イタズラ & 遊び & 失敗 50選

みなさんは、ふと「あー、あの頃は良かったなぁ」と子ども時代を思い出すことはないだろうか? 何も煩わしいことがなく、アホなことばっかりしていた子ども時代を懐かしく思うこともあるだろう。

いま、インターネット上で動画誰もがやったことがある子ども時代のイタズラ&遊び50選が話題になっている。大人が実際に子どもの遊びやイタズラを再現しているのだが、びっくりするほどアホなことばっかり! でも見れば「あああ、あるある!!」と、共感できること間違いなしだ。あなたはいくつの遊びをやったことがあるだろうか?

続きを全部読む

「子供に授乳しながら原付バイクに乗る母親」の画像が危ないと話題に

小さい子供を抱えたママたちは大忙しだ。用事を2つや3つ同時進行させないと、仕事が片付かないこともあるだろう。しかし、「子供に授乳しながら原付に乗る中国人の母親」の画像が話題になり、さすがにこれはやり過ぎなのでは? と各国のメディアで取り上げられている。

このニュースは YouTube にもアップされており、動画「Woman Pulled Over For Breastfeeding On A Moped 」で確認可能だ。

続きを全部読む

【衝撃】ついに『はなまるうどん』が生きた人間の子どもをクーポンにしたぞ! その名も「生こどもクーポン」

人気うどんチェーン『はなまるうどん』が始める割引キャンペーンが注目を集めている。その名も「生こどもクーポンキャンペーン」! 文字通り会計の際に、生きた「生(なま)」の子どもをクーポンとして見せると割引が受けられるというものである。

『はなまるうどん』によると「生こどもクーポン」は世界初の試みであるとのこと。確かに、生きた子どもがクーポンになるなんて聞いたことがない! この「生こどもクーポン」の利用方法は以下の通りだ!

続きを全部読む

中国の「子ども時代の記念写真」が黒歴史すぎると話題に

子どもの成長は早い。子ども時代というのは、あっという間に過ぎ去ってしまうものだ。自身の幼い頃の写真を見て懐かしむ人もいれば、わが子のその一瞬を写真に残すパパママも多いだろう。

素敵な思い出がぎゅっとつまった記念写真だが、今、ネット上で中国の「子ども時代の記念写真」が話題となっている。撮影時は、どれもベストショットだったはず。しかし、改めて見るとこれはもう誰にも見せられない! なかったことにしたいくらいの黒歴史っぷりだというのだ。

続きを全部読む

格安航空会社スクートが12歳以下の利用を禁止した有料座席エリアを導入 / 海外では賛否両論の嵐

以前、ロケットニュース24では、航空会社「エアアジア」が設置した “クワイエットゾーン” についてご紹介した。これは、12歳以下の子どもの利用を禁止した有料座席エリアで、機内では静かに過ごしたいという乗客のために導入されたもの。当時、このサービスに対する反響は大きく、賛否両論の意見がみられた。

そんななか、今度はシンガポールの格安航空会社「スクート」が、12歳以下の子どもは利用できない座席の提供を始めた。そして、サービス開始に伴い、ネット上ではまたしても賛否両論の嵐が巻き起こっているのだ。

続きを全部読む

【衝撃】住民の半数以上が性犯罪者という村

今、世界中で「ある村」が話題となっている。村の中は、手入れが行き届いた芝生に真っ白な家々が建ち並んでいる。お年寄りが好みそうな、まさに「のどか」という言葉がぴったりな集落である。

この一見、なんの変哲もないのどかな村がなぜ話題になっているのか。それは住人の半数以上が性犯罪者だからである。この世界に衝撃を与えた村の様子は、動画「Sex Offender Village」で確認できる。

続きを全部読む

これからパパになることを考えている男性必見! 妊娠時に父親が肥満だと孫の代まで遺伝することが判明

妊娠中の母親の健康状態が、生まれた子どもに大きな影響を及ぼすことはよく知られている。妊婦がお酒やタバコを控えるのも、そんな理由によるところが大きい。だが一方で、父親の健康状態も無関係ではないようだ。

最新の研究によると、受胎時における父親の肥満度が、生まれてきた子どもの肥満に将来に渡って大きな影響を及ぼすことが明らかになったという。しかも、その影響は子どもだけでなく、孫にまで受け継がれるというのだ。

続きを全部読む

1歳の女の子が父親のスマホを操作してオークションサイトで車を落札

オークションサイト出品経験者ならば、自分の商品が落札されたのに「すみません、子どもが勝手にパソコンを操作して落札してしまったみたいで……」との理由でキャンセルされた経験があるのではないだろうか?

だが、そんな生ぬるいレベルではない「子どもが勝手に系」の落札劇があったと大きな話題になっている。なんと、生後14カ月の女の子が、勝手にスマホを操作して本物の乗用車を落札してしまったのである!

続きを全部読む

【パパママ必見】 研究者が「交通量の多い道路の近くで子どもが育つと注意欠陥になりやすい」と発表

注意欠陥・多動性障害という言葉を聞いたことがある人は結構多いだろう。落ち着きのない、注意力が持続しない、キレやすいなどといった行動を特徴とする発達障害のことだ。英語ではADHDと言われる。

・車の排気ガスに含まれる有害物質
このADHDが発症する要因については様々な主張が唱えられているが、最近「生後1年間、交通量の多い道路の近くに住んでいた子どもはADHDになりやすい」という報告が発表された。子どもが車の排気ガスに含まれる有害物質にさらされることで、ADHDのリスクが上昇するというのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4