「大麻」にまつわる記事

そうきたか!「秘密の大麻栽培所を発見した警察」の対応がオチャメすぎるとネット民ニヤリ

現在アメリカでは、コロラド州をはじめとする8州とワシントン特別区で嗜好用大麻が合法化、いわば大麻先進国になりつつある。その一方、紳士の国イギリスでは大麻の所持も栽培も違法である。

さて、そんな大麻非合法の国イギリスで、秘密の大麻栽培所が発見されたのだが、「捜査に当たった警察署の対応が最高!」だとネットで話題となっているので紹介したい。超茶目っ気タップリな警察のやり返し方が、か~なり愉快なのである!

続きを全部読む

【大歓喜】米ネバダ州で大麻が解禁になった時の人々の様子がこちらです

現在アメリカでは、コロラド州をはじめとする8州とワシントン特別区で嗜好用大麻が合法化されている。そのうちネバダ州は、2016年11月に行われた住民投票で嗜好用大麻が解禁となり、2017年7月1日より販売が可能になった。

では、同州で購入する人たちはどのような反応をしているのかいうと……なんと大麻解禁を祝ってお祭り騒ぎ! あまりにも大ハシャギする人々を見たら、「喜びすぎだろ!!」と言いたくなってしまうほどなのである!

続きを全部読む

LSD輸入で逮捕された無職の「大麻バターじいさん(67)」についてドラッグ事情通に話を聞いてみた

なにやらブッ飛んだニュースが飛び込んできた。神戸新聞によると、「大麻バター」を作って食べていた無職の男(67歳)が逮捕されたのだという。文字だけを見ると意味不明なので、ソレ系の事件に詳しい人物に話を聞いてみることにした。

謎の大麻バターじいさんについて話をしてくれたのは、毎度おなじみ、正義のドラッグ事情通・ボブ麻亜礼さんである。一体全体、大麻バターとは何なのか? そして、それって美味いのか? 教えてください、ぼくらのボブさ〜ん!

続きを全部読む

田中聖が大麻で逮捕された件についてドラッグ事情通に話を聞いてみたら「まさかの新説」が浮上

2017年5月24日、かつてはジャニーズの人気アイドルグループ『KAT−TUN(カトゥーン)』に所属していた田中聖容疑者が大麻取締法違反の疑いで逮捕されたが、彼のキャラや素行を知っている多くの人たちは “そこまで意外ではない” と思ったに違いない。

それはさておき、「手越祐也のスキャンダルを隠すために逮捕された」という説が浮上していることもさておいて、ロケットニュース24の違法薬物専門班、正義のドラッグ事情通ことボブ麻亜礼(まあれい)氏に話を聞いてみることにした。ボブさ〜ん!

続きを全部読む

【衝撃】田中聖容疑者、「KAT−TUN」に加入してしまう

2017年5月24日、大麻取締法違反の疑いで逮捕された田中聖容疑者。ジャニーズの人気アイドルグループ『KAT−TUN』に所属していたことで知られているが、脱退後はロックバンド『INKT(インク)』のメンバーとして活動していた。そんな田中聖容疑者が、『KAT−TUN』に加入したと話題になっている。

続きを全部読む

本当の顔はギリギリだった!? 元KAT-TUNの田中聖さん逮捕でネット騒然「ギリギリで生きすぎだろ、田中」

2017年5月25日、元KAT-TUNメンバーの田中聖さんが大麻取締法違反の疑いで逮捕されたことが明らかになった。かつて在籍したアイドルグループ「KAT-TUN」では、デビューシングル『Real Face』でミリオンヒットを記録するなど、その知名度は高かっただけに現在ネットは大混乱に陥っている。

続きを全部読む

【陰謀論】田中聖の逮捕は「手越祐也のスキャンダルを隠すため説」が急浮上

大麻取締法違反の疑いで警視庁に逮捕された、田中聖容疑者。元々はジャニーズ事務所に所属していただけに大きな衝撃が走っているが、この件を受け “ある陰謀論” がネット上で急浮上している。

