「大谷翔平」にまつわる記事

【衝撃】漫画『キャプテン翼』の高橋陽一先生が描いた「大谷翔平」が10頭身でも違和感ゼロ

2017年4月17日、北海道日本ハムファイターズは20日より漫画『キャプテン翼』の作者・高橋陽一先生が描いた「大谷翔平グッズ」を発売することを発表した。オリジナル作画をデザインしたTシャツやタオル、マフラーなど11種14アイテムが販売されるという。

ただ、気になるのはその出来。高橋陽一先生の描くキャラたちは10頭身で小顔が特徴だが、大谷翔平選手は193センチの長身ながら超小顔。これまでにない完璧な再現度となる可能性があるからだ!

続きを全部読む

【動画あり】大谷翔平投手が日本最速164キロを記録 / ネットの声「化物だな」「すげえ」

ついに出た! 2016年9月13日、日本プロ野球史にその名を刻んだのは、やはり大谷翔平投手であった。時速164キロの日本記録が生まれたのは、北海道日本ハムファイターズ vs オリックス・バファローズの一戦。0−0で迎えた3回表のことである。

続きを全部読む

【2016年プロ野球展望】優勝争い間違いなし!? 大谷翔平を擁する北海道日本ハムファイターズが今季も強い理由

打倒・ソフトバンク。今季のプロ野球はどの球団もそのような思いだろう。それもそのはず、ソフトバンクはソフトバンクは日本シリーズを2連覇中。てっぺんを叩かないことには、パ・リーグ制覇の活路が開けてこないからだ。

ではどの球団が追随する一番手か。そう考えた時に思い浮かぶのが、昨季パ・リーグ2位の北海道日本ハムファイターズ。シーズン前に下位予想されがちだが、フタを開けてみたら上位にいる「日ハム」である。

続きを全部読む

【動画あり】大谷翔平選手がオープン戦ながら「162キロ」を記録 / ネットの声「文句なし化物」「この時期に162キロ!」

まさに規格外。もはや常識の範囲内に収まらない存在なのだろうか。そう、大谷翔平選手(日本ハム)のことである。2016年3月2日、大谷選手は巨人とのオープン戦に登板。開幕前から圧巻の投球を見せた。

続きを全部読む

【野球ファン必見】大谷翔平選手に触れられそうな臨場感! 360度カメラで撮影した動画が有能すぎる

2005年に誕生した動画共有サイト「YouTube」は、私たちの日常生活に浸透しており、身近な存在となった。いまや動画をアップして生計を立てる「ユーチューバー」もいるほどだが、画面内で360度自由に見渡せる動画があることをご存知だろうか。

2015年3月より始まった「360度カメラで撮影した映像を YouTube で公開&視聴できる」サービス。もしかしたら知らない人もいるかもしれないが、いよいよプロ野球界でも導入が始まっているので、これを機に知っておこう!

続きを全部読む

【衝撃画像】ダルビッシュの腕が太すぎると話題 / ネットの声「腕に太ももついとるみたい」

スポーツ界の中で筋トレ好きを決めるとしたら、間違いなく上位に食い込んでくるのが、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手だ。なにせ「ダイエット専用のインスタグラム」を開設しており、徹底的に体を鍛え上げているのは有名な話。超一流を目指すため、彼は決して妥協することがない。

今では肉体改造でメジャーリーグの屈強な選手たちに負けないパワーをつけた彼だが、先日インスタグラムにアップした写真がどう見てもヤバいと話題になっている。というのも、上腕二頭筋が尋常ではないくらい太いのだ。

続きを全部読む

【コラム】ウォシュレットなしでは生きていけない

生きていく上で必要なものとは何だろうか。おそらくほとんどの人がパッと思い浮かぶものは「衣・食・住」。俗に言う「生活する上で基本的な三大要素」である。だがしかし。

筆者(私)の中でのバロメーターは少しばかり違い、トイレのウォシュレットがないと生きていけない。三度の飯よりもウォシュレットが好き……というと語弊があるが、ウォシュレットはれっきとした「ルーティン」になっている。

続きを全部読む

【検証】絶望的に絵心のない人が目からウロコのイラストテクを知った結果 → 1週間で覚醒

私事で大変恐縮だが、イラストを描くことにハマってはや1週間。「一日一イラスト」を三日坊主で終わらせることなく、継続してやっている。絶望的に絵心のない人が毎日イラストを描き続けたら画伯になれるのかどうか、まさに検証している最中である。

で、肝心の腕前はというと、ビックリするくらい上達している……と思う。たぶん。なぜなら、プロの漫画家から頂戴したひとつのアドバイスが、効果アリと思わずにはいられないのだ。

