「塩」にまつわる記事

【第21回】グルメライター格付けチェック『しお』編 !「フランス産超高級塩」vs「食卓塩」

あらゆる料理における味付けの基本、それが塩だ。ほんのわずかな塩分の差が料理の出来を左右し、塩加減ひとつで料理は美味しくも不味くもなる。塩を制する者は料理を制する……そう言っても過言ではないくらい、塩の存在は重要だ。

第21回を迎える『グルメライター格付けチェック』は、その塩でライターたちの味覚テストを行った。「しょう油編」で調味料のジャッジは難しいことが実証されているが、果たしてこの難問を見抜いたライターは誰なのか? 以下をご覧いただきたい。

続きを全部読む

【真相解明】「減塩しお」の謎に迫る

プロレスラー・長州力の名言の中に「何がしたいんだコラ!」というものがある。これはかの有名な “タココラ問答” の中で生まれたものだが、つい先日、記者も「何がしたいんだコラ!」とツッコまざるを得ない商品を発見してしまった。それが『減塩しお』である。

減塩レシピはわかる。塩分控えめのレシピなのだろう。減塩しょう油もまだわかる。塩分の少ないしょう油なのだろう。だが『減塩しお』はサッパリわからん! 甘い唐辛子・踊らない踊り子・おにぎらず……みたいなものではないか。おいおい減塩しおよ……何がしたいんだコラ!

続きを全部読む

【実話】究極のおにぎりを作りたいから「塩」にこだわりまくった結果 → 気付けばアフリカ大陸の『アッサル湖』に来てたでござる

ご存知の方も多いと思うが、世間では「料理男子」が急増している。彼らの器用な包丁さばきや、調味料をパパッと正確に投入していく姿は、「カレーが限界」の筆者からすればまさに神だ。しかも、彼らはイケメンで優しかったりする……おいおいマジかよ完璧かよ。

しかし今回は、そんな料理男子たちも震え上がるレベルの「塩むすび」を作ってみたので紹介したい。米を握るまでが大変だったがとにかく完成したぞ。さあ、究極の塩むすびの作り方は以下の通りだ!

続きを全部読む

【新発売】ファンタ史上初! 食塩配合「ファンタ すいか」を飲んでみた

ギラギラ太陽で頭クラクラ。夏本番を目前に控えて、すでにうだるような暑さが続いている。熱中症にならないよう、しっかり水分と塩分を補給して乗り越えたいものだ。

そんな今の時期にピッタリなジュースが2016年7月4日に全国発売された。それは、ファンタの新フレーバー「すいか(税込151円)」だ! なんとファンタ史上初めて食塩が配合されているという。これは飲むしかあるまい!

続きを全部読む

【検証】サウナでかいた汗からとった “塩” で作った「塩おむすび」を食べたらこうなった

3月7日は「サウナの日」! ということで、私(佐藤)はかねてから確かめてみたいと思うことを、この日に実践した。それはサウナでかいた汗から、塩をとること。さらにそれで塩おむすびを作って、食ってみたいと思っていた。

一体どんな味がするのか? やはり自分の塩だから、自分の口に合うんじゃないの? 俺の塩をほかの人が食べたらどうなるの?

続きを全部読む

レモン汁をかけるだけ!『イタリア風スイカの食べ方』が激ウマすぎる件 / 6人中5人が「塩より断然ウマい」との結果に!!

夏の果物といえばスイカである。「え、違うよ。スイカは野菜だよ」という意見は……受け付けない。とにもかくにも、暑い日に食べる冷たいスイカは最高! そしてスイカのお供といえば塩が定番で、唯一にして絶対のパートナーである。だがしかし……。

そんな「スイカのお供は塩」論は、今日を持って終了になるかもしれない。なぜならば、塩よりも遥かにスイカと相性抜群のパートナーが発見されたからだ! それはレモン!! レモンをスイカにかけて食べてみたところ、コレがヤバい! 完全にゼウスである!!

続きを全部読む

【マジかよ】「バニラアイス+オリーブオイル+塩」にハマる人が続出しているらしい / やってみたらこんな味だった

ギラギラと、夏の気配をチラつかせ始めた日本列島。灼熱サマーはすぐそこまで来ている。夏といえば、アイスクリームが欠かせない。熱を帯びた体にひんやりと染み込むアイスクリームは、夏を乗り切るための必須アイテムなのだ。

そんなアイスクリームの、一風変わった食べ方がインターネット上で話題となっているのをご存じだろうか? それは「バニラアイスに、オリーブオイルと塩をかけて食べると美味!」 というもの……ってマジかよ! もこみちでもやらないだろ、それ!! が、ものは試しということで、実際に試してみたのでご報告したい。

続きを全部読む

【激論】トマトにかけるのは「塩」か「砂糖」か / あなたはどっち派?

盛夏目前! 夏といえば赤い野菜・トマトの季節である。このトマトのシーズンを迎えるにあたり、毎年日本では終わりなきアツい議論が交わされている。そう、「トマトには “塩” か “砂糖” か」だ。

塩派から見るとトマトに砂糖なんて気持ち悪くて考えられないという。しかし、砂糖派に言わせると「トマト×砂糖」こそ最強の組み合わせだというのだ。各地の出身者に聞いてみた!

続きを全部読む

生と死、神聖、そして静寂…塩から生まれる壮大なインスタレーション・アートにひたすら見惚れる

塩は、私たちの命を育んでくれる、大切な食品のひとつ。そしてまた、葬儀の際に「お清め」として使用されるなど、死に非常に密接な存在でもあります。

今回ご紹介するのは、そんな生と死の要素を併せ持つ「塩」を大量に使った、インスタレーション・アート。製作しているのは、広島県生まれの日本人で現代美術アーティストの、山本基さんです。

続きを全部読む

「世の中に無駄(ムダ)なものなどない!」と言っている人が多くいる。確かに、無駄だと思える行為も有益だったり経験としてプラスになることはある。しかし、この行為は完全に無駄な努力と言えるのではないだろうか?

ゴマ塩の瓶から中身を出し、「ゴマ」と「塩」を箸でひとつひとつ分けているのである! いや、なんというか、何のために分けているのか理解できない……。そもそも、分けるなら最初からゴマと塩を別々で買えばいいのだが……。

続きを全部読む