それは、ジャニーズが「手越祐也さんのスキャンダルから目を背けさせるために仕掛けた罠なのでは?」……という陰謀論だ。まさかそんなハズは無いと思うが、ネット上ではかなり多く囁かれている噂であることは間違いない。

続きを全部読む

【速報】元「KAT-TUN」の田中聖容疑者、大麻所持容疑で逮捕される

衝撃的なニュースが飛び込んできた。2017年5月24日の午後6時すぎ、人気アイドルグループ「KAT-TUN」の元メンバー・田中聖容疑者が、大麻を所持していたとして、大麻取締法違反の疑いで警視庁に逮捕されたという。

続きを全部読む

【禁断の味】『大麻』風味のドーナツが米で登場!「メチャクチャ美味しかった」との感想も /  真っ青な見た目が超インパクト大!!

全米では、コロラド州をはじめとする8州とワシントン特別区で嗜好用大麻が解禁され、大麻を使用した商品などが続々と誕生して大麻ビジネスに沸いている。

そんななか、ハイにならない大麻風味のドーナツが誕生したというので紹介したい。大麻風味なので抹茶ドーナツのようにグリーンなのかと思いきや、真っ青なフロスティングが塗りたくられたビジュアルが超インパクト大なのである!

続きを全部読む

マリファナで和気あいあい! キリスト教の牧師&ユダヤ教の宗教指導者&無神論者が一緒に「大麻」を吸ったら宗教観の違いを乗り越えたって動画

心の拠り所となって人々を救うはずの宗教が争いの原因となり、これまでに数多くの戦争が起きて罪のない人々が犠牲となっている。

そんななか、もしかしたら宗教の違いを乗り越える一番の方法は、‟ハイ” になることかもしれないとばかりに、ユダヤ教のラビ&牧師&無神論者が一緒に大麻を吸う実験動画が制作された。全く異なる宗教観を持つ3人が、超~イイ感じに盛り上がってるぞ!

続きを全部読む

大麻をアレンジした4万5000円のブーケが登場! カラフルさには欠けるけど意外に可愛いぞ!!

米国では、コロラド州をはじめとする8州とワシントン特別区で嗜好用大麻が解禁され、単に大麻を吸うだけではなく、コスメや食品など様々な関連商品も誕生している。

そんななか、なんと大麻をアレンジした4万5000円もするブーケが登場して話題を集めている。通常のブーケに比べるとカラフルさには欠けるが、なかなか可愛く仕上がっているぞ!

続きを全部読む

なんて原始的な密輸方法!「大麻を放り込む巨大なパチンコ装置」が米とメキシコの国境で発見される / まるで『マッド・マックス』のガジェット!!

米新大統領に就任したドナルド・トランプ氏が、米国とメキシコ国境に ‟万里の長城” を築くという案は、大統領選キャンペーン中からうたわれていた政策だ。

トランプ大統領が、その費用をメキシコに負担させようとしていることで米・メキシコ間の緊張感が高まるなか、国境で大麻を放り投げるための巨大なパチンコ装置が発見されて話題を呼んでいる。その装置が、まるで映画『マッド・マックス』に登場するガジェットにしか見えないのである!

続きを全部読む

【警鐘まんが】大麻と危険ドラッグのキマり方の違い



続きを全部読む

【世界初】人気ロックバンドが「そのまま大麻が吸えるレコード」を制作! 生産コストは1枚80万円なり!!

米国では、コロラド州をはじめとする8州とワシントン特別区で嗜好用大麻が解禁され、大麻ビジネスで沸きに沸いている。驚きの商品が続々と登場するなか、なんと、そのまま吸えちゃう “大麻レコード” が爆誕! 

人気ロックバンドが生み出した超レアなレコードは、1枚の生産コストが80万円もするらしいぞ!!

続きを全部読む

【アホすぎ】ギャング22人が拳銃を握ってマネキンチャレンジ → 警察に見つかって御用に!

