「大盛り」にまつわる記事

【激怒】『ラーメン二郎 仙台店』がクズ客にブチギレ!「2度と来ないで下さいね」

激盛りラーメンの総本山といえば『ラーメン二郎』だ。最近ではすっかりお馴染みとなった「マシマシ」という言葉や、「ジロリアン」と呼ばれる熱狂的なファンでも知られる同店だが、なんでも『ラーメン二郎 仙台店』が大激怒しているらしい……。

続きを全部読む

【保存版】2016年のボリュームメニュー6選

2016年もいろいろなお店に足を運んだ。やっぱりテンションが上がるのは、インパクトのあるボリュームメニューである。印象に残っているお店は多いのだが、そのなかでも特にボリューミーだったおメニューをお伝えしよう。紹介するお店は、ぜひ2017年も訪ねたいと思う。ちなみに価格は、記事公開時のものである。

続きを全部読む

【検証】吉野家で牛丼に「牛皿を1万円分」トッピングしたらこうなった

大手回転寿司チェーン店・くら寿司から2016年11月に発売となった新商品「牛丼を超えた牛丼」。以前の記事で「本当に牛丼を超えているのか?」という検証をお届けしたが、各社の牛丼を食べ比べて感じたのは「やっぱり吉野家が一番ウマい」ということであった。

俺たちの吉野家の実力を改めて思い知ったところで、今回の「1万円トッピング」のコーナーは、ズバリそのまま吉野家で牛丼に『牛皿を1万円トッピング』してきたのでご覧いただきたい。ハッキリ言って、そこにはロマンしかなかった……!

続きを全部読む

【コラム】食い意地が張りすぎな自分に喝ッ!「あっさりしたモノも食え! わかったな!!」

私(佐藤)は食い意地が張っている。ウマいものがあると知ると、すぐにでも食べに行かなければ気が済まない。しかも! 私がウマいと感じるもののほとんどが肉だ。肉ばっかり食っている。それも大盛り! ああ、なんて意地汚い人間なんだ、そんな自分が恥ずかしい!! 恥ずかしくて仕方がない! 佐藤、お前は貪欲で食い意地の張った粕(かす)だ! 今日はそんなお前をトコトン戒めてやる! いいか、いい加減視野を広げてあっさりしたモノも食え! わかったな!!

続きを全部読む

【コスパ最強】600円の並盛カレーが普通の店の超大盛サイズ! 奈良県で思い切りカレーを食べたければ『喫茶 田川』に行くべし!!

夏にはカレーが似合う。暑くなると無性に食べたくなるのは、記者だけでないはずだ。さて「思いっきりカレーをかきこみたいっ!」そんな気分の時に行ってほしい店が、奈良にある。その名は『喫茶 田川』。同店では並盛カレー(税込600円)を頼むだけで、超満腹になれるのだ!! 

続きを全部読む

【肉づくし】高コスパ最強ステーキ弁当ここにあり! この夏は北海道「ミートハウス」の肉に喰らい付け!!

今、日本列島は夏真っ只中、そしてポケモンフィーバー真っ只中である。公園に行くと猛暑の中、ポケモンGOをやりながらエナジードリンクを飲んでいる人を見かけるが、本気でエナジーを補給するなら、やはり「」がイチバンだ。

そこで今回は、夏に人気の観光地「北海道」にあるポケストップならぬ “肉ストップ” とも言える、肉づくしの弁当屋『ミートハウス』をご紹介したい。高コスパなステーキを食べるならココっきゃないぞ!!

続きを全部読む

【北海道ラーメン探訪】肉がデカすぎて麺が見えない『ジャンボチャーシューメン』が食べられる店「味の一龍」苫小牧

ラーメン激戦区として知られている北の大地「北海道」。そんな北海道在中の筆者が本当に美味しい一杯を見つけるために様々な店を食べ歩き、その味をお伝えするコーナー。それが「北海道ラーメン探訪」である。

第15回目となる今回は、苫小牧市にある『味の一龍』をご紹介したい。驚くほど巨大なチャーシューがのったチャーシューメンが食べられることで有名なこのラーメン店。果たしてそのお味はどんなものなのだろうか?

