「動物保護」にまつわる記事

【マジか】ペットの “かわいい子犬” が 実は「オオカミ」だったって話

‟似ているが全然違う物” は、世の中にたくさんある。例えば、動物だとネズミとハムスター、チンパンジーと猿といったところだろうが、犬とオオカミもその一例である。

そして、なんとカワイイ子犬を譲られたと思ったある男性が、「飼い始めたペットがワンコではなく、実はオオカミだった」ことに気づいたというニュースが、話題となっているので紹介したいと思う。

続きを全部読む

どんな事情があっても「ペットを捨ててはいけない」と痛感するメモ

ペットだって愛する家族。きっと多くの人が胸を張って、そう言うだろう。しかし中には、動物たちの命を最後まで面倒見ることが出来ない、あるいは見ない人々も存在する。その背景には、人それぞれの事情があるのかもしれない。

けれども、決してペットを捨ててはならない。今回は、そのことがよく分かる出来事をお伝えしたい。

続きを全部読む

【マジか】空から熊が降って来た瞬間が激写される

野生の熊が山から下りて来て住宅街で悪さをするニュースは、日本でもよく耳にする。本物の熊は人間に危害を加える可能性があるため、ぬいぐるみのテディベアのように、単に「カワいい!」というわけにはいかない。

だが、木から降りられなくなった子熊の救出劇で激撮された、‟クマが空から降ってくる瞬間の画像” が、「オモろカワイくてたまらない!!」と大きな話題となっているのだ。思わず、「コレって本物なの!?」と目を疑ってしまうような写真が、かなりシュールなのである。

続きを全部読む

【誰か僕をもらって】家族募集中のワンコが『心からのメッセージ』! 5年越しの願いが叶って里親が現れた!!

「ペットショップではなくて、動物保護施設(シェルター)からイヌやネコを引き取ろう!」と考える人々が、徐々に増えている昨今。とっても嬉しいことだが、それでもまだまだ多くの動物たちが新しい家族を待っており、なかには何年もシェルターに入ったままのこともあるようだ。

しかしこの度、5年間シェルターで暮らしてきた1匹のワンコが、新しい家族に迎えられることに! きっかけはワンコの発したメッセージが、多くの人々の心を打ったからなのだとか……?

続きを全部読む

【これぞ運命】野良イヌを保護したら “生後10日の子ネコ” がくっ付いてきた!「子と親をなくした2匹が巡り会ったのではないか」と獣医師

種族を超えて仲良くなる動物は、これまでにも多数報告されてきた。山猫と子鹿イヌとネコライオンとイヌ……などなどで、その組み合わせはまさに無限。心が通じ合えば、どんな種同士でも仲良くなれるのだろう。

今回ご紹介する組み合わせは、私たちの身近な存在であるイヌとネコ。アメリカの動物保護団体が路上に横たわっていたイヌを保護したところ、小さな小さな “ツレ” がいることが判明したのだ。それが、生後10日あまりの子ネコだったのである……!

続きを全部読む

【ギャップ萌え】迫力あるけど「子猫のようにジャレつくクロヒョウ」が微笑ましい! 動画から伝わるハンパない “ご主人様大好き” 感

ペットとして大人気の猫ちゃんの仲間は、ライオンにトラ、ヒョウにチーターと、なぜか猛獣ばかり。さすがにペットとして飼いならすのは大変そうだが、母親に見捨てられて保護されたクロヒョウが、まるで子猫のように世話係りになついている動画が、微笑ましいと話題になっているのだ。

猫と比べるとかなりサイズは大きいが、ヒョウが同じネコ科であることを痛感させられるジャレつき具合が、カワイイのである。

続きを全部読む

罪のない動物を利用した密輸事件 「ヘロイン入りのバナナを食べさせられたゾウ」「コカインが入った袋を飲み込まされた犬」など

先日、“700万円相当のコカインを飲み込んで密輸しようとした男” が、機内で意識不明になり緊急着陸したニュースをお伝えした。“そこまでするか!?” と呆れつつも、プロの運び屋の根性を見せつけた犯人が危険にさらしたのは、自らの命だけである。

しかし過去には、罪のない動物を利用した痛ましい密輸事件が起きている。なんと「ヘロイン入りのバナナを食べさせられたゾウが運び屋として利用された」という、とんでもないニュースが報じられていたのだ。

続きを全部読む

8月17日は「黒ネコ感謝の日」!不人気な黒ネコに家族を見つけようと奮闘する保護団体の姿を知ってほしい!!

ネコの毛色&柄は実に多種多様。「どんなネコだって大好き!」という方も多いと思うが、実は他の色のネコに比べて、黒ネコは保護施設から引き取られにくい傾向にあるということが、『英国王立動物虐待防止協会』(以下、RSPCA)によって発表されたのだ。

保護しているネコの70%が黒もしくは、黒白の柄であり、黒ネコの譲渡率の低さに直面する同団体。その背景には、「黒ネコは、他の色のネコより見過ごされやすい」、「黒い動物は写真写りがあまり良くないので、ネットを使った里親探しでも目立ちにくい」といった理由が挙げられるようだが、この問題は、以前から多くの保護団体が頭を悩ませてきたことでもあるのだ。

続きを全部読む

カチカチの氷の塊と化した子猫が発見され一命をとりとめる → 寒さにちなんで付けられた名前がカワイイと話題に

冬の一番寒い時期が終わり、そろそろ春の気配が感じられるようになってきた。しかし寒さの厳しい地域では雪や氷が解ける気配はなく、何と氷の塊と化した子猫が発見されたというのだ。どうにか一命をとりとめた子猫が、寒さにちなんだカワイイ名前をつけられて話題になっているのである。

続きを全部読む