「医師」にまつわる記事

公衆トイレで「1番キレイな個室の位置」はここだ! 専門家らが回答&検証も

汚い便座、オシッコでビショビショの床、ちゃんと流れていないブツ……誰だって、こんな「公衆トイレでの迷惑行為」の被害にあったことはあるはず。「キレイに使ってよ〜!!」と憤っても、その声は誰にも届かない。だって汚した張本人は、もうそこにいないのだから……なら、自衛するしかないでしょう!

そこで今回は、「公衆トイレで1番キレイな個室の位置」をお教えしたい。手前・真ん中・奥、どの個室が最も清潔なのだろうか?

続きを全部読む

【超悲惨】「ムスコを8センチ」もチョン切られて」しまった男性が医者を訴える珍事が発生!

男性にとって ‟ムスコ” とは、時にコントロールが利かないこともあり、別の意志を持つ分身的存在なのではないかと思う。女性が、自分のアソコを ‟ムスメ” などと絶対に呼ばないことを考えたら、男性にとってムスコが特別な ‟ブツ” であることは間違いない。

そんな大切な分身を、医者により8センチもチョン切られてしまった男性が訴訟を起こす珍事が発生し、ネットを賑わせているので紹介したいと思う。

続きを全部読む

【マジかよ】胃の中から「40本のナイフ」が見つかった男性が九死に一生! しかもナイフを食べた理由が衝撃的だった!!

時にトンデモナイ事件をしでかすのが人間だ。生きている限り、どんな “まさか!” の事態が起きてもおかしくはない。

インドに住むある男性にも、その “まさか” が起きてしまったのだが、彼の胃の中からはなんと「40本のナイフ」が見つかったというのだ。なんでも彼は、自ら大量のナイフを飲み込んだらしいが……マジでwhy? ナゼ? どうしてなんだーー!?

続きを全部読む

ネットで大人気のイケメン医師がチャリティーでデート相手を募集! 「お金を払ってでもデートしたい!」という女性が続出!!

「海外人気医療ドラマから飛び出したような、ホンマものの超イケメン医師」が、ネット上で話題になっていると以前に紹介したことがある。その彼が、チャリティー活動の一環でデート相手を募集し、募金を集めることで、病院の外でも人助けをしているというのだ!

メディアの報道により、さらなる注目を集めているイケメン医師と、「お金を払ってでもデートしたい!」という女性が続出しているらしいぞ!

続きを全部読む

1日に1万2000回もくしゃみが出る少女 / 原因は不明! くしゃみのせいで食事もとれず学校にも行けない状態に

花粉症や鼻炎アレルギーに悩まされている人は、くしゃみが止らない辛さを痛いほど分かっているだろう。かくいう筆者も、風邪でもないのに突然くしゃみを連発することがあるので、アレルギーを持っているようだ。

それほど症状がひどくないうちは生活に支障は出ないが、ある少女は、なんと1日に1万2000回もくしゃみが出るというのである!! そのため、学校にも行けない状態になってしまった気の毒な少女についてお伝えしたい。

続きを全部読む

約70万人のフォロワーを誇る超イケメン医師とペットのワンコが Instagram で大人気!! ネットの声「仮病を使ってでも彼に診てもらいたい!」など

モデル級の超イケメンでナイスバディ、しかも職業が医師なんていう男性は、現実の世界ではなかなかお目に掛かれない存在だ。

「そんなの医療ドラマにしか登場しないって~!」なんて言っている人に、ぜひチェックして頂きたい Instagram のアカウントがあるので紹介したい。まるで、海外人気医療ドラマから飛び出してきたような、ホンマものの超イケメン医師と彼のワンコが、超話題となっているのだ!!

続きを全部読む

脳に見つかった腫瘍を手術してみたら「実は双子の兄弟の体だった」!!   歯や骨まで摘出される

実生活ではなかなか遭遇することのない話はままあるが、まるで海外医療ドラマのエピソードで登場しそうな症例が、大きな話題となっている。

脳腫瘍と診断された女性が手術を受けたところ、なんと脳に “胎児内胎児” と呼ばれる双子が見つかったというのだ!! 胎児からは歯や骨まで摘出され、医師も「「医学的にも稀なケースだ」と驚きを隠せなかったようなのだ。

続きを全部読む

紅白にも出演した歌姫スーザン・ボイルが「53歳にして初めて恋人ができた」と話題沸騰! しかもお相手はジェントルマンな医師

英オーディション番組で彗星のごとく現れ、その素晴らしい歌声でアっという間にスターダムへ上り詰めたスーザン・ボイル。シンガーとして類まれな才能に恵まれながらも、恋に臆病な彼女は、今まで本格的な恋人がいたことがなかったのである。

そんなスーザンが53歳にして、初めて恋人ができたと大きな話題となっているのだ! しかもお相手はジェントルマンな医師だという。オクテな大人女子の希望の光となりそうなニュースをお届けしたい。

続きを全部読む

こんな病院には絶対行きたくない! あってはならないドクターの「好きな言葉」30連発

病院を選ぶ際に、「医師の質」は非常に重要である。そのため某有名病院のように、CMで「ドクターの好きな言葉」を発表して、医師の誠実さをPRしているケースもある。

そこで今回は、その某有名CMになぞらえて、あってはならない「ドクターの好きな言葉」を紹介したい。「もしあのCMに、こんなドクターが出てきたら……」と想像しながら、以下を読んでみよう。

続きを全部読む

海外ネット掲示板に集まった『出産時にママが叫んだコト』が爆笑モノ! 「調理器具を突っ込むな!!」「オーマイガ! 顔がないぞ!!」など

女性にとって出産は人生の一大事である。新しい命をこの世に生み出すことは、喜びだけでなく大変な苦痛も伴い、命にかかわる場合もある。男性が出産の痛みを経験したら、痛みにこらえ切れずに死んでしまうとも言われている。

そんな痛みを乗り切るために、女性たちは叫び声を上げたり時には罵声を浴びせることもあるが、一体どんなことを口走っているのだろうか!? そこで海外ネット掲示板に集まった「出産時にママが叫んだコト」が、なかなかオモシロいので紹介したい。

続きを全部読む

【感動】吹雪の中を約10km も歩いて患者の元へ向かい手術を施した医師が話題

現在、1人の医師の行動が、世界中で絶賛されている。彼は、吹雪の中を10km も歩いて患者の元へ向かい、手術を施して患者の命を救ったというのだ。医師の姿は、YouTubeの動画で確認できるぞ。

続きを全部読む

救急救命室の医師が乳がんで妻を亡くした男性宛てに手紙を書き大反響を呼ぶ

大きな怪我や病気を患って手術や入院を経験したことがある人もいることだろう。そんなときに実感するのが医者の凄さではないだろうか。患者にとって彼らは、人生における数少ない、文字通りの「命の恩人」である。だが医者にとっては、患者というのは大勢いるものだ。

そんななか、いま海外では、ある医師がすでに亡くなってしまった患者の遺族へ宛てて書いた手紙が大きな反響を呼んでいる。おそらく彼は、一日に何人もの患者の対応をし、これまでに何度も人間の死を目の当たりにしてきたであろう。それにもかかわらず、この医師がいまは亡きたった一人の患者とその遺族を想って書いた手紙に、多くの人が心打たれているのだ。

続きを全部読む