続きを全部読む

【したどん2015優勝候補】ご飯が見えないほどの超盛り鮮魚! 東京・入谷 『割烹さいとう』の海鮮丼が竜宮城すぎる

現在東京の台東区で開催されている「したまちフードフェス in たいとう2015」・通称 “したどんグランプリ” 。2015年9月18日から1カ月の日程で催されているこの祭りは、浅草や上野などの台東区の6エリア、約80店舗の飲食店で行われる下町オリジナル丼の祭典である。

そんな下町の頂点を決める祭典に、以前の記事でもご紹介した『さいとう』も参戦していた! もちろん、エントリーはランチメニューの「海鮮丼 具大盛り」だ。……、もうこの丼優勝で良いでしょ。少なくとも、鮮魚好きの私(中澤)の中ではマラドーナなみに独走しているぞ!

続きを全部読む

【爆盛りマウンテン】ライスだけで4合! “デカ盛りの聖地” で大盛りオムライスを食べてみた / 東京・光栄軒

下町の風情が色濃く残る東京は荒川区。ここに、“デカ盛りの聖地” と呼ばれるお店があるらしい。これまで数々の爆盛りに挑戦してきたロケットニュース24としては、是非ともその聖地へ巡礼したい! 

……ということで、今回は荒川区にある中華食堂「光栄軒」へ行ってきた。写真とともにレポートしよう。

続きを全部読む

【最強どんぶり】1050円の衝撃! コスパ最高の「大盛り海鮮丼」は行列に並んででも食べるべき!! 東京・入谷『さいとう』

天丼・カツ丼・親子丼。牛丼・豚丼・カレー丼と、世にメチャウマ丼は数あれど、忘れちゃいけないのが海鮮丼だ。よく考えると「温かいご飯に冷たい刺身」とは理にかなっていない気もするが、ウマいんだから仕方ない。料理においてはウマさが絶対なのだ。

そんな海鮮丼であるが、丼の中では高級な部類に入る。海産物の宝庫・北海道でさえ「え! こんなにすんの!?」と驚くこともしばしばの悩ましい丼である。だがしかし……! 東京は入谷に、「1050円で腹いっぱい食べられる海鮮丼」があるのでご紹介したい……。その店の名は『さいとう』という!

続きを全部読む

【デカ盛りグルメ】肉のミルフィーユや! 総重量1kgの「特大豚丼」が1000円ジャスト!肉々しさ満点で香ばしウマい!! 上野『鳥園』

歌手の吉川晃司さんは言った、「キスに撃たれて眠りたい」と。私(筆者)は思った、「肉に埋もれて眠りたい」と……。やっぱり男なら肉! いつだって肉が食べたいんだーーーッ!! だが、肉は高額……。肉だけで腹いっぱいになれる訳がない……と諦めかけていたとある日。

東京は上野を歩いていると『総重量1kgの特大豚丼』なる看板を発見した。「でもお高いんでしょ?」と思って見てみたら、1000円ジャストだというではないか……。マジで!? 食うしかないやんッ!! というわけで、キングサイズのデカ盛り豚丼を食べてみたので、ご報告したい!

続きを全部読む

【大飯喰らい速報】成田空港そばのドカ盛り専門店で貪り食う戦士たちに腰を抜かす Byクーロン黒沢

千葉県の奥地、成田空港のそばと言いつつ徒歩40分オーバーの中途半端な国道沿いに、知られざる超人気店がある!

ドライブの途中、偶然この店に迷い込んだ私。店内に漂う緊張感と、巨大な揚げ物が11枚も乗ったバケモノみたいな天丼を平然と喰らう男たちを見て仰天。慌てて調べたところ、関東大食界では、知らなきゃもぐり的な存在であることが判明! その名は「らーめん大漁」。大漁と書いて大量。なんでもドカ盛りの豪快な店だ。

続きを全部読む

【グルメ】デカ盛りすぎる生姜焼き定食を食べてみた / 定食の店 牛太郎

並盛りより大盛りがイイ! 大盛りよりデカ盛りがイイ! そして安ければ最高にイイ! そんな定食屋さんがあるときいて、行ってみることにしました。本当にデカ盛りなのかな? 美味しいのかな?

