「喫茶」にまつわる記事

爬虫類に触れあいまくれる喫茶『アゲイン』に行ってみた! 見たことも聞いたこともない生き物たちにヤミツキ確実!! 

全国の爬虫類(はちゅうるい)好きよ集まれえぇぇぇぇ!! 今回は思う存分、これでもかと言うほど爬虫類に触れあえるスポットを紹介するぞ! その名も “爬虫類きっちゃアゲイン”

常に100種類以上の爬虫類を堪能できる喫茶で、爬虫類マニアにとってはまさに楽園……!! もちろん、「ちょっと苦手かも」という人でも楽しめる。正直、ここを知ってしまうと「動物園なんて言ってる場合じゃないぜ」という気持ちになること請け合いなのだ!

続きを全部読む

『コメダ珈琲店』に激似! 練馬のローカル喫茶『ミヤマ珈琲』が天国のような店だった

都内の練馬春日町駅(大江戸線)から徒歩数分の場所に、いつの間にか見慣れないカフェができていた。オレンジ色の看板に茶色い文字。「おお! ついにこの辺にも『コメダ』ができた──!?」と、心躍らせたのもつかの間。看板のカタカナ部分をよく読むと、コメダではなくミヤマ。『ミヤマ珈琲』と書いてある。

どうもルノアール系列のお店のようだが……なんだろう、このメガネがズリ落ちるような感覚は。『コメダ珈琲店』を連想せずにはいられない佇(たたず)まいに、私の胸は少々ザワついた。そんな気持ち故か、気になりつつも素通りし続け早1年──。ついに先日、私(DEBUNEKO)はミヤマ珈琲の扉を開けた

続きを全部読む

惜しまれながら閉店した「珈琲貴族エジンバラ」が新たな場所で営業再開! 交わされる会話に心がホッコリ温まる

2014年5月28日、東京・歌舞伎町で40年もの長きにわたって営業し続けてきた、ある喫茶店が閉店した。そのお店「珈琲貴族Edinburgh(エジンバラ)」は、店舗を構えるビルの解体に伴い、お店の歴史に幕を下ろしたのである。その時の閉店のお知らせにはこうあった。

「またどこかで会いましょう!」、この言葉はただのあいさつではなかった。また会える日が本当に来たのである。お店とのお別れを寂しく思っていた人も多いはず。あのエジンバラが場所を移して再び営業を開始していたのだ。店構えは随分変わったのだが、そこで取り交わされる会話は、大変温かく、心和むものがある。

続きを全部読む

「コメダ珈琲」の新メニュー『キャラノワール』を食べてみた / キャラメルソースの仕事っぷりが想像以上に完璧だった!

愛知県を中心に全国展開する珈琲チェーン「コメダ珈琲」。そのコメダ珈琲で、期間限定の新メニュー『キャラノワール』が現在絶賛発売中! 聞けばこのキャラノワール、コメダ珈琲の看板メニュー『シロノワール』にキャラメルソースがかかっているのだとか。

……これはウマそうな予感! というか、絶対ウマイやん……! でも、もしかしたら、もしかしたら「ハズレ」かもしれない……。実際にどうなのか、自分の舌で確かめねば! ということで、店舗に足を運びキャラノワールを食べてきたのでレポートしたい。

続きを全部読む

【一日の気分が変わる喫茶店モーニング】神保町『さぼうる』のモーニングはこうだった / とにかく居心地最高で遅刻しても全く悔いがないレベル

私(記者)のように、しょうもない日常をおくっていると、日々の生活の中で充実感を感じることなどほとんどない。泥沼のなかにゆっくりと沈んでいくような毎日を送っているわけだが、そんなゴミクズのような私が、自己セラピー的に続けていることがある。

それが、とにかくウマい喫茶店やカフェのモーニングを食べること。朝、喫茶店の美味しいモーニングを食べると、「今日はいい日になりそう」と一時的に甘い期待を抱くことができる。そしてなにより、出勤前に喫茶店やカフェの空気を感じるだけで、ちょっとした現実逃避ができるのだ。

というわけで、私が実際に足を運んだ喫茶店やカフェのモーニングにスポットを当て、 “味よし雰囲気よし” のお店をシリーズでお届けしていきたい。その第一回目は、東京は神保町の有名カフェ『さぼうる』だ。

続きを全部読む