「動物愛護団体」にまつわる記事

【なんだか分かる?】ある「目の錯覚」広告のアイディアが秀逸 / 気付けばアハ! その後に胸がジーン

素晴らしい広告は国境を越える。地図上に引かれた線をひとっ飛びに超えて、見る者の心をグッとつかむ。これからご紹介するのもそんな広告だ。

デザインの美しさだけでなく、一種の「目の錯覚」を利用したアイディアが秀逸。パッと見ただけでは、なにを訴えているか分からないかもしれないが、気付けば……アハ! そして胸がジーンと熱くなるのだ。

続きを全部読む

史上初!「猫と一緒に瞑想できる動画」が登場 / 保護猫の存在を知ってもらう狙いもあるんニャよ!!

目を閉じて深く思いをめぐらし、心を静める「瞑想(めいそう)」。NHKの『ガッテン!』が「ボケない!脳が若返るめい想パワーSP」という特集を組んだり、海外でも大きな注目が集まっていたりと、瞑想を行う人は増加しているようだ。

そこで今回ご紹介したいのが、猫と一緒にできる瞑想動画! 猫と一緒にって……一体どうやるのだろう?

続きを全部読む

「グランド・キャニオンの崖からリスを蹴り飛ばした男」が150万円の賞金首に

広大なアメリカにおいて、壮大さにかけてはナンバーワンを誇るグランド・キャニオン国立公園。そんな数多くの観光客が訪れる同公園で、信じらない光景がビデオに収められた。

なんと、ある観光客が、崖へめがけてリスを思いっきり蹴り飛ばす様子がとらえられたのだ! そして激怒した動物愛護団体が、犯人逮捕のために約150万円の懸賞金をかけたという。犯人の卑劣な行為は、動画「10,000 Dollar Bounty Offered By Peta For Man Who Kicked a Squirrel Off the Grand Canyon 」で確認できる。

続きを全部読む

猫をゴミ箱に捨てた女性」や「子犬を川に放り投げた少女」など、犬や猫の虐待事件が起こると決まって動物愛護団体が抗議し、「はなはだ遺憾」などの声明を発表する。

そのたびにいつも同じ意見がインターネット上に書き込まれる。その意見とは「牛や豚は殺して食べてるくせに誰も怒らないよね」というもの。ペットとして飼育されている動物には同情心がわくのに、家畜に対して同情心がわかないのはなぜなのだろうか? この疑問に対して、興味深い意見をアメリカの心理学者が唱えている。

続きを全部読む