続きを全部読む

【衝撃グルメ】ついに二郎系ラーメンが台湾上陸で大盛況! ニンニクマシマシ! なんと替玉も可能

デカ盛りラーメンの元祖といえば『ラーメン二郎』だ。東京都をメインにあらゆる場所に店舗があり、日本全国には『ラーメン二郎』をインスパイアしたラーメン屋が無数にある。海外では、北米のボストンやロサンゼルスにもインスパイアされたラーメンがある。

・台湾にラーメン二郎系が登場!!

そんななか、驚くべき情報が入ってきた。『ラーメン二郎』の影響は、台湾にも及んでいるらしいのだ! 台湾の首都 台北市に、ハッキリと「二郎風」と題してラーメンを提供しているラーメン屋があるという! これは行かねばなるまい!! ということで行ってみた。

続きを全部読む

【デカ盛りグルメ】マジかよ!! 絶叫するほどメガ盛りだけど美味いんだなコレが! 波布食堂

あまりにもデカ盛りすぎる! でも美味しいからペロリと食えちゃう! そんな料理を出している食堂がある。確かに、デカ盛りでも美味しければ飽きずに食べられる。実際に食べに行ってみた。

続きを全部読む

【衝撃グルメ】常識をくつがえすデカ盛り『かき揚げ丼』が凄すぎる件 / 深川つり舟(国立市)

揚げ物が美味しいと評判のお店『深川つり舟』。特に穴子丼はサイズと味に定評があり、遠くから足を運ぶ人もいるという。しかし、その穴子丼よりも大きな脅威の料理が存在する。それは「かき揚げ丼」だ。もちろん普通のかき揚げ丼ではない。恐ろしく巨大なのである。

続きを全部読む

「野菜ましましましましましましましまし」な感じのラーメン

いまだかつて、これほどまでに美しい山盛りラーメンがあったでしょうか。量が多いだけのラーメン店は、たくさんあります。しかし量を売りにしているだけで、「盛り」の見栄えに気を遣うお店はなかなかないでしょう。

今回ご紹介する、東京・大久保「ラーメン大」は野菜の盛り方が大変美しい。しかも味も抜群! さらにお店の人も丁寧で、大変気持ちよくラーメンを味わうことができるのです。

続きを全部読む

【やりすぎチャーシュー】つけ汁に麺がつけられないほどチャーシュー大盛りつけ麺 / 東京・新宿「満来」

いまさら説明するまでもないことですが、「つけ麺」とは麺をつけ汁につけて食するものです。したがって、つけ汁の器は深い方が良いでしょう。もしも麺がつけられなかったら、どうやってつけ麺を堪能したら良いのでしょうか。

その疑問そのままのメニューを発見したのでご紹介しましょう。東京・新宿にあるラーメン店満来(まんらい)の「チャーシューざる」はつけ汁にチャーシューが大盛り! どう見ても麺がつけられません。大盛りはありがたいけど、どうやって食べるのよッ!?

続きを全部読む

ラーメン屋で軽い気持ちで大盛りを注文したら「とんでもないもの」が出てきたでござる

「いやあ、まいりましたよ。あんなものが出てくるなんて」と語るのは、商社に勤めるサラリーマンの井戸貴志さん。彼はラーメン屋に入り、軽い気持ちで「野菜増し増し」と注文したところ、とんでもなくモヤシが盛られたラーメンが出てきたという。

井戸さんは居酒屋で飲んだあと、無性にラーメンを食べたくなってフラリとラーメン屋に入ったそうだ。そこで普通のラーメンを注文したのだが……。井戸さんは以下のように感想を語っている。

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2