「大井町」にまつわる記事

【オヤジのグルメ】センベロの聖地「肉のまえかわ」の七味入れが独特だった / 東京・大井町

安くて酔える、いわゆる「センベロ」(1000円でべろべろ)はお父さんたちの憩いの場である。仕事の疲れを癒し、帰る前に軽く一杯。その場で会った人と他愛もない話をして盛り上がれる。それがセンベロの醍醐味。

特に東京・大井町には安くてウマいと評判の店がひしめきあっており、その代表的なお店が「肉のまえかわ」である。まさに聖地といった雰囲気のため、私(佐藤)は1度も入ることができなかったのだが、ついにその敷居を跨(また)いだ! 店内の七味入れにビックリ!!

続きを全部読む

【カレー探求】山盛りとはこのことだ! ルウの海に麺の山が浮かぶ ハピネスの「カレースパゲッティー」

美味しいカレーを求めてあちこちへと歩き回る、「カレー探求」。カレーライスではないものを、カレー探求というくくりで紹介して良いのか、自分なりに迷うところなのだが、まあカレーライス以外のカレーも紹介していきたいと思う。

今回はカレースパゲッティーである。パスタではなくてスパゲッティー、この言葉の響きに懐かしくも嬉しくなってしまう私(佐藤)がいる。紹介するお店「ハピネス」の一皿は、ルウの海にスパゲッティーの山がそびえ立っているようだ。そのインパクトに思わず驚く。

続きを全部読む

【グルメ】丼サードウェーブ到来か!? 東京・大井町「丼ぶり屋 幸丼」のホロリととろける炙りチャーシューが感動的!

佐藤でございます。私は常々思っている。飲食店は、その料理をもっとも知り尽くしていて欲しいと。好みは抜きにして、「もうちょっと味をこうすればな~」、なんてお客さんに思われない方が良い。お店の料理を知り尽くしているがゆえに、できる提案をして欲しいと。

東京・大井町の「丼ぶり屋 幸丼」は、分厚いチャーシューを炙った丼で人気のお店。ここはただ丼を出しているだけではなく、これを茶漬けで食べることを勧めているのだ。ただでさえ美味しい料理をさらに美味しく。そんな提案をしてくれるお店が好きだーッ!

続きを全部読む