「卵」にまつわる記事

【グルメ】『オロナミンC』と生卵と牛乳を混ぜると激ウマすぎて絶句 / しかもメーカーが推奨する飲み方です

皆さんは、こんなことを聞いたことないでしょうか? 「オロナミンCと生卵と牛乳を混ぜて飲む」。実はこれ、記者(私)のおばあちゃんが言っていたことなのです。オロナミンCも生卵も大好きな私ですが、さすがにそれはないだろうと、記憶を封印していました。

母親にそのことを話すと「昔オロナミンCのCMでやってたのよ」とのこと! なんと! 発売元の大塚化学が公式にテレビコマーシャルまで放送して「オロナミンCと生卵と牛乳を混ぜて飲む摂取方法」を推奨していたというのです! その名もオロナミンセーキ! しかもかなり激ウマらしい! ホントーですか!?

続きを全部読む

【グルメ特報】「男子小学生のオシッコで煮込んだ卵」が激ウマすぎて無形文化遺産に登録されるレベル!

卵には、さまざまな調理法がある。卵を割ってそのまま焼いた目玉焼き、卵をといて作る卵焼き、焼きながら箸などで砕くスクランブルエッグ、殻のまま熱湯に入れて煮るゆで卵。あなたが好きな卵の調理法はどれだろうか?

そんな卵料理に、「男子小学生のオシッコで煮込んだ卵」が存在するのをご存じだろうか? その味はあまりにも美味しく、そしてパワーがつく料理として中国で愛されているのだという。さ、さ、さすがに男子小学生のオシッコで煮込んだ卵ってアリエナイと思うのだが……!?

続きを全部読む

【人類の智恵】「ゆでたまご割り機」が凄すぎて笑いが止まらない! 今までにない画期的な手法に脱帽

人気テレビアニメーション『サザエさん』に、波平さんが買ってきた「全自動たまご割り機」というキッチン用品が登場する。これは自動的に生たまごの殻を割ってくれるというもので、「うまく割れない」とイライラしている人にとっては喉から手が出るほど欲しい機器である。

しかし、「ゆでたまごの殻を割るキッチン用品」なら実在する。北米では、エッグストラクターと呼ばれているという。家庭用として売られており、テレビショッピングでも紹介され、全米で注目を浴びたこともあるスグレモノなのだ! ということで、実際に北米から取り寄せて実際にゆでたまごの殻を割ってみたぞ!

続きを全部読む

【速報】アイドルが2週間あたためていた「うずら卵」がマジで孵化しそうッ!!

信じられないッ!? 先日スーパーで買ってきたうずらの卵を現役アイドルが孵化させようとしているとお伝えしたのだが、約2週間を経て、マジでヒナが誕生しそうになっているのだッ!! もうすぐヒナが生まれるぞ~ッ!

続きを全部読む

【牛丼屋レシピ】牛丼に生卵を10個入れると究極の味に! 濃厚&濃厚&濃厚なスペシャル牛丼

牛丼に生卵を10個入れると、すさまじく濃厚な「次世代の牛丼」になるのをご存じだろうか? 牛丼に生卵はつきものだが、普通は1個しか入れない。多く入れたとしても2個が限度だろう。

しかし! 生卵を10個入れることにより、黄身の濃厚さが究極なまでにパワーアップ! 新たな次元への扉を開き、今までにないまったく新しい濃厚な牛丼へと進化! 恐ろしいスピードで精神が加速し、「味が未知の領域へと突入」するのだ!

続きを全部読む

鶏肉や鶏卵は脳の老化を防いでくれるらしいぞ!

突然だが皆さん、今日は親子丼を食べてみてはいかがだろうか。副菜には豆がおすすめ。最近の研究により、鶏肉や卵、豆などが脳の老化防止に一役かっているらしいということが分かったのだ。

鶏肉、鶏卵、マメ科植物、海水魚にはビタミンB複合体のコリンという栄養素が含まれている。ボストン大学の研究者らによると、コリンを十分に摂取している人はそうでない人に比べ記憶力が良く、また痴呆になりにくい傾向にあるという。

続きを全部読む

動画サイトYouTubeにアップされた、日本発のタマゴ映像が世界で話題になっている。問題のタマゴは長野県中部にある安曇野の有明山農場(小松種鶏場)で採れた、超ド級の大きなタマゴ。

普通のタマゴが62グラムであるのに対し、このビッグエッグの重さはナント192グラム! 一体何が入っているのだろうか? ドキドキしながら割ってみると、なんとそこには……

続きを全部読む

お惣菜に入っている「ゆで卵」の正体が明らかに

芸能人の坂東英二さんが大好きな事でお馴染みの”ゆで卵”。スーパーだけでなくコンビニでも売られている、日本人が大好きなお惣菜ですが、陳列されているお惣菜を見たとき「何でサラダやピザに入っている輪切りのゆで卵は、全部同じ形をしているんだろう」と思った事はありませんか?

実はその卵、あなたの知っている「ゆで卵」ではないかもしれません……。
続きを全部読む

6月8日に世界一の卵を産んだ雌鶏が、5日後に再び巨大卵を産んだ。1度ならず2度までも大きな卵を産んだことも驚きなのだが、今回の産卵は初回の大きさをさらに上回る大きさだという。巨大卵は一般的な卵の2倍の大きさだという。このニワトリを飼っている家族は、どうしてこんな巨大卵が産まれたのか理由がわからず驚いているという。

続きを全部読む

世界各国にある料理といえば、鶏(ニワトリ)の卵を使用した料理だ。どこの国でもポピュラーな卵料理といえば、卵焼き、目玉焼き、ゆで卵だが、カンボジアにはもうひとつ卵料理がある。

それは、焼き卵だ。カンボジアには数多くの屋台料理が存在するが、なかでも焼き卵の屋台はポピュラーな料理である。アンコールワットにほど近いシェムリアップの街でも焼き卵の屋台は人気で、市場の近くなどにいくつか出店している屋台がある。

続きを全部読む

日本の常識は世界の非常識。そんな言葉があるかどうかわかりませんが、少なくとも日本の卵に関する常識は、インドでは非常識になるようです。

私たちの常識から考えると、当然のごとく鶏の卵は白身と黄身で構成されていて、生のままでも白身と黄身、目玉焼きでも白身と黄身、茹でても白身と黄身がハッキリと分かれているのがわかります。黄身を割って卵焼きやスクランブルエッグにすると、黄身の色のせいで全体的に黄色くなりますよね。

しかし! インドでは違うのです。インドの卵は、黄身も白いんです。つまり、白身と白い黄身が卵に入っているわけです。白いのに黄身というのはおかしな表現になりますが、インドに行けば黄身は存在しないので、生でも焼いても茹でても真っ白です。どうしてそうなるのか?

続きを全部読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3