続きを全部読む

パ・リーグ首位で交流戦に突入!「北海道日本ハムファイターズ」にありがちなこと40選

2015年のプロ野球は、5月26日から交流戦に突入。11年目を迎える今年は、6試合減った18試合での開催となるが、ペナントレースを左右する戦いであることに変わりはない。

ということで今回は、そんな交流戦を前に現在パ・リーグ首位の「北海道日本ハムファイターズ」に注目! 二刀流の大谷翔平選手をはじめ、4番・中田翔選手といった若い選手を中心に形成されるチームの “あるある” を40個厳選してご紹介したい。

続きを全部読む

【衝撃野球動画】二刀流・大谷翔平選手のスゴさがさらにわかるレーザービーム集

今や日本ハムの大谷翔平選手は、野球ファン以外にも認知度が高いプロ野球選手となった。野手と投手をこなす “二刀流” という言葉を世間に浸透させ、先日のテレビでは彼のことを語る番組が放送されたほどである。

速い球を投げ、ホームランも打つ。それを知っている人は多いだろうが、野球ファン以外で守備まで詳しい人はそういないはずだ。ということで今回は、YouTubeのユーザー「しぐるず」さんが公開した動画『大谷翔平 レーザービーム集 [HD] Shohei Ohtani』と合わせて、彼の守備を紹介していくぞ!

続きを全部読む

【衝撃野球ニュース】これは完売必至! これからのプロ野球界を担う「大谷&藤波」のコラボグッズが発売決定!!

今もっともプロ野球界で話題になる男といえば、北海道日本ハムファイターズに所属する大谷翔平選手だ。プロ2年目の今季は「二刀流」を高いレベルでこなし、怪物ぶりをいかんなく発揮している。

そしてその大谷選手と高校時代からのライバルなのが、阪神タイガースの藤波晋太郎投手。2人はこれからのプロ野球界を担っていく存在だが、なんとこの度球団の垣根を越えて「コラボグッズ」が発売されることになったぞ!!

続きを全部読む

【衝撃野球動画】この男は本当に底知れない! 日本ハム・大谷翔平投手が日本人最速の「162キロ」を記録!!

2014年7月19日、日本球史に新たな歴史が刻まれた。甲子園で行われた「マツダオールスターゲーム」の第2戦で日本ハム・大谷翔平 “投手” が自己記録の160キロを1キロ更新したかと思うと、続く投球でなんと日本最速の162キロを記録したのだ。

同級生の阪神・藤浪晋太郎投手との投げ合いが甲子園で再び実現するだけでも贅沢な一戦だったが、大谷投手の底知れない能力が完全に話題をさらってしまった。もはや言葉は不要。今回は何度見てもスゴいその投球を動画と共にご紹介するぞ!!

続きを全部読む

【衝撃野球動画】やはり才能の塊! 日本ハム・大谷翔平投手が球速「160キロ」を計測したと話題 / ネットの声「大谷くん是非!投手で」

怪物だ……。2014年6月4日に行なわれた日本ハム vs 広島の試合で先発した日本ハム・大谷翔平投手を見てそう思った人も多いだろう。それもそのはず、なんと球速「160キロ」を計測したからだ。

プロの中でも選ばれた投手しか到達できない領域に弱冠19歳の若者が到達した瞬間を見逃した人は必見! その様子は動画「【プロ野球パ】大谷160キロ!マエケン打ち崩し日本ハム勝利 2014/06/04 F6-2C」で確認することができるぞ!

続きを全部読む

【衝撃野球動画】155kmのストレートで一番速いのは誰なのか

野球の球種「ストレート」は、キレ、ノビ、力のある……といったように多くの言葉で形容される。測定された球速は同じでも、どこか違いを感じたことは誰でもあるはずだ。球速よりもボールが速く見える現象もそうだろう。

そこで今回は、155kmの球速で投げた速球投手を厳選した動画で、誰の球が一番速いのかを検証したい。登場するのは由規投手、田中将大投手、松坂大輔投手、大谷翔平投手、そしてダルビッシュ有投手の5人だ!

続きを全部読む

【衝撃野球動画】日ハム・大谷選手のレーザービームがイチローを彷彿とさせるくらいスゴイと話題

二刀流もさることながら、即戦力高卒ルーキーとして開幕から注目を集め続けている日本ハム所属の大谷翔平(おおたにしょうへい)選手。打っては打率.301、投げては2勝(7月9日現在)とその才能は底知れない。

そこで今回ご紹介したいのは、2013年7月9日の楽天戦で大谷選手がランナーを刺した送球だ。地を這うようなスピードはイチローのレーザービームを彷彿させる。そのプレイは動画「これが大谷の強肩!完璧な送球で島内を刺す!」で確認可能だ。

続きを全部読む