‟マネキンチャレンジ” といって、マネキンのように微動だに動かず、同じポーズを取り続けるチャレンジが世界中で大ブームになっている。

そこで、「俺達もヤってやろうじゃん!」とばかりに、22人のギャングが、拳銃やショットガンを手にマネキンチャレンジすることに! そして、ギャングの一人が、その様子をSNSに投稿したところシェアされまくり、案の定、警察の御用になってしまったというのである!!

続きを全部読む

【怖すぎ冤罪】警察の「ウソ調書」によって大麻取締法違反で逮捕された事件についてドラッグ事情通に話を聞いてみた

いま日本は薬物がらみの事件に関心が集まっているが、大麻関連の事件も地味に多い。自分には関係のない話……と思うなかれ。なんら大麻にゆかりのない誰しもが、突然「大麻取締法違反」で逮捕される可能性があるという事件を今回は紹介したい。

毎日新聞や神奈川新聞によると、大麻取締法違反(所持)の罪で逮捕・起訴された男性(25)が、2016年12月12日の判決で無罪になる可能性が高いという。一体なぜ無罪になりそうなのか? そのあたりを、毎度おなじみのアノ人に聞いてみよう!

続きを全部読む

【コカイン疑惑】成宮寛貴さん、違法薬物使用を全面否定するもネットはカオス状態に / ネットの声「嘘だと信じたい」「火のないところに煙は立たない」

本日2016年12月2日に発売された『フライデー』で、人気俳優の成宮寛貴さんのコカイン使用疑惑が写真とともに掲載された。サンスポによると、成宮さんと事務所はすでに「使用を全面否定する旨」と「事実無根の記事を掲載したフライデーへ抗議し、民事・刑事問わずあらゆる法的措置をとる所存」を発表しているという。

今朝起きたら「フライデー発売 → コメント発表」までの流れがすでに終わっていたという人も多いだろう。そのせいか、ネットでは事の真偽について様々な声が飛び交っている状態だ。

続きを全部読む

【楽園かよ】長野の限界集落で「ゆるやかな大麻コミュニティー」を形成していた老若男女22人が逮捕された事件についてドラッグ事情通に話を聞いてみた

なんとッ!! 驚くべきニュースが飛び込んできた! 毎日新聞によると、長野県大町市や池田町の限界集落に「ゆるやかな大麻コミュニティー」が形成されていたらしく、27〜64歳の男女22人が大麻取締法違反容疑(所持)で逮捕されたというのであるっ!!

通称「Gメン」こと厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部によると、22人は数年前に長野県内の山間部に県外から移住。各自が大麻を栽培&使用し、音楽イベントなどで交流を深めていた……というのだが、やはり今回もアノ人に話を聞くしかないだろう。

続きを全部読む

カリフォルニア州の嗜好用大麻合法化にスヌープ・ドッグが歓喜のツイート 「カリフォルニア州でマリファナが合法化されたぞ。毎日ハッパを吸おう」

先日行われた米大統領選の結果に衝撃を受け、アメリカでは抗議運動が起こったり、トランプ氏を弾劾できないかとの声まで上がり、国が真っ二つに割れている感がある。

そんななか、今回の選挙で注目を集めていたことの一つが、嗜好用大麻の合法化だ。住民投票により、カリフォルニア州ほか4州にて合法化が可決され、大体的に大麻を支持し続けていた大御所ラッパー、スヌープ・ドッグが大喜びしているのだ!

続きを全部読む

【大麻栽培】鳥の餌「麻の実」を発芽させて逮捕された京都の男についてドラッグ事情通に話を聞いてみた

このところ、大麻関連のニュースが続々と入ってきており、我がロケットニュース24がほこる正義のドラッグ事情通・ボブ麻亜礼(まあれい)氏は情報分析に大忙し。そしてまた……つい数日前、これまた見逃せない大麻関連のニュースが舞い込んできた!!

毎日新聞などによると、鳥の餌として販売されている「麻の実」から大麻を栽培した京都の男(31)が9月に大麻取締法違反(栽培)で逮捕されていたというのだ。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6